【第973話考察】トキは過去から逃げてきた

第973話。光月おでんがトキに問いかけます。

トキ お前も…探しに来たんじゃないのか?

トキ お前も… 探しに来たんじゃないのか?
800年の昔から
世界がひっくり返る日を…



しかし、どうやら そうじゃないみたい。

ー画像はONE PIECE 第973話より引用ー


ここで言われている「お前も…」の部分。それは、問いかけている光月おでんを含むロジャー海賊団と同じという意味だと思うんですね。すなわち…

その者が800年の時を越え現れる時
ONE PIECE 第972話より引用

800年の時を越えて現れるジョイボーイ!!

つまり、お前もジョイボーイを探しに来たんじゃないのか?と問うているんだと思うのです。そして 光月おでんは続けます。


ならば
20年先へ飛べ…!!
お前の望む…




と ここでトキは光月おでんの口を塞ぐ。続くのは…


「世界の夜明けが待っている」


こういう事だと思うんですね。800年前からトキが探しに来たのはジョイボーイであり、その人物によって世界に夜明けが訪れるだろうから20年先に飛べと言おうとした。これこそがトキの望みだと光月おでんは考えた。

しかし、トキは死に際にこう心の中でつぶやく。


トキ「私は過去から逃げてきた…」

おでんさん…
私は過去から逃げてきた…

未来へ飛べば
誰かがやっててくれる
って…
私… 思ってた…!!



ーONE PIECE 第973話より引用ー




なんと、「誰かがやっててくれるって…」と思っていたというのです。ジョイボーイについて何も知らないかの様なのです。ここはとても重要なポイントになりそうなんです。未来に逃げれば誰かが世界をひっくり返してるだろう… それくらいの事しか考えていなかったんですね。


そんな風な…どこか他人事の様な未来に対して、トキは光月おでんとの出会いによって自らの考え違いに気付いたんだと思われるんですね。未来に行けば何とかなるという様な事は決してない。それは単に“今現在”から逃げているだけ。そうじゃない、未来は自分で切り拓くモノだと光月おでんに教えて貰った。


だからこその…

トキ「見てて おでんさん」
ONE PIECE 第972話より引用

第972話のヒキなんだと思うんですよ。もう私は逃げません!!ってね。何としても光月の血を引く2人の子供を家臣と共に20年後に送り届けるから、と。その決意の表情に他ならないと思うんです。


ただただ未来へ未来へと逃げて来たトキが、

光月トキの旅の終着点
ONE PIECE 第920話より引用

光月おでんとの出会いにより逃げるのをやめた。光月おでんこそが旅の終着点。もう逃げずに光月おでんと共に未来を待つ事にしたって感じですかね。


さて、


それより何より、トキは800年前のドコから逃げて来たのでしょう。「誰か」じゃなく「ジョイボーイ」と言っているのなら分かるんですよね。


ジョイボーイに代わって約束を果たしに来る者が現れる
ONE PIECE 第649話より引用


魚人島に伝えられた伝説の通りに「代わって約束を果たしに来る者」が現れると信じていると分かるのだから、空白の100年に滅ぼされた“ある巨大な王国”からなのかな?って。しかし、ちょっと違ってる風な言い回しになってる。トキからすれば探しに来たのではなく逃げて来たと言ってるんです。逃げれば誰かがやっててくれてるだろう、と。


それでも、その「誰か」というのが「Dを名に持つ誰か」なら分かる部分もありますんでね。少し言葉が足りなかっただけというなら 殊更に疑う必要もないのだけれど。どうも引っかかりますよね。トキの旅の目的はジョイボーイにはない。それが判明した回とも言えるのです。


天月トキは800年前のドコからワノ国を目指したのでしょう。トキの両親は何があってワノ国を離れていたのでしょうね。まだまだ謎は深まるばかりです!!

関連記事
SHARE
ワンピース最新話考察/感想/ネタバレ