【ロックスの死】カイドウの口からロックスの名前が出ないのは… - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    【ロックスの死】カイドウの口からロックスの名前が出ないのは…

    カイドウ「おれは“侍”が好きだ…」-ワンピース最新考察研究室.994

    カイドウが語る亡くなった大海賊の名はロジャーと白ひげ。そこにロックスの名は出ないのです。それはカイドウの方に名を出さない理由があるのだろうか。そうではなく、ロックスの方に理由があるからじゃないだろうか?

    ー画像はONE PIECE 第994話より引用ー










    【カイドウとロックス】


    先の画像のカイドウのセリフというのは、左腕を斬り落とされても立ち上がり向かって来ようとする“赤鞘九人男”お菊の覚悟を見た事で出て来たんですね。では何と言っているか。

    ウォロロロロ…
    そういうとこだ…!!
    いつでも覚悟がある…!!!
    おれは“侍”が好きだ…
    ロジャーも… “白ひげ”も…!!
    うまくやりやがった…!!



    カイドウの口からロジャーと白ひげの両方の名が出て来るのは2回目であります。1回目は光月おでんの過去編が描かれていた第970話でありました。

    ニューゲートやロジャーは確かにそんな海賊だった

    ニューゲートやロジャーは強いがどこか甘い奴ら。そして光月おでんも同類だと話す中で出て来ていたんですよね。この時カイドウは嘲笑(人をバカにして笑う)しています。

    その行動には理解できない部分はあるものの、死に対する覚悟があるという部分についてはロジャーも白ひげも光月おでん(=侍)も好きだ。こうカイドウは言いたいのかな。

    そこにカイドウの口からロックスの名が出ないという事は…

    白ひげ、ビッグ・マム、カイドウもロックス海賊団

    ロックス海賊団船長ロックス・D・ジーベックという男には覚悟が無かったとも考えられます。それを海賊団のメンバーだったカイドウは知っているのかな?と。

    ロックス海賊団というのは「皆 仲が悪かった(第957話)」という話ですしね。死に対する覚悟についてを含めてカイドウはロックスの事が嫌いだったのかも知れません。これがロックスの名を出さない理由と考える事は可能であります。

    しかし、

    果たしてロックスには死に対する覚悟が無かったのだろうか。ここに僕は大きな疑問があるんです。

    ゴッドバレー事件

    ロックスは38年前のゴッドバレー事件の中心人物であります。後に四皇と呼ばれる事になる3人の海賊を従えてもいた。相当な海賊である事は間違いない筈なんです。どういう経緯で従える事になったかには謎がありますけどね。

    何より“D”の名を持つ者である事!!

    これまで登場した“Dの一族”の中に、死の覚悟を持たない者など1人もいなかったのです。

    黒ひげティーチ「死ぬも生きるも天任せよ」-ワンピース最新考察研究室.549

    黒ひげティーチだって、いつでも死ぬ覚悟はできていたんです。それは彼らが等しく持つだろう“Dの意志”というモノに秘密があるんじゃないだろうか。であるならばロックスも例外ではなさそう。そんな気がするんです。

    すでにこの世にはいないロックスという大海賊にも死の覚悟があったんだとして。なぜカイドウはロジャーや白ひげと同列に語らないのか。ここには大きな秘密があるんじゃないだろうか。

    本当に死んだのか!?





    【今も生きているという昔の海賊】


    このONE PIECEの作中、今も生きているとされる伝説を持つ者がいます。ここにロジャーや光月おでんは含まれません。「おれは死なねェぜ…?」との言葉を残したロジャーも…

    トキ「あなたは死なないでしょ?」-ワンピース最新考察研究室.972

    トキが「あなたは死なないでしょ?」と言った光月おでんも、作中でハッキリと死んだ事になっているんです。

    ・ロジャーは死んだのだ(第506話)
    ・おでんは死んだ!!(第932話)

    彼らの場合は「受け継がれる意志」というモノがあっての“死なない”なんですね。第145話でヒルルクが語った言葉があっての事であります。それはそれとしてロジャーも光月おでんも死んだのです。

    それらとは少し異質な存在がある!!

    デービー・ジョーンズ

    デービー・ジョーンズ!!!

    悪魔に呪われて深い海底に今も生きているという昔の海賊です。この海賊が関係していると思われるゲームがあるんです。それが「デービーバックファイト」であって…

    海賊達の楽園「海賊島」

    海のどこかにある海賊達の楽園「海賊島」で生まれたって話なのです。ゲームを始める前には、その今も生きていると言われるデービー・ジョーンズに誓いを立て、コインを海に投げ入れるんでしたよね。

    この「海賊島」というのがロックスの話の中に出て来るんです!! 「海賊島」こそがロックス海賊団が結成された場所だと思われるんですよね。

    ロックス海賊団とは…

    大昔に“海賊島ハチノス”にて1つの儲け話の為にかき集められたのがロックス海賊団なのです。この部分が今回の話に大きく関係しているんじゃないかと考えました。

    ロックス・D・ジーベック

    確かにロックスは「すでにこの世にはおらん」と死をほのめかされてはいるのですが、ハッキリと死んだとは言われてないんですよね。

    昔の海賊デービー・ジョーンズの「昔」というのが、いつの時代であるのかは分かりません。ただ、「今も生きている」という伝説が残るだけの事はあるんですよね。とても生きているとは思えない時代の人なのは確かだと思われます。

    そして、この伝説というのが真実である可能性がある。どんなカタチかは分からない。肉体は滅んでも魂は黄泉の国には向かわなかったのかな。ゆえに生きているという事なのかも。何かに宿り肉体を得る方法が残されているのかも知れないからです。

    ロックスも同じなのでは!?

    実はロックスもデービー・ジョーンズと同様に今も生きているのかも知れない。だからこそ…

    カイドウ「おれは“侍”が好きだ…」-ワンピース最新考察研究室.994

    カイドウはその名を出さないのではないか。死んじゃいないからです。つまり、カイドウにとってロックス・D・ジーベックは完成していない。

    こういう事じゃないかと考えてみました。





    【まとめ】


    カイドウがロックスの名を出さないのは死んでいないからじゃないか。ここが今回の記事のポイントであります。かつてロックス海賊団にいてゴッドバレー事件にも関わっていたカイドウは何かを知っているんじゃないか。

    ロックスというのはデービー・ジョーンズの伝説と似た様な何かがあるのかも知れない。それは…

    バンダーデッケン九世のマトマトの呪い

    初代バンダー・デッケンの伝説にも似たモノなのかも知れないと考えています。

    そして「海賊島」となれば…

    黒ひげ マーシャル・D・ティーチ

    マーシャル・D・ティーチも外せない海賊なんですよね。

    [関連記事]
    黒ひげ海賊団による“能力者狩り”の方法

    ロックスはロジャーや白ひげの様に死んだ訳ではないのかも。何らかのカタチで登場して来るんじゃないだろうか。それこそ誰かの肉体を借りてです。もう誰かに宿っているのかも。やはり黒ひげかなぁ。2つ能力を持てた秘密もありますしね。さぁ どうなっているのでしょうね?

    [注目記事]
    最後の島ラフテルはどこにあるのだろう
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    ほのめかすも何も

    「すでにこの世にはおらん」と言ったら死んだという意味しかないんじゃないですか。
    海軍側はそう認識してるけど実は生きてるという可能性はあるかもしれないですが…

    ロックスは生きている?!

    ひーちゃんさんこんにちは!ターカです。
    ご無沙汰しています。ですがいつも考察読んでますよ。
    今回のこの考察も面白かったです。

    この『ロックス』の事ですが、自分もひーちゃんさんの仰る通り『生きている』のではないか?と思っています。身体は失っても『魂が生きている』という事です。

    ロックスは『Dの名を持つ人物』でもあり他の人達にはない何か『特別な力』を持っていたのではないか?その様に思っています。
    Dの名を持つ人物は自分の考えや意志をしっかり持っていて他人の言動に左右されない強い信念の持ち主であり、ロックスも自分の『強い想い』が死にきれず、魂となり何かに憑依し、生き続けているのではないか?
    その『何か?』というのがおそらく

    『黒ひげ、マーシャルDティーチ』

    ではないでしょうか?!
    『黒ひげの身体の中にロックスは生きている』シャンクスの顔に傷を付けたのはロックスである。そんな気がします。
    その事にシャンクスも気付いていて、五老星に話をした『ある海賊』というのは黒ひげの事であり『ロックス』の事を伝えたのではないでしょうか?!
    その可能性はあると思います。
    カイドウも本能的に『ロックスは生きている』と思っているのかもしれませんね。

    いずれにせよロックスに関しての重要な事がワノ国編で明かされる様な気がします。

    またコメントしますね。では!

    ロックスは生きている?!

    ひーちゃんさんこんにちは!ターカです。
    ご無沙汰しています。ですがいつも考察読んでますよ。
    今回のこの考察も面白かったです。

    この『ロックス』の事ですが、自分もひーちゃんさんの仰る通り『生きている』のではないか?と思っています。身体は失っても『魂が生きている』という事です。

    ロックスは『Dの名を持つ人物』でもあり他の人達にはない何か『特別な力』を持っていたのではないか?その様に思っています。
    Dの名を持つ人物は自分の考えや意志をしっかり持っていて他人の言動に左右されない強い信念の持ち主であり、ロックスも自分の『強い想い』が死にきれず、魂となり何かに憑依し、生き続けているのではないか?
    その『何か?』というのがおそらく

    『黒ひげ、マーシャルDティーチ』

    ではないでしょうか?!
    『黒ひげの身体の中にロックスは生きている』シャンクスの顔に傷を付けたのはロックスである。そんな気がします。
    その事にシャンクスも気付いていて、五老星に話をした『ある海賊』というのは黒ひげの事であり『ロックス』の事を伝えたのではないでしょうか?!
    その可能性はあると思います。
    カイドウも本能的に『ロックスは生きている』と思っているのかもしれませんね。

    いずれにせよロックスに関しての重要な事がワノ国編で明かされる様な気がします。

    またコメントしますね。では!

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事