【暴力の世界】ロックスはゴッドバレーを海賊達の要塞にしようとした!? - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    【暴力の世界】ロックスはゴッドバレーを海賊達の要塞にしようとした!?

    カイドウ「始めよう “暴力の世界”!!!」-ワンピース最新考察研究室.997

    カイドウの口から出る“暴力の世界”とは一体何であるのか。新鬼ヶ島計画とは何なのか。全ては伝説のロックス海賊団に繋がる話なのかも。

    ー画像はONE PIECE 第996話より引用ー










    【おれ達の望む暴力の世界】


    カイドウの人生において光月おでんとの決闘は大きな影を落としていると言えます。この“暴力の世界”というのも、20年前の事があったからなのかな?とも考えました。

    そこで気になったのが第985話です。

    古代兵器の存在は世界に恐怖と戦争をもたらす -ONE PIECE最新考察研究室.985

    覚悟しろ それこそが
    おれ達の望む暴力の世界!!!


    このカイドウの言う「おれ達」とは何であるのか。百獣海賊団に向けて「覚悟しろ」と言ってますから、自分とビッグ・マムが望むのが“暴力の世界”って事になるのかも。

    殺し合いをしてたカイドウとマムが…

    カイドウとマムが海賊同盟

    急に同盟を結ぶ事になったのは、マムがカイドウから「新鬼ヶ島計画」について話を聞いたからなのかもね。この世界を“暴力の世界”にするつもりだと。この話にマムが乗ったんだとして。

    この“暴力の世界”こそが…

    白ひげ、ビッグ・マム、カイドウもロックス海賊団

    かつてのロックス海賊団が理想とした世界だったのではないだろうか。つまり、マムはカイドウの計画に乗って手を組んだ訳ではなく、それがロックス海賊団の目指したモノと重なっていたから手を組んだ。こういう事なのかも。





    【新鬼ヶ島計画とロックス海賊団】


    海軍大将“藤虎”が第957話で言っていた「“ロックス”の再来ですかい…!!」というのは真理を突いていた。カイドウとマムが同盟を結び、今まさに始めようとしている「新鬼ヶ島計画」というのはロックス海賊団が目指したモノと考えてみました。

    ロックス海賊団には白ひげもいましたね。

    白ひげの故郷は非加盟国

    白ひげもまた、その幼少期の体験から… ロックス海賊団にいた当時は同じ事を考えていたのかもね。世界政府の牛耳る世界に対する恨みを持った過去があるのかも。この世界の破壊です。

    そこでカイドウの企みであります。

    ・鬼ヶ島を花の都に移す
    ・ワノ国を海賊の帝国に変える
    ・将軍は息子ヤマト
    ・古代兵器を手にする
    ・世界に恐怖と戦争をもたらす
    ・ひとつなぎの大秘宝を獲る

    今のところ ココまでの計画が判明しています。「新鬼ヶ島計画」と、それを成し遂げた上で目指そうとする道筋であります。これがロックス海賊団の目指したモノと似ているのなら…

    ゴッドバレー事件

    ゴッドバレー事件が何であったのも考える事が可能かも知れません。上記のカイドウの企みの中に、ロックス海賊団がゴッドバレーで目的としていたモノが入っているかも知れない。

    そこで僕がポイントとしたのが…

    ワノ国は“天然の要塞”であります!!



    【ゴッドバレーを海賊達の要塞に】


    カイドウの目指す“暴力の世界”において古代兵器の入手は大きなポイントになっています。それによって世界に恐怖と戦争をもたらそうと企んでいるんです。

    ゴッドバレー事件というのも、そこに古代兵器があったからこそ起こった事件じゃないかという考え方があります。そういう事かのかなぁとも考えました。そこでロックス海賊団について説明される95巻を読み返したんです。

    ゴッドバレーという島で壊滅

    ↑目に止まったのはゴッドバレーの地形です。

    あのゴッドバレーという島も、ワノ国と似た“天然の要塞”と言われる様な場所だったのではないか。そんな気がしたんです。

    ロックス海賊団が結成されたという…

    ハチノスに停泊するスリラーバーク

    海賊島“ハチノス”はすでに描写されています。これとゴッドバレーとを見比べると一目瞭然なんですね。“ハチノス”を海賊達の要塞にするには無理がありそう。

    もしかして…

    カイドウが「鬼ヶ島」を飛ばしてるんだ!! -ワンピース最新考察研究室.997

    カイドウが鬼ヶ島を花の都に移そうというのは、39年前のゴッドバレーでもしようとしてた事なのかな?

    ゴッドバレーという島に何があったかは分かりませんけれど。もしも その島を制圧できたなら、海賊島“ハチノス”をゴッドバレーに移動させ、そこを海賊達の要塞にしようと企んでいたのではないか。そんなロックスの野望をカイドウが復活させようとしてるのでは?

    もはやゴッドバレーは消えてしまったから、代わりとしてワノ国に目をつけた、と。花の都とゴッドバレーというのは何か共通点があるのかも。天月トキがどこからワノ国を目指したのかも気になります。

    カイドウが海賊達の要塞を作ろうとするのは、かつてロックス海賊団も作ろうとしていた事だからではないか?です!! どうなんでしょうね。





    【まとめ】


    古代兵器の存在は世界に恐怖と戦争をもたらす -ONE PIECE最新考察研究室.985

    マムがカイドウと手を組んだのは、その計画がロックス海賊団の野望と同じだったからではないか。“暴力の世界”とは、そのままロックス海賊団が目指した理想の世界だったのではないか。

    そうであるならば、

    カイドウの企む「新鬼ヶ島計画」というのは、かつてロックス海賊団が計画したモノを受け継いでいるんじゃないか。こんな風に頭に浮かんだんです。敵の拠点の上に自らの本拠地を移して海賊達の要塞にするという計画。

    ゴッドバレーという島で壊滅

    ゴッドバレーという島も天然の要塞ではなかったか?これを天竜人から奪って海賊達の要塞にしようとしたんじゃないか?ゴッドバレーに存在したモノと同じ様なモノが花の都にはあるのかも?

    さぁ どうでしょうか。
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    No title

    ロックス海賊団って「儲け話」で集まったって言うんですよね。
    それが本当なら別にロックスの思想に賛同してとかじゃなく利益で結びついてただけの集団と受け取れます。
    実際マムの理想は「全ての種族が平等に暮らせる世界」であって、もちろんこれはマムの勝手な願望から来てる独善的で歪んだものではありますが、カイドウの暴力の世界というのとは明らかに路線が違いますよね。
    白ひげにしても死ぬ間際に若い頃の回想がありましたよね。
    「家族が欲しい」と言ってるあれです。
    あの時は一介の船員という感じなのでロックス当時よりもっと前かな?普通に気のいい青年という雰囲気でとても世界を壊そうなんて凶悪なことを考えてる人物には見えません。
    世界を壊したら家族も何も無いですし。
    故郷のために金が必要だったからロックスの儲け話に乗っただけじゃないんでしょうか?

    コメントありがとうございます joeさん

    わかります!!

    だからこそ僕はカイドウのセリフにある「おれ達」というのを、“暴力の世界”は自身とマムの2人が望むモノという解釈から論考をスタートさせたんですね。作中の描写を引っ張りました。犬猿の仲の2人を繋いだのはロックスだったのでは?と。

    ここの解釈が正しいかは分かりません。間違っていれば全てが崩れるとも考えられます。続けて情報を待ちたいです。

    コメントの投稿

    非公開コメント