最後の島ラフテルはどこにあるのだろう - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    最後の島ラフテルはどこにあるのだろう

    ラフテル

    グランドラインの最終地点「ラフテル」はどこにあるのだろう。当然グランドラインにある島の筈なのですが… ここにも疑いが出て来るんですよね。

    ー画像はONE PIECE第105話より引用ー










     

    【最終地点ラフテルの正体】


    まずロジャーが命名したラフテル(Laugh Tale)という島が何であるのかから始めたいと思います。ラフテルの永久指針(エターナルポース)は作る事が可能だとされていますから磁気を帯びる島である事は間違いありません。

    ロードポーネグリフの写しを見せるロジャー

    にもかかわらず、その島へ辿り着くには4つのロードポーネグリフに記された地点を知らねばなりません。4つの地点を結んだ場所にラフテルがある。

    双子岬から出る7本の磁気が最終的に引き合い1本の航路に結びつく。そして最後に辿り着く島がラフテルだとする第105話のクロッカスの説明にウソが無い事はイヌアラシが教えてくれました(第820話)。

    これらの情報から導き出せる答えとは?

    水先星島(ロードスターとう)

    記録指針(ログポース)の最終地点であるロードスター島(水先星島)とラフテルは元々は1つの島だったと考えられるんですよね。このロードスター島というのもラフテルと同じく「誰も到達できなかった」島なのであります。

    元々は1つの島だったモノが2つに割れている。元からの場所にロードスター島が残り、その片割れである“ラフテルと命名される土地”はどこかに移動している。これで全てが説明できる筈なのです。

    ロードスター島とラフテルが元は1つの島だったなら、ロードスター島が最終地点で尚且つラフテルも最終地点という説明に間違いはありません。

    ロードスター島の先をログポースは示さない -ワンピース最新考察研究室.966

    ロードスター島に辿り着けば、ログポースの針は乱れてしまい次の場所を示す事はない。ラフテルとロードスター島が同じ磁気を帯びているのなら説明可能であります。同じ島なんだからって話です。

    要は、

    ロードスター島というのはラフテルの隠れ蓑の島だと考えます。グランドラインの航海における特性を上手く利用してロードスター島がラフテルを隠してしまっている。しかし隠れ蓑でありながら水先案内の役割も果たすのでしょう。

    断絶されていたジャヤ

    おそらくジャヤと同じ様に、ロードスター島にも島が分かれている痕跡があったのではないかと考えています。ログポースを辿れば行き着くのはロードスター島。だが、もう1つあるんだな、と。

    これではもう磁気を頼りにはできない。ダイレクトに地図上の場所を割り出さなくては向かえない… となりますよね。どうしたって指針の最終地点はロードスター島なのだから。

    だって、ラフテルもロードスター島と同じく3つの指針が示す島なら、グランドラインの中間地点でログポースの針が向かう事などあり得ないんですよ。ラフテルもまた最後までログを記憶させなければ辿り着けないのだろうから。





    【ラフテルが存在する海】


    双子岬から出る7本の磁気

    双子岬から出る7本の磁気が引き合って1本の航路に結びつく。これこそがログポースの3つの指針の全てが指す航路なんですよね。最後の最後までログを貯めてこそ導き出せる航路。

    それを利用してラフテルを隠す。元々は1つの島だったモノをロードスター島とラフテルとに切り分けた。ラフテルをどこかに移動させた。こういった事を意図的にしていたと考えてみます。

    皆さんならラフテルをどこに配置します?

    どこに配置するのが最も有効なのか。ここが問題なんです。何をどうしようがログポースを辿ったとすれば行き着くのはロードスター島になってしまうって風にしたいんです。

    偶然にも辿り着くというのは外します。

    ラフテルへの航路が判明 -ワンピース最新考察研究室.967

    この島がラフテルなんだ、と分かって辿り着かねば意味がないのかも知れないからです。“ひとつなぎの大秘宝”というのが何であるのかも定かじゃないんです。

    本当にあった“莫大な宝”を目の前に ロジャーはあの時…

    莫大な宝というのが、いわゆる財宝の類いであるかも定かではありません。何も分からず辿り着いても意味がない。そこがラフテルと分かって初めて意味を為す可能性は高いんです。

    それらも含めてクロッカスが「歴史上にも その島を確認したのは海賊王の一団だけだ(第105話)」と話していたとも解釈できるんですね。まぁ それにしたって誰も行けなかったのでしょうけど。

    さてさて。

    ラフテルを隠すのならどこが良いのか。過酷な新世界のどこかに配置するのが最も良いと思うんです。ログポースを辿ればラフテルではなくロードスター島に行ってしまう。ならば、ログポースに頼らざるを得ない海に配置するのが最も効率的。

    ただ…

    意表を突いてグランドラインの外というのもあるんです。4つの地点を結んだ場所なのですから、何もグランドラインに限定される事もないんです。そこで出て来るのがですね。

    東の海の可能性は!?

    ・平和の象徴(第0話)
    ・最弱の海
    ・シャンクスが1年滞在(第1話)
    ・バギーもいた
    ・テキーラウルフの謎

    これらの事にラフテルに関する謎を解くヒントがあるのかも知れない。ここがどうしても気になる訳です。またラストでルフィは出身地である東の海へと戻って行くのかどうか。





    【まとめ】


    400年前のジャヤの姿

    400年前までジャヤは1つの島でした。それが2つに割れたんですね。地上にもジャヤは残りましたが、肝心の黄金都市シャンドラのあった土地は空へと飛んでしまった。

    アラバスタ出航後、麦わらの一味のログポースの針は空島(空のジャヤ)を指しました。雲はあくまで雲であって磁気を帯びる島ではない。針は空にある島(ジャヤ)を示す。その状態で地上のジャヤを訪れます。クリケット達やベラミー、黒ひげとの出会いがありました。さて、針の方はどうなったか。

    ナミ「記録指針はちゃんと空を指しているのよ!!?」

    ずっと空島(空のジャヤ)を指してるんです。実は同じジャヤにいるのに。上を指した針は一定なのです。地上のジャヤにはエターナルポースが無ければ行けてなかったのです。ロビンが取ってくれてなければダメだったのです。

    これがラフテルの場所に関する重要なヒントなんだと思うんです。やはりラフテルも片割れ島なんだと思うのです。オーズの“国引き”の伝説などもありますし、ラフテルも本来の場所から移動してるのではないか?と。

    ならば、どこに移動してるのか。グランドラインの中間地点のどこかなのか。グランドラインを出てるのか。それならば東の海が最も可能性が高そうな。また空だとかではない様な気もしてます。


    さぁ どうなっているのでしょう。この問いは、あなたならドコに置きますか?と考えるのが一番だとは思うんです。どこに隠したんでしょうかね?
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    No title

    ルフィの故郷のフーシャ村やゴア王国のある島はドーン島と言うんですよね。
    これがDawn島なら”D”との関係もありそうです。
    村長の言った「夢か運命か…」も意味深です。
    夢はDreamで運命はDestinyですね。
    ラフテルがあるかどうかはともかく東の海が”D”と深い関係がありそうな感じはしますね。


    髑髏の形をしたジャヤの「左目」に当たる部分が欠けてるのも意味ありげですよね。
    「右目」に当たる所にあるのがシャンドラですし。
    この欠けた部分も別の島になってるのかもしれません。

    東の海なら磁気の乱れは無いのだから、エターナルポースで無くても普通に海図に印をしたものを残せばいいのではないでしょうか?

    コメントありがとうございます マカロンさん

    なんとなく東の海は謎を残してますよね。注目したいです。

    ジャヤの左目にあたる部分。これがどこかにあるとして、しかしジャヤはジャヤなんですよね。これ以上ジャヤが他の場所にあるとして、それでどう話が広がるのか。今のところ僕には浮かんで来ないんですよね。

    コメントありがとうございます joeさん

    第967話でレイリー達が囲んでいる地図がそれになるのかな?とは思うのですが… それとは別に何か残すという事でしょうか。どうなんだろ。読み取れなくてゴメンなさい。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事