【第987話考察】カイドウの強さは20年前の光月おでんを超えている!? - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    【第987話考察】カイドウの強さは20年前の光月おでんを超えている!?

    光月おでん「おれの魂は生きて行く!!」-ONE PIECE最新考察研究室.987

    おれの魂は生きて行くと言い放った光月おでん。その魂が赤鞘九人男に宿った事により、カイドウの身に錦えもん達の刀が突き刺さったモノと思われます。しかし、もしもカイドウの強さが20年前の光月おでんを超えているのなら…。

    ー画像はONE PIECE 第987話より引用ー










    第987話では冒頭1ページを丸々使って光月おでんの過去が描かれています。ここにはハッキリとした理由がある筈なんですね。カイドウに唯一の傷をつけた光月おでんの魂の存在があるからこそ…

    カイドウに刀を突き刺す錦えもん -ONE PIECE最新考察研究室.987
    錦えもんの刀がカイドウの体に深く入る -ONE PIECE最新考察研究室.987

    その刀が深くカイドウに突き刺さったと考えるより他ないと思うんです。名刀“閻魔”に秘密があったのではないのは確定です。錦えもん達も光月おでんと同じ流桜(覇気)が使えていたと考えるよりも、光月おでんの魂が錦えもん達に同じ流桜(覇気)を使わせていると考える方が良さそう。


    そう考えないと、錦えもんの刀がカイドウに突き刺さる直前に、光月おでんの「おれの魂は生きて行く」の描写を挿し込んでいる意味が失われると思うんです。その魂が赤鞘九人男に宿るからこそ、カイドウは赤鞘九人男に光月おでんの姿を見たのであり…

    ズキンと傷が痛むカイドウ -ONE PIECE最新考察研究室.987

    20年前の古傷が傷んだんだろうと思われるんですね。その赤鞘九人男の姿に、カイドウは光月おでんを思い出したって事なんですよ。おそらくはね。では、ONE PIECEで古傷が痛むというのは どんな時だったか。

    赤犬を思い出して傷が痛むルフィ -ONE PIECE最新考察研究室.650

    例えば赤犬を思い出した時のルフィだったり、黒ひげとの事があるシャンクスだったりですよね。傷をつけられた相手の名前を聞いた時や、その相手の話をする時、または本人を前にした時に古傷というのは痛むんですね。


    この赤鞘九人男vsカイドウにおいて「光月おでんの魂」というのは大きな役割を果たしていると考えています。光月おでんはいません。でも、その光月おでんの魂が赤鞘九人男に大きな力を貸してくれている。今もまだ見守ってくれている。

    立ち上がるカイドウ -ONE PIECE最新考察研究室.987

    ただ単に意志を受け継いだだけで得られるチカラとは思えないんですね。そこには科学では説明し切れない超自然的なチカラが関わりを持っていると思うんです。


    つまり僕は、単純に赤鞘九人男vsカイドウではなく、赤鞘九人男(+20年前の光月おでんの魂)vsカイドウの構図で捉えるべきじゃないかと考えていて。この事が これからの戦いに大きく関わりを持って来ると考えています。こちら側だけじゃなくカイドウの方にも、です。


    20年の時を経たカイドウは…

    光月おでん「せいぜい強くなれ」-ONE PIECE最新考察研究室.972

    光月おでんに言われた通り強くなってるんじゃないかな?


    確かに光月おでんの魂の宿る剣撃はカイドウに突き刺さった。光月おでんの魂は生きていた。でも、生きて来たといっても魂が成長するモノとは思えず、実力は20年前のまま。

    逆に20年を無為に過ごす事なく戦いに明け暮れたカイドウは大きく実力を増している。こういう事だとすればヤバいんです。どれ程の強さを手にしたのか。

    20年前の光月おでんと、イゾウを新たに加えた赤鞘九人男の実力をもってしても…

    ザワッとするネコマムシ -ONE PIECE最新考察研究室.987

    更にスーロンと化したミンク族の真の力を加えたとしても… まだ更に今のカイドウは上だというのか!? ここなんです!! カイドウが言ってるんです。「世界一の戦力を見せてやる!!!」と。

    ドクロドーム天井上のイヌアラシとネコマムシ -ONE PIECE最新考察研究室.987

    ネコマムシが言う「あの日と違うもん」はカイドウの側にもあると思わられるんですね。カイドウ自身の実力の向上です。これがどうなっているかなんです。どちらがより上回るのか。


    僕がこの記事で言いたいのは… 光月おでんの魂は生きているといっても、やはり光月おでんは20年前に死んだのです。

    レイリー「今の時代を作れるのは」-ONE PIECE最新考察研究室.506

    今の時代を作れるのは 今を生きてる人間なんだってレイリーのセリフが今回の事で意味を持つんじゃないかと考えたんです。これは敵味方関係なく当てはまる言葉なんだと思うんですね。今を生きる者達がシノギを削る中で時代が形成されて行くのでしょうから。


    カイドウはあの時のままじゃない筈!!


    ただし、世界一の戦力と自負する最強生物カイドウに対して、こちらは総合力で勝利を勝ち取るモノと考えています。錦えもん達ではカイドウに全く歯が立たないなんて事はないと思いたい!!

    ルフィ「錦えもん!! 後で追う!!」-ONE PIECE最新考察研究室.987

    ルフィが追って来てくれるまでに、倒せないまでも削れるだけ削って貰えればと良いんです。その次には“最悪の世代(巨大な戦の主役達)”の出番が待ってるんです!!


    さぁ どうなるか見ものであります!!
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    こういう事は精神的なものも影響しますからね。
    今のカイドウが20年前のおでん様の強さを越えているとしてもおでん様に実質負けたという事実は変えられず、そしてリベンジする事は永遠に不可能なのですから。
    そのトラウマをカイドウが払拭できない限りは何度でも刃は刺さるでしょう。

    最近思ったことでホールケーキでの、ニジがコゼットに気を失うほど暴力を振るうのもびっくりしましたが和の国にてもカン十郎がモモの助に気を失うほど暴力を振るうのを見てこちらにもびっくりしました!なんか、久々で!
    ニジもクズかつ粗暴で短気だと思いましたがカン十郎も少し似ていると思いました。ただ、ニジの場合は父親が原因だからなあ。カン十郎は、迫害が原因でそこは異なりますが..。

    鍵コメさん コメントありがとうございます

    これは面白い見方ですよね!! なるほど!!

    中でも僕が注目したのはレイリーのあの言葉です。そこを持って来ますかぁ、と。すごく面白いっす!! それは覇気の修行を始める前に出て来たんでしたよね。今回の事にもピッタリです。

    刺激受けました!! ありがとうございます!!

    コメントありがとうございます コンドロイチンさん

    一応はカイドウの勝ちだったんです。勝負の結果としては光月おでんの敗けなんですよね。

    しかし カイドウの中では引っかかるモノもあるみたいでして。

    赤鞘九人男との戦いでカイドウが何を語るかに注目してます。

    コメントありがとうございます かなこさん

    おそらくサンジの兄弟の出番もまだある筈なんです。酷い事をしてますが、改造されて生まれた過去もあって… なかなか複雑なんですよね。それはカン十郎の側にもあると言えそうで。黒炭というだけで迫害されたりも酷い話でして。

    だからって、許されるモノでは無いのも確かです!! ここも大事ですよね。

    まぁでも彼らにとっての着地点が用意されているのかどうか。少し見守りたいと思ってます。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事