【ゴッドバレー事件の真相】ロジャーとガープは何を守ったのか - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    【ゴッドバレー事件の真相】ロジャーとガープは何を守ったのか

    ゴッドバレー事件

    今から39年前、ゴッドバレーという島で起こった「ゴッドバレー事件」の真相とは何であるのか。センゴクはまだ何かを隠してる!! 果たしてロジャーとガープは何を守ったのか。

    必見の記事であります!!

    ー画像はONE PIECE第957話より引用ー










    【ゴッドバレー事件で守られたもの】


    まず何より先に押さえておかねばならないポイントがあります。それは「ゴッドバレー事件」でロジャーとガープが何の為に戦ったのかであります。センゴクが何と説明していたのか。

    「ゴッドバレー」にて
    “天竜人”とその奴隷達を守る為
    そこに居合わせた
    ガープとロジャーが手を組み
    「ロックス海賊団」を打ち破った事件!!
    それが「ゴッドバレー事件」だ



    ↑天竜人とその奴隷達を守る為に戦ったとハッキリ言っています!! 「ゴッドバレー事件」の真相には色々な考えがあると思います。様々な説があるのでしょうが、どんな説だろうが全てにおいて…

    「なぜ天竜人を守る必要があったの?」

    この問いに答えられなければならないと僕は考えています。特に天竜人です。ロジャーにしろガープにしろ“Dの一族”でありながら、なぜ天竜人を守ってロックス海賊団と戦ったのか。ここに謎の核心があると思われます。

    結果的に守る事になった、ではダメな筈なのです!!



    【古代兵器や国宝があった?】


    ゴッドバレー(GOD VALLEY)という島の名から…

    ・デスバレー(Death Valley)
    ・王家の谷(Valley of the Kings)

    これらが頭に浮かんだりしたりしてね。

    ゴッドバレーには特殊な鉱物資源(酒鉄鉱など)があって、その利権を世界政府が握っていたりだとか。歴代の天竜人の墓があったり。そこには莫大な財宝(副葬品)があると考えてみたり。

    あるいは古代兵器があったのかも?

    はたまた…

    聖地マリージョア内部にある重大な国宝

    聖地マリージョアの国宝というのは、元々はゴッドバレーにあったのではないか。こんな説があると思います。

    これら全ての説において、その戦いが天竜人を守る為になる理由って何が考えられるのでしょう。ロックス海賊団の手に渡ってはいけないのは理解できます。

    しかし、

    ロックス海賊団は壊滅させて天竜人は守ったという事ですから、それらが天竜人の手中のままにある事をロジャーとガープは認めたも同じになるんです!!

    もしも古代兵器があったのなら、まずロックス海賊団を壊滅させたとして…

    チャルロス聖をぶっ飛ばすルフィ -ワンピース最新考察研究室.502

    天竜人は天竜人でブッ飛ばしましょうよ!!

    古代兵器をロックス海賊団には渡せない。しかし、お前らのモンでもねェ!! こうならないとおかしい様な気がするんです。古代兵器以外でもです。ゴッドバレーに何かがあって、それをロックス海賊団に渡さない為の戦いだったのなら、その何かを天竜人が手にしたままである事を認めて守ってしまっている。

    どうしたって腑に落ちませんよね?



    【ガープの道徳】


    ガープの道徳 -ワンピース最新考察研究室.957

    天竜人を守るのは海兵の義務。しかしガープの道徳にその義務は入っていない。センゴクは「守ってしまった(第957話)」と表現しています。第905話ではステリーに対して天竜人を「ゴミクズ」とガープは言ってましたよね。

    しかし「ゴッドバレー事件」では守ったのです。

    天竜人の直属の部下になりたくないから海軍大将の座にはつかない。そんなガープが天竜人を守ったとして、誰かからの命令に従ったとは思えません。何か理由があった筈です。

    僕は逆転の発想で考えてみました。

    39年前、ゴッドバレーという島にいた天竜人を守る事こそが、ガープが自身の道徳に従う行動だったのではないか。つまり、その守った天竜人に秘密があったのではないか!!?



    【ゴッドバレー事件の真相】


    ロジャーとガープが手を組んでロックス海賊団から守った天竜人とその奴隷達とは一体何だったのか。それは…

    シャンクスとバギー

    シャンクスとバギーである!!!

    当時まだ赤ん坊だったシャンクスとバギー。この2人が含まれていたと僕は考えます。どれだけガープが天竜人を嫌っていたとして、その天竜人の赤ん坊を放っておけるのか。ここにガープの道徳というのが大きく関わったと考えています。天竜人だと分かってても… 目の前にいるのは純真無垢な赤ん坊じゃないか、と。

    おそらくシャンクスには秘密があります。

    五老星と… シャンクス?

    忙しい世界会議の最中、わざわざ五老星はシャンクスの為に時間を取っています。。五老星はシャンクスに対して「君」と言ってます。明らかに丁寧な扱いをしています。

    第793話で五老星はサカズキ元帥を呼び捨てにしてます。呼び方は「お前」であります。悪の象徴である海賊、しかも四皇であるシャンクスに対する態度と大違い。

    このシャンクスの出自に関して、世界政府が隠したかった何かがあって、それこそがロックスが触れてしまった「世界の禁忌(タブー)」なんじゃないかな?

    イム

    となるとイム関係… か!?

    誰も座る事が許されない筈の「虚の玉座」に平然と座るイム。限られた者しかその存在は知らないのかも。こことシャンクスが絡んでいるのなら、大きな世界の秘密と絡んでいるも同然。ここにロックス海賊団は手をつけようとしたのではないか。

    バギーは… 「その奴隷達」の方に入るのかな?バギーも天竜人かどうかは難しいトコロです。

    何にせよ、

    ゴッドバレーという島にいた天竜人とは赤ん坊のシャンクスだと考えます。これを守る為にロジャーとガープは戦った。これこそが「ゴッドバレー事件」の真相であると考えます!!



    【まとめ】


    ゴッドバレーという島に、古代兵器や国宝といったモノがあったのではないと思うんです。それの為に戦ったのなら、センゴクの言う「“天竜人”とその奴隷達を守る為」という言葉が理解できないんです。天竜人を守る必要などないのです。ロックス海賊団から古代兵器を守るだけで事足りる筈です。

    ならば守った天竜人に秘密がありそう。

    天竜人=シャンクス
    奴隷達=バギー

    今のところはこう考えています。この2人の命が守られた戦いこそが「ゴッドバレー事件」の真相であると考えます!! バギーは奴隷の赤ん坊だったのかな?と。ロジャーは赤ん坊の2人を事件後に船に乗せる事となるんじゃないかな。

    「ゴッドバレー事件」の当事者には、後に「四皇」と呼ばれる4人全てが含まれていた。こういう事にしてるんじゃないかなぁ。

    そして、39年前にロックス・D・ジーベックが赤ん坊のシャンクスを狙っていたのだとして。

    シャンクスの左目の傷

    現在までのマーシャル・D・ティーチとシャンクスとの因縁に繋がって行くモノがあると考えればどうでしょうか。この記事から色々と考察が広がる可能性があるんですよね。

    実際にシャンクスには何があるのか。今は消え去ったゴッドバレーという島の存在理由とは何であったのか。まだまだ分からない事はありますが… ひとまず この記事としてはこの辺で。
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    No title

    ロックスは「世界の王になろうとしていた」と言われますが現在「世界の王」の地位にあるのはイム様です。
    つまり世界の王になろうということはイム様の地位に取って代わるという事です。
    しかもイム様の存在自体が限られた者しか知らないいわば最大のタブーです。
    ロックスが消されたのもそのあたりなんでしょうね。

    ところでセンゴクの言うところではゴッドバレーは地図上から消えてるのみならず、物理的に跡形も無いということですが、これがどうやって為されたのか気になります。
    オハラのようにバスターコールが発動されたわけではないはずです。
    バスターコールでは地上の建造物を破壊するくらいは出来ても島そのものを消滅させるというのは不可能です。
    「一発で島を消し飛ばす」と言われるプルトン、あるいはそれと同等の古代兵器(ポセイドンは有り得ないからウラヌス?)が思い浮かびますが…

    No title

    ゴッドバレーという島そのものではなくそこにいたシャンクスが世界政府の隠したいタブーなんだとしたら、事件が終わった後に島を消す必要は無い気がします。
    でもセンゴクはゴッドバレーという島は現在地図上に存在せず実際に跡形も無いと言っています。

    この場合ゴッドバレーを消したのは政府ではなく戦いに参加した猛者たち、例えば白ひげのグラグラの能力などによるものという可能性もあるかもしれません。
    しかしセンゴクは「世界政府が隠したかった島が…消えてなくなった…」とも言ってます。
    このセリフは政府の意思で消されたという示唆にしか見えません。
    少なくともゴッドバレーが消えた事が政府にとって都合が良かった事は間違いありません。

    やはりゴッドバレーそのものに秘密が隠されていたのではないでしょうか?

    ロジャーやガープの性格なら目の前で殺されそうになっていれば大人の天竜人だろうと(渋い顔はしつつ)助けるかもしれません。
    またセンゴクの説明で「奴隷たち」の所に点がふられてる事から、主眼として助けたのはあくまで奴隷の方であって天竜人は成り行き上という可能性もあります。

    もちろんシャンクスを助けたというご意見を否定するわけではありません。
    まだまだほんの少し語られただけの事件です。
    セリフ一つとってもいろいろな解釈が有り得ると思います。

    確かにシャンクスは謎が多い
    ここまで来て氏名が未だ明らかになってない事も関係してると思いますね

    しかし、良い考察ですね!

    No title

    もしもシャンクスが天竜人でロジャーやガープが助けたという事があったとしてもそれは行きがかり上のことだと思います。
    「そこに居合わせたガープとロジャー」「『天竜人』を守ってしまった」こういうセンゴクの言い方からはそういうニュアンスが読み取れます。
    この言葉からはロックスと戦った事自体も偶発的な事だったようにも思えます。
    ロジャーは自身の何らかの目的でゴッドバレーに向かいそのロジャーを追いかけてきたのがガープ。
    そこにロックス海賊団も来ており戦いが勃発、その渦中でシャンクスとバギーを拾うことになった。
    こんな流れじゃないでしょうか?

    問題はロジャーがそしてロックスがゴッドバレーに来た理由ですが、天竜人と”D”の対立構造を考えれば世界政府即ち天竜人が隠したいものとはDの一族であるロジャーやロックスにとっては明らかにしたいものと考えられます。
    そうなると空白の100年に関わるもの天竜人の過去に関わるもの、巨大な王国に関わるもの、そういうものがイメージされます。
    ポーネグリフやそれに類するものでしょうか。

    コメントありがとうございます マカロンさん

    ゴッドバレーが跡形もなく消えている。ここは気になりますよね。

    オハラも地図からは消えました。そうスパンダムは言いますが、青キジは滅びてないと言う。これとはまた別と考えて良いのかな。本当に完全にゴッドバレーは消えてるのかも。

    島を跡形もなく消し去るなんてプルトンみたいですもんね。これを使用したのかどうか。どうなんでしょうね。

    コメントありがとうございます joeさん

    センゴクの話では、ゴッドバレーという島でロックス海賊団が壊滅したとニュースになったそうです。何も世間から完全に隠していた島じゃなさそうなんです。立ち入り禁止の島だったかも知れませんけど、その島の存在自体はタブーではなかったのです。ここが気になっています。

    事件があったから、あるいは事件後に隠したい何かが出て来た。こちらの線が重要なのかな?と考えています。それまで存在を隠していなかったのなら、事件があって消さねばならなかったのは政府として不本意だったと考える事も可能なんですね。

    続けて色々と考えてみます!!

    コメントありがとうございます エーデルワイスさん

    色んな解釈が可能ですよね!!

    僕も「奴隷達」の部分は気になってます。天竜人と共に守ってますから単純に奴隷解放ではなさそうな気もしますね。

    何があったのでしょうね。

    コメントありがとうございます ギンギンさん

    シャンクスという名前は誰がつけたのか。

    生みの親がつけた名前。育ての親がつけた名前。もう一つ“シャンクス”以外の名前というのもあるんじゃないか。そんな事も頭に浮かんだりしています。

    色々と謎がありそうなんですよね。。。

    コメントありがとうございます のぞみさん

    本当に色々と謎がありますね!!

    僕としては、なぜ天竜人を守らねばならなかったかが最大の謎に思えましたので。こんな様な記事になりました。

    のぞみさんの見立てで事件は進んだのかも知れませんね!!

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事