念願の娘との対面を果たしたパウンドは… - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    念願の娘との対面を果たしたパウンドは…

    “ギャング”ベッジのオーマイファミリーvol.29「港にいた、あの時のおっさん」-ONE PIECE最新考察研究室.983

    ついに双子の娘との対面を果たしたパウンド。これから物語はどうなって行くのでしょうね。感動の再会となるのだろうか。

    ー画像はONE PIECE 第983話より引用ー










    この親子について少し振り返ってみましょう。パウンドはビッグ・マムの25番目の夫です。ちなみにマムの元夫は43人います。26年前、マムとパウンドとの間にシフォン(22女)とローラ(23女)の双子の娘が誕生するも…

    娘から引き離されるパウンド -ONE PIECE最新考察研究室.887

    その時点でパウンドは用済み。一度も抱かせて貰えず引き離されてしまいます。この時 娘の顔だけは見れた様です。シフォンの顔は生まれた時と全く変わっていなかったらしく、パウンドからは娘を認識できてます。

    シフォンにはパウンドがわからない -ONE PIECE最新考察研究室.886

    しかし シフォンからは分からないんですね。ローラにしても同じでしょう。まさか実父だとは思ってもいない。


    そこで今回の「港にいた、あの時のおっさん」です。ここで出る港とはトットランド「カカオ島」の港です。そこからベッジの海賊船を逃すまいと追撃するオーブンの注意を引きつけたのは誰あろうパウンド。これがあったからカカオ島を脱出できたのです。その様子をシフォンは見てたんですよね。少なくとも 敵ではない事は分かってる筈ですけれど…。

     
    さぁ どうなるのか。


    やはり鍵を握るのは…

    パウンドに手を振るペッツ -ONE PIECE最新考察研究室.887

    ベッジ&シフォンの息子、パウンドからすれば孫にあたるペッツなのかなぁと思えるんですけどね。例えば ペッツがパウンドに抱っこをせがむ。次回はペッツを抱くパウンドという1枚になるのかなぁと。一度も娘を抱かせて貰えなかったパウンドが孫を抱くってカタチですね。そして パウンドとシフォン&ローラが親子であると分かり合う、と。


    まぁ これはコレなんだけど。


    このベッジの前の表紙連載は「押しかけ麦わら大船団物語」でして。vol.46まで続いたんですね。特にキリの良い数字で終わるって訳でもありません。ベッジの表紙連載は次がvol.30ですが、もう少し続くのかもね。とすれば…

    “ギャング”ベッジのオーマイファミリーvol.28「海軍だ逃げろ!!」-ONE PIECE最新考察研究室.983

    追って来る海軍からパウンドとトンタッタ族とで逃してあげてから、色々と説明するカタチにするのかもね。何回も何回も助けてくれるけど、あんた一体誰?って。そして どこかの島に辿り着いて… そこでローラとゴッティが結婚式をあげて、それをパウンドが祝福する。そうやってパウンドの念願が次々と叶って行く流れも浮かびますね。


    もしも ローラとゴッティが結婚するんだとすれば、ローラが率いたローリング海賊団はファイアタンク海賊団の傘下になるのかな? 吸収合併でもOKでしょうか。どちらにせよファイアタンク海賊団も大きくなりそうです。晴れてパウンドも海賊になるんですかね。もう離れないでしょう。


    やはり ローラとゴッティの結婚、それを「おめでとう」と祝福するパウンドというので物語が締めくくられるんだと考えてます。海軍のいるドレスローザでは無理ですからね。どこかの島へ逃げてからか、グリーンビットでって事になるのかなぁ。どうでしょうね。いずれにしてもラストは近そうですね!!
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    筋肉は裏切らない…

    おじゃまします!

    シフォンとローラとパウンド
    いずれも幸せになって欲しいですね

    マムの子供たちはそれぞれ違う父親を持ち
    マムの為にと生きてきた人生
    それに違和感を持ち、飛び出したローラ
    政略結婚な形にはなっているけど
    幸せな家族を築くシフォン
    あれでも未だにリンリンを愛しているパウンド

    扉絵で、これだけの展開をしているので
    この三者による団結が後に効いてくるのかなぁ?

    てかね、一年間見守ってたんですけど。
    残念なコメント多いですね
    記事も何にも読んでないような
    他の所からの転用とか?
    揚げ足取るようなのが多い多い

    そんなのにお返事してたら
    疲弊して、せっかくの考察記事が
    台無しになっちゃいますよね

    わたしは、これからもしばらくは
    見守るつもりです
    書きたいこと、言いたいことは
    たくさんあるけれどね

    鍛えた筋肉は裏切らないらしい
    密かにコメント更新して応援してたのよ~

    では、

    コメントありがとうございます からからかんさん!!

    からさん!! ごめんなさい!!

    こんな事にさせたくて勝手したんじゃなかった。でも責任は僕にありますから どうにかします!!

    中身ある記事が書けてる手応えはあります。だから僕の中では何の問題もありませんから大丈夫っす。記事だけじゃなくコメント欄でも僕の考えをギッチリ読んで貰える様な楽しいブログにさせますので。もう少しだけ見守って貰えれば!!


    パウンド、シフォン、ローラはトットランドにいるマムの子供達の希望の光となる筈です。となると、あの3人はやはり巨人族との問題にも関わって来ると考えてます。面白くなると思いますよ!!


    いや〜 しかし泣きそう。ありがとうございます!!

    No title

    “ギャング”ベッジと“新婚のローラ”の海賊同盟結成かね
    だとしたらパウンドはどっちの船に乗るのかな
    今後の彼らの目的はどうなるんだろう?ローリング海賊団が新世界に戻ってきたのは“五番目の皇帝”の記事をローラが見たのがきっかけだろうけど
    シフォンが詳細を話したらおそらくローラも万国には帰らないよね
    ベッジ程の冒険者なら一度の四皇暗殺失敗くらいじゃめげそうに無いからほかの四皇の首を狙うんじゃないかな

    No title

    コメントありがとうございます フィッシングタイガーさん

    パウンドはどっちになるんでしょうね。トップはベッジで揺るがない筈です。ローリング海賊団がどうなるかでしょうか。

    もしもベッジが四皇を狙って行くんだとして。

    最強の軍隊と名高いエルバフ。ここの王子とローラとで少しあるんですよね。これはローラとゴッティの行方にも絡むのですが… エルバフの軍隊を味方につければ四皇の首も狙えたり?

    今後の展開を考える上で少し気になってます。。。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事