【第979話考察】ジンベエとロビンの背後に潜む影 - ONE PIECE最新考察研究室
FC2ブログ

    記事一覧

    【第979話考察】ジンベエとロビンの背後に潜む影

    ジンベエとロビンの背後に潜む影

    歩いて最後尾を行くジンベエとロビンの背後に「がさっ」と何者かが潜んでいる描写があります。誰だ!?

    ー画像はONE PIECE 第979話より引用ー 










     
    まだ存在すら出て来ていない新キャラである場合を除いて ズバリ2択で考えています!! どちらかなんだと僕は考えているんです。


    お玉かヤマト


    その上で今後の展開を予想しつつ どちらなのか選択したいと思います。


    やはりポイントは最後尾である事なんですよ!! もうジンベエとロビンの後ろには誰もいなかった筈なんですね。それなのに実は潜む者がいるって話であって。


    ドクロの中へ正面から突入したのはキッド海賊団+ルフィ&ゾロ。それ以外の麦わらの一味は二手に分かれて…

    討ち入りの軍勢の進路
    ONE PIECE 第979話より引用

    錦えもん率いる“東軍”と 傳ジロー率いる“南軍”を追いかけるカタチで鬼ヶ島の裏口を目指す事になりました。その最後尾に謎の影が潜んでいる。


    さて、そこで!!


    この二手に分かれて進む討ち入りの軍勢に対して…

    カイドウから飛び六胞への任務は失踪した息子ヤマトを連れ戻す事
    ONE PIECE 第979話より引用

    カイドウから息子ヤマトを連れ戻す任務を与えられた飛び六胞が激突するって展開が予想される訳ですよ!!


    じゃあね?


    飛び六胞がドクロ内の捜索を終えて外に出て来るのだとして。それが正面入り口か裏口からかは分からないまでも、百獣海賊団の格好をする錦えもん達が飛び六胞と激突するのなら、両者の間にヤマトが挟まれるのは当然の流れと言えると思うんです。

    まだ報告できずにいるカン十郎
    ONE PIECE 第979話より引用

    狂死郎の正体(傳ジロー)はカン十郎からの報告が遅れてバレてません。傳ジローvs飛び六胞はあり得ない。20年の時を超えた錦えもんの姿を飛び六胞は知らない筈。その上 百獣海賊団に変装してるんだから何も無ければ激突はあり得ない。


    もしも潜む影がヤマトだとすればです。飛び六胞が正面(ドクロの口)から出て来たなら、そのままヤマトを連れ戻すだけで討ち入り軍との激突はナシ。裏口から出て来たにしても、討ち入り軍はスルーして最後尾のヤマトを連れ戻して終わり。これは展開として面白くないんです。


    最後尾に潜む影がヤマトだとすると、それをストーリーに組み込むのが難しいんですよ。せっかくの重要キャラなのに、ヤマト単独で隠れ通すか見つかるかの話にしかできないんです。それゆえに、あの影はヤマトではない様な気がするんです。別の場所に配置されてる様な気がします。


    だから…


    黙って付いて来たんじゃないのかぁ。

    おしるこの味に涙を流すお玉
    ONE PIECE 第914話より引用

    お玉がです!!


    サニー号の船室にコッソリ隠れてた。そして全員が船を降りてから出て来たって事なんじゃないだろうか。当然 お玉が進むのはアニキの後ろ。アニキはアニキでも、フランキーではなくルフィですよね!!


    お玉がドクロの中を追いかけたら大騒動が起こってる。その騒動に救われて誰にも咎められずに お玉が走った先では…

    睨みつけるルフィ
    ONE PIECE 第979話より引用

    おしるこの事で怒ったルフィが暴れ回ってるって流れなんじゃないのかな。


    もちろん宴には…

    お玉とスピード
    ONE PIECE 第919話より引用

    真打ちスピード(ウマ美)がいてくれたら面白くなりますよね!! お玉の“きびだんご”で家来になってました。このスピードのその後も気になる点なんですよね。お玉が来ててこそなんです。ルフィの言う事には従いません。


    僕は お玉なんじゃないかと考えています!! お玉だった場合が最も面白くなる気がするんです。マムとの事もありますしね。記憶を失っていたとはいえ、お玉とマムは一緒におしるこ食べようって話をしてたんです。ヤマトも捨てがたいですけどね。


    もちろんカリブーとかも考えましたけどね。お玉とヤマト程は面白い展開が浮かびませんでした。誰なのか?って事よりも、誰ならストーリーがどうなるかに重点を置きたいんです。それを重視しなければ何人でも候補に挙げられますもんね。


    さぁ 誰なんでしょうかねェ。


    ONE PIECEランキング    
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    No title

    こんにちは

    カリブーの場合も1つ展開が思いつきます。
    それはカリブーがロビンを狙っている可能性です。
    彼は魚人島でしらほしを攫おうとして失敗しました。
    ならば今度はポーネグリフを読む事が出来て古代兵器の知識を持つロビンを狙う事も考えられます。
    彼が取り入りたい「あの人」もまだ不明ですし、ここでその辺に触れてくるのかもしれません。

    またカリブーはかつてジンベエにぶっ飛ばされた事があるのでそれを恨んでる事も考えられます。
    今回のコンビの両方に対して動機があるんですね。

    コメントありがとうございます フォウさん

    フォウさんの御意見として否定するモノはありませんけれど。

    考察記事としては、カリブーを登場させ麦わらの一味に反旗を翻す展開を取り上げる訳にはいきません。カリブーは採掘場からの脱出だけではなくワノ国から出る船を求めてルフィに取り入りました。麦わらの一味に反旗を翻してはワノ国から出る術をも失います。この大前提は無視できないんですね。

    展開は数あれど、麦わらの一味に反抗する流れは今のところ僕の中ではないんですね。

    カリブー弟いましたよね?
    弟が助けに来るんじゃないでしょうか?

    どちら様かコメントありがとうございます

    > カリブー弟いましたよね?
    > 弟が助けに来るんじゃないでしょうか?

    助っ人になりそうなんで来てくれたら面白くなりそうですね!!

    No title

    こんにちは

    96巻を読んでて思ったんですけど
    トキが脱出の時に乗ってた馬は、
    スピードと関係ないですかね。

    もっというと、お玉とスピードの
    主従関係はきびだんごの能力
    ではなく、つまりスピードは元から
    味方側だったと思っています。

    コメントありがとうございます サウロスキーさん

    こんにちは

    トキのあれは馬ですかね(汗

    スピードはスピードで違う気がします。そうでないとSMILEについてや お玉のきびだんごの能力が分からなくなってしまいそうで。どうですかね。

    飛徹の存在が気になるんですよね。
    回想でも出てくる事がなかったですし。
    どこかでその素性が語られるタイミングがある筈なんですが、今は鬼ヶ島に焦点が移っている。
    ここでお玉がこっそり付いて来てる展開なら飛徹を自然に登場させられますね。

    コメントありがとうございます joeさん

    飛徹なら物語のラストに出番があると考えてます。花の都の城の地下のポーネグリフが安置される部屋です。こけしがあるそうなんですね。飛徹は美少女こけしコレクターの側面があります。何やら関係がありそう。

    また飛徹は鬼徹一派ですから初代鬼徹の情報も持ってそう。こちらで動かして来て今は安全な場所にいてくれてるのかも。

    そうだとしても 影がお玉でも大丈夫なんです。隠れてるって事は飛徹にすらも内緒でついて来たんでしょうし。みんなが去ってからルフィを追いかけたいと考えてるとも言えそう。どうでしょうか。

    申し訳ありませんがコメント削除させて頂きました。

    コメントの内容には何も問題はありません。

    ただ、お名前に関して なりすましの通報を受けております。そこは見過ごせませんので削除させて頂きました。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    鍵コメさん コメントありがとうございます

    とても混乱しています。

    ある特定のサイト様からのコメントの流用や、投稿名の無断使用によるコメントがあるという通報がございました。そこで当ブログとして出来る範囲で対応を取らせて頂きました。当ブログの落ち度ではありますが、どちらのサイト様なのかまでは知る事が出来ず対応にも限度がございました。

    ただ、これ以上の経緯を明らかにする訳には行かない事を御了承下さい。

    私が取った対応が鍵コメさんに対して無礼を働いていた事、本当に申し訳ごさいません。しかし私としても何を信用すれば良いのか困惑している状況にあります。

    何の意図があり、当ブログに何が起こっているのか。少々お時間を頂けないでしょうか。コメント欄の閉鎖も含めて今後の対応を考えさせて頂きたいです。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    鍵コメさん お返事ありがとうございます

    そうして頂けると私も助かります。よろしくお願いします。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事