fc2ブログ

【強固な扉の地下室】ポーネグリフと“こけし”の謎

オロチ城にはポーネグリフがある

ブルックが見つけた“歴史の本文(ポーネグリフ)”。それは強固な扉の地下室にあり、その部屋には木彫りの人形(こけし?)が並んでいたそうです。この話がまた謎だらけなのです!!

ー画像はONE PIECE 第934話より引用ー










【ブルックはどこでポーネグリフを見つけたのか】


カン十郎は狂死郎を知らない

そのポーネグリフの話が出て来るのは、ブルック達が花の都から鈴後に逃げて来たシーンでの事であります。将軍オロチの宴の騒動から逃げて来たんでしたよね。ここで出て来るという事は…

井戸に隠れていたブルック -ワンピース最新考察研究室.932

花の都の城内の「井戸」に隠れていた時に見つけたモノと考えて良さそうです。その前の鈴後での食糧調達の任務中の出来事ではなさそうなんですね。

城内の「井戸」に隠れつつ、テャマスィーの状態(=幽体離脱)で様子を探っていた時にでも見つけたのでしょう。ブルックがポーネグリフを見つけたのは花の都の城内にある地下室である!! これで話を進めたいと思います。

ポイントは…

赤い石ではありませんでした

 

↑ここであります!!



【光月家は城内のポーネグリフを把握していない】


ブルックが見つけたポーネグリフは赤い石(=ロードポーネグリフ)ではなかった。この証言によって大きな謎が出て来るのです。まず間違いなく光月おでんはそのポーネグリフの存在を把握しておりません!!

光月おでんはワノ国にポーネグリフがある事は知っておりました。しかし、それはブルックが見つけたポーネグリフの事ではないのです。だからこそ…

ワノ国とゾウにロードポーネグリフがある

「赤いがな」と言っていたのです!!

これは空島のポーネグリフを見た後の話です。光月おでんとイヌアラシ&ネコマムシがそれぞれの国にポーネグリフがある事をロジャーに伝えるのです。ただし、空島のとは違って「赤いけどね」と言ってるんですよね?

ブルックの見つけたポーネグリフの存在を把握していたなら、こんなセリフが出る筈がないのです。「赤いのもあるよ」という風なセリフになるべきなのです。どうやら光月おでんは知らないっぽい。

ワノ国でポーネグリフの写しを取ったロジャー -ワンピース最新考察研究室.967

↑このポーネグリフの写しを取った時、光月おでんは花の都の城内に立ち寄ってはいない筈です。立ち寄っていたなら、すでに黒炭オロチに乗っ取られていた事が知れた筈なのです。それは冒険を終えてワノ国に帰ってから錦えもん達から聞かされるのです。写しを取ったのはロードポーネグリフだけの筈です。それがどこにあったのかは不明です。

では、

光月おでんが知らないなら父スキヤキはどうだろう。光月おでんとスキヤキの親子関係というのは、ずっと良好だったとは言えないのですが…

光月家に伝わる一子相伝の暗号 -ワンピース最新考察研究室.966

光月おでんはスキヤキから“一子相伝”であるポーネグリフの古代文字の読み書きを習っております。それを伝承しておきながら、スキヤキが城内の地下にあるポーネグリフの存在を教えなかったとは考えにくいんですね。

スキヤキもまた知らなかったのかも!?

こけし?

テャマスィーの状態となって壁をすり抜けられるブルックだから見つけられたのであって。単純に階段を降りれば行ける地下室ではないのかも。光月将軍家は地下室のポーネグリフの存在を把握していないのではないかな?

800年前に地下室にポーネグリフを運び込んだ者は、その事実を封印したのではないか。後世に伝えなかった。つまり、読んではならないという事なのかも。光月家なら読めるからこそ自分達で内容を封印したのではないか。この可能性です!!

ブルックが見つけたポーネグリフというのは、光月家が読むべきではない内容が記されているのかも。読むべきは、それを読む運命に導かれた者だけ。その時が来るまで誰も読んではならない。

その者が800年の時を越え現れる時

それこそがジョイボーイであり、ロビンと旅をするルフィが内容を知る運命に導かれたって事になるのかも。こう考えると古代兵器っぽい匂いがプンプンします。読んで変な気を起こす者が出る事を危惧したのかな?と。

ここまでを踏まえての“こけし”です!!



【美少女こけしコレクター】


ポーネグリフが安置される地下室には木彫りの人形(=こけし)が並んでいるという話であります。そこで“こけし”となると1人いるのです。

天狗山飛徹

天狗山飛徹(美少女こけしコレクター)!!

何か関係してるっぽい。。。

まず、この飛徹というのが実はスキヤキではないかというコメントをよく頂きます。どう考えるかは自由であります。肯定も否定も致しません。

ただ、

上に書かせて頂いた様に、スキヤキから光月おでんへと古代文字(暗号)の読み書きが伝承されていながら、城内の地下室のポーネグリフの存在を伝えていないのが気になるのです。そのポーネグリフをテキストに読み書きを教えれば良いのです。どうもスキヤキも把握できてなさそうに思うのです。

光月家が把握できていないなら、いずれにせよ飛徹も把握できていないと考えるとですね。その地下室の“こけし”というのは飛徹のコレクションと考えるよりも、飛徹がコレクションしたいと探し求めているモノとも考えられるのです。

こけし?

↑この地下室の“こけし”というのは、何らかの伝説をともなっていたり… ワノ国にあると伝えられながらも消えたとされる代物ではないのかと。鎖国状態だから海外に持ち出されたという事はない筈だ、と。飛徹というのは、その伝説を追い求めるコレクターなんじゃないか。



【ポーネグリフと美少女こけし】


おそらく地下室にある“こけし”は「美少女こけし」なんだと思うんです。その顔は女性なんだと思うのです。ここがまた謎になって来るんですね。

“こけし”はポーネグリフと共に安置されているのだから、その2つは深い関係にあるんだと思うのです。そこで「美少女」とは何を表すのかであります。まず“ジョイボーイ”ではない筈です。ボーイというくらいですもんね。

そこで思い浮かぶのが…

かぐや姫だと思うのです!!

古代兵器ポセイドン

おそらく古代兵器ポセイドン(伝説の人魚姫)ではないと思うのです。月へ帰るかぐや姫をモチーフとした、「ある巨大な王国」に関連する“美少女”というのが何か鍵を握っているんじゃないかと思えて来る。

しかし、今のところ“ジョイボーイ”のみなんですよね。“美少女”を思い浮かべる様な存在など出ていないのです。空白の100年に関わる女性といえば人魚姫のみです。

もう1人… 別に女性が関わっているのかな?

天月トキが生まれたのは800年くらい前

そうなると筆頭はトキ(旧姓:天月)でしょうか。

どうなんだろう。トキはワノ国の大名家である“天月家”の者であり、直接は「ある巨大な王国」と関係していない様にも思えます。かぐや姫と重ねられる存在なのかどうか。

まさか…

イム

↑イムってのは女性だったりするの!?


ここはあまり深掘りしないでおきます。


まぁ それが何かと考えるに…


あの木彫りの人形(=こけし)というのは、

ヴァース -ONE PIECE最新考察研究室.244

空島スカイピアにあった泥人形(ヴァース)と似たモノだとは思うんです。何らかの関連があると思えて仕方がないのです。

“神の島(アッパーヤード)”の入り口 -ONE PIECE最新考察研究室.245

神の島(アッパーヤード)の入り口にも並べられていたのです。向かった先にポーネグリフがあるんですよ。実際はノックアップストリームで上空に飛ばされた時にポーネグリフは移動しましたけどね。

どう見てもヴァースは「美少女」ではありません。何を模した泥人形かハッキリしません。でもワノ国の“こけし”には“美少女”の要素があって、それが何かの秘密を握ってそうなんですよね。

まだまだ謎は多い!!!

ここまで書いた中で1つでもヒットしてる内容があればと思うんですけど。なかなか難しいですよね。また情報が入って来るでしょうからね。その時にまた深く考えてみようと思います

ありがとうございました!!!
関連記事
スポンサーサイト



SHARE

コメント 2

There are no comments yet.
アルギニン
2021/06/25 (Fri) 12:40

そもそもおでんはロジャーと出会うまでポーネグリフという名称やその存在意義自体を知らなかった様子なんですよね。
知ってたら白ひげを交えてロジャーの話を聞いた時、「それはポーネグリフの事だな」「そいつは俺の先祖が作ったものだ」みたいな事を言いそうなものです。
ロードポーネグリフがワノ国にある事は知っていても、ただの赤い石としか認識してなかったのでしょう。

しかしながら光月家の当主であるスキヤキがポーネグリフの何たるかを知らないはずはありません。
となると、知っていておでんに教えていない事になります。
古代文字は幼少期から伝授される。
しかしポーネグリフにまつわる秘密は将軍の位を継ぐ時に初めて知らされる、という可能性も考えられますね。

ひーちゃん@管理人
2021/06/25 (Fri) 14:47

コメントありがとうございます アルギニンさん

言いそうなものも何も…ポーネグリフを作ったのは光月一族だとネコマムシでも説明できる事です。赤い石としか認識してないとか… それはそれでポーネグリフなんですけどね。

スミマセン、ちょっとよくわからないです(汗

ワンピース最新話考察/感想/ネタバレ