【第971話考察】黒炭オロチと黒ひげティーチ - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    【第971話考察】黒炭オロチと黒ひげティーチ

    黒炭オロチ「おれはバカが恐くて眠れなかった!!!」

    眠れなかった!!!


    このセリフと黒炭オロチの「黒」ですよね。どうも“黒ひげ”マーシャル・D・ティーチがチラチラしてしまうんですよ。

    ー画像はONE PIECE 第971話より引用ー










     
    ティーチは寝てない!?
    ONE PIECE 第966話より引用

    バギーによると、ティーチは夜の休戦中に寝てなかったどころか、生まれてこの方「一度も眠った事がねェ」という話があったんですよね。


    どうも被せて来てますよね?と。


    黒炭オロチの過去に通じるモノが黒ひげティーチにもあったのかも知れません。では黒炭オロチには何があったのか。それを見て行く必要がありそうです。僕が注目するのはココ!!


    黒炭家は大名殺しの血族

    罪を犯した張本人は
    とうに死んでんのによ!!


    ーONE PIECE 第971話より引用ー 

     


    大名殺しをしたのは祖父です。その人間が裁かれるのは良いとして、残された親族までが なぜ裁かれなければならないんだ。これがオロチの言い分です。罪を犯した張本人は死んでいるのに「黒炭」の名がつけば罪人になってしまう。この理不尽さに黒炭オロチは復讐を誓うのです。ワノ国を滅ぼしてやる、と。


    ここが被っているんだと僕は思うんですね。


    黒ひげティーチは頂上戦争でこう言いました。


    よォく世界に伝えときなァ…!!
    平和を愛するつまらねェ庶民共!!
    海兵!!! 世界政府!!!
    そして…海賊達よ!!!
    この世界の未来は決まった…


    ーONE PIECE 第577話より引用ー




    黒炭オロチの場合は「ワノ国」だけだったのが、黒ひげティーチの場合は「この世界」に広がる規模で復讐を胸に持ってるんじゃないだろうか。張本人は死んでいるにもかかわらず、その罪で自分が理不尽な扱いを受けた事に、ですね。


    そこで黒ひげティーチという人物についてです。

    2つの能力を手に入れた黒ひげティーチ
    ONE PIECE 第577話より引用

    悪魔の実の能力が2つ持てる。そして、寝る筈の時間に起きている。これらから、ティーチの中に複数の“人間としての要素”がある事が分かります。それを「魂」として良いかはまだ分かりませんけどね。少なくとも“1人”じゃない。


    仮に2人(あいつら)なんだとして。


    どちらかに黒炭オロチと同様の何かがあるんだと思うんです。どちらかの血族に「罪を犯した張本人」がいるのかも。


    ひとつ考えられるのが…「D」です!!


    ある巨大な王国
    ONE PIECE 第395話より引用


    空白の100年に滅ぼされたと考えられる「ある巨大な王国」が、世界政府の支配する世界においては罪を犯した張本人となっていて。それが故にティーチが迫害を受けた過去がある!?


    しかし、これだとルフィだってエースだって該当するんです。少なくともルフィは「D」である事で世の中から虐げられてはいません。ガープやサウロなどは海兵になっています。何も「D」だからといって世界政府が迫害している形跡はありません。


    となると…


    黒ひげティーチの中の
    「D」じゃない
    もう1人の方の血族に
    罪を犯した張本人がいる!?



    直接 黒ひげティーチが何かをした訳ではないんだけど。彼の中に存在する何者かの血族が犯した罪によって迫害を受けた過去がある。迫害したのは「この世界」。世界政府・海兵・海賊・庶民の全てが恨んだ誰か。その誰かが黒ひげティーチの中にいる。この線じゃないかな?


    かつて僕は「ロックス」が黒ひげティーチの中に存在するのではないかと書いた事があります。今でも そう考えています。ロックスも「D」なんですけど…

    ゴッドバレーは跡形もなく消えているんだ
    ONE PIECE 第957話より引用

    彼はゴッドバレーにあったタブーに触れてるんですよね。ここが関連してる可能性ありますかね。



    何にせよ、黒炭オロチと黒ひげティーチには共通するモノがある様な気がします。中でもポイントは「張本人は とうに死んで」るにもかかわらず犯した罪を背負わされた事にあると考えます!!


    どう思われます?


    ONE PIECEランキング
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    関連記事