太陽の神ニカとは“虚の王”イムではないか - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    太陽の神ニカとは“虚の王”イムではないか

    太陽の神ニカ -ワンピース最新考察研究室.1018

    太陽の神ニカなる伝説は何を指しているのか。これは世界政府の中枢“虚の玉座”に座るイムではないだろうか。何らかのカタチで伝説がひっくり返っているのではないだろうか。

    ー画像はONE PIECE第1018話より引用ー










     

    【カルガラが殺したのは…神か?】


    太陽の神というのは空島編にて登場します。それはノーランドとカルガラの友情の物語の序盤で登場するのです。太陽の神とはどんなカタチで登場していたのか。それは崇拝するべき“神”として出ていたのだろうか。今一度振り返ってみたい。

    海円暦1122年5月21日ー

    グランドラインのジャヤという島に原因不明の病が流行します。このままでは全滅してしまう。そこに神官(パシトリ)と呼ばれる者が島の人々に御告げを残し亡くなります。

    カシ神様を通じて神に貢ぐのだ…!!!
    血を捧げよ…!!!
    “生け贄の祭壇”に…!!!
    カシ神様に
    村で一番美しい娘の血を捧げるのだ!!!



    選ばれたのはムースという名の女性。

    これから私は太陽の神に迎えられるのよ -ワンピース最新考察研究室.287

    彼女は言います。「これから私は太陽の神に迎えられるのよ」と。それは幸福な事であり、自身が生け贄になる事で村が救われるならと言うんですね。

    カシ神様というのは巨大な蛇であります。この蛇(=神)をノーランドが斬るんでしたよね。いわゆる「神殺し」であります。こんなモノは神でも何でもない!! ここから大きく物語が動き出します。

    どうなりましたっけ。

    カルガラ「…答えを言え…」 -ワンピース最新考察研究室.289

    …答えを言え…
    おれは今…
    何を殺した…


    沈みゆく太陽をバックにカルガラが斬ったのは“神”なのか!? ジャヤ(シャンドラ)における太陽の神とは何だったのか。何が描かれていたかは一目瞭然の筈なんですよね。

    ちなみに、

    上のシーンは第289話“望月”に描かれ…

    生け贄の祭壇を照らす満月 -ワンピース最新考察研究室.289

    満月が生け贄の祭壇を照らし、歓喜するシャンディア達や眠るノーランドを暖かく見守る様な描写へと続くのです。


    太陽の神とは何だったのか…。


    古代都市シャンドラの遺跡 -ワンピース最新考察研究室.272

    ポーネグリフを守る為に戦い滅んだ黄金都市シャンドラに関係して「太陽の神」というのが登場するのです。何かありそうな気はします。ポイントはどんなカタチで出ていたのかなんです。シャンドラを助ける存在として出ていたとは思えません。「太陽の神」は何も救ってくれはしなかったのです。

    しかし、シャンドラは信じていた!!

    これと同じなんじゃないかな?

    フーズ・フーが語る「太陽の神ニカ」 -ワンピース最新考察研究室.1018

    太陽の神ニカというのも、奴隷達は自分達を救ってくれると信じていた。人を笑わせ苦悩から解放してくれる伝説の戦士がいるんだと。しかし、それは太古の昔からの迷信に過ぎないのかも。

    上の太陽の神ニカの容姿はどこかシャンディアを思わせるモノがあるのです。ここに何か示唆するモノがある様な気にさせるのです。



    【不夜島エニエス・ロビー】


    エニエス・ロビーは不夜島 -ワンピース最新考察研究室.375

    不夜島エニエス・ロビーには夜がない。ゆえに“昼島”とも呼ばれるらしい。ここは司法の島と呼ばれ裁判所があるんですね。世界政府3大機関の1つです。

    アクア・ラグナの影響だろうか… ウォーターセブンの周辺が厚い雨雲に覆われる中、その場所だけは太陽の日差しが降り注ぐ。ウソの様に晴れ渡っているのです。

    夜がないという事は月が出ないという事。ずっと太陽だけが頭上にある場所で裁かれるのです。この場所を舞台として麦わらの一味がCP9と戦ったのです。ロブ・ルッチ達と戦い勝利したのです。

    そして今回…

    フーズ・フーの12年前のミス -ワンピース最新考察研究室.1017

    百獣海賊団“飛び六胞”フーズ・フーが実は元CP9だと明かされた。その男の口から「太陽の神ニカ」なる存在が出て来たのです。ずっと太陽だけが光り輝く不夜島エニエス・ロビーは無関係なのだろうか。僕にはそうは思えないのです。

    月に対する太陽…

    ある巨大な王国 -ONE PIECE最新考察研究室.395

    “ある巨大な王国”というのが「月」ならば、それを滅ぼした側こそが「太陽」ではないだろうか。世界政府の正義によって裁かれる場所に月が出ないのです。永久に月が出ない様になってる。

    イム

    イムこそが「太陽」の象徴じゃないのかな。



    【エルバフの冬至祭】


    冬至祭は「太陽」の“死と復活”のお祭り -ONE PIECE最新考察研究室.866

    エルバフには“冬至祭”と呼ばれるモノがありました。それは「太陽」の“死と復活”のお祭りだと言います。苦しい冬を越えてもまた私達を照らしてくれる…と(第866話)。

    冬至というのは、1年で最も昼の時間が短い日であります。そして「暦法上は冬至で1年間の干支が切り替わる」というのもあるんですよね。転換点でもあるんです。

    エルバフの冬至祭とはどんな祭事なのか。

    僕としましては、太陽の死と復活と言われて連想するのは「天岩戸」の伝説なんですよね。太陽神である天照大御神が隠れた事で世界が暗闇に包まれたという伝説です。これは「日食」ではないかと言われていまして。「日食」というのは太陽を月が隠すのです。月の影によって太陽が消えるのです。そしてまた太陽が見える様になるんですよね。

    エルバフは…

    「月」を象徴とする“ Dの一族”が、「太陽」を象徴とするイム(世界政府)を隠すのを待ち侘びているんじゃないか。それを祭事として伝承しているのではないだろうかと。そして再び太陽が顔を覗かせた時が…

    ペドロ「世界を夜明けへと導く者達」-ONE PIECE最新考察研究室.877

    世界の夜明けになると考えているんじゃないかなぁと。

    これは魚人島の事とも絡んでおり…

    本物の“タイヨウ”の下まで…

    オトヒメ王妃の言う“本物のタイヨウの下”というのは、イム(世界政府)の支配する“太陽の下”ではないって事じゃないのかな。今 世界を照らす“太陽”というのは本物ではない。本物のタイヨウが昇る夜明けの到来を待っている。

    僕はこう考えておりますが…

    エルバフ編を待ちたいですね!! そこで冬至祭の事も詳しく分かるでしょうし、太陽の神ニカについても分かって来る様な気がしています。



    【カルメルのパンドラ】


    カルメル「太陽の神が…」 -ワンピース最新考察研究室.867

    エルバフに関して、もう1つ太陽の神というのが登場しておりました。それはマザー・カルメルが生み出したホーミーズであります。そのエルバフの村を焼くの炎を凝縮させて生み出したホーミーズの名は…

    パンドラです!!

    これはパンドラの箱から来ているモノと思われます。そうなると色々と興味津々なのです。パンドラの箱の中から世界に厄災が飛び出したとされるんですよね。そこから…

    ・触れてはいけないもの
    ・災いを引き起こす原因

    ↑この様にたとえられるのです。これもまたイムを思わせるモノがあるんじゃないかと思えるんですよね。どうでしょうか。



    【まとめ】


    イムと五老星

    僕は、太陽の神ニカというのは“虚の玉座”に座るイムなんじゃないかと思うのです。シャンドラの事もあって太陽の神には良いイメージを持っておりませんでした。シャンディアにとっては太陽よりも…

    400年前の故郷に!!!

    やはり月の方が大切なモノと描かれていた様に思うのです。それはやはり“ある巨大な王国”というのが月と重要な関わりにある事を示しているんだと思うんです。

    つまり、

    ジョイボーイが月なら、その正反対の存在である太陽はイムなんじゃないか。イムを倒して新たな太陽が昇るのではないのかな。そんな気がしてなりません。

    フーズ・フーが語る「太陽の神ニカ」 -ワンピース最新考察研究室.1018

    しかし、フーズ・フーが語る太陽の神ニカの伝説というのは、これからジョイボーイとなるだろうルフィが果たす事と同一だと思われます。ここには何かありそう。太陽の神ニカの伝説の裏に巧妙にイムが隠れているのかも知れません。こんな風に僕は考えておりますが、まだまだ情報が欲しいトコロです。

    何が明かされるのか楽しみですね!!


    ひとまず第1018話は太陽の神ニカの考察に尽きると思います!! 全体を見て行く中で書ける内容ではありませんので、まず先に個別で記事にすべきと判断しました。しかも1本では書き尽くせませんので2本に分けさせて頂きました。よろしくです!!
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    シャンディアの人達の入れ墨、結構特徴的でしたが、ルフィの覇気の模様があんな風に洗練されていったら胸アツですね。
    ギア5。

    ゴムゴムを護送した話も禁忌の伝説に基づいた動きなら納得ですね。みんな知らないけど重要っていう状況が。
    コビーの「あのゴムゴムの実」発言が浮いちゃいますけど。

    それにしても太陽神なんてモンが出てとはなぁ。
    アラバスタのモデル、エジプトも太陽神信仰ですよね。天竜人にならなかった事と関係あるんですかね?
    イム様がビビの顔写真にナイフ指してたのは、、、当時ニカ側についたアラバスタの女王と似てた?
    あ、クレオパトラ??
    そういや、クレオパトラとローマ帝国って関わりありましたよね。

    太陽神なんて特に、日本にもエジプトにもギリシャにもインカ帝国にも出てくるし、各地で呼び名が違うだけで同じ神って感じかなー。

    No title

    考察ありがとうございます
    >何らかのカタチで伝説がひっくり返っているのではないだろうか。
    これはありそうですね。。いつも鋭い。。。

    政府連合軍vs ジョイボーイが筆頭に立っての、Dの連合軍(光月、ミンク族、人魚族、魚人族etc)だったのかなと思いました。
    シャンドラの太陽神信仰は、アニミズム的な(他にも森の神、水の神等出てきてましたので)信仰かなと思います。エルバフも。

    太古がいつなのかわかりませんが、太陽神ニカ伝説は、ジョイボーイより遥か昔から地上にあって(奴隷からの解放)、空白の100年に実在したジョイボーイは、ニカの伝説を受け継ぐ側面もあったのではないだろうか(太陽vs月ではなく)
    と思いました。
    トンタッタ族は、奴隷の歴史は900年前までとトンタ長が言ってますが、
    その後の空白の100年は、奴隷としてではなく連合王国と戦ったのかな。。

    フーの言うように魚人族の歴史というより、地上の奴隷の歴史と空白の歴史が絡んでいそうな気がしています。
    とりとめなくてすみません。

    イムもニカもなんでこう組み合わせたくなる名前なんでしょうね。
    イムで仏とは、巷でよく見かけました。
    このイムとニカで組み合わせて見つけましたよ、この漢字。

    伝力。

    どうですか?、、、もうなんのことか分からないですね。
    断念します。

    コメントありがとうございます アルギニンさん

    太陽に関するモノは色々と出てたんですよね。それと月がどういった関係にあるかがずっと焦点だったんですよね。これまでにも記事で触れてはいましたので、エルバフまで引っ張るのかなと思ってたんですが。ここで出るとは驚きました。光月家が重要だとしての太陽は色々と考えさせられますね!!

    コメントありがとうございます やっちさん

    ミスリードとまでは言いませんけれど… あからさま過ぎてコレちょっと怪しくないです?みたいな(笑) これまで積み上げてきた「月」に関する考察とどう繋げようかなと。ここが僕にとって大きなポイントでありました。

    太古の昔という言葉の使い方は気になりました。ジョイボーイが受け継いだというのはあり得ますね!!

    まず自分の書きたい事を書かせて頂いて、それから色んな角度から切り込もうかと考えてます。色々と考えてみます!!

    コメントありがとうございます そらまめさん

    伝力。 すごいです!!

    色々と出てきそうなワードですよ?

    面白いです!!

    コメントの投稿

    非公開コメント