【第1010話考察】人の“死”と心臓には何かありそう - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    【第1010話考察】人の“死”と心臓には何かありそう

    カイドウ「それとも脳か? 心臓か…?」-ワンピース最新考察研究室.1010

    気絶してもなお睨み続けるルフィに対して、まず両目を潰そうかとカイドウが言ってるのです。そして、脳にしようか心臓にしようかと続けるのですが。どうも人体の脳と心臓というのには何かありそうなんですよね!?

    ー画像はONE PIECE 第1010話より引用ー










    【“怪物”白ひげを生かしていたのは…】


    この第1010話のカイドウのセリフの何が気になるかというと頂上戦争の白ひげの事があるからです。前にカイドウがチラリと言っていましたよね。

    死ねねェもんだな…!!!
    また生きちまった…
    うまくやったよ
    白ひげのジジィは…



    そこで脳と心臓であります。白ひげの死亡シーンにて「頭部半分を失うも敵を薙ぎ倒すその姿まさに“怪物”」とあります。しっかり触れているんです。頭部半分を失っても死んでませんでした、と。

    赤犬の攻撃で頭部半分を失う白ひげ -ワンピース最新考察研究室.575

    赤犬の“冥狗”という技で頭の半分をバクン!!と削られたのです。側頭部が完全に失われております。先のナレーションと合わせて、頭部(脳)への損傷は避けられない筈なんですよね。

    どうしてコレで死なないかというと…

    ブルック「“魂(テャマスィー)”!!!」

    白ひげの“魂(テャマスィー)”が生かしているからだと思われます。ブルックと同じ。脳が失われようが白ひげの魂が“死”を拒絶する。すでにスクアードに刺された時点で死んでいてもおかしくなかったのかも。でも、まだ死ねない… まだ死ぬ訳にはいかないという強い意志が生かす。

    カイドウ「お前の体はもう死んでる筈」-ワンピース最新考察研究室.972

    光月おでんだって釜茹での刑によって「体はもう死んでる筈」だったんですよね。何が光月おでんや白ひげを生かしていたのか。何があって死んだのか。「もうここまでだ(第576話)」と観念するか、後の者に意志を託せたと安堵するかして、魂が死を受け入れてるっぽいんですよ。

    誰しもではありません。

    怪物と呼ばれる者達です。

    次に心臓なのですが…

    白ひげ「心臓一つの人間一人」-ONE PIECE最新考察研究室.563

    ↑やっぱり頂上戦争の白ひげで出てるんです。

    おれだっておめェ…
    心臓一つの人間一人
    悪魔だの怪物だのと言われようとも…
    いつまでも“最強”じゃ
    いられねェってんだよ…!!!



    この時 白ひげはスクアードに刺された胸を押さえています。実は心臓の位置は左胸ではなく真ん中である筈です。スクアードの剣は心臓を貫いていた可能性があります。

    しかし死なない!!

    ヒルルク「人はいつ死ぬと思う…?」-ONE PIECE最新考察研究室.145

    ヒルルクだって「心臓を銃で撃ち抜かれた時」であっても人は死なないと話しておりました。これは意志を受け継ぐ者がいる限りは死なない(忘れ去られはしない)という意味であって、実際のトコロはまた別の話なんですけどね。

    そうであっても…

    黒ひげ海賊団の総攻撃を受ける白ひげ -ワンピース最新考察研究室.576

    白ひげは黒ひげの銃弾を受けて死んだ訳ではない。光月おでんだってカイドウに銃殺された訳でもない。そんなモノで人は殺せないって事になるんだと思うんです。ヒルルクのセリフに意味があるならね。

    そして、

    どうもジョイボーイも銃殺だったっぽい。



    【ジョイボーイの死】


    ジョイボーイに代わって約束を果たしに来る者が現れる -ワンピース最新考察研究室.649

    魚人島にはジョイボーイに代わって約束を果たしに来る者が現れるという話ですので、おそらく空白の100年に実在したジョイボーイは亡くなられております。

    その死に関しまして。

    ・処刑は鉛玉に限る(第769話)
    ・16発の聖なる凶弾(第790話)
    ・16点鐘(第594話)

    これらの描写から考えて、どうもジョイボーイは銃殺されたのではないかと思われているんですよね。16発の銃弾を受けて亡くなられたのではないのかと。

    ドフラミンゴ「鉛玉に限る」-ワンピース最新考察研究室.769

    処刑は「“鉛玉”に限る」というのは元天竜人であるドフラミンゴのセリフであります。父も弟ロシナンテも銃によるモノでした。ローの処刑にも銃を使おうとしたんですよね。こだわりがあるみたい。

    ドフラミンゴ「16発の聖なる凶弾」-ワンピース最新考察研究室.790

    16発の聖なる凶弾というのは、ドフラミンゴがラストで繰り出した大技である“神誅殺(ゴッドスレッド)”に関する発言です。ドフラミンゴからして「神」とは何であるのか。天竜人と考えて間違いなさそう。問題は「16」なる数字であります。

    キラーによる16点鐘の説明 -ワンピース最新考察研究室.594

    オックス・ベルの16点鐘というのがありました。その鐘は「“時代”の終わりと始まりの宣言」とされるんですよね。この鐘というのは、空白の100年が明けて世界政府が誕生した時の事に関わりがありそう。それもまた時代の転換点だったと思えるからです。

    これらを総合するとですね…

    20人の王達の16人が銃を構えてジョイボーイを撃ち、その死をもって1つの時代が終わって新しい時代が始まったのを宣言した。それが「16点鐘」というモノになっているんじゃないのか?と考える事も可能なんです。16発の銃声を16回鳴らす鐘の音に見立ててるんじゃないのかと。

    再びヒルルクのセリフに戻ります!!



    【ジョイボーイの心臓】


    ヒルルク「人に忘れられた時さ…!!!」

    ヒルルクは、心臓を銃で撃ち抜かれたとしても人は死なないと言いました。でも「人に忘れられた時」に死ぬんだと言ったんですよね。

    ジョイボーイはどうなんだろう?

    空白の100年というのはポッカリ消えてるんですよね。何があったのか分からないのです。それがあるからポーネグリフが残されている訳です。

    ジョイボーイとは“空白の100年”に実在した地上の人物 -ONE PIECE最新考察研究室.649

    ジョイボーイなる呼び名は出て来ます。ネプチューンの口からもロジャーの口からも出ます。ネプチューンは、ジョイボーイがどんな人物か知ってるのかな?それを知ってるならジョイボーイは忘れられてません。ロジャー達は歴史の全てを知ったらしいので除外ですよね。

    ジョイボーイは亡くなってはいるのでしょうが、ヒルルクのセリフに照らし合わせた場合の“死”を迎えているのかどうかが謎なのです。

    ハグワール・D・サウロ -ワンピース最新考察研究室.392

    おそらくジョイボーイの意志を受け継ぐ者達というのが“D”を名に持つ者達だと考えています。でも、当の“Dの一族”は名前の“D”の意味を知らないと思われますから… それって忘れられてるって事じゃないの?となるんですね。

    ジョイボーイが銃殺されていたとして、頭と心臓を撃ち抜かれていたとして。それでも死んでないとすれば意志を受け継がせている筈なのです。その対抗策として空白の100年というのを作り出して歴史を消した。世界中の人々から100年間の出来事を忘れさせているんだとすれば、ジョイボーイは完全に抹消された上で亡くなってます。

    でも、違う気もするんですよね。

    ジョイボーイの心臓って残ってるのかな?

    スモーカーの心臓を奪ったロー -ワンピース最新考察研究室.662

    おそらく世界政府の中枢にはオペオペの実の能力者から“不老手術”を受けた者がいると思うんです。800年前から生きてる者がいそう。そのオペオペの実の能力を使うと心臓が取り出せる。

    イムと麦わら帽子 -ONE PIECE最新考察研究室.906

    麦わら帽子だけじゃなく、まさかジョイボーイの心臓を冷凍保存してたりしないでしょうね。忘れられている代わりに心臓だけは撃ち抜かれずに残されていたりって事です。

    ちょっと難しいんですけど…

    カイドウ「それとも脳か? 心臓か…?」-ワンピース最新考察研究室.1010

    脳やら心臓やら… 白ひげの“死”に関する事で出てたのです。カイドウも白ひげの死に関して触れています。特に心臓というのは後から重大な情報として出そうな気がしたり。どうなんだろう。
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    すごっ!!

    コメントありがとうございます ラッキーマンさん

    これはこれは懐かしいお声が聞けました!!

    お元気そうで何よりです。楽しんで頂けたなら嬉しいです♫

    コメントの投稿

    非公開コメント