【ヤマトvsカイドウ】おでんの航海日誌の存在 - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    【ヤマトvsカイドウ】おでんの航海日誌の存在

    カイドウと戦うヤマト(人獣型) -ワンピース最新考察研究室.1019

    ヤマトとカイドウの戦いで1つ気になる事があります。それはヤマトが光月おでんの航海日誌を読んでいる事なんですね。これがカイドウに知られる展開になる可能性があります。

    ー画像はONE PIECE第1019話より引用ー










     

    【カイドウが知りたい情報】

     
    カイドウは光月の生き残りに聞きたい事があったのです。それがあるからこそ、オロチに赤鞘九人男を生捕りにする様に頼んでいたのです。何が聞きたかったかというと…

    ラフテルへの手がかりは侍達には伝えられてねェ様だ -ONE PIECE最新考察研究室.982

    ラフテルへの手がかりです!!

    光月おでんから何か聞いていたんじゃないか。ここが気になっていたんですよね。錦えもん達はほとんど何も聞かされてはいませんでした。聞いていた事と言えば、ワノ国を閉じたのは光月家だったという話くらいでしょうか。

    これをヤマトが知ってる可能性がある!!

    おでんの日誌に書かれる「大切な事」-ONE PIECE最新考察研究室.984

    光月おでんが残した航海日誌を読んでるからです。この存在をカイドウは知りません。どこまでの事が記述されているかは分かりませんが、カイドウが知りたい情報が含まれている可能性があるのです。


    おそらく… バレるんじゃないか?


    カイドウとの戦いの中で、ヤマトがポロッと話してしまうんじゃないかな。カイドウから「どうして お前がそれを知ってる?」と言われてしまう様な事をです。20年間ずっと鬼ヶ島に幽閉されていたヤマトが海外の事を知っていたり、白ひげやロジャーの事を知っていたりです。

    どうも言っちゃいけない事を言ってしまう展開にしそうな気がするんです。それというのも…

    光月おでんの航海日誌はヤマトからモモの助へ -ワンピース最新考察研究室.1000

    すでに航海日誌はヤマトからモモの助へと渡っているからなんですね。ヤマトがカイドウに敗北したとしても奪われる心配はないんです。今ヤマトから航海日誌の存在がバレた場合、また新たな展開が生まれるのです。

    ポイントはモモの助の生存がカイドウに知られるかどうかです。その展開になるのなら、光月おでんの航海日誌の争奪戦の様相を呈する事になります。



    【航海日誌に記される「大切な事」】


    おでんの日誌に書かれる「大切な事」-ONE PIECE最新考察研究室.984
     
    光月おでんの航海日誌について伏せられているのが「大切な事」と言われるモノなんです。これが何なのか分からないんですね。カイドウが知りたい情報の可能性があります。

    おそらくはジョイボーイに関する事でしょうか?

    カイドウ「お前も“ジョイボーイ”には…」 -ワンピース最新考察研究室.1014

    それならカイドウも何か知ってそう。

    このジョイボーイについて、ヤマトが知ってる事とカイドウの知ってる事のすり合わせが為される展開になるでしょうか。これは是非とも描かれて欲しいトコロですけどね。

    もう1つ重要そうなのが…

    モモの助「死んではならんようだ…!!」 -ワンピース最新考察研究室.1014

    モモの助が死んではならない理由です!!

    これもまた謎です。

    この事とカイドウとの接点で考えた場合…

    承知した

    ズニーシャに声を届けられる事が挙げられそう。とてつもない戦力を秘めているんです。ここに関係して来るとなればカイドウは食いつく筈なんです。


    ヤマトが光月おでんの航海日誌を読んでいた事。これはバレそうな気がするんですよ。カイドウが知りたい事をヤマトが握っているのです。錦えもん達から聞けなかった事を実はヤマトが知っていたのです。今回の流れでこそ出せる事柄なんでふね。その存在がカイドウ側に知られる事で新たな局面が生まれそうなんですよね。

    見守りたいです!!
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    No title

    20年間死守した日誌の内容を、ここまで来て うっかり口を滑らせてペラペラ喋るようなヘマをするほど、ヤマトは間抜けではないと信じたいです……。

    もし、この20年の間に日誌の存在がカイドウにバレて、奪われるようなことがあったら、海賊王の座がカイドウに渡っていた恐れすらあったワケですし。

    そうならないように全力で隠匿・死守したヤマトの、これまでの『実績』を信じて、僕は『ヤマトはそんなヘマはしない!』と思います。

    コメントありがとうございます アウラの黒髪さん

    どうも僕は航海日誌の存在がバレはしないかと心配なんですよね。どうなるか見守りたいと思います!!

    コメントの投稿

    非公開コメント