fc2ブログ

【にげる…!?】将軍はどうあるべきなのか

モモの助「にげる…!?」-ワンピース最新考察研究室.993

にげる…!?
将軍ならそうするべきなのか…!?


こう自問するモモの助。将軍とはどうあるべきなのか。これは後に何らかのカタチで出て来ると思われます。モモの助はどんな答えを出すのでしょう。

ー画像はONE PIECE 第993話より引用ー

【モモの助が持つ“将軍像”】


まずモモの助の置かれた状況を振り返ります。

モモの助を抱えて走るしのぶが右脳塔を抜けて屋外へと向かっているのが敵方にバレてしまいます。ちょうど屋外からドクロドーム内に入って来たところのササキに待ち構えられるカタチになってしまった。

すぐさまササキ達は砲撃。爆煙で包んでおいて矢を放つという二段階の攻撃。モモの助を庇ってしのぶが矢を受けます。倒れ込むしのぶ。そこへ…

敵に狙われたしのぶ -ワンピース最新考察研究室.993

亀のSMILEと思われる敵兵がしのぶに襲い掛かる。駆け寄るモモの助。ここで「逃げて モモの助様!!」としのぶが叫ぶのです。その目には涙が。

しのぶからすれば、自分の事は良いからモモの助様だけでも逃げて下さいと言ってるんでしょうね。主君を守り切れなかった事に対する無念に涙があふれる。ここでモモの助です!!

モモの助「にげる…!?」-ワンピース最新考察研究室.993

将軍なら、自信を庇って倒れる家臣を目の前にして逃げるのが正しいのかどうか。それがワノ国の将軍の在り方なのかどうか。

本来なら逃げるべきです!!

モモの助の首を持って来いと伝えるキング -ワンピース最新考察研究室.993

モモの助の首一つで約5千400人の侍達の戦意は喪失します。もはや総崩れです。今まさに鬼ヶ島で戦う侍達にとってみれば、まだ日和がいるなんて問題じゃないんですね。掲げられたモモの助の首を見た瞬間に侍達の戦意は喪失です。あぁダメだ…となっちゃう。

あの状況ならモモの助は何が何でも逃げなきゃならない筈。それが軍を率いる将、一国を預かる将軍の在り方としては正しいと思います。キングの思う壺になりますし、何よりしのぶの行為に応える為にもです。

しかしモモの助というのは以前…

モモの助「家臣もみなまもってやりたい」-ワンピース最新考察研究室.819

自分の手で両親の仇を討ち、家臣達も皆んな守りたいと話していたんですよね。まだ8歳の子供でそれが無理な事も分かってました。どうしようもない現実がある。

こう考えて行くと…

あの状況でモモの助が取るべき行動というのは、何が何でも逃げて命を守るべき。しかし、まだ8歳の自分ではそれが出来ない事が分かっていながらも、家臣達を守りたい想いを持っている。ここで逃げていてはダメだ。これこそがモモの助が持つ“将軍像”であって。だからこそ逃げるべきなのかと自問したのだと思うんです。





【逃げないという選択】


今回のモモの助のシーンで一番に思い出したのが第587話のエースでした。ルフィとエース、サボの3兄弟の過去編で描かれたワンシーンであります。

エース「逃げない!!!」-ワンピース最新考察研究室.587

ブルージャムを前にしてエースは「逃げない!!!」と宣言したんですよね。後ろにルフィがいたからです。こういうのはロジャーも同じだったそうです。

敵うハズもねェ様な
敵の大軍を前にしても
ロジャーは
逃げずに立ち止まる

 

ロジャーとエースが逃げないのは親子だから似ているという訳ではなくて、ガープが言うには「似た生い立ちのせい」との事なんですね。

愛する者を失う事を
極度に
嫌っておった…



ロジャーとエースの両人は、その生い立ちに「愛する者を失う」という経験をしていたっぽいんです。エースならば母ルージュでしょう。ロジャーの方はまだ明かされていません。

それならモモの助も同じです!! エース程は早くはありませんが、モモの助も両親を失っているんですよね。もしかするとエースやロジャーと似た様な想いを持ってるんじゃないか。だから今回の事でも逃げたくなかった。それが…
 
モモの助「にげる…!?」-ワンピース最新考察研究室.993

↑この自問に繋がっているんじゃないか。将軍だからだとかの前に、もう家臣を失ったりする事を極度に嫌っている可能性もあるのかなと。ここら辺はどうなんでしょうね。

更にもう1つ浮かんだシーンも。



【敵前逃亡した国王ワポル】


逃げないに続いて、逆に逃げた国王というのも描かれています。最低の国王といて登場しました。ドラム王国のワポルであります。

たった5人の黒ひげ海賊団の襲撃に際して

ワポルは海へと逃げ出した -ワンピース最新考察研究室.134

戦おうともせずに、あっさりと国を捨てて誰よりも早く海へと逃げ出したのです。王が国民を見捨てたんですよね。

ワノ国に置き替えれば、将軍(王)が侍達(国民)を見捨てて逃げるって事になりましょうか。こういった行為にモモの助は耐えられないのかも知れません。

モモの助と正反対の位置にいるのがワポルであって。そのワポルと通じる部分を持ち、モモの助の持つ“将軍像”の正反対にいる者というのが…

黒炭オロチ

黒炭オロチって事になるのかも。

もしも黒炭オロチがまだ死んでいないとして。再登場があるんだとすればです。オロチは逃げるんじゃないか!?



【オロチは国外逃亡をはかる!?】


今回のモモの助のワンシーンというのは、将軍でありながら「逃げる」という選択を取るオロチを示唆するモノと考えればどうでしょう。

カイドウによる“新鬼ヶ島計画”を聞き、あっさりとワノ国と国民を見捨てる選択を取るって事にするんじゃないのかなぁと。首をはねられましたが、実は死んではいなくて。しかし、生きているからといって反撃もしない。ただ逃げる。

顔が変わる老婆

黒炭ひぐらしの過去のツテを頼って逃げようと画策するという展開はどうでしょう。ここにロックス海賊団が絡んでいる可能性もあるんですよね。

福ロクジュの謎の行動とも絡んでいるのかも。福ロクジュ1人だけを呼んで他の家臣は全て見捨てるつもり。こんな事が浮かんだんですよね。





【まとめ】


モモの助のセリフにある「将軍なら そうするべきなのか…!?」というのは、逃げるべきではないという事だと思うんです。本来の将軍としての在り方はどうあれ、ここでモモの助は逃げるべきではないし、モモの助も逃げたいとは考えていない。

これは、真逆の将軍が描かれる伏線ではないか。こう僕は考えてまして。該当者となると黒炭オロチをおいて他にはいないんじゃないかと思いました。

オロチの首をはねるカイドウ -ONE PIECE最新考察研究室.985

やはり死んではいないのではないか。ならばオロチは国と国民を捨てて国外逃亡をはかる可能性もあるのかな?と。国外逃亡を画策するんなら、ツテがあるとすれば黒炭ひぐらしの過去なのかな?と。ワノ国の将軍ではないオロチが世界政府を頼れるとは思えません。

これならロックス海賊団を次に出せると思うのですが… 果たしてどうなんでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト



SHARE

コメント 2

There are no comments yet.
joe
2020/11/01 (Sun) 18:27

No title

オロチが生きていて福ロクジュと逃げるなら、必ず一度は都に戻ってくるでしょう。
またタイミング悪く、日和によって奮い立つ民衆達と鉢合わせしてしまうのでは?
そして民衆達と戦闘になるが、お玉のきびだんご能力によって家来になったウマ美や兎丼の真打達、またヒヒや狛千代達の活躍で捕らえられると思います。
打首だという声が上がり、打首ならまだ生きられると考えるが、日和はそれを許さず沙汰は兄に任せるとかいう展開になり、全てが終わった後にやはり釜茹での刑に処せられるんじゃないでしょうか?
オロチという人間があんなに簡単に死んだり、また許されたりはしないとも思えますが、最後は民衆の意思に委ねられそうです。
ワノ国の民衆にも反省すべき面はありますけどね…
しかしそれでも許せないくらいオロチはワノ国をめちゃくちゃにしてしまった。
その罪は必ず裁かれるべきです。

朱雀
2020/11/04 (Wed) 08:09

No title

ヤマトの実力が予想以上とあって次回以降はササキが自ら動くものと思われます。
もしヤマトがササキに釘付けにされ、装甲部隊にまで手が回らないとするとどうなるでしょうか?
しのぶは重傷を負っていますが幸い意識はあり、ジュクジュクの能力を使う事はできるのではないでしょうか?
今あの場を切り抜けようとすれば、床を腐らせて穴を開けて階下に回避するのが最善かと思えます。
しかし、それは二人がそのまま落下する形になってしまう!
それを回避する為にはモモの助は龍に変身して空中を飛ぶしかない!
モモの助は自分の意思ではあまり変身したくないようですし、また空を飛ぶ事にも恐怖を感じていますから、そこがモモの助の成長しどころだと考えます。
もう十分に怖い思いも、痛い思いもしました!
大切な人間を守るために必要なのは、身体の大きさや強さではない、老若男女誰もがその心に持つ勇気だと、モモの助は龍に変身するような気がします!
ヤマトもしのぶも女性です。子供であると言っても女性に守られ、ただ怯えているだけの男におでんの息子、ワノ国の将軍になる資格などない!
また、勇気は覇気にも通じると思いますから、モモの助はおでん様から受け継いでいるかも知れない覇王色も同時に覚醒するかも知れない!
ヤマトの存在が、モモの助を「おでんの息子」として覚醒するトリガーになると考えます!

ワンピース最新話考察/感想/ネタバレ