なぜDr.ベガパンクの人工悪魔の実は「失敗作」でよかったのか - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    なぜDr.ベガパンクの人工悪魔の実は「失敗作」でよかったのか

    失敗作でよかったと思っているCP0 -ワンピース最新考察研究室.1007

    カイドウの血統因子から抽出して作った人工悪魔の実。失敗作でよかったとつくづく思ったと話すCP0の真意とは何なのか。何か大きな裏がありそうなんですよね。

    ー画像はONE PIECE 第1007話より引用ー










    【人工悪魔の実は本当に失敗作!?】


    カイドウの血統因子を抽出し作った人工悪魔の実 -ワンピース最新考察研究室.1007

    人工悪魔の実を作り出したDr.ベガパンクでしたが、どうしても納得のいかない失敗作として世界政府に渡すのを拒んだ過去があったそうです。ここで1つポイントになりそうなのが、Dr.ベガパンクからすれば失敗作だったとしても、世界政府からすれば失敗作とは限らない可能性がある事です。

    モモの助登場

    モモの助とカイドウとを比べて、あれこれ違いを見つけ出し、どこが失敗作と言われる理由なのか探したトコロで、そこに意味なんて無いんじゃないかと思うんですね。

    例えばの話をさせて頂ければですね。

    出資者(世界政府)の支援を受けて日本で初の国産ビール(悪魔の実)を作ろうとした人(Dr.ベガパンク)がいたとします。ビール(人工悪魔の実)は出来上がったのですが、製造者はどうしても本場の味には程遠いと納得がいかない。ビールは出来ているんだけど…。



    世界政府はDr.ベガパンクに何を期待したかなのです。その部分をクリアしたモノが完成しているのなら充分であったかも知れないのです。世界政府は「幻獣である龍」になれる人工の悪魔の実が欲しかったのかも。たとえ人獣型になれなくても、なれるのが幼獣であっても構わなかったのかも知れないのです。

    Dr.ベガパンクが納得しない部分なんて、世界政府からすればどうでも良い事だった可能性があるんです。そして、その可能性が高そうなんですよね。

    失敗作でよかったと思っているCP0 -ワンピース最新考察研究室.1007

    CP0は失敗作で良かったと安心しているのだが、実は失敗作ではない!! 世界政府にとって、それは紛れもない成功作だった可能性が高そうなんです。欲しかった効果の発現に成功しているのなら、です。



    【なぜ失敗作で良かったのか】

     
    パンクハザードの研究所は1つ稼働してた -ワンピース最新考察研究室.1007

    どうしてCP0は失敗作で良かったと思っているのか。ここが大きな謎なんですが、パンクハザードの化学兵器大暴発事故により人工悪魔の実が吹っ飛んでいなかった可能性が出たからですよね。無事だった研究所に保管されていた可能性があるからです。

    おそらく流出を危惧してるんです。

    たとえ流出してたとしても、失敗作だったとすれば安心だって事なんですよね。そのCP0の思惑とは逆の事になっている。あの人工悪魔の実はモモの助が食べる事となり、龍になれるチカラを得たのです。

    雲を掴み空を飛ぶモモの助(龍)

    その容姿だけではなく、焔雲を発生させて空を駆ける龍のチカラがシッカリと発現しているのです。それ以外にも龍なら可能な数々の能力を使える様になるのかも。世界政府からすれば大問題なのかもね。



    【龍の能力とゴッドバレー事件】

     
    カイドウの血統因子を抽出して作った人工悪魔の実の研究の始まりというのは、ゴッドバレー事件に端を発しているのかも知れません。その38年前のゴッドバレーにてカイドウがウオウオの実を手にするのです。

    「ウオウオの実」の幻獣種 -ワンピース最新考察研究室.999

    世界政府が持っていた、あるいは手にする予定だったウオウオの実をカイドウが食べてしまった。この可能性があるんですよね。

    そのカイドウは死なない。どんな処刑法を試したトコロでカイドウは死なないのだからウオウオの実の能力を取り戻す事は不可能。だったらコピーを作りましょうって事だったのではないか。

    ウオウオの実によって得る事が出来る“龍”の能力というのは、是が非でも世界政府が手にしたいモノって事なのかも。それは…

    バレルズとオペオペの実

    50億ベリーの大金を払ってまで手にしたかったオペオペの実に近いモノがあるんじゃないだろうか。オペオペの実に関しては、それによって可能となる不老手術が関係してそうなんですよね。

    オペオペの実と聖地マリージョアの国宝の秘密

    マリージョアの国宝を利用するには不老である事が必須の条件である可能性が高いのです。それによりドフラミンゴは天竜人に取って代わろうと画策したのです。

    今回の人工悪魔の実にしても、それによって得られる“龍”のチカラを利用して世界政府は何かをしようと考えていた。38年前にカイドウには取られたが、カイドウはそれについて何も知らない。しかし、その秘密を知る者が“龍”のチカラを得てしまう事こそが危険なのであって、それがつくづく失敗作で良かったという話なのかも。

    いきなり龍になったモモの助 -ワンピース最新考察研究室.1007

    世界政府が人工悪魔の実で得るつもりだった“龍”の能力を得たのがモモの助。その秘密(龍の能力の有効利用)を知る時が来るのかも。それは何なのかは次の記事にて。



    【まとめ】

     
    カイドウ登場

    Dr.ベガパンクが作った人工悪魔の実というのは、何をしても死なないカイドウから能力を回収できないから始まった研究だったのではないか。

    そもそもの始まりは、ゴッドバレー事件の時にカイドウがウオウオの実を食べてしまったからの様な気がするんです。世界政府が隠したかったゴッドバレーという島とウオウオの実は重要な関係性にあるのかも。

    Dr.ベガパンクが何をもって失敗作としたのかは分かりませんが、世界政府が欲した能力の発現については成功していたと考えています。本来なら世界政府が手にする筈だったチカラはモモの助に渡っている。

    失敗作でよかったと思っているCP0 -ワンピース最新考察研究室.1007

    CP0は失敗作で良かったと話しますが、世界政府の思惑とは逆の方向へ行ってそうです。どこが失敗作かなど瑣末な話だと思うんです。なぜ“龍”なのか。そこにはどんな秘密があるのでしょう。ここがポイントになって来そう。
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    No title

    もしかしたらベガパンクはこれが成功作と分かっていたから政府に引渡したくない思惑で失敗作と偽ったのかもしれません。
    完全な成功か少なくとも政府が求める成功という意味で。

    それと関連しますが、ベガパンクがこれを失敗作と判断したのなら、どうしてそう判断したのでしょうか?
    完全な龍にならないから?変身を制御出来ないから?
    いいえ疑問はそれ以前の部分です。
    悪魔の実である以上その完成度の基準は食べた人間に能力が発現するか、どのように発現するかという点になるはずです。
    なぜまだ食べられていない実の状態で失敗と判断したのでしょうか?
    モモの助が食べた結果あのような形で能力が発現しています。
    それはそうなるという事が実の状態で分かっていたのでしょうか?
    分かっているならそれはどうしてなのか?
    どうなるか分からないならどうして失敗作と判断したのか?
    謎ですね。

    モモノスケの精神 耐えられるのかな~?

    管理人さん こんばんは
    う~ん・・・(-_-;)

    管理人さんのたとえばの話は的確ですわかりやすかった。

    しかしですよ・・・・

    パンクハザードの研究所に保管されていた人工悪魔の実がモモの助が食べてしまったことも世界政府の役人であるCP0に知られるとまずいのもそうですが
    モモノスケ自身がもしその人口悪魔の実が カイドウの血統因子を抽出して作られたものだと知れば 気が狂いそうになるのではないでしょうか? 精神が崩壊して発狂してもおかしくないはずですよ。

    自分の父親を殺した男の血統因子の入った果物がまさかモモノスケ自身の体内に入ると想像したら本人は堪らんでしょうね( ゚Д゚)

    モモノスケに血統因子なんてわからないですし ベガパンクが人口悪魔の実を作った経緯だって知るわけありませんよね。

    なのに 偶然や不運が重なり 空腹に耐えかねて食べてしまった・・・。

    成功だったとか失敗だったとかは抜きにして モモの助は とんでもない重荷を背負うことになったんですから・・・。

     父親の名を背負うだけでも苦難であるのにさらに上乗せで 「人口悪魔の実」・・それもカイドウの血統因子が入った代物・・・・

     モモノスケは知らない方がいいような出来事だと思いませんか?

    コメントありがとうございます joeさん

    他の記事で書きましたが、僕もベガパンクは偽ったと考えています。おそらく何か意図があると思うんです。

    そして、なぜ失敗作と判断できたかの謎ですよね。あのパンクハザードの人工悪魔の実というのが史上初なのか分からないんですよね。あくまでもカイドウの血統因子から抽出したモノであって、それ以前、あるいは並行して開発していた人工悪魔の実があるのかも。それならば、明らかに効果は出ると確信しつつも失敗作と偽る事は可能かも知れません。別の人工悪魔の実ではシッカリ効果の程を見ているならです。

    コメントありがとうございます baronさん

    こんばんは♪

    わかります!!

    複雑でしょうね。親の仇の血統因子(DNA)が自分の体にって話ですもんね。うーん、知る事になるんでしょうか。まだ先の事は分かりませんけれど。

    能力の部分だけを抽出したのであり、カイドウの血統因子に関しては受け継がれてはいないよ、って話にするなら… まだマシなのかなぁ。

    難しい問題ですね(汗

    No title

    もしも感情の変化で龍の姿に変身してしまう事が人工悪魔の実の欠陥だとしたら、モモの助の感情が今までにないほど暴走するような事態になったら龍としての暴走が起きる可能性は0じゃないかもしれません。

    ゾオン系の悪魔の実にはその動物の魂が宿っている説は個人的には否定的ですが、人工悪魔の実の場合はその点が本物との違いとしてあるとしたらどうでしょうか。
    カイドウの血統因子が混じっているウオウオの実の"意思"が何かの拍子で目覚め暴走してしまう事はあり得なくはありません。

    つまりこの説が正しい場合ベガパンクは政府に強力な悪魔の実を渡すのが嫌だったので失敗作としたわけではなく、いつ爆発するか分からない危険な代物を完成品として渡すのが嫌だったので研究所に保管し続けていた、というのが真相になるんじゃないでしょうか。

    要するに政府(海軍)にとって諸刃の剣なので渡すのを拒んだわけです。政府もそれを聞いて納得したので奪わなかった事にもなります。

    だとすれば逆にそれが対カイドウ&ビッグマム戦の鍵にすらなり得る可能性が出てきます。

    コメントありがとうございます コラーゲンさん

    なるほど!!

    モモの助を見てると、どうも感情がトリガーになってそうですもんね。感情が暴走した場合というのは面白いですね!!

    ベガパンクが失敗作とした理由も気になりますよね。本当に何か欠陥があったのかも知れませんし、裏に意図があっての事なのかも。ここもまた深く掘り下げてみる必要がありそうです。

    少なくとも政府はベガパンクの言い分を認めたんですよね。僕も色々と考えてみます!!

    No title

    非常に疑問に思うのが、ベガパンクは何故、失敗作だという実を保管していたのでしょうか?

    なんらかの事情があり、嘘をついて渡さなかったにしても、世界政府の持ち物である施設に保管しているわけですから、いつまでも保管していたなら、ある日突然世界政府に奪われても不思議ではありません。
    渡したくない、また、誰にも食べさせたくないとおもうなら、焼きはらうなりなんなりして、処分してしまうのが最良だと思えます。
    それをわざわざ保管していたというなら、それは処分できず自分が持っていなければならない事情があったはずです。

    また、食べてもいないのに失敗かどうか判断する事は不可能なように思えます。
    もしかしたら、ベガパンクは完成してしまってから、何か製造工程致命的な欠陥がある事に気づいたのかも?
    しかもそれは、失敗という意味の欠陥ではなく、本来は理論的には実など生まれてこない状況であったのに、何故か誕生してしまった…
    ベガパンクからすれば生まれてくるはずのないものを生んでしまったという気味悪さから、その理由を突き止めようとしたが、どうしてもわからなかった…
    科学者として、自分がやった事なのに、その理由がわからないというのは屈辱でしかないはずです。

    故に、天才ベガパンクであっても世界には科学では説明がつかないことが起こりうるものだという事を忘れないための戒めとして保管したのかも知れません。
    また、それを食べた人間の身に何が起こるのかも、ベガパンクには全く予想がつかないのかも知れないですね…

    コメントありがとうございます ジェルマ69さん

    ベガパンクが人工悪魔の実の効果について分かっていたのかどうかは気になりますよね。失敗作と言うからには、って話なんですけど謎は多いです。廃棄せずに保管していたのも理由があったのかどうか。これは色々と考えて記事にしなくてはなりませんね。

    ジェルマ69さんの考えの可能性もありそうですよね。どんな秘密があるんでしょう。このお題も考えれば面白くなりそうです!!

    No title

    周知の通り本物の悪魔の実は食べた者を能力者にすると共に能力者が死んだらまた実の形で再生します。
    じゃあベガパンク製の人工悪魔の実やシーザー製のSMILEにはこのサイクルは働いてるんでしょうか?

    SMILEは再生しない気がします。
    ドレスローザの工場が破壊されてSMILEの生産は出来なくなったわけですが、非情な百獣海賊団の事です、再生するならハズレのプレジャーズは始末してSMILEを取り戻そうと考えてもおかしくありません。

    じゃあベガパンクのはどうかと言うと、これも実は同じなんじゃないでしょうか?
    実から能力者、能力者から実というサイクルが再現出来なかった事も失敗作という判断の一因じゃないかと思うのです。
    またもしもこの部分の再現が出来てないとするなら、ベガパンクにしても悪魔の実に宿る”悪魔”とは何なのかは解き明かせておらず、”悪魔”そのものを作り出す事は出来ないのかもしれません。

    コメントありがとうございます シェアさん

    仰る通りで、人工悪魔の実が復活のサイクルを繰り返したりはしないと思います。やはり“悪魔”の存在がある本物の悪魔の実とは違っていると思われます。これの再現というのは難しのでしょうね。

    それでも龍の能力の複製は作れた訳ですけど、何が解き明かされていて、何が解き明かされていないのか。ここがポイントになるのかもですね。

    コメントの投稿

    非公開コメント