流桜の習得とマムの記憶喪失 - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    流桜の習得とマムの記憶喪失

    窮地にこそ!!! 力は開花する!!!

    クイーンをたった2撃で失神させる程の力を見せつけた老婆(マム)が迫り来る。この状況こそがルフィの実力を最大限に飛躍させると考えたヒョウ五郎がその身を投げ打ちます。おれを守ってみせろと。
    マムが迫る!!!
    死は元より承知の上!!! こう言われてはルフィもやるしかない!!!


    おそらくルフィは流桜を習得すると思うんですね。とすればマムに打撃がヒットする筈なんです。もしかして…その衝撃というのが、マムが記憶を取り戻すキッカケになりはしないだろうか。






    博羅町でのルフィvsカイドウの初戦。無防備のカイドウに叩き込んだギア4による攻撃はことごとく通用しなかった。そこでルフィは…
    カイドウのあの硬ェウロコを壊せる気がして…
    レイリーが見せてくれていた武装色の覇気の“ある使い方”に一縷の希望を持ったんでしたよね。それがワノ国では流桜と呼ばれるものだとヒョウ五郎に教えて貰った。


    実は、もうルフィが流桜を習得できるかどうかの話では済まないんですよね。流桜が四皇相手に通用するのかしないのかが問われていると言って良い筈です。マムのパンチを弾くだけではなく
    アルパカマンを弾くヒョウ五郎
    ヒョウ五郎がアルパカマンにした様に、ルフィがマムに流桜をヒットさせたとして。それで手応えが無ければ始まらないんですよ。


    よし! これならカイドウに勝てるかも、と思わせてくれる筈なんです。相手がマムである事が何よりの証明になると思うんです。カイドウもマムも共に四皇と呼ばれる怪物。マムに効いてこそ、カイドウにも効くんだと手応えが得られるだろうから。こう考えると、流桜を習得したルフィの打撃はマムに対して相当な衝撃を与えると思えるんです。


    流桜を習得してvsカイドウに光が見えてくる反面、その衝撃でマムの記憶が取り戻されてしまう。良い事が半分に悪い事が半分でバランスを取るんじゃないのかなぁ。
    ビッグ・マム海賊団来襲
    マムはルフィへの恨みとゼウスの事を思い出してしまう。そんな風に思えてくるんですよね。



    まだ どうなるかは分からないのですが、もしも考えた通りにルフィの流桜がヒットしてマムが記憶を取り戻すのだとして、その間のインターバルがあるのかどうかなんです。
    九里が浜に打ち上げられたビッグ・マム
    少しだけでも気絶してくれたりしないかなぁ。そうなってくれると楽なんですけどね。マムに戻ったら直ぐにでも食いわずらいの発作も起こしそうですから。



    でもね〜 今マムは「おリン」であって、ソルソルの能力も使わないし覇気も纏わない。力任せにただ殴りかかるだけの状態です。パワーと体の頑丈さは変わらなくても、あの四皇マムとは少し違う。それでもルフィがマムを気絶させたとなるとですね。四皇に勝った!! ともなりかねない。ここで悩むんですよね。そういう風にしちゃうかなぁと。


    しかし、現状では兎丼の採掘場にはおしるこはありませんし、食べ物と言ったら「きびだんご」しか無いんですね。マムを満足させる物が見当たらない。
    兎丼の作業場は5つに分かれる
    この広い採掘場の破壊にマムの大暴れが役に立つと言えど、どこかで止めなきゃキリが無いとも思えます。



    まだまだ先は読めませんね。



    でも、この流桜の習得と記憶喪失のマムの復活は関連する様な気がしています。どうなるか待ちたいです!!!

    にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
    にほんブログ村



    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事