キングの種族とインペルダウンのポーネグリフ - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    キングの種族とインペルダウンのポーネグリフ

    火災のキング

    第1022話にて、ずっと謎だった“火災のキング”の種族が判明しました。彼に関しては以前から海底監獄インペルダウンとの関係性が取り沙汰されていたのです。色々と考えてみたいです!!

    ー画像はONE PIECE第925話より引用ー










     

    【赤い壁の上の発火する種族】


    発火する種族について話すマルコ -ワンピース最新考察研究室.1022
    -ONE PIECE 第1022話より引用-

    マルコが聞いた話ー

    昔々… 赤い壁のその上に…
    “発火”する種族が住んでいました…



    何やら言い伝えがある様な感じです。北界民話『うそつきノーランド』みたいな… 史実が織り交ぜられた絵本などが存在するのでしょうか。それを読み聞かせられていたからマルコは知っている?あるいは『ジュー=ウォールの航海日誌』みたいな… 誰かの航海日誌に記されていたりするのかも。

    何にせよ…

    赤い土の大陸(レッドライン) -ワンピース最新考察研究室.101
    -ONE PIECE 第101話より引用-

    「赤い壁」というのは“赤い土の大陸(レッドライン)”の事だと思われます。その上に「“発火”する種族」が住んでいたという話がある。キングはその種族なんだろ?って事なんですよね。

    住んでいたのは800年前まで。

    「アラバスタ」のネフェルタリ家だけは聖地マリージョアへの移住を拒否
    -ONE PIECE 第722話より引用-

    ネフェルタリ家を除く19人の王達が家族と共に聖地マリージョアに移住する際に、キング達の種族は住処を追われたのでしょう。

    創造者達の移住によってレッドラインは“神の地”となった。“神”以外の者が住むなどケシカラン!! 出て行けって理屈だろうと考えています。キング達の種族が実際に住んでいた場所はどうでも良いと思います。

    まぁ そうは言っても…

    おそらく聖地マリージョアのある土地に住んでいたのかな?と思いますけどね。なぜなら、陽樹イブと関係あると考えるからです。その下の魚人島に“太陽の恵み”を与える陽樹イブの根っこがあるのです。聖地マリージョアの近辺に陽樹イブが生えていそう。ここにキングの種族が住んでいたのかも。

    そして、陽樹イブと関連のありそうな宝樹アダムというのがエルバフ(巨人族)に関係がありそうなんですよね。エルバフの村がある「ウォーランド」には巨大な樹木の様なモノが描かれてました。

    トットランドにいない種族が3種
    -ONE PIECE 第951話より引用-

    トットランドにいない種族が“3種”いて…

    ・巨人族は宝樹アダム
    ・“発火”する種族は陽樹イブ

    そのウチの“2種”はそれぞれ重要な樹木と関係してるって事なんでしょ?と。こういう設定なんじゃないかと思うんですよね。番人みたいなね。



    【発火する種族とインペルダウン】


    火災のキング
    -ONE PIECE 第925話より引用-

    その初登場の時から、服装からしてキングは海底監獄インペルダウンの関係者ではないかと考えていました。マゼランの前の監獄署長だったのでは?と。マゼランの前任の署長というのは第0話で存在が確認できます(今から22年前の話)。

    もしも、この仮説が正しければ…

    レッドラインの上という住処を追われた「“発火”する種族」は海底監獄インペルダウンで存続して来た可能性が出ます。キングが800歳を超える年齢ではなく、尚且つ純血を保っているのなら… その種族は800年間血統を維持して来た事になるのです。

    政府の三大機関を結ぶ“タライ海流” -ワンピース最新考察研究室.549
    -ONE PIECE 第549話より引用-

    インペルダウンといえば世界政府の三大機関の1つです。そこに収監されたのではなく、監獄署長をはじめとする看守として生き残って来ていたのなら、その種族は世界政府に従ったという事になります。

    その過去があるからキングの翼は黒いんじゃないかな。

    天狗山飛徹
    -ONE PIECE 第912話より引用-

    元々、800年前までキング達の種族というのは天狗山飛鉄の様な白い翼をつけていたんじゃないか。しかし、世界政府に従った=悪に堕ちたって事で翼を黒く染めたんじゃないか。

    ただし、

    本当の意味で従ったのではなくて… そうまでして守りたかったモノがあった。こういう事なのかなぁと考えています!!



    【インペルダウンにポーネグリフ?】


    インペルダウンLEVEL3“飢餓地獄”のポーネグリフ -ワンピース最新考察研究室.530
    -ONE PIECE 第530話より引用-

    インペルダウンLEVEL3“飢餓地獄”のフロアには、ポーネグリフが安置されてる可能性があるんですよね。まだハッキリはしません。しかし、どうも古代文字っぽいぞと。

    これが今回の話と繋がるかどうかです!!

    キングの種族というのは、世界政府に従ったフリをしながらインペルダウン内でポーネグリフを守って来ていたんじゃないだろうか。キング達の種族もまた「世界の夜明け」を信じて来たのではないか。

    だからといってキングは悪だと考えます!!

    エネルが生まれ育った空島はビルカ -ワンピース最新考察研究室.279
    -ONE PIECE 第279話より引用-

    月の都市と同じ名前である“ビルカ”という空島をエネルは滅ぼしています。その空島には、月にまで到達できる空飛ぶ船(マクシム)の設計図があったのです。何やら月と密接な関係にある場所ですが、エネルの様なヤツが出るんですよね。

    ジョイボーイとの約束がある魚人島にもホーディ・ジョーンズの様な者が出現します。ひとくくりにできないのです。

    キングというのも、その種族が遥か昔から受け継いで来たモノを捨ててカイドウについて行ったって事なのかも。倒すべき敵であるのは間違いないのではないか。

    インペルダウンのポーネグリフ
    -ONE PIECE 第530話より引用-

    何にしても、インペルダウンにポーネグリフかどうかです。インペルダウンにはボン・クレー(Mr.2)がいますので、そこを舞台とした話があるかもなんです。ここは待ちたいですね!! キングの種族の過去と関連する可能性があるのかどうか。


    【まとめ】


    “発火する”種族が住んでいました… -ワンピース最新考察研究室.1022
    -ONE PIECE 第1022話より引用-

    火災のキングは“発火”する種族。その昔、レッドラインの上に住んでいたと思われる。おそらくは聖地マリージョアのあった場所でしょうか。陽樹イブを守る種族だった可能性アリと考えてます。

    創造主(後の天竜人)に住処を追われたキング達の種族は、海底監獄インペルダウンで生き残って来たと考えてます。世界政府に従う道を選んだ。しかし、それはポーネグリフを守る為の判断。世界政府には内緒で守って来ていたんじゃないかな。

    だとしてもキングは倒すべき敵だと考えます。それなりの理由があると考えています。キングその人の過去にも注目が集まりますね!!


    少し書かせて頂いた陽樹イブの事や、レッドラインが赤い理由とキングの種族についてなど更に掘り下げてみたいと考えてます。面白いのが浮かぶといいなぁ。


    ありがとうございました!!!
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    No title

    シャーロット・バスカルテはキングの種族じゃないはずですそうなるとあの力はどういうものなんでしょうね?

    マリージョアが「聖地」と呼ばれるようになったのは天竜人が移住し世界政府の本拠地になってからと普通は考えられますが、今回明かされたキングの設定も踏まえて、もしもそれ以前から聖地であったとしたらどうでしょう?
    実はキングの種族こそが本来「神」と呼ばれていたとか?
    天竜人の先祖はその神の座を奪ったのかも?
    そして地に落とされたキングの種族は「悪魔」とされるようになったのでは?

    遥か高みの地に住まい炎を自在に操り翼で空を翔ける種族がいれば、古代の人間から「神」と崇められてもおかしくはないので、実際この可能性はあるんじゃないでしょうか?

    マルコの語り方は何か「昔話」を思わせるものがあり、その続きではキングの種族が魔物や悪魔のように伝えられてるのではないでしょうか?
    世界政府により歴史の改ざん隠蔽によってそんな言い伝えが生み出されてるのかもしれません。

    No title

    昨日ワンピースの公式Twitterで
    火炎→×
    火災→○
    って修正されたようで

    No title

    この後の戦いで、キングの拷問好きの設定が活かされそう

    No title

    昔々でレッドライン、その二つのワードで予想すると天竜人が支配する前の世界そこに住んでいたが「空白の100年」以降は天竜人によってレッドラインから追放された種族だと推測できる。

    追放ではなく消された可能性もあるが800年後の現在でもキングがいるので生き残りはある程度いたと思える。

    そしてキングの"翼"が悪魔の実の能力とは関係なく装飾でもない場合「月の人」が関係しているかもしれない。

    レッドラインは地上よりも月に近いので月の人が最初に移り住んだ場所として有力視できる。

    ただしキングの雰囲気で判断するとキングはとても科学技術に特化した月の人の末裔とは思えない。それに発火するという部分も月と関係しているのかよく分からない。

    なので月の人と関係があっても純粋な末裔というわけではないかもしれない。

    可能性の一つとして考えられるのはキングの種族は月の人と元々レッドラインにいた発火する種族のハーフというもの。

    ややこしい感じであるがこれなら以前のビッグマムの発言を上手く説明できるかもしれない。

    「1種は歴史の彼方に消えちまったかもしれねェが…お前は生きてる」というのはキングの種族のことを指しているようにも聞こえるし、別の種族を指しているようにも取れる。

    ただキングがその種族ならそこにいる以上歴史の彼方に消えていないので別の種族を指しているとしても違和感はないだろう。

    言い方が紛らわしいのでよく分からない感じになっているわけだが、しかしもしもキングの種族とその歴史の彼方に消えた種族に繋がりがあるのであればその紛らわしい言い方は(そういう意味で)納得できるというわけである。

    つまりトットランドにいない3種の種族は巨人族、キングの種族、そして月の人という事で落ち着く。

    最もキングの種族は月の人と繋がりがなく単純に大昔からレッドラインに住んでいた火を操れる種族だとしても"3種"は説明できるのでこの説は考えすぎだとしてもおかしくはない。

    しかし翼があるのが気になるし、それにレッドラインといえば天竜人と関係するだけじゃなくおそらく古代文明とも関係しているので、少なくとも血の繋がりはなくてもキングの種族と月の人は大昔交流があった可能性は高いと思う。

    ちなみになぜキングが堕ちているのかは謎である。元々キングの種族はこのような感じなのだろうか。

    ただ"D"にもロックスや黒ひげがいるのでキングもはぐれ者ということは考えられる。

    この部分は今後作中もしくはSBSで明らかになるのを待つしかないだろう。

    No title

    「末裔」…

    その考えもアリですが、別の考え方もあると思います。

    「発火する一族は、800年前に滅ぼされたが、最後の一人がなぜか現代に現れた」という考え方です。

    この考え方の方が、キングの希少性をうまく説明できます。
    たぶん、発火する一族は、キングただ一人しかいないと思うんですよね。

    コメントありがとうございます 花梨さん

    おそらく悪魔の実の能力になるんですかね?

    コメントありがとうございます 詩織さん

    キングの種族についての伝承がどう残っているかですね!! マムとマルコがそれぞれ何か知ってそうです。色々と考えたいですね!!

    コメントありがとうございます 火災のキングさん

    そうなんですね!!

    教えて下さってありがとうございます!!

    どちら様かコメントありがとうございます

    > この後の戦いで、キングの拷問好きの設定が活かされそう

    これはありそうですよね!! どんなカタチで出るかに注目したいです!!

    コメントありがとうございます のりのんさん

    レッドラインについても色んな考察がなされて来ました。人工物ではないかとの考察もあります。そこにキングの種族を絡めるのも面白くなりそう。

    翼、その色… 何やら重要な過去を握っていそうな気もしますね!!

    どちら様かコメントありがとうございます

    > 「発火する一族は、800年前に滅ぼされたが、最後の一人がなぜか現代に現れた」という考え方です。

    > この考え方の方が、キングの希少性をうまく説明できます。
    > たぶん、発火する一族は、キングただ一人しかいないと思うんですよね。

    僕もキング1人しかいないんじゃないかと考えてます!! ここは同感なのですが、800年前に滅ぼされていてキング1人しか… となると色々と考えなくてはなりませんね。僕としてもココに何か理由を求められないか考えてみます!!

    コメントの投稿

    非公開コメント