【SWORD】13年前ドレークを保護した海兵は誰なのか - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    【SWORD】13年前ドレークを保護した海兵は誰なのか

    逃げるドレーク -ワンピース最新考察研究室.767

    今から13年前 ミニオン島にてバレルズ海賊団から脱走、海軍に保護されたX・ドレーク。彼は誰に保護されたのでしょう。これについてVIVRECARDに気になる記述があるんですね。海軍機密特殊部隊SWORDに関する重要なポイントになる筈です。果たして信用できるのかどうか。

    ー画像はONE PIECE第767話より引用ー










    【ドレークを拾ったのはセンゴクなのか?】


    ドレークに関するVIVRECARDの記述 -ワンピース最新考察研究室
    -ONE PIECE VIVRECARDより引用-

    VIVRECARDには、13年前「センゴクに拾われ海軍本部に所属」とあります。これはコラソンことドンキホーテ・ロシナンテと勘違いしてる可能性があるんです。

    センゴクがコラソンを保護したのは確定です。それはドレークがバレルズ海賊団から逃れるのと同じ第767話に描写があるんです。勘違いなら原因はコレです。センゴクがコラソンを保護するのは今から31年前と考えられます。

    それとは違い13年前にドレークもまた海軍によって保護される訳ですけどね。その場所であるミニオン島にはセンゴクはいないのです。

    コラソンの報告を受けるセンゴク -ワンピース最新考察研究室.798
    -ONE PIECE 第798話より引用-

    どこか離れた場所で事件の報告を受けてるんですね。当時センゴクは海軍本部大将。おそらくは海軍本部にいたのでしょうか。

    この事がありますので…

    海軍本部 中将 おつる
    -ONE PIECE 第766話より引用-

    実際にミニオン島にいた海兵である海軍本部中将おつるがドレークを保護したモノと考えていました。これはとても重要なポイントになると思うんです。その後のドレークを考える上でです。

    VIVRECARDは信用ならない部分があるんです。今のところドレークの記述に関して修正は入っていません。スルーされているのか… はたまたドレークとセンゴクには実は関係性が生まれていたのか。まだハッキリしないのです。

    信用ならないと切り捨てて良いのだろうか。



    【SWORDの創設に関わる人物】


    ドレークを保護したのはセンゴクかおつるか。

    海軍本部 機密特殊部隊「SWORD」隊長 X・ドレーク
    -ONE PIECE 第956話より引用-

    機密特殊部隊SWORDの隊長であるドレークの上にいるのが誰なのか。ここに関わる問題だと思うんですね。そもそものSWORDを創設した者がいると考えるからです。

    SWORDというのが“矛”ならば、その反対の“盾”であるのがCP0(サイファーポール・イージスゼロ)と言えるでしょうか。天竜人の盾であるCP0と敵対関係にある部隊がSWORDなのかもね。ドレークはCP0がワノ国で取り引きしているのを掴みました。

    激しく敵対して行く可能性があります!!

    ガープの道徳 -ワンピース最新考察研究室.957
    -ONE PIECE 第957話より引用-

    センゴクの話では海軍本部大将は天竜人の直属の部下になるみたいです。それがあるからガープは大将の座を拒否。この事から考えて、SWORDを創設するのは大将以下であると考えます。そういう意味で中将おつるは当てはまると思うんです。

    しかし、センゴクも当てはまるのです。

    海軍元帥をやめるセンゴク -ワンピース最新考察研究室.594
    -ONE PIECE 第594話より引用-

    センゴクは海軍本部元帥の座を降りているんですね。今は「大目付」との事です。現場から離れているんです。ここも決め手にはなりません。

    そこで“あの人物”がSWORDに関係するかどうか。ここが大きな決め手になる可能性があるんですよね!! “ある人物”とは誰か。



    【クザンもまたSWORDの任務で?】


    クザンの件で言い争うサカズキと五老星 -ワンピース最新考察研究室.793
    -ONE PIECE 第793話より引用-

    海軍をやめた元大将“青キジ”クザン。彼が黒ひげティーチに加担しているといった情報があります。これは、スパイとして四皇カイドウの百獣海賊団への潜入捜査をしていたドレークと重なるのかどうかです。

    実は、クザンもまたSWORDの隊員として黒ひげ海賊団に潜入しているのだろうか。ここはとても気になります。

    元海軍本部大将がドレーク(元少将)の下になるのはおかしいかも知れませんが、ドレークは現役の海兵ですからね。クザンはやめたのです。やめた人間が隊長になるというのは変です。ここは問題ないと思います。

    もしもクザンが海軍をやめていながら特殊機密部隊SWORDに所属しているとすれば、そのパイプとなりそうな人物ならいるんですよね。

    クザンを海軍元帥に推薦するセンゴク -ワンピース最新考察研究室.594
    -ONE PIECE 第594話より引用-

    自身の後任としてクザンを海軍元帥に推薦していたのがセンゴクなのです!! それに対して“赤犬”サカズキを推したのが政府上層部。この政府上層部というのは五老星(天竜人の最高位)を指している可能性があります。この権力闘争の末にクザンは海軍本部を去ります。

    クザンの行動をSWORDの任務と考えるなら、センゴクが大きく関わっている可能性が高くなるんです。ただし、ここにも大きな問題があるんです!!!



    【SWORDが創設された時期】


    黄猿「ドレーク少将…」 -ワンピース最新考察研究室.509
    -ONE PIECE 第509話より引用-

    海軍本部特殊機密部隊SWORDというのはいつから存在するのか。ドレークが海軍をやめて海賊として動き出す裏にSWORDがあったとすれば、すでに2年前よりさかのぼって存在していた事になります。

    センゴクはすでに27年前の時点で海軍大将であり、とっくに天竜人の直属の部下なんです。海軍元帥も同じく天竜人の直属の部下と考えて良いと思います。僕の中では、これによってSWORDの創設にセンゴクが関わる可能性が大きく低下するんですよ。

    第509話で“黄猿”がドレークを攻撃してますよね。彼はドレークの真の身分を知らないと思うんです。それは“黄猿”が海軍大将だからです。

    黄猿と出遭うつもりのなかったドレーク -ワンピース最新考察研究室.508
    -ONE PIECE 第508話より引用-

    ドレークの方も出遭うつもりはなかったと言ってました。互いに演技をしてるとも考えられますけどね。天竜人とその直属の部下になっている人物に対してSWORDは内緒の部隊である様な気がするんです。

    海軍本部がカイドウとマムの海賊同盟について情報をキャッチしていました。これはドレークからの報告でもなく、CP0からの報告でもないと思うんですよね。どちらも内密でワノ国にいる筈ですから。おそらくは通信を盗聴したんだと思うんです。

    ビッグ・マム海賊団の滝登り -ワンピース最新考察研究室.981
    -ONE PIECE 第981話より引用-

    ワノ国の外にいたビッグ・マム海賊団が同盟の話を知ってましたからね。電伝虫で連絡があった筈です。これを海軍本部が盗聴したんだと考えています。

    なぜなら、ドレークはコビーに「カイドウとビッグ・マムだが… 手を組んじまった」と報告しているんです(第956話)。過去形なんですね。しかし海軍本部の側はですね…

    カイドウとマムの海賊同盟に驚く海軍本部 -ワンピース最新考察研究室.957
    -ONE PIECE 第957話より引用-

    これから組む」という情報を手にしてるんです。未然形なんですよ。作中のセリフにズレを持たせてるんです。僕としては無視できないんですよね…。ペロスペローは同盟を認めなくなかったんですよね。彼にとっては「これから」だったのです。潰すつもりだった。よって、海軍本部がキャッチしたのはコチラからの盗聴の気がするんですよ。

    さて、話を戻しますが。

    ドレークのこれまでを振り返ると、SWORDの創設は2年前より前と考えられます。第999話でエースの口からキッド達の名前は出ますがドレークは出ません。よって4年前よりは後とも考えられます。この4年前〜2年前までの間でSWORDは創設されたと思うんです。

    その時点で天竜人の直属の部下(海軍大将)の地位にない人物がSWORDを創設した様な気がするんですけどね。ならばセンゴクは除外。おつるっぽいんだけどなぁ。しかしクザンの事も絡めたい気持ちもある。悩みますよね!!

    ドレークに関するVIVRECARDの記述 -ワンピース最新考察研究室
    -ONE PIECE VIVRECARDより引用-

    VIVRECARDの記述は信用できない部分があります。ドレークをセンゴクが保護したというのはコラソンとの勘違いかも。しかし、SWORDに関する情報を得ている編集の方が勇み足で出してしまったモノかも知れない。修正はないのです。簡単に切って捨てられないんですよね。


    皆さんはどうお考えでしょう。


    もう少し推移を見守りつつですかね!!
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    No title

    S センゴク
    W
    O おつる
    R ロシナンテ
    D ドレーク

    Wに当たる人物もいる?

    No title

    そういえばドレークってアプーの事が嫌いって言ってたけど、いつ、何がきっかけで嫌いになったんだろう?

    No title

    ドレーク隊長って海軍に戻るんでしょうか?

    どちら様かコメントありがとうございます

    > S センゴク
    > W
    > O おつる
    > R ロシナンテ
    > D ドレーク
    >
    > Wに当たる人物もいる?

    おおぉ これは面白いですよね!!

    記事には大将絡みは違うのかも?とさせて頂きましたけれど。もうコラソンの任務の時からSWORDがあったとするのも面白いかも。Wですか… 誰かいるかなぁ。これから登場も十分アリですしね。

    色々と考えつつ待ってみようかな。

    どちら様かコメントありがとうございます

    > そういえばドレークってアプーの事が嫌いって言ってたけど、いつ、何がきっかけで嫌いになったんだろう?

    これなんですよね。前半の海を航海してる時なのか、百獣海賊団での事なのかですよね。立場が海兵と海賊の頃かも知れないですし。選択肢があり過ぎてまだ見えて来ないんですよね。

    色々と考えてみます!!

    コメントありがとうございます コビーさん

    > ドレーク隊長って海軍に戻るんでしょうか?

    戻りますよ!! たぶん99%戻ると思います!!

    海賊(ルフィ)と組みましたけど… 裏切りにはならないと思います。それならスモーカーもですもんね。

    見守りたいです!!

    No title

    政府内で勢力が二分しているという説が本当に正しいのかもしれない。

    ということはSWORDの存在が機密なのは海賊に知られない為だけじゃなく世界政府にも知られないようにしているからと考えることができる。世界政府の裏での動きを監視している役割もあるというわけである。

    そうなってくると現在海軍元帥であるサカズキすらこの組織の存在を知らない可能性が出てくる。

    そもそも知っていたらコビーの入隊を許可するとは思えない。

    責任者は表向きは海軍を引退しているセンゴクだと思うが、さらにその上に天竜人の支援者がいても不思議ではないと考える。

    天竜人にもドフラミンゴの両親や改心したミョスガルド聖などがいるので、その辺の事情が絡んでくる可能性はあるだろう。

    天竜人の内部にも対立があるとするなら、元帥や大将がSWORDに関与していてもおかしくはないと思える。

    隊長の上

    いつも更新楽しみにしています。

    SOWRDという組織の中ではドレーク隊長がトップなのでしょうか。それとも総隊長みたいな人がいるのでしょうか。

    コング直属ではないでしょうか。
    官位は海軍元帥や大将より上。

    コメントありがとうございます のりのんさん

    なるほど、天竜人の中に加担する者がというのは面白いですよね!! そうなってくると、仰る通り天竜人の直属の部下になる者が率いていても不思議じゃありませんもんね。

    やはり色々な可能性を排除する事なく考える必要がありそうです!!

    コメントありがとうございます あすれたさん

    > SOWRDという組織の中ではドレーク隊長がトップなのでしょうか。それとも総隊長みたいな人がいるのでしょうか。

    ひとまずドレークが実働部隊としてのトップなんだろうと思うのですが。SWORD内に幾つかの部隊がある中の隊長の1人でしかないとも考えられるのかも。まだ全てが明らかになってはいませんもんね。元少将レベルでどこまで出来るモノなのか…。まだ謎がありそうですね!!

    いつもありがとうございます!!

    どちら様かコメントありがとうございます

    > コング直属ではないでしょうか。

    コングはもうガッツリ政府内の人物っぽいですが、逆にコングが動いてる可能性もあるかも。そうなるとまた面白くなりそう!!

    あいまいだと困りますねえ

    BEFORE13で「センゴクに拾われ海軍本部に所属」 ロシナンテとドレークを混同されると困りますねえ┐(´д`)┌ヤレヤレ

    13年前と31年前の違いでこうなるといのもなんかな~

    でもおつるは13年前のミニオン島の現場までいたのです。ドレークを保護したとなるのは納得ですが まだそこもはっきりと断言されていませんからね。

    この考察記事は僕はわからないことだらけで想像がつきません ただ なぜ 13年前に 尾田先生はミニオン島に ロシナンテとロー  保護されたドレークの三者が関わってる展開にしたのか、という方が気になりますねえ。



    それにドフィの弟であるロシナンテがオヤジのバレルズが持っていたオペオペの実を強奪し その後 バレルズに手を掛けたのがロシナンテの兄のドフィというのも因果めいてます。

    コメントありがとうございます baronさん

    実際に島で保護したのは中将おつるで、海兵として拾ったのはセンゴク。この可能性もあるでしょうか。混同してるかどうかは少し見守りたいですね!!

    仰る通り、あの13年前のミニオン島で運命が交錯した事には重要な意味がありそう。コラソンが追っていた事と今ドレークが持つ任務との関連があるかどうか。ここを掘り下げるのも面白くなりそう!!

    何か関係ありそうなんですけどねえ

    管理人さん 御返事コメントありがとうございます。

    >コラソンが追っていた事と今ドレークが持つ任務との関連があるかどうか
     👆ここ ポイントな気がするんですよ。管理人さんが書かれた考察記事 【機密特殊部隊SWORD】ドレークの潜入目的はフーズ・フーだった!?  で僕はこう書きました

     <13年前にロシナンテが調べ上げた調査内容はドンキホーテファミリーの一員として 潜入していたヴェルゴに握りつぶされてしまいましたが のちにドレークが引き継いでその再調査に当たっているかもしれませんよね。>


     ロシナンテが調べた調査内容をドレークが引き継いでいる可能性もありえます。13年前に海軍に救助されるきっかけを作った恩人(?)ともいえますから。

    管理人さん  ヴェルゴに握りつぶされた調査内容には おそらく カイドウ、オロチ、CP0、それに SMILE関係の計画の全容 それとシーザーの名前があったんじゃないのか?と

     そのことを裏付けるこのヴェルゴのセリフ 
    「こんなモンが軍に渡ったらファミリーは もう終いだ!!!今後の計画まで全てな!!!」
     こういうこと事だったんだと。

     もちろん推測の域ですが早くその調査内容が何だったのか知りたくてしょうがないです(笑) 

    コメントありがとうございます baronさん

    あり得るんですよね〜。

    ドフラミンゴの背後に何があったのか分かりませんけど。13年前となるとカイドウとオロチによる武器の闇取引は活発に行われていた筈。ドレスローザもワノ国も新世界。何かニオイますね!!

    シーザーはまだ政府の科学班にいた時期。暴発事故を起こす前でもあります。ここはまだ当てはまらないかも知れませんけど。パンクハザードからのナンバーズの買い付けの件もありますし。色々と気になりますね!!

    僕も早く知りたいっす!!

    コメントの投稿

    非公開コメント