【受け継がない意志】ロックス・D・ジーベックの野望の正体 - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    【受け継がない意志】ロックス・D・ジーベックの野望の正体

    船長ロックスの野望は「世界の王」 -ワンピース最新考察研究室.957

    ロックス海賊団船長ロックス・D・ジーベックの野望は「世界の王」だったらしい。まるでテロ組織の様に世界政府に牙を剥いたそうです。ロックスが目指したモノとは何なのか。ゴッドバレー事件とは何であるのか。そもそも「世界の王」とは何なのか…。

    ー画像はONE PIECE第957話より引用ー










     

    【ジョイボーイとは世界の王か海賊王か】


    カイドウ「お前も“ジョイボーイ”には…」 -ワンピース最新考察研究室.1014

    第1014話でカイドウの口から“ジョイボーイ”の名前が出て来ました。それはルフィに対する言葉であります。ルフィに対して「お前… “ジョイボーイ”には… なれなかったか…!!」と言ったのです。

    どうやらルフィの前にも“ジョイボーイ”になれなかった者がいるんですよね。それはカイドウの知る人物なのであって。その人物こそがカイドウに“ジョイボーイ”の存在を教えた可能性もある。

    誰が思い浮かぶかとなると…

    ロックス・D・ジーベック

    ロックス・D・ジーベックです!!

    そのロックスの野望が「世界の王」なのです。

    “世界の王=ジョイボーイ”

    ↑こういう事になるのです。

    ゴッドバレー事件

    このロックスの野望を阻止したのがゴール・D・ロジャーとモンキー・D・ガープなんですよね。ゴッドバレー事件であります。海兵であるガープがロックスの野望を阻止するのは分かります。問題はロジャーです。

    ロジャーは「海賊王」と呼ばれる事となる!!

    その「海賊王」を目指す…

    海賊王におれはなる!

    モンキー・D・ルフィとは何者なのか。

    カイドウは「なれなかったか…!!」と言ったのだが、やはり最終的にルフィこそが800年の時を超えて現れるという“ジョイボーイ”になるんだと思うのです。

    という事はですね…

    “海賊王=ジョイボーイ”

    ↑こういった図式にもなりそうです。

    どちらにしろ「王」であるのは間違いないのでしょう。その部分はほぼハッキリしていると言って良いと思うんです。何にしろ“ジョイボーイ”は「王」である。

    海王類「2人の王がまた出会う日を」

    海王類が言っていた「2人の王」とは“人魚姫(ポセイドン)”と“ジョイボーイ”を指すと考えて良さそうだからですよね。。つまり、“ジョイボーイ”こそが古代兵器ポセイドン(しらほし姫)を「正しく導く者」なんですよね。魚人島編を経て、ハッキリしたカタチで魚人達との友好を結ぶ事を達成したルフィが担う事となる。正しく導ける者はルフィしかいないのです。

    では、

    ロックスが目指した「世界の王」とルフィが目指す「海賊王」というのは一致するのだろうか。どちらも「“ジョイボーイ”になる」という事なのか。ここになって来るのです。

    そこで僕はどう考えるのかです。

    “世界の王=ジョイボーイ=海賊王”

    ↑これで良いと思います!!

    ロックスは間違っている!! なんて言うつもりはありません。ロックスの野望は「世界の王」であって、それは「“ジョイボーイ”になる」という事と同一なんだと考えます。

    何にせよ…

    ひとつなぎの大秘宝の実在を明言した白ひげ -ONE PIECE最新考察研究室.576

    その名前に“D”を持つ者が“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”を見つけ出したなら“ジョイボーイ”になるんだと思うんですね。結局のところ、「“ジョイボーイ”なれなかった者」というのは「“ひとつなぎの大秘宝”を見つけられなかった“Dの一族”」という事なのでしょう。

    その秘宝を見つければ、それ相当の力を得るのでしょうね。まさに「世界の王」となれる程の力を手にする事になる。その力をどう使うかが問題なのであって。単純な話、ロックスはその力で世界を支配しようと考えていたって事なんじゃないのかな。

    この海で一番自由な奴が海賊王だ!!!

    それに対するルフィであって、ロジャーも同じだったのかな。支配なんてしない「この海で一番自由な奴」こそが“ジョイボーイ”になるべきである。“ひとつなぎの大秘宝”はそういう奴が使うべき宝なんだって事なのでしょう。

    こう考えると…

    ゴッドバレー事件

    何としてでもロジャーとガープはロックスを阻止せねばならなかったのでしょう。同じ“D”としてです!! “ジョイボーイ”はロックスが目指す様な「世界の王」にしてはならないって事。然るべき人物がなるべきなんだ、と。

    では、同じ“D”なのに、なぜこういう事が起きるのかが問題なんです。これを考える先に…

    ルフィと黒ひげティーチ -ワンピース最新考察研究室.543

    ルフィと黒ひげティーチの対立の構図が浮かんで来るのかも知れないのです。この両者というのも、同じ“D”なのにというのがあるんですよね。なぜ黒ひげティーチを止めなくちゃならないのか。なぜ黒ひげティーチじゃないのか。

    もしも黒ひげティーチが「海賊王」となったとしても、800年前から受け継がれる何かが達成される事に違いはないんじゃないのか?と。黒ひげティーチだって“D”なのだから。

    ここには何があるのか。



    【受け継がない意志】


    ある巨大な王国 -ONE PIECE最新考察研究室.395

    多くの方が考えていらっしゃる様に、僕も“Dの一族”というのは「ある巨大な王国」に関わっているんだと考えております。まず間違いなく無関係とは思えない。この王国に“ジョイボーイ”もいたのでしょうね。

    つまり“Dの意志”とは“ジョイボーイの意志”なんだと思うのです。それによって全ての“D”は“ジョイボーイ”になる資格を有している。その中から“ひとつなぎの大秘宝”を見つけた者こそが名実共に“ジョイボーイ”と呼ばれる事となる。こういったところでしょうか。

    その「ある巨大な王国」というのは20人の王達によって滅ぼされたんだと思われます。ここが最大のポイントになると考えております。

    結論から言いますと…

    800年前に滅ぼされた“恨み”を意志として受け継いでいるか否か。ここで“Dの一族”が真っ二つに分かれるんだろうと思うのです。「その恨み晴らさでおくべきか〜」と受け継いで来た者達がいる一方で、そんな事はどうでも良いから…

    ネプチューン「無念のまま潰えた夢」

    魚人島との約束を果たそうという意志を受け継いで来た者達がいる。前者がロックスであって後者がロジャーなんじゃないかな。それは黒ひげティーチとルフィの構図にも当てはまるのであって。“Dの意志”には2つある!!


    ・受け継がれる意志(人魚姫との約束)
    ・受け継がない意志(滅ぼされた恨み)



    受け継ぐべきではない意志を受け継いで来てる奴らがいるって事なのではないかな。だからこそロックスは世界政府に牙を剥く。世界政府(天竜人)に成り代わって自分こそが「世界の王」にならんとする。その根源は“恨み”であって…

    ホーディ・ジョーンズ

    まさに魚人島のホーディ・ジョーンズそのものではないだろうか。彼らは歪なカタチで受け継いで来ていたんですよね。まさに“負の意志”が爆発したのです。この魚人島の構図が“Dの一族”にもあるんじゃないだろうか。


    復讐です!!!


    ホーディ達は玉手箱(エネルギーステロイド)という“力”を得て動き出したのです。それは“D”にとっての“ひとつなぎの大秘宝”と重なるかも知れません。何があってもロックスには渡してはならなかった。

    ゴッドバレーという島で壊滅

    そう考えると、ゴッドバレーには何があったのか?という話にもなるんですよね。同じく「国宝」があったのか?と。まぁここは置いておくとして。

    ロックスや黒ひげティーチというのは、受け継ぐべきではない意志を受け継いで来ているんじゃないだろうか。魚人島編でふかぼし王子は言いました(第644話)。

    我らはまず…
    内側と戦うべきだった!!



    これは“Dの一族”にも当てはまるのかも。“Dの一族”もまた一旦「過去をゼロ」にする必要があるのかもね。それがルフィvsティーチの対立の構図になって来るのではないでしょうか。

    ・正のジョイボーイ(ロジャーやルフィ)
    ・負のジョイボーイ(ロックスやティーチ)


    どちらも“ジョイボーイ”には違いない。“ひとつなぎの大秘宝”を見つければなれる。しかし内面には大きな違いがある。ここが大きなポイントになって来る様な気がしています!!!

    ロックスが目指した「世界の王」も“ジョイボーイ”の1つのカタチで間違いはないのだろうと思います。しかし、正しく意志を受け継いで来た者達にとっては絶対に阻止しなければならない。ロックスは“受け継がない意志”を受け継いでしまっている。それは黒ひげティーチにも… って事ですかね。

    どうなるのでしょうか?
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    No title

    ルフィの本当の夢は海賊王となったその先にある事は何度か示唆されてます。
    そして多分ルフィと表裏一体の存在として描かれているティーチもまたそうなんだと思います。
    ティーチが最終的に目指しているものこそが「世界の王」ではないでしょうか?
    それはこの記事で考察されてる通り、ティーチにはロックスの意志が流れてるだろうからです。
    かつてのロックスも(彼の価値観で)海賊王以上の存在である世界の王を目指していたんじゃないでしょうか?

    つまり

    海賊王←→世界の王

    という対立軸ではなく

    ルフィの夢の果て←→ティーチの夢の果て=世界の王

    という構図ではなかろうかと思います。

    じゃあティーチと相対するルフィの夢の果てとは何なのかと言われるとそれはよく分からないのですが…
    でも海賊王が「この海で一番自由な奴」だとして、それはまだ海賊王となった個人が自由であるに留まっている気はします。
    ロジャーもそういう存在にはなり得たんじゃないでしょうか?
    でもルフィが最後に目指すのはそれを越えて魚人島も他の種族も含めた世界の全てを自由にする者なんじゃないかと思います。

    ところで「世界の王」と言えば世界政府最高権力の五老星さえ平伏し「虚の玉座」に座るイム様は明らかに現在の世界の王に見えます。
    ロックスはイム様の存在を知っていてイム様に取って代わるのが目的だったと考えていいのでしょうか?
    もしそうなんだとして、またワンピースを手にした者は望めば世界の王となる力を得るのだとして、イム様が今の地位にあるのはいかなる力によってなのでしょうか?
    ワンピースと同等の力を持った何かが存在するのでしょうか?
    あるいはそれが「マリージョアの国宝」なのか…

    ロジャーが最初にレイリーを誘った時「一緒に世界をひっくり返さないか」と言いましたが、ロジャーにとって世界をひっくり返す=海賊王になるという事だったんでしょうか?
    それとも海賊王の名は後から付いてきたもので、当初心にあったのは別の事だったのでしょうか?
    ロジャーはどうして「世界をひっくり返そう」と考え、またそのために海に出ようと思ったんでしょうね。

    少なくとも確かなのは、白ひげやおでんと話してる場面で「最後の島に辿り着けば俺たちは世界一の海賊団だ」とは言ってますが、この時点では「海賊王」という名は口にしてないんですよね。

    No title

    一つ分からないのがワンピースにそんな凄い力があるならどうしてジョイボーイは負けてしまったんでしょうね。
    ジョイボーイはワンピースの力を使えなかったのか使わなかったのか。
    ルフィがワンピースを見つけた時どういう選択をするのでしょうか?

    800年前と同じ結果には終わらないでしょうしルフィは最後にはジョイボーイさえ越えていくんじゃないでしょうか。

    コメントありがとうございます 茉凜さん

    うーん、夢の果てというのがルフィの“本当の夢”とするのは意見が分かれるトコロかなぁと思います。それは「海賊王になれたなら…」という先の話なんだと思えるんですよね。でも色々な解釈があって良いと思います!!

    聖地マリージョアの国宝にどんなチカラがあるのかが不明なんですよね。これが何であるのかによって色々と変わって来そうですね!!

    コメントありがとうございます アルギニンさん

    レイリーを誘った時点でロジャーが深く知っていたとは思えないんですよね。となると、世界をひっくり返す=世界を驚かせようって事なんじゃないかと思いますけれど。どうなんでしょうかね。

    それが結果的に何かの話と繋がったってトコロではないかなと考えております。今のところは、です。

    コメントありがとうございます ルージュさん

    それこそロジャー達も何かの答えを出してたらしいです(第507話)。ルフィ達はルフィ達で世界を見て答えを導き出してね、と話してました。おそらくロジャー達とは導き出す答えが違って来るのでしょう。ここら辺が空白の100年の時のジョイボーイ達の事と繋がるのかもですね!!

    根本的な解釈で、
    海賊王=ジョイボーイ=世界の王
    ここが違うと、全てのロジックが崩れそうです。

    海賊王→ワンピースを見つけたもの
    であって、富と名声はあっても世界の王ではない。=ゴールDロジャーを指す。
    世界の王→ポセイドンの力を導くまでは分かっているので、恐らく古代兵器を操れる能力を有する者=ジョイボーイ
    なのだと思います。
    そうじゃないと、ゴールDロジャーもジョイボーイになれているし、世界の王になれていたなら世界政府は滅んでいたはずです。
    ただ、ゴールDロジャーの時代にはポセイドン(人魚姫)もいなかったし、条件を満たしていなかったけど、ルフィは?って事なのではないかと思います。

    どちら様かコメントありがとうございます

    ロジャーが呼ばれる様になった海賊王と、ルフィがなる海賊王は少し違っていると考えてます。それこそが“ひとつなぎの大秘宝”の存在でありまして。おそらくロジャーは見つけていないんですよね。それを見つけてみろと大海賊時代をスタートさせたっぽいのです。見つけた者こそが「おれ達を超えて行く」って事ではないかなと。

    あとはポセイドンの誕生(覚醒)には早すぎた問題ですよね。この辺をロックスがどう考えていたのか。そもそも考慮すらしてなかったとすれば… なんですけど。まだまだ色々と考えたいですね!!

    コメントの投稿

    非公開コメント