ヤマトとルフィの前に現れるのは… ドレーク? - ONE PIECE最新考察研究室
FC2ブログ

    記事一覧

    ヤマトとルフィの前に現れるのは… ドレーク?

    ルフィを抱えて走り出すヤマト -ONE PIECE最新考察研究室.983

    ついに失踪中だったヤマトが発見されました。場所はカイドウの城の中です。ヤマト発見の報は瞬く間に広がる事でしょう。さぁ 誰が動いて来る!? もちろん“飛び六胞”の誰かを想定しています。

    ー画像はONE PIECE 第983話より引用ー










    カイドウ「ウチの息子だよ!!」

    ヤマト捜索は何も“飛び六胞”に限った任務ではありませんでした。「すぐ捜します」と多くの兵達がヤマトを捜し回っているんです。ただ、“飛び六胞”に限っては特別な報酬が与えられる約束なんですね。それが“大看板”への挑戦権。これがある事で躍起になってる者達もいる。


    その事は一先ずは置くとして。現時点での“飛び六胞”6人の状況をまとめる必要がありそうです。その上で色々と考えたいトコロ。しかし 思いつくままに1人ずつ挙げて行くのではありません。第979話でカイドウから“飛び六胞”へヤマト捜索の任務が下されてから順番に1人ずつ描かれて来ましたよね。その順番で行きましょう!!


    【①フーズ・フー(第981話)】

    ルフィ達の騒ぎを見るフーズ・フー -ONE PIECE最新考察研究室.981

    おそらくはカイドウの城の中の一室。そこからライブフロアで起こっているルフィ達の騒ぎを見下ろしていたんです。そちらは放っておいてヤマト捜索に専念する様に仲間達と話していました。要注目です!!




    【②ブラックマリア(第982話)】

    カイドウに寄りかかるブラックマリア -ONE PIECE最新考察研究室.982

    任務は他の者に任せてカイドウの側にいたい♡ カイドウも無礼講だからと許していました。この2人は これから行われようとするモモの助の処刑に興味を示しそう。ヤマトの動向に関わって来そうにない?




    【③ササキ(第982話)】

    ササキを縛り付ける傳ジロー -ONE PIECE最新考察研究室.982

    ササキがいたのはドクロドームの外。出くわした傳ジロー(狂死郎)によって鎖でくくり付けられます。すぐには動けないと考えて良さそうかな?




    次は2人同時ですが先にコチラ…


    【④うるティ(第983話)】

    ヤマトの“雷鳴八卦” -ONE PIECE最新考察研究室.983

    “飛び六胞”の中で真っ先にヤマトを目撃したのは彼女。しかし なんとヤマトから“雷鳴八卦”の大技をくらって失神。これによって物語から退場してしまうとは思えませんが… すぐに追って来れるかは疑問ですかね?




    【⑤ページワン(第983話)】

    ページワンにエレファント・ガンを叩き込むルフィ -ONE PIECE最新考察研究室.983

    ルフィの“象銃(エレファント・ガン)がアゴにヒット!! これで1発KOとは思えませんけれど。失神した姉うるティの介護を優先する可能性もありそう。同じく すぐには追っては来られないのでは?




    ここでストップです!!


    こう見て行くと、動けるor動いて来そうな“飛び六胞”となると、フーズ・フーかドレークかの2択になって来そうなんです。突出して可能性が高い2人なんです。そして城の中で「ヤマト様が発見された!!」と騒ぎが起こるとなると…
    ヤマト捜索を優先する様に言うフーズ・フー -ONE PIECE最新考察研究室.981
    フーズ・フー本人か、あるいは仲間達の誰かがキャッチして動いて来そうなモノなんです。


    しかし…


    順番からすると次はドレークです!!


    【⑥ドレーク(未だ描かれず)】

    ドレークは大看板の地位に興味がない!? -ONE PIECE最新考察研究室.978

    “大看板”への昇格には興味がないと話していた彼は今どこで何をしてるのでしょう。




    1人ずつ順番に描かれて来たんですからね。次はドレークの出番である筈なのです。そのドレークは任務に乗り気じゃないのかも知れない。任務報酬にあまり興味がないとすればです。だからこそ逆に ここで出て来るんじゃないかと思えて来るんです。ヤマトを連れ戻そうとしないだろうからこそです。


    また、確定ではないにせよホーキンスからローを逃したのもドレークと考えられるんですよね。そんなドレークは海軍本部機密特殊部隊「SWORD」の隊長という肩書も持っていて…

    コビーと連絡を取るドレーク -ONE PIECE最新考察研究室.956

    ルフィの現状についてコビーに話していたんですよ。ドレークからコビーへの報告の中に「停滞中」なんて言葉も出て来てます。今ルフィは脱獄して鬼ヶ島で大きな騒ぎを起こしてます。停滞中から「進展」に変わったんです。


    となると…


    ルフィを抱えて走り出すヤマト -ONE PIECE最新考察研究室.983

    ↑ここからの次の展開を考えるに、ヤマトとルフィの前にドレークが現れ、サッと隠れられる場所に導いてくれる流れなんじゃないのかなぁと。そしてヤマトを連れ戻そうとするでもなく、ルフィに何やら話をし始めるって流れ。これも面白いんじゃないだろうか。


    そろそろドレークの陰謀というのも判明して欲しいトコロなんです。何の為に百獣海賊団に潜入しているのかの謎です。ローを逃したんならルフィにも何かして来そうなんですよね。うーん、やはり次はドレークだと思えて来ますね。どうなるんでしょうか。


    もちろんフーズ・フーの動きも要注目です!! フーズ・フーとドレークとで何か起こる可能性もありますね。もちろんルフィとヤマトの身柄をかけてです。次の展開というのは色々と浮かんで楽しいです♪ “飛び六胞”にはクイーンとで何かありそうですしね。とっても複雑で先が読めません!!
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事