fc2ブログ

ONE PIECE最新考察研究室

詳しく丁寧に最新のワンピース考察をお届けするブログ!! 最新記事では第1033話“霜月コウ三郎”を徹底考察!! 最新話考察/チョイ見せ考察/コミックス考察/ネタバレ
ひーちゃん@管理人

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy.

← 【最新第949話】“ミイラ”

【お玉の正体】お玉は希美大名の娘!!?

お玉
コミックスの登場人物欄に「ワノ国 九里の子供」と紹介されるお玉!! 彼女の正体について一つ考えがあるんです。


モモの助やおトコと同じ…大名の娘なんじゃないか??





「大看板キングが取り仕切る郷」


↑ これは少し前に書いた記事なんですが。
火災のキング
大看板キングも、ジャック(九里)やクイーン(兎丼)と同じ様にどこかの郷の元締めだとすれば…って内容なんですけどね。その記事の中でワノ国の6つの郷の中でも「希美」だけが浮いてるぞって書いたんですね。



【花の都】ワノ国の首都
【鈴後】リューマの墓
【白舞】唯一正規の港(刃武港)
【兎丼】採掘場と武器工場
【九里】光月おでんが治めた郷


【希美】???


他の郷に対して希美には取り上げられる様な設定が乗せられていない。描写はゾロとトの康が「希美跡地」をチラリと歩いたシーンのみ。関連するキャラも元旗本の地武えもんだけです。
かつての希美の旗本 地武えもん
だからこそ、この地武えもんという男が今以上に重要な役割を果たす事になるんじゃないかとも考えたのですが…。お玉こそが希美にとっての最重要人物なのではないだろうか。



お玉は希美大名の娘



あくまでも僕個人の視点からですが、そう考えられそうなポイントを書かせて頂こうと思います!!!







【もも君】


まず最初に取り上げるべきは横綱浦島についてから。
ワノ国には はっきりとした「身分制度」がある
ワノ国には はっきりとした「身分制度」がある


これを僕達読者に提示してくれてたんですね。士族とそれ以外の身分は大違い。おこぼれ町のお菊は下級人間(下人)であると。まず何より先に頭に入れておきたい部分。



そして、モモの助の呼称についてが第919話に。
お菊「無礼ですよ!!」
九里大名(跡取り)に対して「モモ」と呼ぶルフィにお菊が「無礼ですよ!!」と言ってましたよね。モモの助はバリバリの士族の大名の跡取り。かつての将軍家の血さえも流れる。お菊の言い分ももっともです。これを入れてるんです。この描写を入れておいての第928話であります。


妹がいるんでやんすか? もも君!

おい玉! 無礼でござるぞ せっしゃを誰とこころえる!

もも君




もうよい… とモモの助も許しはするんですけどね。
お玉「真剣でやんすね もも君」
お玉の この“もも君呼び”です!!!



もしもお玉とモモの助が同じ身分であるならば無礼でも何でもないんですよね。とすれば、お玉はどこかの大名の娘かも知れないな、と。



【武士】


お玉「武士の恥!!」
武士の恥!! と言っていたお玉は武家の出身とも考えられます。ただの村人ではなさそう。




【きびだんごの能力】



お玉は悪魔の実の能力者であります。
きびだんごの能力
頬っぺたから“きびだんご”を出せる。それを動物に食べさせれば従える事が可能になるんでしたよね。


希美
きびだんご=希美団子???


これは、お玉が希美(きび)に関係する事を示唆するものではないのかな。


この2点で僕は、お玉が「希美の大名の娘」ではないかと見当をつけました。そこで次です。



【光月トキの言葉を信じていた】


とある法に触れる暴言
光月家が帰ってきたら覚えてろ!!!


お玉(8歳)は、光月家が滅びていないどころか…どこからか帰って来る様な事を知っていたんですね。これは当初から不思議だった訳です。あたかも20年前の光月トキの言葉を知っていて、それは絶対だと信じているかの様。これが理由でお玉がモモの助の妹である日和ではないかと考えられる事もありました。しかし、日和は別キャラで登場。


ワノ国では最早 光月家は「亡霊」とされていたんですよね。20年も前の話なんですから。そんな中、真っ先に「光月トキの言葉」を信じる者として登場したのが…
地武えもん
あの希美の旗本だった地武えもんだったんです。酒天丸と言い争った老婆より先でした。


これで僕は お玉と希美とを繋げていいと思ったんです。希美では特に光月トキの言葉が信じられて来たと考えればどうだろうか、と。希美の元大名というのを持って来れば、お玉と地武えもんを繋げる事も出来るんですね。白舞の元大名である康イエ(トの康)が今まで生きていた事。実は娘がいた事。もしかすると希美にも同じく元大名が生きていた、あるいは生きてるんじゃないか?
「希美」跡地
康イエが希美の跡地でゾロと出会った事にも大きな理由があるんじゃないかな。示唆するものもありそうな。








もちろん まだまだ答えなければならないポイントが多数あります。


・お玉に対する天狗山飛徹の態度


=師匠だからOK?


・どうして九里の編笠村にいるのか


=希美跡地には人の住める場所がない?


・その希美大名はどうなっているのか


=それが飛徹の待ち人? 飛徹はお玉を預かってる?



…どれも答えとして弱いのは確かなんです。それでもねぇ。








ワノ国編 第二幕にて…
おトコは日和の秘密を知る数少ない親友
日和(九里大名の娘)と おトコ(白舞大名の娘)の2人がとても重要な立ち位置で登場していますよね。仲良しです。


これに対する第一幕という事で、 モモの助(九里大名の息子)と お玉(希美大名の娘)とが仲良く描かれているというのはどうなんでしょうね。考えとしてはアリだと思うのですが。待ちたいです!!!


ONE PIECEランキング 




関連記事
スポンサーサイト



ひーちゃん@管理人

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy. Let's put some happy little clouds in our world.

【妖刀】トラファルガー・ロー(医者)と鬼哭 →

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://onepiece-latestlab.com/tb.php/84-19d48e86