福ロクジュの素性と向かった先は!? - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    福ロクジュの素性と向かった先は!?

    福ロクジュを目で追うホテイ -ワンピース最新考察研究室.990

    大混戦のライブフロアで福ロクジュが謎の行動を取る。ホテイに対して何も告げていないのは分かります。何の目的でどこへ向かっているのでしょう。おそらくはオロチ関連だと思われるのですが…。

    ー画像はONE PIECE第990話より引用ー










    【福ロクジュが向かった方向】

     
    ライブフロアの状況を確認しますと…

    城内に向かう侍達を迎え撃つ“お庭番衆” -ワンピース最新考察研究室.990

    城内に麦わらの一味を送り込もうとする侍達に対して“お庭番衆”が迎え撃つカタチとなっていますよね。つまり“お庭番衆”はカイドウの居城をバックに戦っている事になります。

    そんな状況下で、ホテイが向いているのと逆方向に福ロクジュが走り去っているのです。ゆえに福ロクジュが向かったのはカイドウの居城のある方角だと思われます。

    居城の方に何か用事があるモノと思われます。


    【福ロクジュが単独で動く意味】

     
    福ロクジュとホテイはカイドウに仕える -ONE PIECE最新考察研究室.986

    福ロクジュと共にホテイも百獣海賊団カイドウに寝返りました。そのホテイにも何も告げず単独で福ロクジュが動いているのは明白です。どうも百獣海賊団側の作戦行動で動いているのではなそうです。それこそ…

    何を企んでる?
    個人か?
    組織か?
    何者だてめェ!!



    ↑といった状況なんですね。これはドレークがクイーンに言われたセリフです。福ロクジュもまた何かを隠して城内へと去ったのかも知れません。


    【ステージ上のオロチの生死】

     
    そんな“孤軍”の福ロクジュが百獣海賊団側の作戦行動ではなく動いているんだとして。それが城内だとすれば、そこに何があるのかと考えれば… 今のところ1つしか浮かばないんですよね。オロチがいた場所なのです。

    オロチの首をはねるカイドウ -ONE PIECE最新考察研究室.985

    ステージ上で首をはねられたオロチは実は生きていたのであって。福ロクジュにだけコッソリ動く様に指示が出されたのかなぁと。これしか思い浮かばないのです。

    例えばモモの助を追ったのなら、しのぶもいますしヤマトも後を追いかけてました。そこに福ロクジュが単独で動くと考えるには無理があります。誰か部下を連れて行くでしょうし、ホテイに内緒というのもよく分からない。隠密行動である理由が分からなくなるんですね。

    しかし、

    その場の全員がオロチは死んだモノと思っている。それがもし生きていて、そのオロチからの指示で福ロクジュが動いたのなら隠密行動に意味が出て来るんですよね。まだ今は誰にも知られず1人だけで動け、といった感じです。どんな意図があるかは別としてですね。

    どんな裏があるのかは分からないのですが、福ロクジュが向かったのはオロチのいる場所なんだろうと思うのです。おそらくオロチは生きてる。ただ、生きていたとして福ロクジュがオロチの下に向かうのに何の目的があるのか。





    【福ロクジュの素性】

     
    別記事へのコメントの中に、福ロクジュは世界政府のスパイではないかな?といった内容のご意見を頂きました。これはとても面白い見方だと思います。世界政府からすれば、Dr.ベガパンクの要求などという無理難題を吹っかけるオロチは頭の痛い存在です。しかし…

    ワノ国を「海賊の帝国」に変えるつもりのカイドウ -ワンピース最新考察研究室.985

    カイドウによる「新鬼ヶ島計画」というのは絶対に阻止しなければならない筈なのです。ワノ国を海賊の帝国になどにされては困るんです。いくら何でも海賊から直接武器を買うなんて困るんですよね。ワンクッションいるんですよ。

    そんな中でのオロチ生存というのは大きい。そりゃ福ロクジュが世界政府のスパイだとすれば動くでしょう。ここはどうなるか推移を見守りたいですね。





    【まとめ】

     
    色々と可能性はあるとは思いますが、やはり福ロクジュが向かった先というのはオロチの下だと考えています。ここで死んだ筈のオロチを動かして来る様な気がするんです。あんなにアッサリと死んだとは思えないんですよね。さぁ どうなって行くのでしょうか。楽しみですね♪
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事