fc2ブログ

【最新話 第975話】“錦えもんの一計”

の週刊少年ジャンプ2020年17号に掲載のONE PIECE第975話!!

表紙絵は“ギャング・ベッジのオーマイファミリーです。
第975話扉絵
vol.23「誰だか知らないけど、助けてくれてありがと♡」

ゴッティが救出したのはシフォン(おかみさん)じゃなくローラだった!! もう表紙連載も本編も勘違いばっかりじゃないか。となると、皆んなが駆けずり回っている間にシフォンが何をしてたのか。これがオチになりそう。そしてゴッティ♡ローラのベストカップル誕生で〆るのかな?


では本編です!! タイトルは “錦えもんの一計”です!!

ー画像はONE PIECE975話より引用ー


第975話チョイ見せ!! 中段
ONE PIECE 第975話より引用 

内通者カン十郎は目の前で起こっている事実に理解が追いつかない。オロチ様は何も対策を打っていなかったのか!?と。


ちゃんと打っていたんです。オロチからの連絡でサニー号は爆破されていた筈だった。

この船は“宝樹アダム”で作った“千の海を越える船”だぞ!!
ONE PIECE 第975話より引用 

ただし、宝樹アダムの耐久性を見誤っていたのです。ものすごい爆発をしてましたけどね… 大丈夫!! ただし帆の修繕に手間取ってしまったみたい。この修繕に総出で取り掛かっていたが為に錦えもんのスマシに出られなかったという事でしょうか。ルフィとゾロに関しては爆睡です。


このサニー号組は錦えもんから聞いていた通り常影港へやって来ました。しかし、聞いていたのと違っていて不思議に思っています。軍勢も船も大量の武器も揃っていない。そこで錦えもんが作戦の漏洩を詫びる。百獣海賊団側がペラペラと補足してくれるんですが、そこに1つ重要な情報が入ってたんですね。


絶望を重ねる様で悪いが
今日の宴は百獣海賊団と
かのビッグ・マム海賊団の「同盟」を
記念する宴でもある!!!


ーONE PIECE 第975話より引用ー




ルフィ達はマムが来ている事を知っています。兎丼の採掘場で見ているキッドも知ってる筈です。しかし、カイドウとマムが同盟を組むまでは知りません。

マムとカイドウの海賊同盟を知るキッドとロー
ONE PIECE 第975話より引用 

キッド海賊団とハートの海賊団はどよめく。


ローがドレークと思われる人物に解放されたのは…

ローを逃した者の陰謀
ONE PIECE 第954話より引用 

6日前の事であり、その時はまだカイドウとマムは同盟を組んではいませんでした。カイドウとマムの海賊同盟についてローは初耳ですから、解放されてからもローとドレークに繋がりがあったとは思えません。ドレークからローへ情報は渡っていないのです。つまり、あれっきり別れていますね。ローの背後にドレークはいない!!


次にキッドです。彼とマムとなると…

マムから奪うべきものを奪い去ったキッド
ONE PIECE 第928話より引用

キッドはホールケーキアイランドで「奪うべきもの」を奪い去っていましたよね。それは手負いにした将星(スナック?)から奪ったモノなのか、はたまたホールケーキアイランドにあった“何か”なのか。それは今回の決戦で使われる様なモノなのか。


また別記事でシッカリ考えます!!


さてさて、


ルフィ&ロー&キッドの3船長に対して、百獣海賊団は1番してはならない事をしてしまいます。事もあろうか「小物共」と煽り立ててしまうのです。それにカチーンと来た3船長!!

競い合うルフィ達3人の船長
ONE PIECE 第975話より引用 

ルフィ「全員下がってろ!!!」
ロー「バカ お前が下がれ!!」
キッド「お前ら2人共 邪魔すんな!!!」


こういうのホント大好き!! 腕を伸ばして向かうルフィ、磁力で自らを引き寄せさせる事で敵船に向かうキッド。そんな2人に先んじてローが能力でワープ。ここでも言葉の端々にトゲがあるんです。一言多い(笑


3人が3人共に必殺技を繰り出す!!


キッド「磁気魔人(パンクロットン)」
ルフィ「弾む男(バウンドマン)」
ロー「ROOM」


やっぱりキッドの戦闘は新鮮ですね!! パンクバンドのピストルズのロットン(vo)ですか?このキッドを見てて思うんですけど。おそらく彼は磁気(ジキジキの実?)の能力なんでしょうけどね。キッドが雷や電気を帯びたらどうなるんですか?ゼウスいるしなぁ。


さて、3船長の攻撃に百獣海賊団の海賊船は大爆発!! それでも何やら3人で言い合ってます。おれの攻撃が凄かった、いや おれだ… ってトコロでしょうか。この調子でカイドウやマムとも戦うのでしょう!!


そこに現れるのが狂死郎の船です。


味方が現れたと喜ぶ百獣海賊団側ですが、狂死郎が攻撃したのは まさかの百獣海賊団の海賊船。ここにいる誰もが狂死郎=傳ジローである事を知らないのです。アシュラ童子も警戒します。そんな中 狂死郎が語り出したのは、狂死郎一家200名を討ち入りに助太刀させて欲しいとの事。話の見えない者達を前に狂死郎が続けたのは…

40年前の「山の神事件」について語り出す狂死郎こと傳ジロー
ONE PIECE 第975話より引用 

40年前の「山の神事件」の真相であります。世間で言われる様な光月おでんが起こした騒ぎではなく、本当は錦えもんの仕業だったという話。これを知るのは錦えもんと傳ジローしかいないのです。これにより間違いなく狂死郎=傳ジローとなるのですが… 本当に上手いですよね!! 物語の構成が。


傳ジロー(狂死郎)は羅刹町牢屋敷の同志達1000人も連れて来てくれていました。これにより1200人が助太刀に来てくれた事になるのですが、そこで狂死郎の口から思わぬ話が飛び込みます!!

判じ絵の二本の線は腹の絵を消す事を意味する“文字抜き”
ONE PIECE 第975話より引用 

なんと判じ絵の「ハブの腹に線二本」の変更には“文字抜き”の意味があったんです。「はぶみなと」の中を抜いて「はと」に変更ですよ、って事だったのです。


錦えもんは各郷の同志達に対して変更点だけしか伝えていませんでした。

錦えもんから康イエからのメッセージが伝えられる
ONE PIECE 第954話より引用 

一言も「常影港(トカゲみなと)」とは伝えてなかったのです。これ以降も一貫して「約束の港」としか言ってません。これが功を奏したんです!! 誰もが康イエによる変更で「はと」に集合地が変わったと理解していた。

4千200の軍勢は作戦通り刃武港の「波止」に身を隠していた
ONE PIECE 第975話より引用 

それゆえに、4200人の軍勢はキチンと「はと」に潜んで待っていたんです。刃武港の「波止(はと)」にです。九里の伊達港の船も爆撃される前に出航してたんです。破壊されたのは使用する以外の船だったんですね。


これらを狂死郎こと傳ジローは「頭の切れる男」錦えもんによる策略だと思った!! 内通者の存在を察しての事なんでしょ、と大絶賛です!! しかし、当の錦えもんはというと…

「トカゲ」じゃなくて「ハト」って読むのか!!!
ONE PIECE 第975話より引用 

読み間違えをしてただけの事だった!! まず鼻を拭きなさい(笑


ここで、しかも こんなカタチで「そのリーダー格 錦えもんは頭の切れる男だ!!」(第932話)というオロチのセリフのオチを持って来るとは考えもしませんでした!! やられましたね。


さてもさても、

「鬼ヶ島」討ち入りの作戦は!!! 何一つ狂っていない!!!
ONE PIECE 第975話より引用 

鬼ヶ島への討ち入りの作戦は何一つ狂ってはおらず!! 総勢約5千400名の軍勢が集まる事となりました。ここにネコマムシの侠客団とジンベエが来てくれて… 総勢5600人になるって寸法なんでしょうね。ゴム(56)となる。先にワノ国に到着したイヌアラシの銃士隊が200人と説明されています。それと侠客団が同数の200人だとすると、それで5600人になるんです。


そのネコマムシが助っ人を連れて来てくれるとして、誰かを単独で連れて来てくれるって事になりそう。例えば、イゾウが元白ひげ海賊団16番隊の仲間を引き連れて…ってカタチにはならないっぽい。ジンベエも単独ですかね。もしもゴム(56)にこだわるのなら そうなりますよね。


で、次回は休載との事です(ガックシ


4月6日(月)のWJ19号にて再開の予定だそうです。表紙&巻頭カラーになるみたいですから楽しみに待ちましょう!! 4月3日(金)にはコミックスの発売もありますしね!!


それまでに色々と書いて行きたいです!!

 
関連記事
スポンサーサイト



SHARE
ワンピース最新話考察/感想/ネタバレ