妖刀“鬼徹”のメカニズムと物に悪魔の実を食べさせる技術 - ONE PIECE最新考察研究室
FC2ブログ

    記事一覧

    妖刀“鬼徹”のメカニズムと物に悪魔の実を食べさせる技術

    鬼徹一派の刀は優れていたが ことごとく“妖刀”だった -ONE PIECE最新考察研究室.97

    鬼徹一派の刀は優れてはいたが ことごとく“妖刀”だったという話。そんな鬼徹を初めとする“妖刀”のメカニズムは悪魔の実の能力者と同じ事だと思われるのですが…。

    ー画像はONE PIECE 第97話より引用ー










    東の海ローグタウンの武器屋の店主いっぽんマツの説明によりますと…

    この世に“鬼徹”を使ってる剣士は一人もいねェ -ONE PIECE最新考察研究室.97

    名だたる剣豪達が“鬼徹”を腰にした事で悲運の死を遂げたらしい。“鬼徹”だとか妖刀だとか知っていても知らなくても一緒です。どちらにせよ“鬼徹”を腰にすれば この世から消えてしまう。


    おそらく「怨念」や「呪い」が “鬼徹”には宿っているのでしょう。妖刀に宿るソレらが使用者に悪さをするんでしょうね。そう考えると妖刀というのは能力者と同じです。

    悪魔の実に宿る「悪魔」

    悪魔の実の能力者というのは、悪魔の実に宿っていた “悪魔”を その身に宿してるからですよね。モノかヒト(&動物)かの違いだけで、何かが宿ってるのは同じ事だと思うんです。しかも“悪魔”というのは怨念や呪いに似た性質を持つモノと言えるでしょうしね。


    そんな妖刀“鬼徹”を実際に打ったキャラがワノ国に登場します。鬼徹一派の刀鍛冶である天狗山飛徹です!! 彼こそがゾロがローグタウンで手にした“三代鬼徹”の作者だったんです。存命してたとは驚きましたよね。


    さぁ ここからですよ。


    飛徹とお玉の住む家にはペットがいました。

    分福茶釜

    タヌキの茶釜です。93巻SBSにて「イヌイヌの実モデルたぬきを食べた茶釜」だと明かされました。いわゆる悪魔の実を食べた物であります。茶釜にイヌイヌの実を食べさせたのは飛徹なのかも知れませんよね?


    先程 妖刀も悪魔の実の能力者も同じ様なモノだと書かせて頂きましたよね。何らかの物体に怨念や呪い、悪魔が宿ってるんだって。ならば 妖刀を生み出すのも、物の能力者を生み出すのも同じと言えないだろうか。飛徹はソレができるのでは?


    つまり、


    鬼徹一派の天狗山飛徹は、妖刀(三代鬼徹)の製作過程で刀身に呪いを宿す技術を持つ。その技術を使えば物(茶釜)に悪魔の実の“悪魔”を宿す事も可能。三代鬼徹を作るのも たぬきの茶釜を作るのも理屈は同じなんだ。




    この論理が成立すると思いません?


    Dr.ベガパンクが生まれる遥か昔から、ワノ国の鬼徹一派にはその技術が継承されていた。ただし鎖国国家ゆえに世界に広まる事はない。飛徹は先祖から受け継いでいる。Dr.ベガパンクは科学的アプローチでその技術に辿り着いた。飛徹とDr.ベガパンクに直接の接点はないと考えても良いのかも。


    ただし… 飛徹がしたと考えられる事とDr.ベガパンクが発見した技術というのが同一であるかは分かりません。理屈の点では同一なんだろうと思いますけど まだ良く分からないんですね。飛徹が能力者である可能性があるからです!!

    バンダーデッケン九世のマトマトの呪い

    バンダー・デッケン九世の様に、鬼徹一派が子孫から子孫へ「ある悪魔の実」の能力を継承してる可能性はあるんです。それがあるから鬼徹一派の刀が ことごとく妖刀になるのかも知れないのです。ここがハッキリしない。


    飛徹が“三代鬼徹”という妖刀を生み出したのも、たぬきの茶釜を生み出したのも、その裏には悪魔の実の能力があるのかも知れない。ここは否定できません!!


    それでも どんな事をすれば妖刀や悪魔の実を食べた物が生み出せるかは予想できると思うんです。その予想が正しいかは別としてです。これまでの作中の描写に沢山のヒントがあったと考えています。では 刀に怨念や呪いを宿すとします。その怨念や呪いとは何であるのか。

    白ひげ「殺された船員の魂はどこへ行くんだ…!!」-ONE PIECE最新考察研究室..434

    例えば 白ひげが話していたサッチ(船員)の魂は どこへ行ったのでしょう。黄泉の国へ行き成仏したのだろうか。この様に、この世に無念を残して亡くなった者の魂というのは、黄泉の国へは行かずに ずっとこの世で漂い続けていると考えられないだろうか。


    そんな魂が怨念や呪いへと変わって行く。もしかすると そこかしこに漂っているのかもね。これを鬼徹一派は刀の製作過程で刀身に宿してしまうんじゃないだろうか。それによって妖刀(鬼徹)が出来上がる。


    こう考えるなら悪魔の実にもある!!

    悪魔の実の復活 -ONE PIECE最新考察研究室.703

    能力者が死ぬと、その身体から“悪魔”は抜けて… また世界のどこかの果実に宿り、悪魔の実として復活するという話がありましたよね。すぐ近くに果実があるなら良い。そうじゃない場合もあるでしょう。そんな時は… 能力の“悪魔”が空気中を漂っている期間がある筈なんです。これじゃないかな?


    かつて イヌイヌの実モデルたぬきの能力者がいた。その誰かが死んで悪魔の実が復活する過程で、ワノ国にイヌイヌの実モデルたぬきの“悪魔”が通りがかったんじゃないだろうか。それを、方法は不明だが飛徹が茶釜に宿しちゃった。たぬきの茶釜の出来上がり。


    それは天狗山飛徹だけに可能な芸当であって、Dr.ベガパンクが発見した技術とは違うのかも知れない。でも、黒ひげ海賊団のする能力者狩りも含めて全て理屈は同じなんじゃないかな?何らかの方法で能力者から別のモノに“悪魔”を乗り移らせる方法があるのかも。


    もう少し情報が欲しいのですが、今のトコロこう考えています!! どんな秘密があるのでしょうね?


    さて、妖刀の話が出ましたので刀繋がりで黒刀についても記事がありますよい。面白く書けてると思いますので未読でしたら是非!!

    刀剣が黒刀に成る為の必須条件

    ↑ゾロは閻魔を黒刀に成す事ができるのかなぁ。
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    鈴後で河松が「戦場では!! 目の前で死んだ仲間の刀を手に取り前進する!!
    刀に宿る魂が侍を強くし敵を打ち破る!!」と説明してます。
    つまり妖刀に宿っているのが怨念のような「負の魂」だとしたら、受け継がれる意思みたいな「正の魂」が宿る事もまたあるのかなと。
    ではそういう「正の魂」が宿った刀は何と呼ばれるのか?
    それに当たる刀も既に登場してるかもしれないですね。

    No title

    妖刀と呼ばれるものに「鬼」の字があるのは、偶然なのでしょうか?
    「鬼」の意味はいろいろありますが、中国では「死者の霊魂」を指すそうです。
    ローが鬼哭をルフィの治療現場に置いたことを考えると、この意味なのではと思うのです。
    亡くなった者の無念さ、敵として戦わざるを得なかった者の悲しみ、もちろん激しい怒りや憎しみもあるでしょうし。
    そのモロモロの想いが刀に宿った気がします。
    Dの一族末裔のローと、その敵の天竜人(例のハゲの五老星の事ね)が妖刀を持つというのは、とても面白いと思います。

    コメントありがとうございます かぐらさん

    ありましたね!!

    刀に宿る魂というのは気になりますね。しかも強くしてくれるのいう話ですし、刀に宿る魂が所有者に何かを与えてくれるという意味で妖刀と似るモノがありそう。

    もう これこそ正と負の関係と言えるかも知れませんね。

    コメントありがとうございます りんご飴さん

    鬼というモノが何であるかは気になっています。

    それは妖刀の名前だけに限らずなんですね。例えば「鬼の子」なんて言葉がルフィやエースに対して出て来たりしていたり、ワノ国の鬼ヶ島の名称についても何かありそうな気配があったり。

    鬼徹一派の刀がどうして妖刀になるのか。モモの助に託された天羽々斬も飛徹の作ですが妖刀なのかどうか。ここら辺も気になってます。何か秘密がありそうですよ。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事