fc2ブログ

【第1026話チョイ見せ考察】お玉(武士)の家系

尾田栄一郎公認ポータルサイト「ONE PIECE.com」にて、9月27日に発売される週刊少年ジャンプに掲載の第1026話の冒頭1ページ目が公開されました!!

お玉との事を思い出す天狗山飛徹 -ワンピース最新考察研究室.1026

ここで再び花の都の描写が挿し込まれます!!

ー画像はONE PIECE第1026話より引用ー

【第1026話冒頭1ページ】


ワノ国「花の都」 ー

わいわいガヤガヤ 火祭りで楽しそうな「花の都」の様子が描かれます。親と手を繋いで楽しそうに笑う少女。櫓を囲んで踊りに興じる人々も笑いが絶えない。

そんな中に天狗山飛徹とおトコの姿も。

天狗山飛徹とおトコ、そしてお玉との事 -ワンピース最新考察研究室.1026

わたあめを買って貰ったのかな。それを手におトコも楽しそう。そんなおトコに優しい眼差しを向ける天狗山飛徹ですが… お玉の事を思い出して少し難しい表情。

「どこへ行く!! お玉ァ!!」
「許してけろ!! お師匠様」

-ONE PIECE 第1026話より引用-



なるほど〜 急に行方不明になったのではなくて。お玉と飛徹との間には少しあったみたいです。おそらく飛徹には分かっているのでしょう。お玉が鬼ヶ島に向かった事をです。

まさか、このやり取りの中で「天羽々斬」が絡んでいたりしないでしょうね。お玉が持ち出していて。そこに日和が絡んでいたりして…。色々と考えさせられるヒトコマであります。

まぁでも今回は別の事で行きましょう!!



【お玉も孤児ではないか】


火祭りに親と参加する少女 -ワンピース最新考察研究室.1026
-ONE PIECE 第1026話より引用-

お玉の事が描かれる第1026話の冒頭1ページ、そこには親と火祭りを楽しむ少女のヒトコマがあります。これが描かれて、次に飛徹に連れられて「花の都」に来たおトコが描かれる。そして最後にお玉なのです。

ポイントとなるのは…


親と子の関係!?


おトコは父親を亡くしてるんですね。白舞の大名だった霜月康イエ(トの康)であります。父親を亡くして悲しむおトコを少しでも元気付けようと考えて、飛徹がおトコを火祭りに誘ったと思われます。火祭りは死者を弔う祭りでもあります。

ちなみに…

康イエとおトコには血のつながりはない -ワンピース最新考察研究室.99
-ONE PIECE 99巻SBSより引用-

康イエとおトコに血の繋がりはありません。康イエ(トの康)が「えびす町」でおトコを拾ったと説明されてます。おトコは孤児なんです。実の親が誰なのかは分かりません。


そこで飛徹とお玉の関係であります!!


この第1026話の冒頭1ページにて、飛徹とお玉には、康イエ(トの康)とおトコに似た関係性がある可能性が出た。こう僕は思いました。飛徹がお玉を拾った、あるいは預かったのかも。ここなんですよ!!

お玉って色々と気になる事があるんです!!

お玉の願い -ワンピース最新考察研究室.1004
-ONE PIECE 第1004話より引用-

お玉はお玉で、この決戦に参加する事に大きな意味を持っているんじゃないか。お玉の家系、血筋には何か重要な秘密が潜んでいそうな気もします!!



【お玉の親は何者なのか】


お玉は自身を「武士」と言ってます。助けて貰ったお礼にルフィにご飯を振る舞うも自分は食べず。お腹が鳴るのを「武士の恥っ!!」と汚染された水を飲むんですよね(第911話)。

武士の家系である可能性アリ!!

では、何があってルフィに助けられる事になったのか。百獣海賊団の兵士に連れ去られているトコロにルフィが遭遇したのです。お玉は法に触れる暴言を吐いていた。

光月家が帰って来たら覚えてろ!!

-ONE PIECE 第911話より引用-


この暴言の内容により…

お玉は光月一族の“従者” -ワンピース最新考察研究室.911
-ONE PIECE 第911話より引用-

お玉は「光月家の“侍者(おもと)”」とされて連行されていたのです。この「侍者」というのは「そばづきの者」という意味なんです。光月家の関係者と位置付けられはするのですが…。

ここで大きな謎となるのが…

モモの助を「もも君」と呼ぶお玉 -ワンピース最新考察研究室.928
-ONE PIECE 第928話より引用-

お玉がモモの助を「もも君」と呼ぶ件です!!

おい玉! 無礼でござるぞ
せっしゃを誰とこころえる!


-ONE PIECE 第928話より引用-


こう言われても「もも君」です。

何かある!!!

そこで僕が考えるのはですね。お玉は武士であり「光月家の“侍者”」という事なのだが、その「光月家」というのは…

・かつての将軍家としての「光月家」
・九里大名家としての「光月家」

↑こういう事であって。かつての光月将軍家に仕えた者という意味合いではないだろうか。

光月に使えた5つの「大名家」
-ONE PIECE 第965話より引用-

お玉の家系は「霜月・雨月・天月・風月」の4つの大名に当たるから、九里大名の跡継ぎであるモモの助とは身分が同等である。だから「もも君」でも差し支えない。モモの助もお玉もどちらも大名の家柄。

もしかすると「雨月家」なのかなぁと。上のコマで女性のシルエットで描かれるのが「雨月家」だからです。何か気になるモノがあるんです。

実は人知れず「雨月家」は存続して来ていたのではないか。何かあって今はお玉だけが生き残っている。それを飛徹が引き取って育ててるって事なのかも。

ただ、もう1つの可能性もある!!



【お玉は日和の娘】


日和「今 みんなに会うのはやめておきます」
-ONE PIECE 第955話より引用-

お玉というのは、光月日和の娘じゃないのか?という説です。これはどうなんでしょうか。これなら「もも君」は無礼になるんですよ。同じ家系ならお玉はモモの助より身分は下になる筈です。

ならば父親は?

お玉はモモの助に妹がいる事を知らなかったよ?

これらの問いにも答える必要がありますよね。父親は傳ジローでも良いのかな。どうなんでしょう。これがあるので、可能性はあると考えつつも… 先の大名の娘説の次に置いております。

ここは見守りたいですね!!


お玉の血筋には何かありそう。おそらく、おトコと同じ身の上じゃないかと考えてます。飛徹に拾われたか、飛徹が預かったかになりそうな気がするんです。

どうなっているんでしょうね?


さて、続きは9月27日(月)になります!! 休載を挟みましたから余計に楽しみですよね。もう少しです!!
関連記事
スポンサーサイト



SHARE

コメント 14

There are no comments yet.
ティー
2021/09/24 (Fri) 19:17

No title

玉というか編笠村?のことは何か描かれるかなとは思うので、玉もまだ何かあるかもしれませんね
でもワノ国編もいろいろ抱えたキャラや設定がもう既に多すぎて、今さら玉個人の掘り下げとかいらないなあ……
玉は活躍も充分したので、もっと他が描かれたらいいなと思います

馬のSMILEスピード
2021/09/24 (Fri) 21:47

No title

ご主人様…!

バロン
2021/09/24 (Fri) 23:11

No title

日和とお玉には、何かしらの関係があるのではないか。

では、その関係性はどういうものだろう?

日和は現在26歳…8歳の娘がいてもおかしくはないかな。

つまり日和とお玉は親子なのではないか、と。

しかし日和=小紫は花魁…子供の存在はタブーだろう。

だから人気の少ない編笠村にいる飛徹に子供預けた…とか。

飛徹はおでんから刀を預かる程度には光月に近しい人物…適任だろう。

その繋がりがあるからこそ、お玉は幼い頃から「光月家」について飛徹から色々と教わっていた可能性もあるかもしれない。

――という事でお玉がモモの助を「もも君」と呼ぶ件については「今は話せないけど実は身内だから」?
年齢が同じ「伯父さん」に対して、親しみを込めてそう呼んでる?

第939話で判明した「日和が20年後の未来に飛ばなかった理由」。

それは万が一モモの助達が20年後に現れなかった時、「光月」の血筋を絶やさないようにする為だ、と。

6447.jpg

それが目的ならば、既に「光月の血筋」がいたりする?

つまり日和の子供がいてもおかしくないかもしれないよね。

光月の血縁を途絶えさせないために。

ひーちゃん@管理人
2021/09/25 (Sat) 00:33

コメントありがとうございます ティーさん

ドレークの襲撃の件も少し描写が入るのかもですかね。だからといって特に謎があるかと言われると… ですね(笑

仰る通り、そこまでの掘り下げはないかもですが少し見守ってみようと思います。

ひーちゃん@管理人
2021/09/25 (Sat) 00:34

コメントありがとうございます 馬のSMILEスピードさん

> ご主人様…!

メイドさんみたい(笑

ひーちゃん@管理人
2021/09/25 (Sat) 00:35

コメントありがとうございます バロンさん

日和の娘説ですね!! あるかもです!!

ドンキー・D・ドフィ
2021/09/25 (Sat) 09:13

No title

飛徹を見たらまず思うのは「正体が光月スキヤキかどうか」ってとこですね。
飛徹は現在81歳で、39歳没の光月おでんは20年後の今も生きているとしたら現在59歳。
もし飛徹の正体が光月スキヤキだとすれば、スキヤキがおでんの父親になったのは22歳の時。 (81-59=22)
まあ年齢的には問題ないですね。将軍家の人間なら結婚するのも早そうですし、様々な女性とお見合いする機会もあったと思いますし。
果たして飛徹の正体は光月スキヤキその人なのか?ワノ国編の決戦も近いことですし気になります。

のりのん
2021/09/25 (Sat) 14:59

No title

楽しそうなおトコとは対照的に飛徹の表情は真剣だった。

その理由はお玉が去ったのを知っていたからであった。

何も言わずお玉がいなくなっていたらおトコと祭りどころじゃなかったかもしれないのでこれは納得だ。

ただお玉の行き先を知ってて祭りに来てるのであれば、それはそれで師匠(保護者?)としてどうなのかとちょっと思ってしまった。

でもお玉と違ってSMILEの仲間もいないので行く手段も含めてどうしようもなかったからおトコの面倒を見るのに集中していると取ればあまり違和感はない。

それに考えてみれば飛徹は鬼ヶ島で討ち入りが行われている事を知っているので、討ち入りが失敗すれば最終的には自分達にも被害が及ぶことを分かっているのだろう。

ただ鬼ヶ島が空を飛んで迫って来ているとは夢にも思っていないはずなので流石にその光景を見たら愕然とするかもしれない。

これから花の都がパニックになった時光月スキヤキ説もある飛徹がどのような行動を取るのか注目である。

baron
2021/09/26 (Sun) 08:46

飛徹はお玉の後見人・・・かな・・・?

お玉が武士の家系・・・

「光月家の“侍者”」という事なのだが、その「光月家」というのは…
・かつての将軍家としての「光月家」

お玉の家系は「霜月・雨月・天月・風月」の4つの大名に当たる


👆こうなりますと飛徹は 師匠としてだけでなく 親代わり 判断能力が不十分と考えられる者を補佐する「後見人」の役割をしてるようですね。未来の大名家の血筋のを引いてる可能性のあるお玉を一人前に育てるために。

ただ おトコの場合は 康イエの養子なんですよね。たぶんおトコが大名家の血筋ではないでしょう。実の親は名もなき ワノ国の一住人、一庶民だとおもうんですがそれでも康家は自身も 何もかも失ってゼロからの人生の再出発ということもあり 普通の子としておトコを引き取ったのでしょう。

 そう考えますと ワンピースの世界観で 実の血のつながった親子でも 毒親 クズ親がいる中で そういう愛情ある 親代わりもいることを考えると 皮肉にさえ感じます。

エーデルワイス
2021/09/27 (Mon) 00:01

今回ルフィとカイドウの覇気のぶつかり合いで天が割れる描写が出ましたね。
これは白ひげとシャンクス、カイドウとマムの激突と同等の表現であり、ルフィの覇気が更にレベルアップしてついに四皇の域に達した事を感じさせますね。

またルフィは覇王色を纏う事に覚醒して以来ギアの使用は瞬間的なものだけで、基本の形態で戦ってるように見受けられますね。
まだ何か勝負の決め手になるような技は残してると思いますが、それは今までのような新たなギアという路線とは違ったものなのかもしれませんね。

モモの助は鬼ヶ島を止めるために離脱してルフィがタイマン勝負のような雰囲気になっていますが、まだヤマトも戦える状態であります。
とは言え最後まで2人でカイドウを倒すわけではなく、どこかでヤマトはリタイアする展開となるのでしょうか?

ひーちゃん@管理人
2021/09/27 (Mon) 12:11

コメントありがとうございます ドンキー・D・ドフィさん

どうなんでしょうね!!

ひーちゃん@管理人
2021/09/27 (Mon) 12:24

コメントありがとうございます のりのんさん

飛徹が花の都にいて、そこに鬼ヶ島が向かっている事には何か展開がありそうですよね。どんな意味を持たせるのか今から楽しみです!!

ひーちゃん@管理人
2021/09/27 (Mon) 12:33

コメントありがとうございます baronさん

ONE PIECEでは、血の繋がった親子関係よりも義理の関係の方が強い繋がりを持つ様に描かれる事が多いんです。それは“血”よりも大切なモノがある事を伝えたいのでしょうが… これが後に大きな意味を持ちそうな。受け継がれる意志ですよね!!

おトコの今後、そしてお玉には何があるのか。しっかり見守りたいです!!

ひーちゃん@管理人
2021/09/27 (Mon) 12:34

コメントありがとうございます エーデルワイスさん

やはり決着をつけるのはルフィ!! これ一択で僕は待っています!!

ワンピース チョイ見せ! 情報/考察/ネタバレ