【最新話 第978話】“飛び六胞登場” - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    【最新話 第978話】“飛び六胞登場”

    週刊少年ジャンプ2020年21.22合併号に掲載のONE PIECE第978話!!

    扉絵は“ギャング”ベッジのオーマイファミリー。
    第978話扉絵
    vol.25「感謝!! 船長を助けてくれてありがとう!!」

    ローラ船長の救出を感謝するローリング海賊団の仲間達です。ゴッティとローラが結ばれる可能性もありそうなので、吸収合併か同盟か傘下入りかの3択ってトコロでしょうか。


    では本編です!! タイトルは “飛び六胞登場”です!!

    ー画像はONE PIECE 第978話より引用ー










    「作戦通り!! 城の裏口で!!」と潜水艇は海中へ
    ONE PIECE 第978話より引用 

    海上を進み正面から乗り込む錦えもん達と海中を回り込んで裏口を目指すローの潜水艇とで二手に分かれて作戦開始です!!

    【第978話冒頭1ページ】いよいよ作戦開始!!

    ↑この記事で触れましたが、やはり言い回しが気になるんですよね。じゃあ城の裏口で落ち合おう…って言ってる風になってるんです。そういうカタチになりそうなのかなぁ。それが挟み撃ちになるんなら良いのですが。


    さて、シーンは正面から切り込む面々の描写で進みます。みんな気合い充分の面構え。ウソップがマストを登って行こうとする様子も描かれています。これが後から意味を持ちます。錦えもんが傳ジローに「腕はナマっておらんか!?」と声をかけていますね。

    ゾロvs狂死郎
    ONE PIECE 第945話より引用 

    傳ジローこと狂死郎はゾロが手こずる程の剣の腕前です。冷静さを欠いたゾロ相手とはいえ、傳ジローは余裕でさばいていました。かなり強い!!


    さぁ 先行するルフィとキッドが目にしたのは…

    鬼ヶ島に到着!!
    ONE PIECE 第978話より引用 

    異様な鬼ヶ島の入り口です!! 巨大なドクロはやはり人骨と考えて良いのでしょうか。かつては生きていた人の頭なのかな。

    【第977話考察】鬼ヶ島のドクロは人骨なのかな!?

    地面に突き刺さる巨大な刀も気になりますよね。その刀で成敗された鬼の首こそが鬼ヶ島のドクロという事なのだろうか。あるいは巨大なドクロの鬼が武器とした刀って事だろうか。


    ところで鬼ヶ島の入り口は“冬”という話がありましたよね。鬼ヶ島へ向かう船団の描写では雪が降っていました。しかし到着してみると雪がやんでるんです。雪を被る松や梅の花も描かれていますから“冬”であるのは間違いありません。

    鬼ヶ島の入り口が冬なのは「黄泉の冷気」が関係する!?

    ↑鬼ヶ島の入り口が“冬”である事に、僕は1つの仮説を立てていた訳ですけれども。再考の必要がありそうですかね。後でジックリと上のコマを確認してみます!!


    あの鬼ヶ島の描写で最も気になるのはですね。ドクロ以外に“歴史”を感じさせるモノが見当たらない事なんです。古いなぁ…と思わせるモノが無いんですよ。カイドウが根城にする前から鬼ヶ島は存在してた筈なんですよね。まぁロビンが後で何か話してくれないか期待したいです!!


    鬼ヶ島の入り口にも見張りが立てられていました。いち早く気づいたのは狙撃手ウソップ。すぐさま緑星「眠り草」を撃ち込んで事なきを得ました。その見張り兵ですが…

    船影を確認するも「何も聞いてねェぞ」と話す百獣海賊団の兵士達
    ONE PIECE 第978話より引用 

    船影が見えた事に「何も聞いてねェぞ!?」と話しています。この後の描写でクイーンが、ビッグ・マムの子供達が「もう近くまで来てるらしい」と言ってるんです。つまりペロスペロー達はまだ宴に参加していないが城の近くまで来てるって事なんだけど… 海賊船は鬼ヶ島に到着した後なんですよね?


    まだマムの子供達が鬼ヶ島に到着してないのなら、船影をビッグ・マムの海賊船と勘違いする筈なんです。となると、ペロスペロー達は今 ドクロの中を歩いて城に向かっている途中。ここにルフィとキッドが追いつくって事もあるのかな!? ここは頭に入れておきたいですよ!!


    もう一つありますよね!!

    モモの助を連れて飛び去るカン十郎
    ONE PIECE 第976話より引用 

    モモの助を連れ去ったカン十郎はどうなったんでしょう。これもペロスペロー達の動きと絡んでるのかな?カン十郎からの報告がまだである事が不自然です。とっくに到着していなければおかしいんです。


    では 討ち入りサイドに戻りましょう。鬼ヶ島への到着後に船を沈めてしまう錦えもん達。

    勝つか死ぬか…!!! 「四皇」に挑む姿勢に…一切の驕りなし!!
    ONE PIECE 第978話より引用 

    まさに背水の陣といったトコロでしょうか。退路を断つんですね。これぞ侍達の覚悟です。これは良い!! でもね?ルフィ達は勝利後にワノ国本土に用事があるんですよ。

    ブルックが見つけたポーネグリフ
    ONE PIECE 第934話より引用 

    花の都の城の地下でブルックがポーネグリフを見つけてるんです。これ読まなきゃダメなんです。モモの助だけ連れて読みに行くって流れになるのかな?この帰りの船問題には何か用意されてそうですけどね。


    そして、錦えもんの大技「錦ちゃん呉服店」でキッド海賊団も含めた全員が百獣海賊団スタイルに変装しまして。向かうは鬼ヶ島の内部にあるカイドウ達のいる城を目指す事となりました!! 一方その頃…

    クイーンが宴を盛り上げる
    ONE PIECE 第978話より引用 

    クラブ状態で盛り上がる百獣海賊団!! DJはアプーとクイーンのコンビで大いに盛り上がってます。クイーンのフリは若干ダサいっすかね。でも凄く楽しそう!! ウェイターズからプレジャーズ…と順に紹介され、オロチ組やマムの子供達についても紹介してます。


    その中でクイーンが自分達“飛び六胞”をネタにした事も気に入らないのか…

    次の大看板の座を狙う飛び六胞
    ONE PIECE 第978話より引用 

    やや物騒な話が出て来ます。もしもクイーンが死んだら飛び六胞の中から誰が昇格するのか、って話です。大看板は3人と決まっており、席が空いたら欠員補充のシステムなんですかね。



    さぁ いよいよ登場です!!

    飛び六胞登場!!!
    ONE PIECE 第978話より引用 

    うるティ
    ページワン
    フーズ・フー
    ブラックマリア
    X・ドレーク
    ササキ



    個性派揃いの6人です!!


    うるティとページワンは姉弟。どちらもマスクで口を隠しており頭にツノが生えています。

    デリンジャー「闘魚の血スジ」
    ONE PIECE 第772話より引用

    この2人は「闘魚の半魚人」と紹介されていたデリンジャーと同一ではないかと考えられます。デリンジャーの場合の半魚人とは、魚人族と人間との混血というのではなく魚(闘魚)と人間との間で何かありそうなんですね。この秘密が飛び六胞の2人で明かされるのかもね。


    飛び六胞が待たされているのは、紹介する予定のマムのお召し替えが終わらないからなのでしょうが。急用であってカイドウの一大事となれば… という事で うるティが

    カイドウの「家族問題」
    ONE PIECE 第978話より引用

    また「家族問題」ではないのかと言い出します。まぁ間違いなくカイドウの息子に関して何か問題があるんでしょう。これまでにも“一大事”と言うだけの何かがあったんですよね。


    パッと浮かぶのは、反抗期って事なんですけど。その年頃(思春期)と考えて良いのかな。そしてカイドウが親バカなんでしょうね(笑


    でね?

    宴で盛り上がる百獣海賊団
    ONE PIECE 第978話より引用

    この真ん中のシルエットって子供ですか?モモの助っぽいけど絶対に違いますからね。これ何なんだろう。あの小さなシルエットに向かって兵士達がカンパイしてるんですよね。



    さてさて、色々とテンコ盛りの第978話です!! 次回はGWの関係で5月11日(月)の予定になっていますから、ゆっくりと時間がありますね。ちゃんとジャンプでONE PIECEを読んだ上で、この記事より更に踏み込んだモノを書く予定でいます!! 楽しく行きましょう!!


    ONE PIECEランキング   
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    久しぶりに!解放ありがとうございます
    確かに、もものすけに似たシルエット、、、
    こんな細かい所まで凄いです

    飛び六胞気になった点は、
    ・マリアでっか
    ・皆が古代種恐竜縛りか
    ・ササキ だけワの国出身?苗字が和っぽい

    いつも楽しみにしてます!

    No title

    こんにちは

    自分も今回一番気になったのは鬼ヶ島にぶっ刺さってる巨大な刀です。

    まるで、巨大な角ある頭蓋骨のヤツが使ってた刀と言われても納得なぐらい頭蓋骨の超巨人の大きさにフィットしてる刀です。
    デザインも黒刀になってないけど「秋水」そっくりに見える。

    そもそも、この鬼ヶ島にある頭蓋骨からしてずっと謎でした。
    カイドウの屋敷は25年前に完成したものだけど、ツノがある超巨大頭蓋骨は作ったモノなのか最初から鬼ヶ島にあったものなのか。
    後者の可能性が高そう。

    1年に1度の「火祭り」。
    将軍行列として将軍たちが国を守る「明王」を参拝する習わしです。
    この「火祭り」はカイドウがワノ国に来る前からある。
    おでん様の過去で立派になったチンピラどもを見た際に「まるで将軍行列」と言われてました。
    本来の「明王」って、この超巨大頭蓋骨なのでは?

    「明王」は守護神ですからね。
    何百年も鎖国するワノ国にツノのある大巨人が守護してた可能性があるんじゃないでしょうか。
    鬼ヶ島も文字通り鬼のようなツノを持った者が住んでたから名付けられたのかも。

    No title

    今回登場した飛び六胞ですが覆面をしてるフーズ・フー除く全員の目がミホークやイムと同じ形ですね。
    これって何かの伏線なんですかね。

    海王類が話していたもう一人の王
    僕はジョイボーイとは思っていなくて
    古代巨人族から生まれるんじゃないかと思っていました
    ジョイボーイはどうも王という感じがしなくて

    もし16歳とかしらほし姫と同じ年なら、、、
    もう一人の王なんじゃないか
    回想編とそんな風に繋がるんじゃないか
    そんなことを想像しています
    そうなれば20年たってカイドウが聞きたい事にも関わってくるような

    しらほしは、よわほしで引きこもりでしたけど、、、
    カイドウの息子も、内気とか、ひねくれているとかかなぁ
    ルフィと出会うことで変わる登場人物になると
    そんな感じで妄想しています!

    三大将 四皇 五老星 六胞 七武海さんコメントありがとうございます

    飛び六胞は気になりますよね。古代種恐竜系で縛って来ますかねェ。また記事で触れるかもですが、ブラックマリアがSMILEっぽいんですよ。ツノがありまして、ギフターズ真打ちからの飛び六胞選出かなぁと。

    ササキは人間ではなく魚人族っぽい見た目なのが気になってます。もしそうならササキってのは魚類の名前から文字ってる可能性もあるかな?どうでしょうかね。


    いつもありがとうございます!!

    Re: No title

    フォウさんコメントありがとうございます

    鬼ヶ島って どう見ても“お稲荷さん”なんですよね。狐があって千本鳥居が並んでます。でも明王となってて不動尊を祀ってる。とても不思議な…ヘンテコリンな感じなんですよね。

    僕としては そもそもが何だったんだ?って感じなんですよ。まぁでも巨大ドクロについては このブログでも取り上げてます。加えて巨大な刀が出た事で新たに記事にする必要がありそうですね!!

    Re: No title

    りんご飴さんコメントありがとうございます

    僕は逆の印象を持ちましたよ。

    イムやミホーク、ズニーシャの場合は3重の円ですから、飛び六胞は2重だから足りないと感じたんですよね。そこからイム達の目は突出して何か秘密があるんだろうなぁ って気がしてます。

    http://onepiece-latestlab.com/blog-entry-264.html

    ちなみにイムの目については記事にしてますんでヨロシクでーす!!

    Re: タイトルなし

    CP00さんコメントありがとうございます

    もう一人の王、そしてジョイボーイについても謎のままですよね。同一と考えて良いのか違うのか。ここはまだまだ自由に議論したいところです。

    20年たってカイドウが聞きたい事については、これから更新する次の記事で触れてます。もっと身近な事で聞きたい事が出てきたんじゃないか、と。そこはまた覗いて頂ければと思います。

    カイドウの息子については僕も同じで、およそカイドウとは似つかないキャラなんじゃないかと考えたり。どんなキャラが出て来るか楽しみに待ちたいですね!!

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事