【受け継がれる意志】死は人の完成ではない!! - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    【受け継がれる意志】死は人の完成ではない!!

    カイドウ「死は人の完成だ…!!!」-ワンピース最新考察研究室.994

    死は人の完成だ…!!!
    そうだろ?


    いいや、カイドウは間違っている!! 何も分かっちゃいない。作中キャラのほとんどが“死”を迎えても終わりじゃないんです。完成してはいないし、完結してもいない。その意志を受け継ぐ者がいるのだから。

    ー画像はONE PIECE 第994話より引用ー










    カイドウについて先に2本の記事を書かせて頂いています。あとは後回しにしてゾロかシャンクスで行こうかと思いましたが、やはり流れで3本目も行っちゃいましょう!! お題は「死は人の完成」であります(ベベン♪

    【死は人の完成ではない】


    カイドウ「おれは“侍”が好きだ…」-ワンピース最新考察研究室.994

    ロジャーも白ひげもうまくやりやがった。そうカイドウは話します。そして続けるんですよね。

    時世じゃねェがよ…!!
    死は人の完成だ…!!!
    そうだろう?
    終わろうか…!!!



    決してロジャーも白ひげも、光月おでんにしても完成などしておりません!! これはONE PIECEという物語の根幹の部分なのです。だからこそ僕は強く言いたいんです。カイドウは何も分かっちゃいない!!

    そもそもロジャーは…

    ロジャー「おれは死なねェぜ…?」

    おれは死なねェぜ…? と言い残していたのです。ロジャーは世界をひっくり返してはいないと考えます。よって、見つけたら世界がひっくり返ると言われる“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”は見つけていない。最後の島(ラフテル)で見たのは別のモノと考えています。

    そのやり残した事を…

    ロジャーの死に際の一言

    新しい時代に託したんですよね!! ロジャーはその死で完成などしていない。ロジャーの夢は、その意志と共に受け継がれる事となったのです。何も完結などしていません。まだ完成の途上(途中経過)です。

    頼んだぞ!! お前ら…!!「ワノ国」を開国せよ!!!

    光月おでんにしても同じであります。光月おでんはワノ国の開国を成し得なかった。それは家臣(赤鞘九人男)やヤマトに受け継がれる事になるんですよね。

    白ひげは欲しかった「家族」は持てたが…

    白ひげ「許せ息子達…」 -ワンピース最新考察研究室.576

    その息子であるサッチの無念は晴らせず、黒ひげというバカを残してしまったのです。このケジメを息子達に引き継ぐ事となってしまったんです。

    みんな誰かに託して亡くなっているんです!!

    上記の3人だけではありません。みんな故人は誰かに何かを託して亡くなって行くんですよね。しかし、それは「死」ではないんです!!

    ヒルルク「おれが消えても おれの夢はかなう」-ONE PIECE最新考察研究室.145

    意志を受け継ぐ者がいれば死にはしないのです。たとえ消えても夢や願いは叶うのです。それがONE PIECEですよね。何も完成するから死に際して笑うのではないんです。受け継ぐ者がいてくれるから…と笑うんですよね。

    ロジャー→シャンクス→ルフィ
    おでん→赤鞘九人男→ルフィ
    白ひげ→マルコ達→ルフィ

    どれも最終的にはルフィが受け継ぐ事となって成されるのだろうと考えています。意志というのは人から人へと受け継がれて行くモノなんですよね。

    カイドウ「どの道 お前の体はもう死んでる筈」

    ↑カイドウは光月おでんの“死に様”に何を見たんだ!! 何も見えてないから「これで終わりだな!!」と言えるんですよね。自らにとって脅威である光月おでんさえ死んだら終わると思ってる。バカな事を…。たとえ光月おでんの体が死んだ(消えた)としても意志が死ぬ(消える)事はない!!

    うまくやった…なんて酷い言い草です。ロジャーも白ひげも死にたくはなかった筈なんです。やり遂げたかった筈なのです。僕としては、カイドウの言葉にはロジャーや白ひげを敬う気持ちなどカケラも感じられないのです。





    【人は死ぬ為に生きてるのではない】


    どうしてカイドウは「死は人の完成」だと言うのか。それはカイドウが“死”を目的としているからだと思うんです。

    カイドウの趣味は自殺

    カイドウは自殺が趣味なんです。空島からの飛び降りに何があるというのか。そこにどんな意志が存在するというのか。人は死ぬ為になんか生きちゃいません。ここが完全に欠落していると思うんです。

    死を目的とすれば、カイドウの言う通り死を迎えれば完成するのでしょう。しかし、人はみんな意志(何かをしたい・何かになりたい)を持って生きている。その為に生き、それが成されなければ誰かに受け継がれる。作中キャラのほとんどはそうだったと思うんです。

    カイドウ「世界最高の戦争を始めようぜ!!」

    古代兵器を手に入れ、最高の戦争を始めるのがカイドウの目的なのかな?それは死ぬ(完成したい)という目的の為の手段に過ぎないのかな?

    ここになりますよね!!

    どういう事なのかはカイドウから聞かねば分かりません。語ってくれるモノと考えています。



    【カイドウの意志】


    ONE PIECEにおける最大級の謎であり、その物語の根幹の部分となるだろう“Dの意志”とは一体何であるのか?です。これについて僕は…

    世界中を巻き込む程の“巨大な戦い” .576

    800年前から脈々と受け継がれる「ジョイボーイの意志」じゃないかと考えています。おそらくジョイボーイは故人ではないかな。しかしジョイボーイもまた完成していない。約束を果たせぬままだったからです。

    全てはココから始まっているのかも。

    空白の100年に世界政府がジョイボーイに対して何かをしたトコロから全ては始まっているのかもね。その事で様々な事に狂いが生じていて、誰しもが死に際して意志を受け継がせて行く様になってる。それに終止符を打った時に世界は一変するのかも。

    そう考えるとカイドウの意志って何だろう。

    カイドウもまた誰かから意志を受け継いでいたりするのかな。しかし、ここまで考えた様に“死”が目的となっているなら意志など持たないとも思えて来ます。ここがよく分からない部分なんですね。今のところ恨みや復讐で動いている様子はありません。

    ただ1点挙げるとすれば…

    「ウオウオの実」の幻獣種 -ワンピース最新考察研究室.999

    ウオウオの実を食べる経緯なんです。ここに何かありそうです。これが解き明かされた時にカイドウという人物がハッキリする様な気がしています。まだ考えがまとまってくれません。おそらく38年前のゴッドバレー事件がカイドウのターニングポイントではないだろうか。




    【まとめ】


    ヒルルク「人はいつ死ぬと思う…?」-ONE PIECE最新考察研究室.145

    カイドウの口から出る「死は人の完成」という言葉は、かつてのヒルルクのセリフやロジャーや光月おでんの死との間に大きなズレがあると考えます。

    カイドウは大きな勘違いをしているのではないか。

    カイドウはこの世における最強生物 -ONE PIECE最新考察研究室.697

    全ては、ほとんどの打撃を物ともしない無敵の肉体に端を発していると考えます。空島から飛び降りても死ねない体を持ってしまった事が原因なのかなと。“死”が目的となってしまっているから、それを完成と考えてしまう。

    光月おでん「忘れてくれて構わねェ おれの魂は生きて行く」

    カイドウは眼前の光月おでんの“死に様”に何も感じる事ができなかったのかも。光月おでんが完成したと考えているなら、それは大きな間違いなんですよね。

    カイドウの人物像が明らかになるのは20年前以前の過去にありそう。その出生に関する事や38年前のウオウオの実を食べる経緯に何か残されていそうです。まだカイドウ自身の過去編が残っていそう。

    カイドウは誰かから意志を受け継いでいるのか。そもそもカイドウに意志と言えるモノがあるのかどうか。最高の戦争は何が目的なのか、それは死ぬ為の手段に過ぎないのか。死なない体だから死のうとしてる… では誰に受け継がれるモノでもないんですよね。

    まだ謎がありますね!!

    また別角度から考えれば違った事柄に行き着くでしょうしね。様々な考え方が出て来るのが面白いんです。まだまだ色々と考えて行くのも楽しいのですが、この辺でカイドウの人物像については一区切りという事にします。
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    No title

    世界最強だったロックス海賊団が負け、船長は亡くなってしまう。
    「盛者必衰」的な無常観が、当時のカイドウに芽生えたのかも?
    飛ぶ鳥を落とす勢いもいつか終わりがくるのなら、
    死に際だけは見事でありたい…と。

    ロジャーに対するカイドウの見方が面白い。
    ロジャーは海軍と手を組む裏切り者だし、ロックスを葬った憎き敵です。
    なのに、そのロジャーの死に様をきちんと評価しています。

    コメントありがとうございます joeさん

    そうなんですよね…

    でも僕としては、この記事にあるとおりカイドウはロジャーの死に何も受け取れていない。ただ死ねて良かったね、と言ってるだけに思えてしまうんです。

    見方は色々とありますもんね。評価してると見ると大きく違って来ますよね。

    No title

    僕も「ロックスの死」というのが鍵を握ってる気がします。
    今回ルフィの背後のシルエットとして出てきてるように、カイドウはロックスの「強さ」という部分はリスペクトしてるはずなんです。
    しかしロジャーや白ひげに対してのようにロックスの「死に様」に言及する事は無い。
    この部分の「ズレ」が気になるのです。
    ロックス海賊団時代は見習いだったというカイドウはロックスの強さや世界にケンカを売るような生き様を慕っていたのかもしれません。
    ところがそのロックスの死に方はどうだったのでしょう?
    もしかしたら口にしたくなくなるような、それまでの自分の気持ちを裏切られる思いのするような最期だったのかもしれません。
    (あくまでカイドウから見て)
    「ああいう死に方はしたくない」「いくらかっこよく生きても最期が無様なら意味が無いじゃないか」そんな考えになったのではないでしょうか?
    その思考の行き着く先が「死は人の完成」なのでしょう。

    No title

    戦闘狂らしい考え
    戦って死すれば誉れ

    四皇の目的って明確
    大体が現四皇が最終目標ワンピースだけど

    果たしたい目的が次に明確に判明しているのは

    カイドウ=世界に対して戦争を仕掛け、暴力による世界を作ること

    ビッグマム=いろんな種族が平等に差別のない理想郷を建国(ホールケーキアイランド)。まだ達成は出来ていない(巨人族その他2種?)
    ビッグマム本人と同じ目線で食卓を囲む事

    ティーチ=不明、ハチノス拠点・・・予想→海賊が海賊らしく生きれる世界を作る?略奪、殺し、占領、支配。
    最もスタンダードな海賊が海賊による支配を望む的な

    シャンクス=不明

    故 白ひげ=不明 ワンピースに興味なし、家族をとても大事にしている(船員)

    欲の成就こそ死への形ではないだろうか?とは思う。
    ワンピースはそのうちの一つであって
    各々また壮大なスケールの夢を持っていると思う。

    ルフィは愚直に海賊王という夢に突き進んでいるけど
    海賊であればみんなが目指すものであって、本当のルフィの心根の夢はまだひた隠しにあるのかどうか定かではないけど

    ワンピースを見つけること海賊王になる事以外での夢があるのであれば興味深い。

    と死は人の完成とカイドウが放った言葉に対して、死=欲としていろいろ考察してみました

    こんばんは管理人さん!

    仰るように全てのきっかけは無敵の肉体を得た事なのかも知れませんね…。
    不死身の身体で思い付くのが、新造人間キャシャーンです。
    アニメの方…古っ!
    人類に反旗を翻したロボ軍団を倒すべく、己の肉体を捨て強力な力を持つ新造人間へと…。
    〝不死身な故の苦悩〟も描かれてましたが、カイドウにもそんな部分があるのだろうかと?

    人は死によって完成する。
    少し歪んだ考えにも思えますが、それがカイドウの破壊願望の原点なのでしょうね…。
    それがおでんに対する想い?と、世界政府に対する?全面戦争に繋がるのだろうかと…。

    別記事でも書いてらっしゃいましたが、カイドウにルフィがこの戦いで拳でアツく語るんだと私も思います!

    死んでも 自分の意思は受け継ぐものがいる

    おはようございます。 かんりにんさん なんだかシリアスな重いテーマですね(・へ・)

    うまくは言えないのですが・・・・

    自分にできなかったことを受け継ぐ次世代の者たちがいれば たとえ肉体は死んでも その者の意志は死んでいないんです。 
    それに対してカイドウは自殺が趣味だの 初登場時から どう考えてもイカレてるだろ、って思いますよ。

    ドフラミンゴみたいに天竜人が支配するこの世を破壊できれば海賊でも何でもいいという彼もまた 考えが根底から欠落していた者たちでなければ カイドウと手は組まないでしょうしね。

    オロチと手を組んだのも 同じくワノ国を滅ぼして破壊できればいいと思っていたところから同類と感じていたんでしょう。
    で、「新鬼ヶ島計画」で 花の都までも奴隷にしていこうとしてオロチは反対していたものの 消されてしまいました。いや どのみち消すつもりだったんでしょう。

    「破壊できればいいんだろ 自分だって死のうがどうなったっていいんだろ」と。

    結局オロチはカイドウにとって同類かつ いい道具でしかなかった。

    この世を破壊する意思・・・・本当に破壊してしまったら何も残りはしませんから  カイドウの「意思」も残らない だから 歪んだ考えで 「死は人の完成」なんて思想を持っちゃうんですよ。

    自殺が趣味・・・・・百獣海賊団の部下たちもさすがに受け継ぎたくないでしょう(笑)

    実の子ヤマト・・・・・ オヤジのカイドウが「この世の破壊」に対して  娘のヤマトは光月おでんの航海日誌をみて彼の意思「ワノ国の開国」に使命感に目覚める

     親子の考え方があまりに違いすぎる・・・(;^_^A

    父親とは敵であった 光月おでんに影響されるというのも 皮肉がきかせすぎですよ(; ・`д・´)
     

    コメントありがとうございます コラーゲンさん

    僕はロックスの死に関しては黒ひげの秘密に絡むと考えています。ロックスは意志(灯)を消されていると考えた記事を書いているんですよね。そこにカイドウがロックスの名前を出さない秘密があるんじゃないかと思ってます。

    コメントありがとうございます シュトーレンさん

    ルフィは何に憧れて海に出たのか。何を目的に海に出たのか。まずコレがあるんじゃないかと僕は考えます。“ひとつなぎの大秘宝”を見つけて海賊王になるのが真の目的なのか?という考えがあります。そもそも海賊王の認識が他と違っていそうなんです。偉くなりたいんじゃなくて自由とバルトロメオは解釈してたんですよね。

    ただただルフィは自由に世界を冒険したいのではないでしょうか。それが先にあっての、1つの到達点がラフテルって事なんじゃないのかなぁと。そこが他との決定的な違いだと考えているんですよね。

    コメントありがとうございます 詩空さん

    こんばんは♪

    キャシャーン!! 懐かしい… といってもリアルタイム組じゃありませんけど(笑

    自殺を趣味とするカイドウが人の命について何と考えているのか。死とは何であると考えているのか。自分の命(死)についても他者の命(死)についても同様でして。

    ここがポイントになるんじゃないかと思うんです。何か違ってるんですよね。

    ルフィがどういった言葉をカイドウに投げかけるか注目ですね!!

    コメントありがとうございます baronさん

    カイドウは死んで「名声」を残したいんですかね。本当の意味で何が目的なのか知りたいんです。

    マムの方は全種族(全世界)の支配なんだろうなと思えるんですが、カイドウの方がイマイチ掴みにくいですよね。実のトコロ何も無いんだろうな… と思えてしまうくらいです。なにせ自殺を趣味にしてますから。

    ヤマトは光月おでんの処刑に感じたモノがあったからなんですよね。おでんから何かを受け取った。ここが父カイドウとの違いなんですけど、カイドウには何もないのかな? …ですね。

    ご返信ありがとうございます管理人さん

    うーん、どうなんでしょうね。
    ロックスの魂?残留思念?そういうものが黒ひげに取り憑いてるという可能性はあるかもしれません。
    でもそれはそれとして、ロックスが一般的な意味での死、つまり「肉体の死」を迎えてるのは間違いないと思うんです。
    海軍もロックス自身は死んだものとして扱っています。
    その上でカイドウのこれまでの言動を見る限り、肉体が滅びれば死であり、死んだら人間は終わりという認識をしてるとしか思えません。
    人は死んでも繋がっていくものがあるんだという事を理解してるなら、「死は人の完成」という言葉は出てこないはずなんです。
    ロックスと黒ひげに何かあるとしても、カイドウはそれを知ってるのでしょうか…

    これからの展開を見守りたいですね。

    もしかしたら 本当に空っぽなんじゃないでしょうか?

    管理人さん コメントの返信ありがとうございます。
    カイドウには 本当に空っぽなんじゃないかと思いますよ。

    「こんな退屈な世界壊れてもいい!!! 」とか 趣味が自殺とか・・・

     最強の生物に生まれたがゆえに 恐怖も命の尊さも 目的の信念も 何にもないんですよ。好き勝手に暴れて破壊しつくせれるなら自分も死のうが他人も死のうが関係ない、と。

    人工悪魔の実 SMILE で 最強の海賊団を作り上げるためなら 部下の安否は知ったことじゃないです。

     カン十郎もそうだったんですが 「自分が死んでも構わない」というのは 誰かがコメントでも書いたと思うのですが 他者も死のうがどうなろうが知ったことじゃないということなんですよね。

    あと、カイドウの悪魔の実は 「ウオウオの実」で だったらなんで 二個目の悪魔の実を食べないのでしょうか?そこも疑問なんです。

    既に一個 悪魔の実を食べているものが また既に悪魔の実を食べた者が二つ目の実を口にすると死にますが だったら 自殺が趣味なら 試してみたことはないのでしょうか? それとも 知らないのか?
    はたまた 知ってはいるが・・・もしかしたら ホントに死んだらと思うと ほんのちょっぴりの恐怖があってできないのか・・?

    考えれば考えるほど わからなくなりますよ。カイドウの死生観は。

    コメントありがとうございます コラーゲンさん

    僕個人の考えですけどね。ロックスの話は終わってなさそうだなって気がしてるだけでありますよ(笑

    カイドウがロックスをどう捉えてるかは気になりますので、また記事にしてみようかと思います!!

    コメントありがとうございます baronさん

    僕は、カイドウは悪魔の実の2つ目を食べてたんじゃないかって気もして来てます。2つ食べれば死ぬ設定あっての能力者、そして趣味が自殺って事なんじゃないのかな?と。それでも肉体は飛び散らないくらい強い身体なのかなぁとか。

    分かりませんけどね!! 笑

    No title

    ロックスがヤミヤミの前任者だって説も出てますけど、もしロックスが完全には死んでないならその可能性も無い事になりますかね?

    コメントありがとうございます 紫苑さん

    僕の考えでいくとロックスはヤミヤミの能力を持っていなかった事になりますね!!

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事