【最新話 第979話】“家族問題” - ONE PIECE最新考察研究室
FC2ブログ

    記事一覧

    【最新話 第979話】“家族問題”

    週刊少年ジャンプ2020年23号に掲載のONE PIECE第979話!!

    扉絵は“ギャング”ベッジのオーマイファミリー。
    第979話扉絵
    vol.26「トンタッタ族が見つけた遭難船」

    なんとココで急展開です!! ドレスローザ王家の護衛を終えてグリーンビットに帰って来たレオ達が見つけたのは… なんとホールケーキアイランドのタルト船じゃないですか。船上に倒れているのはパウンドです。色々とあるんで別記事っス!!


    では本編です!! タイトルは “家族問題”です!!

    ー画像はONE PIECE 第979話より引用ー










    内通者カン十郎のお陰で赤鞘達の動向を把握し、事前に封じ込めたつもりでいるオロチは油断している。しかし鬼ヶ島では着々と作戦が進んでいる。上陸班の錦えもん率いる東軍と傳ジロー率いる南軍がドクロを回り込み、ローの潜水艇は海底を。目指すは…

    討ち入りの軍勢の進路
    ONE PIECE 第979話より引用

    カイドウの城です!! そこにカイドウとオロチがいるんです。はい ストップ!!


    方角がおかしいよ?


    第955話でオロチが、日和(の潜伏場所?)について「北の地」という報告を受けています。おそらく鈴後を指すモノと思われるんですよ。それによりワノ国の方角が判明します。

    ワノ国の地図
    ONE PIECE 第934話より引用

    ↑鈴後の方角が北になるんですね。


    上のコマでは鬼ヶ島のドクロがコチラを向いていますが実際には逆であります。

    鬼ヶ島へ向かう将軍オロチの船団
    ONE PIECE 第958話より引用

    ドクロが向いてるのはワノ国本土の方角です。ドクロは北を向いてる(厳密には北西かな?)。ロビンが聞いて来たトコロでは鬼ヶ島の入り口(ドクロの口)は“冬”との事でしたよね。合致するんですね。ドクロの口は北に位置する。


    ならば、錦えもんは西回りに南の裏口へ向かってる。ですから、逆に傳ジローを東軍にして錦えもんを南軍するのが正しい筈なんですよ。まさかワノ国の島の構造に関して何かあるって事は… どうなんだろ。本土と鬼ヶ島で方位が逆転してるって事なの?



    討ち入り軍が未だ敵に悟られず進撃できているのは…

    カン十郎は入り組んだ道に迷っていた
    ONE PIECE 第958話より引用

    とうに辿り着いていてもおかしくなかったカン十郎が迷っていたからです。何かあったと考えていたんですけどね。ただ単に道に迷ってたなんて…(笑


    これは鶴に乗って飛んで行ったカン十郎が、正面入り口(ドクロの口)ではなくドクロの目から侵入したからでしょうか?それによって入り組んだ道に入ってしまったのかも。


    ここは色々と考えさせられる描写なんです。


    決戦の主戦場はドコなのか。そこは満月を目にする事ができるんですか?とても重要なポイントになるんです。ミンク族が真の力(スーロン)を発揮できるか否かが懸かっているんです。ドクロには巨大な目があります。そこから満月が見えるんだと思ってたんですがね。カン十郎が目から入ったんなら難しくなります。主戦場だと想定される城にカン十郎が辿り着けてないんです。目から入って すぐに城がある訳じゃない(=城から外は見えない)!!

    船影を確認するも「何も聞いてねェぞ」と話す百獣海賊団の兵士達
    ONE PIECE 第978話より引用

    正面入り口の見張り兵は無傷で宴を楽しんでました。少なくともカン十郎はココを通過していません。だからって見張りの目を避けて口から侵入した可能性もありますね。


    ところでモモの助はと言いますと。カン十郎によって縄で縛られています。声も出せない様にされていますね。助けを呼ぶ事もできなくされた。そんな状態ですが…

    落ちている短剣を見つめるモモの助
    ONE PIECE 第979話より引用

    カン十郎が倒した兵士の持っていた短剣を見つめています。チラリとカン十郎の方にも目を向けてますね。ワザと転ぶかして後ろ手に短剣を隠し持とうとでもいうのでしょうか。どうにか脱出できないか考えてるみたい。モモの助はモモの助で頑張ろうとしてます!!



    場面は麦わらの一味へ。


    ジンベエの話では、正面から堂々と入っていったキッド達を追ってルフィが、そのルフィを止めようとゾロが…といった具合にローの想定通りの流れになってました。それ以外の仲間達は侍達を追いかけます。


    【ドクロの中へ】ルフィ、ゾロ

    【クロサイFR-U 4号】フランキー、ブルック

    【ブラキオタンク5号】チョッパー、ナミ、キャロット、しのぶ、ウソップ、サンジ

    【徒歩】ロビン、ジンベエ


    それぞれに色々と予想できそう。とにかくフランキーとチョッパーは城の後方で落ち合ってフランキー将軍です♪ 楽しみです!!


    さぁ ジンベエとロビンの後ろ!!

    ジンベエとロビンの背後に潜む影
    ONE PIECE 第979話より引用

    僕はお玉で予想してます!!


    【第979話考察】ジンベエとロビンの背後に潜む影


    実はサニー号にコッソリ隠れて乗船。みんなが去ってからルフィを追いかけてドクロの中に行くつもりなのかな?って感じですね。お玉だったら気になるのがあるんです。

    ナンバーズは樽もまともに持てない
    ONE PIECE 第977話より引用

    お玉の“きびだんご”はナンバーズに効き目がありますか?どうなんでしょうね〜。ナンバーズの正体その他に関わる問題となりそうです。効きそうな気がしてますけど。


    そして場面はカイドウサイドへ。


    カイドウとジャック、そして飛び六胞
    ONE PIECE 第979話より引用

    これムチャクチャかっこ良い!!!


    飛び六胞を召集したのはカイドウではなくキング。キングがカイドウの名で飛び六胞を召集したのには理由がありました。キングの召集だと元海賊団船長であるフーズ・フーとササキは応じない可能性があったからです。ここら辺の経緯も面白そうです。


    キングが飛び六胞を召集したのは、カイドウの息子ヤマトなる人物が失踪するという事件が起きたから。先回りしてキングが段取りしてたって事ですね。

    カイドウから飛び六胞への任務は失踪した息子ヤマトを連れ戻す事
    ONE PIECE 第979話より引用

    正式にカイドウから飛び六胞に向けて任務が与えられました。任務報酬は大看板への挑戦権です!!


    この報酬に興味がなさそうな人物が1人います。ドレークですよね。この任務に対してドレークはどんな動きを見せるというのでしょう。そこで1本記事にしてます!!

    ドレークは大看板の地位に興味がない!?

    【第979話考察】機密特殊部隊SWORD隊長ドレークの任務


    どうなるんでしょうか?



    さて、この第979話の最大の問題!!

    「重大発表」にはヤマトぼっちゃんに関わりがある
    ONE PIECE 第979話より引用

    カイドウからの重大発表です!!


    それは息子ヤマトに関わりがあるらしい。加えてカイドウが抱える家族問題にも関連していそう。そして、その発表は宴のタイムテーブルの最後に用意されている。その前にマムとの海賊同盟宣言がある。


    色々とご意見を頂いてまして。ヤマトとマムの娘との結婚話が可能性として高いのではと。当然 僕も考えました。しかし マムの娘との結婚となるとヤマトが支配下に入れられてしまうんですね。

    世界一の強国と名高いエルバフの軍隊
    ONE PIECE 第858話より引用

    カイドウ亡き後の百獣海賊団がマムの我が物とされる恐れがある。ここがどうしてもネックでして。僕としては踏み込むのを躊躇せざるを得ません。


    【第979話考察】カイドウからの「重大発表」とは!?


    ちゃんと僕の中で理由があってヤマトとマムの娘との結婚発表というのは選択しませんでした。ハズレたって構いません。結果より考察の過程をこそ重視させて下さい。ハズレるんなら その考察過程が見当違いなんでしょう。それはもちろん受け入れます!!!


    そしてラストはルフィだ!!!

    睨みつけるルフィ
    ONE PIECE 第979話より引用

    おしるこを粗末に扱うだけじゃなく、おこぼれ町の人々を蔑む百獣海賊団兵士を見たルフィは上の表情!! 光月おでんならどうする?ロジャーなら この時どんな行動を取るんだ?


    ガープの話では、ロジャーという男は「仲間の悪口を言われたと 一国の軍隊を滅ぼした事もある」(第588話)らしいんです。ルフィはどうするんだろう。数えきれない程の敵が周囲にいます。ステージ上にはクイーンの姿も。相手は四皇の軍勢。事態は風雲急を告げる!!


    さてさて少し足早ですが ここら辺で。


    この記事が今日に遅れてるって事はですね… 次週は休載です。WJ25号にて再開の予定らしいので5月25日(月)になりそうですかね。他にも第979話における考察記事は先行して書かせて頂いてます。未読の方はどうぞユックリと楽しんで頂ければと思います。


    他にも気になる事を記事にしていこうかと考えています!! よろしくです!!


    ONE PIECEランキング  
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    No title

    >ハズレるんなら その考察過程が見当違いなんでしょう。

    小紫→日和だった
    狂死郎→傅ジローだった
    内通者→カン十郎だった

    こんな感じなので多くの人がこうかなと思う展開が大体アタリだと思う。
    あんまり深読みすると逆に当たらないと思う。
    管理人さんのように研究してる人にしか先の展開が読めないように作られた漫画でもないだろうし。

    どちら様かコメントありがとうございます

    では、

    過去の描写を何ら参考にもせず答えを出せと仰います?

    または大多数が正しいからと多数決を取って記事にするなど、自らの考えを発信する事を諦めろと仰るんですか?

    私はそんな恥ずかしい事をしたくてブログを始めた訳ではありません。考察と銘打って記事を書いてます。そこに誇りを持って取り組んでいるんです。自分自身で調べ考えた上で発信させて頂いています。

    コメント主さんが考察サイトに対して何を求めているのか。残念ながら当ブログにはそれが無かった。それだけの話ではないでしょうか?

    横合いからすいません

    例えば内通者の件ですがカン十郎がクロという材料・伏線は非常に多かったんですね。
    これは何も後知恵で言うのではなく、カン十郎だと判明するだいぶ前からいろんなブログやTwitter等で指摘されてました。
    多数決に乗れ、という話でもありません。
    他の人云々ではなく、管理人さんほどよく調べて考察されてる方ならカン十郎の過去の描写を把握されてるでしょうし、その中から内通者と考えられる伏線も独自に発見して拾われてるものと思います。

    でもこれまでの記事を拝見すると管理人さんは一貫してしのぶ説で行かれていたようですね。
    しのぶが内通者である事を肯定する描写はカン十郎に比べると遥かに少なかったのが事実です。
    カン十郎以外にも可能性はいくつか挙がりますが、それらとの比較でもしのぶ説が特に有力だったわけではありません。
    むしろ回を追うごとに否定材料も増えて来た感がありました。

    もちろん御自身としての推しの説にこだわっていくのも考察のスタイルであり、それを否定するものではありません。
    しかし管理人さんのご発言から推察すると、このブログでは「根拠」「考察の過程」を大事にされており、好き嫌いや思い付きは排するスタンスと伺えます。
    そうであれば可能性同士を比較検討して根拠の多い方を採用するのが妥当と思われますので、管理人さんにおいて客観性をどう重視されておられるか、やや測りかねるという印象です。

    ひーちゃんさんこんにちは!
    ターカです。ご無沙汰しています。
    ひーちゃんさんの考察楽しく読ませて頂いています。いつも『なるほどな』と感心しています。

    新しい考察記事が出ていたのでこちらにコメントさせていただきます。
    今回気になったのはやはりカイドウによる『重大発表』です。
    これにはいろんな考えが出ていますよね、結婚話だったり次期将軍だったり次期船長等々…
    そこで自分もいろいろ考えて見ました。
    その考えの一番近い考えがひーちゃんさんと同じ『後継問題』です。ヤマトを副船長及びそれなりのポストに任命する事です。
    それが一番自然かなと…
    ただ、尾田先生はいつもいい意味で期待を裏切ります。なので自分ももう一捻りしてみました。この考えはこうです。カイドウによる重大発表は、

    『息子ヤマトを百獣海賊団から破門にする』です。

    カイドウ:『ヤマト、お前を副船長に任命する。』
    ヤマト:『ふざけるな!オレは誰の下にもつくきはない…』
    カイドウ:『…生意気な、だったらお前も自分の海賊団を作ってこのオレを越えてみせろ!』
    ヤマト:『そのつもりだ!』
    カイドウ:『フフフフ、ヤマトお前を破門にする!』

    こんな流れです。可能性は低いですけどね…如何ですか?
    またコメントしますね。では!

    No title

    >または大多数が正しいからと多数決を取って記事にするなど、自らの考えを発信する事を諦めろと仰るんですか?

    多数決とかじゃなく一部の人しか(あるいは誰も)予想できないような捻った展開には滅多にならないって事が言いたかったんだけど。

    >管理人さんのように研究してる人にしか先の展開が読めないように作られた漫画でもないだろうし。

    ここを読んで貰いたかったんだけど。

    最近は伏線だの考察だの難しい要素がワンピースの主題みたいな風潮になってるようだけど本来私らカタギにも分かりやすい漫画だと思うんだがね。

    コメントありがとうございます CP00さん

    つくづく言葉というのは難しいものだと痛感しております。ここで言い争いする意図はございません。どのように受け取られるのも自由でございます。せめられて当然の事、申し訳ございませんでした。

    コメントありがとうございます ターカさん

    お久しぶりですね♪

    まぁ どうなりますかね。色々と自分なりに考えてみましたけれど(笑

    ありがとうございますね!!

    > 最近は伏線だの考察だの難しい要素がワンピースの主題みたいな風潮になってるようだけど本来私らカタギにも分かりやすい漫画だと思うんだがね。


    申し訳ございません。

    No title

    カイドウの寿命は終わりが近いのではないですか?

    もし、まだイケイケな状態であれば不仲な息子を気にかけそうにもないですし、なんだか精神的に弱くなってしまっているように感じられるんですよね。
    白ひげも頂上戦争の時にはかなり弱っていてのあの馬鹿みたいな強さでしたから、カイドウもそうである可能性はあるかと。
    ロジャーも不治の病を抱えていて、あの強さでしたし…

    それにより、何年か前から家族問題は発生したのではないかと思われます。
    カイドウは寿命がつきようとしており、ヤマトに跡を継がせたく思っているが、ヤマトは元々の不仲と性格からそれを頑として拒絶している。
    それが今の状態なんじゃないかと思えます。

    ルフィは基本的に敵を殺さないんですよね。
    でもカイドウばっかりは今迄みたいに倒して海軍に捕まえてもらえばいいというわけではない。
    それで解決するなら、カイドウは何度も負けて捕まってるんですからね。
    カイドウ自身がルフィとの戦いに満足し、自ら人生に幕を引く。
    そこが落とし所かなと感じるのも根拠の1つです。

    コメントありがとうございます かぐらさん

    飛び六胞の会話から、これまでにもカイドウの家族問題は「一大事」として存在してたみたいですよね。

    そしてカイドウの趣味が自殺であるとされている事もありますから… かぐらさんの仰る様に後継(その次)というのは百獣海賊団内において非常に重要な問題なのかも。幹部の大看板を認めない者も多い。カイドウが死ねば百獣海賊団は瓦解していまいそうなトコロに息子ヤマトといった具合でしょうか。

    寿命という話を出されています。今回マムがいるんですよね!! 2人の間の「一生の恩」も謎のまま。カイドウの死期が近いというのもあり得る話に思えてきますね。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事