fc2ブログ

花の都の城の地下にあるポーネグリフの存在

ロードポーネグリフは鬼ヶ島に -ONE PIECE最新考察研究室.934

花の都の城の地下、強固な扉のある地下室にポーネグリフが安置されています。木彫りの人形(こけし)が並ぶ変な部屋だとブルックは言っていましたが… この地下室について謎があるのです。

ー画像はONE PIECE第934話より引用ー










 

【ポーネグリフの存在をカイドウは知らない】


カイドウ「いい都になるぜ」 -ワンピース最新考察研究室.999

カイドウが発生させた“焔雲“により鬼ヶ島が浮上。その鬼ヶ島をどうするかというと、「光月」を象徴する城のある花の都に落とすつもりでいるんです。

つまり、カイドウは花の都の城の地下にあるポーネグリフの存在を知らないって事になるんです。知っていれば鬼ヶ島を落とす計画の前に持ち出している筈です。

古代兵器の存在は世界に恐怖と戦争をもたらす -ONE PIECE最新考察研究室.985

古代兵器を狙うカイドウにとっては、全てのポーネグリフに興味がある筈なのです。どの石に古代兵器について記されているのか分からないんですからね。まだ見つけ出せていないポーネグリフなんです。



【ポーネグリフの存在をおでんも知らない】


ロジャーにスカウトされた光月おでん。まず最初に向かったのは空島。そこでポセイドンについて記されるポーネグリフを見つけます。そこで光月おでんがロジャーに言うんでしょうね。これと同じ石がワノ国にもあるよ、と。

ただし…

ワノ国とゾウにロードポーネグリフがある

↑赤いがな

ここが謎なのです!!

光月おでんは自国(ワノ国)のロードポーネグリフの存在は知っている。

ブルックが見つけたポーネグリフ

でも、ブルックが見つけた「赤い石ではありませんでした」というポーネグリフの存在を知らない風なのです。知っていれば上の様なセリフは出ません。

今から26年前の光月おでんの一時帰郷。そこでロードポーネグリフの写しを取ります。この時、花の都の城には立ち寄っていない筈なんです。立ち寄っていればワノ国の現状(オロチ)について分かった筈だからです。すでに花の都の城にはオロチがいたでしょう。

家臣の説明を聞く光月おでん -ワンピース最新考察研究室.968

それを知るのは冒険を終えて帰還してからであります。どう考えても花の都の地下室にロジャーを連れて行っていません。

やはり光月おでんは地下室のポーネグリフの存在を知らない様な気がするんです。その光月おでんの知らないモノを知っていそうな人物がいるんですよね。



【ポーネグリフの存在を飛徹は知っている】


天狗山飛徹

美少女こけしコレクターである天狗山飛徹。先の地下室には“こけし”が並んでいるという話ですからね。何らかの関係がありそうです。この飛徹なる人物こそが地下室の番人だった可能性があるんです。

では、

光月おでんが地下室の存在を知らないっぽいのですが、それは光月おでんだけが知らないのか、歴代の光月家も知らないって事なのか。ここがよく分からないんですね。

その地下室というのは…

井戸に隠れていたブルック -ワンピース最新考察研究室.932

ブルックが隠れていた井戸と繋がる場所の可能性があるんです。隠し通路の可能性ですね。城の階段を降りても辿り着けない場所なのかも知れない。

実は光月家も知らない場所を飛徹の一族(鬼徹一派)が守って来てたって事になるのでしょうか。

ロードポーネグリフは4つ必要

赤い石(ロードポーネグリフ)に記されるのは“地点”であります。通常のポーネグリフには“情報”が記されている場合があります。

光月家は古代文字の読み書きができますからポーネグリフの“情報”を読み取れます。その光月家が読んでしまわない様に、光月家には隠して、読めない天狗山一族がポーネグリフを守る様にして来たのかな?

恐ろしく重要な記述がある可能性があります。

3つの古代兵器

古代兵器の記述!!?

もしも光月家に変な気を起こす者が出た場合… その記述を頼りに古代兵器を悪用する可能性がある。それを止める為に、古代文字が読める光月家には内緒で、その文字を読めない天狗山一族が守る事にした。そういった取り決めを大昔に光月家と天狗山家とでしたって事になるでしょうか。

何か秘密がありそうです。



【まとめ】


ワノ国とゾウにロードポーネグリフがある

どうも光月おでんはブルックの見つけたポーネグリフの存在を知っていませんでした。赤いロードポーネグリフしか存在していないと思っていた風なのです。

カイドウ「いい都になるぜ」 -ワンピース最新考察研究室.999

花の都を新鬼ヶ島にしようとするカイドウも知らないっぽい。知らないからこその「新鬼ヶ島計画」の実行なんですよね。ポーネグリフがあるのが分かっていれば持ち出している筈なのです。

光月おでんは父スキヤキから古代文字の読み書きを習っています。これは間違いありません。習った場所は花の都の城だと思うんです。それ以外は考えられません。そんな経緯がありながら、光月おでんは城の地下室について知らない。聞いてもいないのかも。ならば光月家すらも知らない地下室の存在にもなりかねません。

こけし?

これらとは別に天狗山飛徹だけが“こけし”の存在で繋がるのです。彼だけが知っている可能性がある。これをどう読み解くかなんです。

今のところ、古代文字が読めるか読めないかで分けるしかないんですよね。光月家には読めるからこそ存在を知らない様にして来たのかなぁと。

推移を見守りたいです!!
関連記事
スポンサーサイト



SHARE

コメント 0

There are no comments yet.
ワンピース考察【ワノ国】