【若き強者達が押し寄せる】どうして20年以上先の未来がわかったのか - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    【若き強者達が押し寄せる】どうして20年以上先の未来がわかったのか

    この“新世界”に若き強者達が押し寄せる -ワンピース最新考察研究室.1000

    ヤマトの話では、ロジャー達は20年以上先の未来に若き強者達が新世界に押し寄せる事が分かっていた様子なのです。カイドウを討てるのはその者達だと光月おでんも書き記しています。色々と疑問な点もあります。

    何を根拠にそう考えたのでしょうね?

    ー画像はONE PIECE 第1000話より引用ー










    【ロジャー達が知る未来】


    ロジャー達がなぜ未来を予言したのか。それは最後の島ラフテルで何かを見たからだとする考え方があります。これはあり得ます。まだ最後の島ラフテルにあった“莫大な宝”の正体が分からないのです。未来を暗示させるモノだったのかも。

    それはソレとして置いておくとして。

    ロジャー達は“ある声”を聞いていたんですね。これを根拠として未来を予言していた可能性が高いと僕は考えています。声の主は海王類であります。

    生まれるよ…!! ぼく達の王が生まれるよ…
    遠い海でも生まれるね…
    2人の王がまた出会う日を
    クジラ達も喜んでいる
    ぼくらもずーっと待っていた
    あと少し… 今度はきっとうまくいく
    生まれて来るのに いち十コ
    大きくなるのに いち十5コ



    この声に真実味を持たせたのがシャーリー。

    シャーリーの予言に真実を見るロジャー -ワンピース最新考察研究室.968

    海王類の王ポセイドン(=人魚姫)の誕生について、海王類の声とシャーリーの予言が一致していたのです。ここにロジャーは確信を持った。

    いち十コ=10年
    いち十5コ=15年

    合わせて25年後に必ずや人魚姫が古代兵器ポセイドンとして覚醒する。それに合わせて「遠くの海でも」もう1人の王が出現する筈だと確信したのではないだろうか。そのもう1人の王というのが人魚姫と出会うのであって。

    正しく導く者

    それがオトヒメ王妃が言っていた「正しく導く者」なのでしょう。おそらくは、それが800年の時を越え現れるジョイボーイという事になるのだと考えます。ジョイボーイがポセイドンを正しく導く。導く先こそが本物のタイヨウの下!!

    だからこそロジャー達は早すぎた!!

    25年後なんですね。それに合わせて運命の導きがあると考えたから「20年以上先の未来」に起こるだろう事を予言したのだと思うのです。ここまでは話の辻褄は合う様に思われます。

    しかし大きな疑問点が出ます!!





    【なぜ押し寄せるのは強者達なのか】


    海王類「2人の王がまた出会う日を」

    海王類は「2人の王」と話していました。1人は「ぼく達の王」であって人魚姫しらほし姫(古代兵器ポセイドン)であります。あともう1人であります。

    ならば、

    ・新世界に若き強者が押し寄せる
    強力な海賊が押し寄せる

    こう言っていなければ変なのです。誰か1人を指しての予言でなければおかしいんですよね。それなのに複数人が押し寄せるという未来を話している。

    この“新世界”に若き強者達が押し寄せる -ワンピース最新考察研究室.1000

    なぜだか「若き強者達」や「強力な海賊達」が押し寄せると話しているのです。ここが不可解なのです。最悪の世代の海賊達の到来を予言しています。あのシャボンディ諸島での超新星の集結すらも言い当てていたとも考えられるのです。

    これをどう解き明かすかであります!!



    【おれ達を超えていく誰かとその世代】


    ロジャーは海王類の声を真実とし、誰かが生まれ自分達を超えて行くと予感しました。それなのに複数人の強者達が新世界に押し寄せるとも予言していたそうです。海王類の声にはそんな内容は含まれていない。生まれる王はポセイドンの他に1人だけ。

    どうして“世代”に言及するのか。

    より具体的にどんな未来を予感したのかを考える必要がありそうです。それによって真相が解き明かされるんじゃないかと思うんです。その具体的な未来とは…

    世界中を巻き込む程の“巨大な戦い” .576

    世界中を巻き込む程の“巨大な戦い”!!!

    光月おでんによるトコロの「大海を分かつ程の“巨大な戦”」でありますね。この戦いの到来を予感するからこそ「おれ達を超えていく」者とその“世代”というのが大切になるのではじゃないでしょうか。

    つまり…

    数百年分の歴史を背負い、この世界に戦いを挑む者が同世代の海賊達を束ねるという未来を予言したって事ではないかな。古代兵器ポセイドンの覚醒と時を同じくして新世界に押し寄せる者達を束ねる1人の王が出現する!! そんな未来を光月おでんも確信するからこそ…

    最悪の世代が四皇と対峙 -ワンピース最新考察研究室.1000

    今ワノ国で起こる戦いをも予言したって事じゃないだろうか。20年以上先の未来における世界に、ある1人の王と共に世界中を巻き込む程の“巨大な戦い”を起こす事となる海賊達が押し寄せる。その者達がカイドウを討つ。

    その王となるのがルフィであり…

    ヤマト「だってルフィの名前には“D”がついてるんだもん」 -ワンピース最新考察研究室.999

    “D”である事が重要なのでしょう。だからこそヤマトはポートガス・D・エースこそが筆頭だと信じてた(第1000話)。しかしエースは亡くなり、その代わりとしてモンキー・D・ルフィがワノ国に来てくれた。

    ロジャー達が言い、光月おでんが書き記した事が現実のモノになろうとしてる。こういう事なのかも知れません。

    よって、最悪の世代というのが出現する事までは予言していなかったと考えます。2年前のシャボンディ諸島の集結までは分かっていなかった。それはあくまでも偶然。偶然なんだけど必然だったのかなぁといったトコロ。世界に戦いを挑むのだろうから、それはまさに強者達となるでしょう。

    これが僕の考えであります!!





    【まとめ】


    シャーリーの予言に真実を見るロジャー -ワンピース最新考察研究室.968

    ロジャー達は海王類の声に20年以上先の未来を見た。25年後の古代兵器ポセイドンの覚醒に時を同じくする様に強者達が新世界に押し寄せる事を予見した。

    その強者達こそが世界中を巻き込む程の“巨大な戦い”に立ち向かう事となる。その強者達を束ねる存在こそが「おれ達を超えていく」と考えたのでしょう。

    それは他でもない…

    おれはモンキー・D・ルフィ -ワンピース最新考察研究室.1000

    モンキー・D・ルフィが担う事となる!!

    これならば色々な事に説明がつく気がするんです。このワノ国の戦いというのも、ホールケーキアイランドの顛末が報じられたのと同じ様に、ルフィがキッドやローを率いて勝利したと世界に広まるのかも知れないと考えています。それが最終戦争にも続いて行くのかも。

    さぁ どうなるんでしょうね?
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    こんにちは管理人さん!

    20年先の話…

    魚人島で聞いた海王類の声にシャーリーの占い。
    人魚姫が覚醒する事をロジャーやおでんは信じてた訳ですよね、コレは!

    腑に落ちなかった点も1つスッキリしました…。
    お考えの最悪の世代のシャボンディ諸島の集結。
    偶然だけど必然だったのか…というくだり頷けました。
    (もうコレでしょう(^^))

    ↑その強者を束ねるのがモンキー・D・ルフィ!
    確かにコレだと合点がいきますもんね!

    No title

    ヤマトはモモの助に世界を夜明けに導くのはキミなんだと言っていましたが、そう断言する根拠は航海日誌の中にあるはずです。
    しかし、ヤマトからすればモモの助に会えるとは思っていなかったわけですから、自分がそれをやらなくてはいけないと考えていたのでしょう。
    何をらやらなければならないかと言うと、ズバリ、ワノ国の開国ですよね!
    おでん様は鎖国は光月家がやった事であり、開国は光月家の手でやらなければならないと言っていましたが、開国はジョイボーイを迎え入れて協力できる国にならなければいけないという意味と共に、ワノ国がこれからくる「新時代」の世界と繋がると言う意味でもあると思います。
    世界からは「空白の100年」は世界政府中枢にとって不都合な歴史として隠蔽されていますが、ワノ国自体も世界の歴史にからは数百年間失われた国であります。
    それが再び世界に接して蘇るとするなら、それは空白の100年が世界に取り戻されるのと似ているかも?
    ワノ国が開国し、再び世界に接するというのは世界政府としても危険視すべき事でしょう。
    光月家はおそらくジョイボーイという存在が失われた事に関係して鎖国に至ったのだと思われますが、今またジョイボーイの再来、おそらくルフィが現れた事によって新時代を拓く力とならねばならない、そんな事が航海日誌には書かれているかも。
    しかし、光月家とワノ国はジョイボーイにとってどんな力となり得るのでしょうか?

    ワノ国がジョイボーイの再来を迎えいれて協力して戦う相手は天竜人だと思われますが、それはすぐには無理でしょうが必ずそんな国として再生するでしょう。
    しかし、やはりモモの助が古代兵器である可能性は高いと思えます。
    それがポセイドンと同じ時代に現れているというのが重要だと思われます。
    モモの助がウラヌスだとすれば、あとはプルトンだけ揃えば古代兵器は勢揃いとなる。
    個人的には古代兵器は正しく使えば世界に有益であり、使い方を間違えれば世界を滅ぼす力になるものだと思っていて、それを正しく使うように導くのがジョイボーイなんだとも思います。
    しかし、前に現れたジョイボーイはなんらかの事情でそれが出来なかったのでしょう。
    また、世界には三大古代兵器を必要とするような大異変が起こるのかも知れません。
    それを乗り越えるための力が悪用された為に空白の100年以前にあった巨大な王国は滅び、天竜人が支配する世界になってしまった。
    もしかしたら、古代兵器を必要とするタイミングがおでん様の処刑からちょうど20年後以降の世界で、光月家はジョイボーイと共に力を正しく使い、何か大きな出来事を乗り越えて新時代を開く力にならねばならないのかもしれません。
    航海日誌には、そんな事も書かれているのかも。

    コメントありがとうございます 詩空さん

    こんにちは♪

    おそらく20年以上先という数字は海王類からなんじゃないかと思うんですよね。ならば全てはポセイドン(人魚姫)に合わせての話になりそうで。ジョイボーイと魚人島の約束が重要になりそうなのですが… どうなんでしょうね。

    やはりルフィが筆頭になるというか… ルフィを中心に敵だった最悪の世代が一致団結して世界に立ち向かうというのは熱い展開なんですよね!! どうなるか期待して待ちたいです!!

    コメントありがとうございます 茉凜さん

    おそらく天竜人なのでしょうが、“D”はまた必ず嵐を呼ぶといった言葉があるそうで。これは古代兵器の行使について話しているのではないかとも考えられます。空白の100年には使えなかったけれど、必ずまた使ってくるぞ、と。おそらく最終的にルフィは3つの古代兵器を何らかのカタチで行使するんじゃないかと考えています。

    モモの助がウラヌスかどうかは色々と考える必要ありそうですね。3つの内の2つが人間なのかどうか。バラバラなんじゃないかと僕は考えていますが、まだ分かりませんよね。

    やはりヤマトの言葉は重要でして。モモの助が夜明けを導くとは何を意味するのかであります。ジョイボーイとは何であるかも絡みそう。航海日誌における光月家の位置付けが何であったのか。これは明かされそうな気もするので待ちたいですね!!

    お返事ありがとうございます!

    海王類が話す「2人の王がまた出会う」
    ロジャーの言う」おれ達を超えていく者」
    それらがジョイボーイと魚人島の約束へと繋がってくのでしょうね。
    (しらほしでありルフィと


    今度はきっとうまくいく。ふふ
    (ココ触れるの飛ばしてました。汗)

    描かれるとすれば、かなり終盤と思いますが…。
    ノアが動くところ楽しみでもありますね!
    Dかトンタッタか光月あたりの一族が修理するのでしょうかね?
    フランキーにも直してもらいたいんですけど、個人的には(^^)

    コメントありがとうございます 詩空さん

    ノアの修理も気になりますよね!!

    これを何に使うかが分からないのですが、そもそもが魚人島民が総出で造ったらしいんです。そこに意味があるのかも知れないと考えていまして。これからの修理に関しても、あくまでも魚人島民がしなければ意味がないのかなぁと。

    人間(他の種族)には手を借りずに自分達で、って事ですね。ホーディの部下に対して「あり余る腕力を生かせる仕事を与えよう」と話してましたんで。これを修理に当たらすのかなぁと。

    どうなんでしょうね?

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事