ヤマトに流れるカイドウの血 - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    ヤマトに流れるカイドウの血

    モモの助としのぶの盾となるヤマト -ワンピース最新考察研究室.994

    モモの助としのぶを守る為、“飛び六胞”ササキ率いる装甲部隊からの砲撃を背中に受けたヤマト。それでも平然と立っていられるんです。ヤマトの身体はどうなっているんだろう。

    ー画像はONE PIECE 第994話より引用ー










    【なぜ 無事で…!?】


    立っているヤマトに驚くモモの助とササキ -ワンピース最新考察研究室.994

    モモの助の「え… なぜ無事で!?」というセリフ。これには2つの意味がありそうなんですね。

    ①20年前に九里に走ったのに無事

    ②砲撃を受けたのに無事

    あの光月おでんの処刑後の九里に走って無事でいられた事にモモの助が不思議がってもおかしくないんです。ヤマトがカイドウの子供とは知らないのですから。それをヤマトは明かしてません。

    ではササキは何に驚いているのか。

    ヤマトのコマを挟む様にモモの助とササキを描いています。モモの助のセリフと同じ事をササキも思ったのではないのかな。どうもコマの配置に意図がありそうな。

    とはいえ、ササキだって20年前のアレコレを知っている訳ではなさそう。色んな解釈の余地はありそうですが、僕としては砲撃を受けたのに立っている事にモモの助もササキも驚いているんだと思うんです。

    傳ジローを狂死郎と思って話すササキ -ONE PIECE最新考察研究室.982

    ササキはヤマトの事を「カイドウさんのガキ」と言ってました。舐めてたんでしょうね。ところがどっこい… 砲撃には耐えるし攻撃の威力も凄まじい。

    [関連記事]
    【石工の技術】おでんの剣技の秘密

    しっかりとヤマトはカイドウの血を受け継いでいる。ヤマトの防御力も攻撃力も全てカイドウの血によるモノと考えて良いのかも知れません。





    【遺伝と突然変異と改造】


    マムは「鉄の風船」-ワンピース最新考察研究室.859

    銃弾や砲弾を食らってもカスリ傷一つつかない「鉄の風船」ビッグ・マム。マザー・カルメルの写真で抵抗力を失わせない限りマムの強靭な肉体に傷はつけられないという話でした。

    このマムという人物…。

    マムと両親 -ワンピース最新考察研究室.866

    両親はいたって普通の人間の様に描かれていました。どうもマムの身体の強靭さというのは遺伝ではなさそうなんです。突然変異だと思われるんですね。

    現時点で判明している事だけに限りますが、ペロスペローにしてもカタクリにしても傷を負っています。マムの様な異常とも言える身体の強靭さを受け継いでいる子供なんていないんです。

    マムだけが特別なんです。

    そこでカイドウとヤマトなんです。

    カイドウの趣味は自殺

    空島から飛び降りても死なない。ギロチンでも槍で突き刺してもダメ。このカイドウの身体の強靭さをヤマトが遺伝によって受け継いでる可能性が出て来たのです。スケールは違いますが先の砲撃を受けた描写から可能性が出て来た様に思うんです。

    気になるんですよ!!!

    カイドウはこの世における最強生物 -ONE PIECE最新考察研究室.697

    カイドウが「この世における最強生物」と言われる秘密であります。その秘密には人為的なモノがあるのかどうかです。

    まさかカイドウの身体の強靭さや強さというのが、サンジの姉兄弟と同じ様な…

    血統因子は生命の設計図

    血統因子の改造などによるのだとして。ヤマトは血を受け継いだというよりも、その血統因子を受け継いだって事になるのかも。ここがマムと子供のケースとの違いなのかなと。

    どうもカイドウには謎がある様に思うんです。ナミの「人間でもないの!?」とは何だったのか。少し推移を見守りたいです。

    [関連記事]
    【ロックスの死】カイドウの口からロックスの名前が出ないのは…

    【ヤマトの飛ぶ攻撃】


    ヤマトの攻撃 -ワンピース最新考察研究室.994

    ヤマトが金棒を振り抜くと、その衝撃は遠く離れた者を吹き飛ばしてしまう程です。この原理はまだ不明なのですが、飛ぶ斬撃に似たモノと思うんです。

    あるいは…

    マムの威国 -ONE PIECE最新考察研究室.988

    マムの“威国”の様な感じではないかな。これは斬撃を飛ばしているのとは少し違ってそうなんですよね。おそらくは空気砲じゃないかなと思われます。

    [関連記事]
    どうしてマムはエルバフの槍“威国”を使うのか

    このマムの“威国”ですが、なぜ巨人族の技が使えるのかルフィが不思議がっていました。マムが子供の頃にエルバフにいたのを知らないからですよね。他にも謎はありますけど。

    そこでヤマトに戻りますが、

    カイドウ「死は人の完成だ…!!!」-ワンピース最新考察研究室.994

    人型に戻ったカイドウが、今回ヤマトが使ったのと同じ技を赤鞘九人男に使うんじゃないだろうか。更に威力が上の技としてです。あの巨大な金棒を振り回して来る様な気がするんです。すると強力な衝撃波が生じて赤鞘九人男に襲いかかる。

    下位互換という言葉を使うと少し違うんですが、カイドウの性質の全てをヤマトは受け継いでるんじゃないだろうか。攻撃と防御の両面においてです。

    それは…

    ヤマト「君の為に死ねる」-ワンピース最新考察研究室.994

    ヤマトにとっては実に皮肉な現実なのかも知れません。光月おでんを名乗るヤマトにとってはです。逃れられない血、と言いましょうか。カイドウの“息子”である事からは逃げる事などできない。ただし、そのチカラを何に使うかになって来るのかもね。

    [関連記事]
    【第994話考察】ヤマトに感じるサボとの共通点





    【まとめ】


    百獣のカイドウ登場

    カイドウの“息子”であるヤマトもまた「最強の生物」なのではないか。カイドウと同じ無敵の身体を持ち、カイドウと同じ技を繰り出す事ができる。

    [関連記事]
    刀剣が黒刀に成る為の必須条件

    そのチカラをカイドウはワノ国を滅ぼす為に使う。逆にヤマトはワノ国を救う為に使う。こういう事にする様な気がチラリとしたり。

    遺伝であるなら遺伝で気になる部分もあります。

    どうなって行くのか待ちたいです!!!

    [関連記事]
    【にげる…!?】将軍はどうあるべきなのか
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    No title

    今回、ヤマトの技の餌食になったハリネズミのSMILEは、直撃するその直前まで全く無防備でした。
    つまり、ヤマトの攻撃の軌道が見えておらず、目の前に到達して初めてその攻撃のプレッシャーを感知したが、時すでに遅く回避できずに吹き飛ばされたように見えます。
    これはおでん様とロジャーの初対面の際にロジャーの神避を受けて、わけもわからず吹き飛ばされたおでん様の状態に似てます。
    故に、やはりヤマトの技はロジャーの神避と同じような技なんだと思えます。
    まあ、威力は段違いだとは思いますが、ヤマトにはそれができるわけですよね。
    おそらく、おでん様はロジャーから受けた神避については航海日誌にその衝撃を書き留めていたりしたんじゃないでしょうか?
    ヤマトがそれをヒントに自分の技を練り上げた可能性はあるでしょうね。
    しかし、この技を放つには、やはり覇気を感じるというか、目に見えるくらいのレベルにならないとできないと思うんですよね。
    カイドウはルフィを倒した時、ルフィの覇王色が目に見えているような表現をしていましたが、やはり四皇レベルやその最高幹部クラスになると、人間から発せられる覇気を可視化できるのでしょうね。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事