【鎖国国家】空白の100年の記録とワノ国 - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    【鎖国国家】空白の100年の記録とワノ国

    ワノ国は鎖国国家 -ワンピース最新考察研究室.655

    ワノ国は他所者を受け付けない鎖国国家。世界政府への非加盟を貫いた国だとされています。侍リューマの伝説もありますし、外敵から国を守り続けて来れたのだと思うのです。ならば国の歴史も守り続けて来れた筈なのですが…。

    ー画像はONE PIECE 第655話より引用ー










    【ワノ国と空白の100年】


    シャンドラという都市がポーネグリフを守る為に戦った事は確か -ONE PIECE最新考察研究室.290

    かつては地上のジャヤと呼ばれる島に存在し、今は空島にある黄金都市シャンドラ。この都市は今から1100年以上前に栄え、800年前に滅びました。つまり 空白の100年(語られぬ歴史)を知る手掛かりが残っている可能性があったのです。

    しかし「町の書物の類は全て燃やされていた…(第272話)」という話だったのです。ポーネグリフは守り抜けたのですが、そこに記される文字をシャンディアは読めません。ゆえに、シャンドラにおける空白の100年の歴史は絶やされてしまっている。

    ポーネグリフを守り滅んだとしか知らないんです。それ以外の記録は何も残っておりません。まんまと敵意(世界政府)に消されてしまったんですね。

    それに比べて…

    ワノ国の地形

    ワノ国の地形は特異であり、滝に囲まれた島は天然の要塞になっていて、世界政府・海軍も容易に手が出せない。そして侍の強さです。これによってワノ国は鎖国を守って来れたのだと思われます。敵を排除し続けて来れた。

    黒炭オロチとカイドウに支配されるまで、ワノ国は大いに栄えていました。シャンドラの様に滅ぼされた過去がある様には見えないんですね。

    ならば、ワノ国には空白の100年の記録(書物の類)は残っているんじゃないかと思うのです。それがイコール“世界の秘密”とは言いません。ワノ国における900年前から800年前までの“100年間の記録”です。

    ポーネグリフは光月一族によって作られた

    光月家がポーネグリフを作ったのが空白の100年の間の出来事だとすれば、その事実は消えずに残っているって事なんです。ワノ国には、古代文字の記されたポーネグリフとは別に何らかの書物が残されているのかな?



    【ワノ国の歴史の記録】


    クローバー博士「砕けぬ石に歴史を刻んで世界中にバラまいた」

    砕けぬ石(ポーネグリフ)に歴史を刻んで残したのは、紙や本で残しても根絶やしにされるからであります。シャンドラの場合は燃やされているという話でした。

    現在まで鎖国国家を貫いたワノ国なら、空白の100年の記録を敵意(世界政府)に根絶やしにされずに守り抜けている筈なんです。しかし、おそらくは残されていないと考えられます。

    「ワノ国」がなぜ国を閉ざすのか ずっと疑問だった

    ワノ国が鎖国をする理由を光月おでんが知るのは、ロジャーと共に最後の島(ラフテル)まで冒険をしてからであります。ワノ国を鎖国国家にしたのは光月家の先祖です。それなのにワノ国にいたんじゃ知れなかった事実なんですね。

    おそらく記録は残っていないんじゃないか。だったら何の為の鎖国だったのか、と思えて来るんです。しかし、ちゃんと意味はあった筈なんです。それはソレとして、世界政府に屈しなかったのなら歴史(書物の類)も消されていない筈なんですよね。

    という事は… 持ち出されている!?



    【ワノ国の歴史を持ち出した者】


    鎖国は“巨大な力”からワノ国を守る為

    光月家による鎖国政策によって「巨大な力」から国を守る事には成功した様子。まだ具体的には分かっていません。どんな力から何を守れたのかは不明です。

    それでもワノ国における空白の100年の記録が失われてしまっているとすれば、それを持ち出した者がいる可能性があるんですね。そうなるとアレとアレになるんです。

    天月トキは生まれた場所が分からない

    ①天月トキの両親

    どんな理由があってトキの両親はワノ国を出国していたのでしょう。第973話でトキは「私は過去から逃げてきた…」と言っているんです。どこの何から逃げて来たのでしょう。

    初代鬼徹?

    ②五老星の1人

    和装に身を包み、初代鬼徹にも見える刀を持った五老星の1人。彼がワノ国に関係しているのかどうなのか。とても気になるんですよね。名前があるのなら姓は何なのか。まさかワノ国の大名家の姓(黒炭?)だったりしないよねと。




    空白の100年におけるワノ国の記録を持ち出す、あるいは消失させた張本人がいるからこそ光月おでんは自国の歴史すら知らなかった。それなら上の①と②が怪しいのかなぁ。やはり②の五老星の1人がワノ国の過去と関係していると考えるのがストレートでしょうか。



    【まとめ】


    クローバー博士「砕けぬ石に歴史を刻んで世界中にバラまいた」

    ポーネグリフの存在理由を考えれば、世界政府に対抗し続ける事ができるのなら硬石のテキストでなくても記録は残せる筈なんですね。

    ワノ国は鎖国国家 -ワンピース最新考察研究室.655

    ならば鎖国国家ワノ国には紙や本に残したメッセージであっても後世に伝えられた筈だと思うんです。自国の歴史書といったモノをです。しかし、おそらく残ってないんですよね。

    裏切り者がいるのかな?

    その裏切り者が、本来なら守り抜けた筈のワノ国の歴史を消したという事になるんでしょうか。花の都の城にまだ何か残ってたりするのかな。どうなのでしょうね?
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    No title

    「(黄金の国と呼ばれたから)それを欲する海賊達!国を支配せんとする世界の貴族共…!海外からの並み入る敵に歴々たる強さを見せつけ、『ワノ国に侍あり』と世界に言わしめた男!」

    牛鬼丸はリューマに関してこういう事を言っていましたがちょっとひっかかるんですね。

    リューマの生きた時代は「数百年前」との事ですが800年以上前の空白の100年の人物ではないはずです。
    そうだったら記録が残ってないはずですから。
    それではリューマの言うような海賊や貴族が次々攻めてきた状況はどういう事なのでしょうか?

    空白の100年のワノ国は世界に開かれていたとの事ですが、それ以降は鎖国しており地形的にも侵入は基本的に不可能になっているはずです。
    潜港からの正規ルートはワノ国側で封鎖すれば使えませんから、強行突破は滝登りしかありません。
    そうやたらと次々に敵が入ってこれるような状態ではないはず。
    しかしリューマの武勇伝は敵が海で立ち往生して帰っていったのではなく、ワノ国に多くの敵が入ってきたけどそれをリューマが撃破したという話でしょう。
    リューマの時代のワノ国は侵入が可能な地形だった?

    五老星の名前が全てネタバレになる予感はしますねw
    1000話やっちゅうのに未だに明かされないのは、もう何かあるとしか思えませんよね

    コメントありがとうございます joeさん

    白ひげやエースも上陸してますしね。モリアの上陸に関してもそれ程は大昔ではありません。そう考えると、外敵の入国と地形の変化を結びつけるのは難しいかも知れませんね。

    ただ、ワノ国の地形や季節・気候に不思議な点があるのは気になりますよね。何かありそうな。

    コメントありがとうございます ギンギンさん

    何かありそうですよね… 五老星の名前。名前が無いなんて考えられませんし。結構なネタバレになるのかもですね!!

    コメントの投稿

    非公開コメント