【ロックス海賊団】カイドウがジョイボーイを知った経緯 - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    【ロックス海賊団】カイドウがジョイボーイを知った経緯

    カイドウ「お前も… “ジョイボーイ”には…」 -ワンピース最新考察研究室.1014

    カイドウの口から“ジョイボーイ”の名前が出ます。それ以外にもロードポーネグリフを所有していたり、色々と秘密を知っている様に思われます。どんな経緯で知ったのでしょう。おそらくロックス海賊団が謎の核心にありそうです!!

    ー画像はONE PIECE第1014話より引用ー










     

    【ロックス海賊団】


    カイドウとビッグ・マムが海賊同盟を結んだ理由は“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”を手にする為であります。この1点で組んだのだろうと思われます。どちらが海賊王かを決めるのは、その後です。

    イガミあってりゃ手は届かねェが!!
    手を組めばもう射程範囲だ!!
    いいかいお前ら
    海賊家業に本腰入れるよ!!
    おれ達ゃついに!!
    “ひとつなぎの大秘宝”を獲りに行くぞ!!!



    なぜ手を組めば射程範囲になるかと言えば…

    マムとカイドウがロードポーネグリフを1つずつ所有する

    カイドウとマムが1つずつ所有しているロードポーネグリフが揃うからだと考えられるのです。2人が組めば、互いに戦力を削る事なく4つのウチの2つが揃うのです。そのまま残る2つを手にする為の戦力に回せるのです。

    ハッキリとした描写はありませんが…

    ロードポーネグリフは4つ必要

    マムだけじゃなくカイドウもロードポーネグリフが何であるかを知っていると思います。それが無ければラフテルには辿り着けない。辿り着けなければ“ひとつなぎの大秘宝”を手にする事は不可能だとね。

    2人がこれを知るのは…

    白ひげ、ビッグ・マム、カイドウもロックス海賊団

    おそらくはロックス海賊団にいた頃の話なんだと考えられるんですよね。ここに所属していたからこそ、カイドウとマムはロードポーネグリフについて知っているのではないか。そしてジョイボーイについてもです。

    カイドウ「お前も“ジョイボーイ”には…」 -ワンピース最新考察研究室.1014

    ロックス海賊団の船長ロックス・D・ジーベックこそが、ジョイボーイになれなかった人物だと思われるからです。ならば、ロジャーはどうだろう。ロジャーもまたジョイボーイになろうとしたのかどうか。

    ジョイボーイ おれは…!!
    お前と同じ時代に
    生まれたかった



    ↑こんな風に、ロジャーがジョイボーイに語りかける様に話していたんですよね。まず間違いなくロジャー自身はジョイボーイになろうなんて考えていたとは思えません。そんなロジャーに対して、周囲が「なれなかった」と思うモノだろうか。

    ロジャーは自身とジョイボーイとを明確に分けてます。

    ・過去のジョイボーイ(空白の100年に実在)
    ・未来のジョイボーイ(ルフィ?)

    この両方と同じ時代に生まれたかったと言ってそうです。気が合っただろうな… 酒を酌み交わしたかったな… といったトコロでしょうかね。

    カイドウがロードポーネグリフについてやジョイボーイについて色々と知っているのはロックス海賊団の頃にさかのぼる話だと考えております。



    【ロックスは古代文字が読めたのか】


    ジョイボーイとは何者なのか -ONE PIECE最新考察研究室.628

    ジョイボーイという名前が出たのは魚人島編です。海の森にあったポーネグリフを読んだロビンの口から出て来たのです。もしかすると、ジョイボーイについて知る為にはポーネグリフの古代文字が読めなくてはならないのかも。

    カイドウがジョイボーイの事を知っているのは、ロックス海賊団にいた誰かが古代文字を読めたからだろうか。それこそ船長ロックスには読めたのか?と。

    そうは限らないと考えます!!!

    古代文字が読めなくたって良い!!!

    そんな事ができなくても知れる方法がある筈なのです。これをロックス海賊団が達成していたのかどうかが問題なのかも知れないのです。ロードポーネグリフについてやジョイボーイの事を知る理由に、必ずしもポーネグリフや古代文字を出さなければならないなんて事は無いのです。



    【古代文字が読めなくても知れる情報】


    ロジャーは古代文字を解読できた訳ではない -ワンピース最新考察研究室.507

    ロジャーはあの文字を解読できたわけじゃない
    我々は海賊…
    天才クローバーやオハラの学者の
    頭脳に敵うハズがない…



    こんな風にレイリーが話していましたよね(第507話)。海賊ロジャーはポーネグリフの古代文字を解読できた訳ではないのです。それができたのは光月おでんの方です。このセリフはロックスにも掛かっているのかもね。ロックスもまた海賊ですから、古代文字は解読できなかったのではないだろうか。

    そんなロジャーですが…

    光月おでんと出会う前に色々と情報を得ていたのです。それがロードポーネグリフの役割であります。

    ロードポーネグリフの写しを見せるロジャー

    ある頃までは文化遺産とばかり思っていたロードポーネグリフが、実は“地図”だという事を知っていたのです。そこに地点が記されていて、4つ揃えば最後の島に辿り着けるという情報を得ていた。古代文字が解読できなかったのに!! ですよ。

    どこで知りました?

    水先星島(ロードスターとう)

    水先星島(ロードスターとう)かも!?

    ロードスター島とは「記録指針(ログポース)」て辿り着けるグランドラインの最終地点です。ここはラフテルではありません。ラフテルに行くにはロードポーネグリフを揃えなければならない。

    かつてイヌアラシが話してくれましたね。

    本来ならばー
    その“記録(ログ)”の終着点で初めて気づくのだ
    “歴史の本文(ポーネグリフ)”と
    “古代文字”の「謎」に…!!!
    それを生み出した文明と
    見えぬ最後の島「ラフテル」の存在に!!
    ロジャーはそこから
    大きく冒険をやり直した



    どうやらロードスター島には何かがあるのです。

    ・ポーネグリフと古代文字の謎
    ・ある文明とラフテルの存在

    ↑これらを知る手がかりがありそうなのです!!

    ここで出る「文明」というのが…

    ある巨大な王国 -ONE PIECE最新考察研究室.395

    今はもう跡形もない“ある巨大な王国”なんだろうと考えます。それに付随してジョイボーイなる存在にも気づけたとすればどうでしょう。

    ここじゃないかな!!?

    ロジャー海賊団と同じ様にロックス海賊団もロードスター島へ辿り着けたのかどうかです。もしも辿り着けていたのなら、ロックス海賊団の面々も色々な事を知っていても不思議じゃない!!

    ポイントとなるのは…

    もう13年も前になる…!!
    おれ達は誰も到達できなかった
    「記録指針」の最終地点
    “水先星島”に行き着いた!!



    ↑このロジャーのセリフになって来ます!!



    【ロックス海賊団もロードスター島へ!?】


    ロードスター島に行き着いたのはロジャー達が初です。それまでは前人未到の島でありました。もしもロックス海賊団もロードスター島に行ったのなら、ロジャー海賊団の後になるのです。こうなると、注目はロジャー達がロードスター島に行き着いた時期が重要になります!!

    ロジャーが光月おでんをスカウトした時より13年前という事になります。これなら導き出せますよね。

    ペドロ「26年ぶり」

    ルフィ達がゾウのロードポーネグリフを見せて貰ったのは、ロジャー海賊団以来「26年ぶり」だったという話です。ロジャー海賊団がゾウを訪れたのは26年前で確実です。そこから13年前となると、ロジャー海賊団がロードスター島に行き着いたのは39年前になります!!

    ゴッドバレーという島で壊滅

    ゴッドバレー事件(38年前)の1年前です!!

    ロジャー海賊団が行き着いてからの1年間。そのどこかでロックス海賊団もロードスター島に行き着けたのではないかな。そこで色々な事を知ったのかも。

    そして、

    ロードスター島で何かを知った者同士がゴッドバレーで対峙する事となるのかも。つまり、ロードスター島にあった“何か”が2人をゴッドバレーへと導いたって事になるでしょうか。ロードスター島にあった“何か”がロジャーとロックスをゴッドバレーに引き合わせた。

    そういう意味では、ルフィはロードスター島に行く必要なんて無いのです。ゴッドバレーに導かれる必要が無いからです。もうすでにゴッドバレーは跡形もなく消えております。

    ロジャーもロックスも古代文字など読めなかった。それでもロードスター島に行けたなら様々な「謎」に気づく事ができる。少なくともロジャーはロードポーネグリフの役割に気づけたのです。ロックスも同様ではないかな。

    [結論]

    カイドウがジョイボーイの事を知っているのは、ロックス海賊団にいた頃にロードスター島に行き着いていたからではないか。そこにジョイボーイについてやロードポーネグリフについてを知る手がかりがある。

    それは何も古代文字が解読できなくても気づけるモノなのであって。そのロードスター島にある“何か”を知った事がキッカケとなってゴッドバレー事件が勃発するのではないだろうか。そこで“何か”を知った両者がゴッドバレーでブツかる事となる。

    全てはロードスター島にさかのぼるのかも!?



    さぁ どうでしょうか?

    たった1年間ですが、ロックス海賊団もロードスター島へ行き着いていた可能性があります。これがカイドウやマムが色々と秘密を知っている理由なのかもです。

    最後に、

    万物の声を聞けた

    ロジャーに聞けた「万物の声」がロックスにも聞けたのかどうか。現時点では何とも言えませんが、可能性は十分あると言えそうです。これについては推移を見守りたいです。それが聞けなければロードスター島に行き着いても意味が無いのかも知れませんしね。まだまだ色々と謎であります!!
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    今回カイドウが「ワノ国だから居座っている」と発言していました。
    やはりワノ国にはカイドウが望む何かがありそうですね。

    まず考えられるのは軍事的価値ではあるでしょう。
    酒鉄鉱や海楼石という貴重な鉱物の産地であり、優秀な刀鍛冶のいるワノ国は武器の生産拠点として有用である事は既に語られており、またワノ国の地形も要塞とするのに最適です。
    しかしそのような事は読者も周知であり、今更の話です。
    それ以外にももっと深い意味があるはずだと思います。

    ロードポーネグリフの存在もありますね。
    もちろんポーネグリフがあるだけではワノ国に留まり続ける理由にはならないですけど、移動させるのが困難な場所に置かれてるから、他の勢力に奪われないために確保しておく必要があるのかもしれません。
    あるいはそれとも、カイドウ自身がまだロードポーネグリフを発見出来ていないとか?
    イヌアラシは四皇二人が所有してると言ってましたがそれは推測であり、カイドウ自身は明言していません。

    そして前回カイドウが口にしていたジョイボーイの事もありますね。
    カイドウがジョイボーイについてかなりの知識を持っているなら、いずれワノ国に現れるという予言も知ってる可能性があります。
    そうならばそのジョイボーイこそが自分に死をもたらしてくれる存在だと期待しており、待ち続けているのかもしれません。

    もちろんこれらは現時点の情報からの推察なので、まだ明かされていないワノ国の秘密が関係している可能性もありますね。

    コメントありがとうございます エーデルワイスさん

    僕は酒鉄鉱が真っ先に浮かびました。これについては何度も記事にしていたから頭にありました。ずっと何も無いのは不自然だと思うんです。武器の密輸に関する部分で広げる様な気がしますけど… また色々と記事にするつもりです。

    コメントの投稿

    非公開コメント