fc2ブログ

【第976話展望ポイント】奇襲を成功させる為に…

「鬼ヶ島」討ち入りの作戦は!!! 何一つ狂っていない!!!

鬼ヶ島への討ち入り作戦は何一つ狂ってはいない!! 当初の4千200人の戦力に狂死郎一家(200名)と牢屋敷の千人の侍達が加わって総勢約5千400人が鬼ヶ島へ向かいます。


しかし、それでも敵は3万人の兵力。まともにブツかっては勝ち目はなさそう…。

ー画像はONE PIECE 第975話より引用ー


第975話で僕が気になったシーンはというと。

鬼ヶ島へ連絡を取ろうとする百獣海賊団の兵
ONE PIECE 第975話より引用

百獣海賊団の兵が鬼ヶ島へ連絡を取ろうとしている部分なんです。知らされてしまうと待ち構えられるんですね。まんまと内通者カン十郎の裏をかく事に成功したのだから、このまま相手側には悟られずに鬼ヶ島へ上陸し、こっそりとカイドウの屋敷へと侵入したいトコロなのです。いわゆる奇襲ですね!!


ですから、すでに狂死郎が赤鞘九人男だと連絡されてしまったとしても、総勢約5千400人の大船団が鬼ヶ島に向かいました…とは言わせてはならないのです!!


オロチに作戦がバレてる
ONE PIECE 第955話より引用

↑カン十郎からオロチへの連絡は常に文書によるものでした。20年の時を越えてからのカン十郎にオロチは会ってません(第959話)。こちらは大丈夫なんですね。問題はスマシや電伝虫による連絡をどうにかしなければならないのです。一瞬で情報が届いてしまうのが厄介なのです。


百獣海賊団の3隻の海賊船を全て海に沈めた上で、空を食べるSMILEの能力者をも どうにかしなければならないのです。その空を飛べるSMILEの能力者がスマシを持っているんでしたよね。


それ以外にも方法はあるんです。今 思い浮かぶモノとして、オロチ&カイドウに連絡をさせない為の方法が3つあるのです。


①ローのシャンブルズ

海兵の持つ電伝虫を奪い取るロー
ONE PIECE 第661話より引用

パンクハザードでローがG-5の海兵達から電伝虫を奪い取っていました。一瞬にして海兵達の懐から全ての電伝虫を奪い取る方法がローにはあるんですね。


②カリブーが親分タニシを飲む

カリブーが親分タニシを飲み込んだ
ONE PIECE 第946話より引用

ワノ国の「スマートタニシ(スマシ)」というのは、各郷に1匹はいる親分タニシを介して通話する仕組み。カリブーが兎丼の親分タニシを飲み込んだなら「兎丼全域で通信が途絶える(第946話)」のです。ここ常影港は兎丼の港であります。


③お玉の“きびだんご”

ババヌキを従えたお玉
ONE PIECE 第952話より引用

お玉の能力“きびだんご”には動物を従えるチカラがあり、SMILEの能力者にも効果があります。これがあったからこそ兎丼の採掘場が制圧された事が敵側にバレなかったのです。



この3つの中で最も気になるのが③です!!


お玉は
鬼ヶ島に行かないの!?




お玉の能力というのは とても強力なんです。SMILEの能力者を寝返らせる事が可能なんですね。それだけではありません。

第975話チョイ見せ!! 上段
ONE PIECE 第975話より引用

↑この、おそらくカン十郎が絵から具現化させた蛇ですら従えてしまうんじゃないだろうか。


お玉がこっそりとサニー号の船内に忍び込んでる可能性があるんじゃないか。あるいは、しのぶとモモの助を救う為に遅れて常影港に現れるんじゃないか。どちらかの可能性がありそうな気がしてるんですよね。


それに加えて、

お玉とスピード
ONE PIECE 第919話より引用

スピード(ウマ美)の その後が気になっている事もあるんです。第923話でスピードの身柄はルフィから百獣海賊団の兵へと渡されていたんです。そこから どうなったのか全く分からないんです。


スピードは“きびだんご”でお玉の家来になっています。もしもスピードが鬼ヶ島にいるんだとして、尚且つ何らかの助けになってくれるのなら、お玉がいないとダメなんですね。お玉以外には従わないからです。


うーん、難しいトコロですよね。


もう お玉の活躍はシッカリ描かれましたしね。決戦が終わるまで出番は無いのかも知れません。でも共に鬼ヶ島に行くのなら“きびだんご”の能力は有効です。今回話題にしている、奇襲を成功させる上での情報操作にも有難い存在となりそうなんです。連絡を途絶えさせるのではなく、嘘の情報を与えて油断させる事すら可能なのです。


僕には、第976話を展望する上で お玉の存在がどうしても気になるんですよね。まぁ 敵に全てがバレた上で正面突破するのも面白いんですけども。さてさて、どうなるんでしょうかね!?

関連記事
スポンサーサイト



SHARE
ワンピース最新話考察/感想/ネタバレ