【第950話冒頭1ページ】やはりルフィとキッドはライバル関係 - ONE PIECE最新考察研究室
FC2ブログ

    記事一覧

    【第950話冒頭1ページ】やはりルフィとキッドはライバル関係

    尾田栄一郎公認ポータルサイト「ONE PIECE.com」にて第950話の1ページ目が公開されました!!

    前回のラストは…
    兎丼制圧
    決戦8日前にて兎丼制圧!!

    まだ もう少し続くみたいですよ。






    闘志の行方は… とありますね。


    第950話チョイ見せ!! 上段

    兎丼の採掘場を出る扉に至る階段を上っているキッドとキラーが描かれています。「また戦るのか カイドウと」とルフィに問うキッド。ルフィは「お前も一緒にやるか!?」と返します。「バカか!!」と怒るキッド。

    第950話チョイ見せ!! 下段

    その後 キッドはこう続けた様です。「おれの相棒がどうなったか」「見ての通りだ…!!」 そして、採掘場内の金属部品を能力で引き寄せて左腕を構築。キッドの怒りの表情で締めくくられます。







    うーん、なかなか重い1ページとなってますね。さて どう読みましょうか。まずポイントとして取り上げたいのが、能力で作り出した義手の大きさですよね!!
    キャプテン・キッド再登場
    戦闘モードではないんだから必要最低限の大きさで良いんです。
    義手を作るキッド
    にもかかわらず、大きめのコマでも飛び出すくらいに大きな義手!!


    これはもうズバリ!! キッドの心の内を表していると思われます!! もしも心が凹んでいるんなら こうはならないでしょう。すでにキッドの心は戦闘モードに近い状態にあるんでしょうね。 これを見て安心しました。 キッドは大丈夫です!!!


    しかし、状況は最悪です。キラーの事を「見ての通りだ…!!」なんて。


    ここ何日かキッドの事を考えていたんです。
    無言で見つめるキッド
    落ちる所まで落ちたな、と。あのギラギラしてイケイケだったキッドが… どうして こんな風になってしまったんだろうって。でも この第950話の“チョイ見せ!!”を見てピンと来ました!!


    あぁ、あの時のルフィと重ねてるんじゃないかなぁと。そう思ったんですよ!! シャボンディ諸島編ラストの麦わらの一味の状況ですよ。
    仲間一人も救えない
    …仲間一人も…!!! 救えないっ…!!!!


    パシフィスタを引き連れた戦桃丸、遅れて海軍大将黄猿も現れる。太刀打ち出来ない戦力を前に逃げる事しか出来なかった麦わらの一味。更に七武海バーソロミュー・くまも現れ、目の前で次々と仲間が消されて行く。麦わらの一味は完全崩壊を喫する事となる!!! 絶望するルフィ。彼もまた飛ばされる訳ですが… 飛んでいる最中に「あの くまみたいな七武海 許さねェ!!!」と。ルフィの心は敗ない。





    今、キッドも同じ状況にあるんじゃないのかな?尾田先生は、あの時のルフィと今のキッドを意図的に重ねて描いてるんじゃないだろうか。キッドもドン底まで落とそう。挫折を味わせるべきだ、と。その上でキッドを一回り成長させようと考えてらっしゃるのかも。



    こう考えるとですね。あのシャボンディ諸島に集結した11人の億超えルーキーの中でも、キッドだけ少し特別なのかなぁと思うんです。
    キッド「一目会えてよかった…」
    キャプテン・キッドこそがルフィにとっての同世代のライバル!! こういう立ち位置なんじゃないだろうか。黒ひげはまた別としてね。抜きつ抜かれつでルフィとキッドを描いているんじゃないだろうか。


    まぁ 今回の僕の見立てが正しいかは分かりませんけれど。


    挫折を味わった上でキッドがどこへ向かうのか。キラー以外の仲間達の行方はどうなっているのだろう。このままキッドが埋没するとは思えませんよね!! ワノ国編において重要な役割を担う事になる筈です。ルフィからの申し出は断りました。後から やっぱり手を組もうなんて言うとも思えません。どの様に戦力を整えて来るのだろう。とても興味深いんです!!!

    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事