ホーキンスにも裏切りフラグが立つのだろうか - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    ホーキンスにも裏切りフラグが立つのだろうか

    アプーが渡されたのは氷鬼の抗体 -ワンピース最新考察研究室.994

    完全に閉鎖されたライブフロアで始まった「氷鬼 in 鬼ゴッコ」でアプーが渡されたのは唯一の抗体。奪われれば惨殺の刑。その結末によってはアプーの裏切りも無きにしも非ず。ホーキンスにも何かあるんじゃないのか!?

    ー画像はONE PIECE 第994話より引用ー










    【百獣海賊団についた最悪の世代】


    大事件が起きたと思えば火中にいるのはいつも最悪の世代の海賊達

    2年前シャボンディ諸島に一堂に会した“11人の億超えルーキー”に“黒ひげ”を加えた者達を世間では「最悪の世代」と呼びます。一時代の終わりと始まりの狭間に生まれた戦乱の運命を背負う問題児共。ルフィとゾロも含まれます。

    ルフィ達がワノ国へと乗り込んだ時、その世代の海賊であるドレークとアプー、ホーキンスの3人は百獣海賊団の下についていたんでしたね。思惑があったり運命に翻弄されたりがあったのです。

    どうも1人ずつ出して来たな、といった感じがするんですよね。1人ずつ裏切らせて行くっぽいなと。そのまま百獣海賊団で3人を終わらせる訳ではなさそうな気配。






    【ドレークの陰謀発覚】


    百獣海賊団の下についていたドレークの真の立場が明かされたのが第956話でした。表向きはドレーク海賊団の船長という事になっていましたが…

    海軍本部 機密特殊部隊「SWORD」隊長 X・ドレーク

    本当は海軍本部の特殊機密部隊「sword」の隊長だったのです。実は百獣海賊団に潜入していたんですよね。何もカイドウに従っていた訳ではなかったのです。その本来の立場から、捕まったローを解放していたのが敵側にバレていた。

    ドレークを囲むクイーン、フー、ホーキンス -ワンピース最新考察研究室.990

    こうなってしまえば百獣海賊団にはいられない。そんなドレークが“希望”として頼ったのがルフィであります。まだ麦わらの一味全体からは認められてはいませんが、共闘の流れが見えているのは確かであります。

    [関連記事]
    ルフィは“覇王”達の頂点となる覇気を持っているのかも

    まずドレークが百獣海賊団を抜けた!!



    【アプーが見限る可能性】


    ドレークに続けてアプーにも出て来た。

    逃げるアプー -ワンピース最新考察研究室.994

    それが今回の鬼ゴッコの件であります。その渡された抗体が本物である保証は今のところナシ。最初からクイーンはアプーもろとも始末するつもりなのかも知れないのです。

    もしも本物であっても、あの扱いは酷いんですよね。アプーがクイーンと百獣海賊団を見限る可能性は大いにあり得るんです。ここでアプーが死ぬという流れは考えられません。

    [関連記事]
    【氷鬼in鬼ゴッコ】アプーの裏切りはあるのか!?

    今回の件が無ければ、僕はアプーはここで退場するモノと考えていました。

    アプー「現実に気づけ!!」-ワンピース最新考察研究室.981

    強者に立ち向かう事を諦めたという事はラフテル到達を諦めたも同然です。今後のストーリーにアプーの出番など無い。そう僕は思っていたんです。

    しかし分からなくなって来たんです。

    鬼ゴッコがどんな結末を迎えるかは分からないまでも、ライブフロアにいる者達にとっての本当の敵はクイーンになったのです。敵も味方もなく打倒すべきはウイルスであり、その製作者であるクイーンにしたのです。アプーも被害者になり得る立場になった。

    裏切りのフラグが立ったのです。

    となれば残る3人目であります。



    【ホーキンスにもフラグが立つ?】


    ホーキンスに裏切りを促すドレーク -ワンピース最新考察研究室.990

    第990話でドレークから裏切りを促されたホーキンスは拒絶していました。この時点でドレークが裏切り者だと分かっていての返答とも思われます。しかし、百獣海賊団に入ったのが不本意なカタチだったのは間違いのない事実であります。

    まだアプーが裏切るかは分かりません。裏切りのフラグが立ったと僕個人が感じているだけかもね。でも、その考えに立てば… 百獣海賊団の下についた3人に順番に裏切らせて行ってる様に思えて来るんですよね。

    ホーキンスにも何かありそうだぞと。

    裏切り者ドレークを粛清しようとしたホーキンスがすでに百獣海賊団を裏切っているとは思えません。すでに裏切っているのなら、フーズ・フーの誘いに乗らせてはいないでしょう。クイーンの下に連行などさせていない筈。

    となると、やはりホーキンスも見捨てられる立場にあるのかな?と思えて来ます。今回のアプーみたいな流れですよね。これがまず浮かびます。

    [関連記事]
    呪符による視覚共有は魔術師ファウストの仕業!?

    ただ、次にホーキンスがどんな状況で出て来るのかは予想できるんです。

    ドレーク「1%か 不憫だ」-ワンピース最新考察研究室.990

    明日まで生きてる確率1%の「ある男」について語ってくれるシーンでの登場になりそうかなと。その「ある男」と対峙する展開かも知れません。僕としてはルフィかなと予想していました。

    [関連記事]
    【明日まで生きてる確率1%】ホーキンスが占った「ある男」とは!?

    ここで何かありそうな気がします。





    【まとめ】


    まだ詳しい状況までは浮かんではいませんが、何にせよ百獣海賊団の下についた「最悪の世代」の3人については、全員を裏切らせる展開にするのではないかと思えて来ています。

    その3人については、いずれもラフテル到達は無理と言って良いと思います。そもそもドレークは海軍本部の側であります。アプーとホーキンスにしても百獣海賊団の下についた経緯からして海賊王など無理な話です。やはりキッドの様な心意気を持っていなければダメであります。ラフテルへのサバイバルレースからの脱落は致し方ないかなと。

    それでも…

    世界中を巻き込む程の“巨大な戦い” .576

    世界中を巻き込む程の“巨大な戦争”への参戦が無くなる訳ではないと考えています。「最悪の世代」こそが主役になるだろうと思うんです。ここにアプーもホーキンスも、そしてドレークも活躍の場が確約されているのなら、ここで百獣海賊団を裏切っておく必要もあるのかな?と。

    さぁ どうなりますやら見守りたいですね!!

    [関連記事]
    世界中を巻き込む程の“巨大な戦い”における巨悪とは何であるのか
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事