【最新第987話】“忠臣錦”(前編) - ONE PIECE最新考察研究室
FC2ブログ

    記事一覧

    【最新第987話】“忠臣錦”(前編)

    週刊少年ジャンプ2020年36・37合併号に掲載のONE PIECE第987話!!

    今週は巻頭カラーになっておりますよい!!

    第987話巻頭カラー -ONE PIECE最新考察研究室.987

    ようこそ ジンベエ!! みんなも待ってたよね!! ジンベエを含んだ麦わらの一味とカラフルなブルドックとのヒトコマ。左下の英文はシーアの曲で「シャンデリ〜ヒィ〜♪」のヤツっぽい。明日を考えて生きてなんていないわ、みたいな英文でしたかね。今日この夜をアゲアゲハッピー飲むわって感じの歌だった気がします。

    では本編です!!

    タイトルは “忠臣錦”です!!

    ー画像はONE PIECE 第987話より引用ー










    まず第987話の冒頭は20年前にさかのぼります。1ページ目はチョイ見せ記事で触れましたが、続く2ページ目も少し過去編が挿し込まれております。ここ重要なんで書かせて下さい!!

    光月おでん「おれの魂は生きて行く!!」-ONE PIECE最新考察研究室.987

    カイドウが「お前は語り継がれる」と言うのに対し、光月おでんが「忘れてくれて構わねェ」と返していますでしょ。これはヒルルクのセリフと相容れないモノになってます。ヒルルクのセリフからすると…

    ヒルルク「人に忘れられた時さ…!!!」

    人というのは、人に忘れられた時に死ぬって事だったんです。それなのに光月おでんは忘れてくれて構わないと言いつつも、自らの魂は生きて行くと言ってるんですね。


    忘れられたら死ぬんですよ?
    それなのに、
    どうして光月おでんは
    忘れられても
    生きて行くなんて言えるの?


    ここにヒルルクのセリフと光月おでんのセリフとで大きな矛盾が出て来るんです。しかし話は簡単ではないんです。おそらくヒルルクが言ってる事に間違いはないのだろうし、光月おでんが言う事もまた間違いないのだと思うんです。


    ヒルルクが言ってるのは自身のケースや…

    ロジャーの死に際の一言

    ロジャーなどのケースの場合の「死ぬor死なない」についての事なんだと思うんです。その名前や存在を忘れられる事なく意志が受け継がれているケースです。


    それらとは違って、光月おでんが言ってるのが何であるかというとですね…

    ある巨大な王国 -ONE PIECE最新考察研究室.395

    跡形もなく消されてしまった「ある巨大な王国」のケースが該当するのだと思うんですね。その王国の存在は消され忘れ去られているのだが、それでも意志は受け継がれている。ルフィを初めとした… “D”を名に持つ者達の中に。これこそが “Dの意志”じゃないでしょうか。


    つまり、“ロジャーの意志”や“エースの意志”というのと“Dの意志”というのは少し違ってる。忘れられているから“D”なんでしょう。しかし、ちゃんと受け継がれてる。光月おでんが忘れられても魂は生きて行くと言うのと同様に、忘れられて“D”になってるけど その誰かの魂は生きてるんでしょうね。


    こう順序立てて考えれば、光月おでんのセリフが何を示唆し、第987話の序盤で起こっている事が何であるかも分かって来る様な気がします。今回描かれる赤鞘九人男というのは、20年の時を超えて現れた光月おでんなんです!!

    カイドウ「なぜ痛む!!!」-ONE PIECE最新考察研究室.987

    ↑だから刃が刺さってる。赤鞘九人男は ただ単に光月おでんの意志を継いでるだけじゃない。もう光月おでんそのものなんです。


    実際には光月おでんは忘れられてはいない。でも 忘れられても魂は生きて行くというセリフはですね…

    その者が800年の時を越え現れる時

    800年の時を超えて現れるジョイボーイを示唆するモノなんだと考えれば良いと思います。今回の赤鞘九人男に起こっている事が、後にジョイボーイの再来とは何であるかに繋がると考えています!!


    意志を継いだからって同じ“流桜”が使えるものなんですか?って話なんですよ。そもそもがね。ロジャーの意志を受け継いだ者ならロジャーと同じ覇気を操れるって訳でもない筈なんだけど。単に意志を受け継ぐのとは決定的な違いがあったりするのかなぁ。魂って何なんだろね。更に色々と考えて別記事にってトコロでしょうか。


    ともかく錦えもん達の刀はカイドウに深く刺さる。たまらず悲鳴を上げるカイドウ諸共ステージ上から転落。それが合図となってヒョウ五郎達も変装を解きます。ヤマトもルフィを急かしてカイドウの下に走ろうとするのですが、そこに飛び六胞うるティが横槍を入れる。


    ここでヤマトが…

    ヤマト「“光月おでん”になる日が来たんだ!!」-ONE PIECE最新考察研究室.987

    いよいよ“光月おでん”になる日が来たと言うんですね。聞かされたうるティからすれば意味不明。さて、「光月おでんになる」とはヤマトの中で何を意味するんでしょう。

    ヤマトは自由じゃない -ONE PIECE最新考察研究室.985

    手錠も外れて、あとはカイドウを倒せば“自由”となるから… それで晴れて光月おでんになれるって事?それじゃ これまで通り「自称」である事に違いはないんです。もしも自他共に認める光月おでんになるって言ってるのなら… “自由”になる以外に何かある筈ですけど?

    おでんの日誌に書かれる「大切な事」-ONE PIECE最新考察研究室.984

    ヤマトは光月おでんの航海日誌から何を知ったんだろう。「大切な事」ってのは一体何の話なんだ?もしやジョイボーイに関する事じゃないでしょうねェ。ジョイボーイになるのは誰?光月おでんになるって何?



    さて、ルフィはルフィでビッグ・マムに見つかります。その一方でマムの注意が逸れた隙をついてナミとキャロットが逃走。目まぐるしく状況が変わって行くんです。よって先が読みにくいのですが、動ける様になったナミもモモの助の救出に走るのかな?

    忠義より食い物を取るゼウス -ONE PIECE最新考察研究室.903

    ここはゼウス奪還が優先されると思うんですけど。どうなんでしょう?


    マムはルフィに「なぜ ここへ来た!!?」と問う。カイドウを倒しに来たのか?と続けられたルフィの返答はNO!! カイドウだけじゃない!!

    全面戦争を告げるルフィ -ONE PIECE最新考察研究室.987

    お前ら全員ぶっ飛ばしに来たんだ!!! と全面戦争を宣言ってトコロでストップです!!


    カイドウもお前も
    幹部も
    オロチも
    部下も!!
    お前ら全員ぶっ飛ばしに来たんだ!!!




    ここでオロチの名前がルフィの口から出ます。当初の予定では確かにオロチをブッ飛ばしにワノ国へ来てたんです。でも、それを言うならマムをブッ飛ばすなんて当初の予定ではありませんでしたよね?

    オロチの首をはねるカイドウ -ONE PIECE最新考察研究室.985

    カイドウがオロチの首をはねた時、すでにルフィは屋根裏からライブフロアを覗いていたんです。見てた可能性あるんです。にもかかわらず、オロチの名前を挙げての全面戦争って… どういう事?


    オロチはまだ生きていて、やっぱり これからブッ飛ばされるって事になるのかな。ちょっと気になりましたよね。このルフィの発言というのは。


    ここで区切りまーす!! 後半へ続く!!
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    この様子だと次回はネコマムシ達がスーロン化してカイドウと戦うことが予想されますがホールケーキ編のことで皆さんご存知の通りそれは極めて高い戦闘力ですが長期やると命の危機です!なので、ある程度使用したら赤鞘達か又は別の人物にバトンタッチすることになるのでしょうかね?
    そして、ルフィサイドはフランキーとブルックはともかくサンジは未だに遊女探ししているのでしょうかね?流石にまずい状況になっているので駆けつけて欲しいとは思っていますが、どのタイミングで?やはり、ナミやルフィ達がピンチの時にバッと現れるのでしょうかね?
    それと、ルフィのセリフ "カイドウもお前も幹部もオロチも部下も!!"と言っていますが、オロチは今のところ生死が不明なんですよね?

    もしも、仮にカン十郎がまだ生きているとしたら黒炭家の因縁に落とし所を用意しているといいなと思っています。
    思えば、カン十郎はオロチとは違い人殺しはしていないことに気づきました。
    実は私、カン十郎というキャラを初登場から気に入っていただけにとてつもなく残念な気持ちとなっているのです...。あのような、明朗快活かつコミカルで和みキャラというのが実は...という事だったということで。

    「俺の魂は生きていく」って、まさか自分の娘の中に居座られるとは思わなかったでしょうねwそりゃ死にたくなるわ。
    この20年、オロチもカイドウも別の意味でおでんの影におびえて不幸な20年だったでしょう。意識はしてないだろうけど、とんでもない呪い掛けて死んでくれた。

    No title

    以前おでんはロジャーと白ひげの戦いの様子を見て驚いていました。
    なのでおでんは武装色(流桜)を使えない可能性を今まで考慮していましたが、今回のカイドウの発言によって話は変わったかもしれません。
    おそらくおでんは弾く方の流桜は習得していなかったけど内部破壊型の方はいつからか身につけていたのでしょう。

    以前のヒョウ爺の解説によると内部破壊の方が弾く方より難しいという事でしたが、人によっては一段飛ばしで内部破壊の方だけを扱えることもあるのかもしれません。
    ただし白ひげとロジャーの戦い以降、おでんは流桜をマスターした可能性も考えられるのでそう断言はできませんが、しかし突然変異的な強さを持っていたおでんの事なので基本を飛ばして応用の方だけを身につけていたとしても不思議ではありません。

    なんであれおでんは流桜を身につけていたわけなので、という事はつまり、バリバリの実の強力さがまた際立ったともいえます。
    ただし弾く方の流桜を本当におでんは最後まで扱えなかったのであればバリアVSバリアで打ち消せる可能性は一応まだ残っています。
    またせみ丸に止められた時のおでんの攻撃はカイドウ戦ほど魂がこもってなかったとも考えられるので、本当にどうやってもバリバリを突破出来なかったのかは分かりません。
    とはいえせみ丸の「『バリア』は何者も寄せ付けぬという『理屈』 破れはせん」という発言からも、流桜だろうと何だろうと物理的に破壊する事は出来ない可能性も普通にありますね。

    能力にかまけたロギア能力者などは強力な覇気使いには無力という話もありましたが、一方で覇気を鍛えれば万能という訳ではなく、ある種の悪魔の実は覇気だけではどうしようもないのかもしれません。

    コメントありがとうございます かなこさん

    イヌアラシにしてもネコマムシにしても、今回の討ち入りで死ぬ覚悟があると思われるんです。という事は、スーロンとなったら死ぬまで戦う可能性があるんですよね。そうじゃなければ、その程度の覚悟だったの?となりかねません。だからって死ぬとは思えません。ここをどう上手く着地させるかに注目してます。

    ここまで来るとサンジは花魁関連で動くと思ってます。花魁のいる所にサンジ有り、じゃないかな?と(笑

    オロチは死んでないと僕は思ってますよ!!

    コメントありがとうございます かなこさん

    カン十郎も生死不明だと思ってるんですよね。あまりにアッサリ呆気ない気がするんですけど。ここは少し見守りたいですね。

    カン十郎をコミカルに描いていたからこそ、内通者と判明してからの人物像との対比がより際立ったと言えそうですよね。本当に驚きました!!

    コメントありがとうございます のぞみさん

    呪いとすると負のイメージが強くなってしまいます。意志を受け継ぐというのは、恨みや呪いを受け継ぐのではない様な気がするんですね。それこそがvsホーディで示されたモノと考えてまして。

    オロチが復讐に怯えるのは、自分が復讐しているからだと思うんですね。人物にとってどう捉えるかで色々と変わるのかなぁと。

    コメントありがとうございます joeさん

    もうバリバリはどうしようも無いのかも知れませんね。それなりの弱点というか穴もあるんでしょうけど。正面から当たっても無理な気がしますね。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事