【光月と天月】天月トキの念願 - ONE PIECE最新考察研究室
FC2ブログ

    記事一覧

    【光月と天月】天月トキの念願

    天月トキ「ワノ国へ行く事が幼き頃からの念願でございます!!」 
    「ワノ国」へ行く事が幼き頃からの念願でございます!!


    そう語る光月トキ。彼女は800年近い時を超えてやって来たのです。後に念願は叶いワノ国に辿り着ける訳ですが。なぜワノ国に行きたかったのでしょう。何か裏がありそうですよね。

    ー画像はONE PIECE 964話より引用ー











      天月トキが生まれたのは800年くらい前 ONE PIECE 964話より引用

      800年くらい前に生まれたという天月トキが空白の100年の謎に関係しているのは間違いないと思うんです。


      だからといって、


      空白の100年が明けてからの世界をどうにかしようという目的は持っていなかったのではないかと考えます。それがあったのなら…

      光月トキの旅の終着点 ONE PIECE91巻 920話より引用 

      トキ自身も20年の時を飛んでいた筈なんです!! 彼女は残ったんです。光月おでんが処刑されて死んだ日に、共に死ぬ道を選んだんですね。


      光月おでんはロジャーと共にラフテルへと辿り着いたと言います。世界の秘密も知った。しかし、世界をひっくり返しはしなかったのです。つまり、ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)は見つけていない。

      白ひげ「世界はひっくり返るのさ…!!」 ONE PIECE59巻 576話より引用

      ↑白ひげの言葉から考えて、ワンピースを見つけたら世界はひっくり返る筈なのです。


      見つけないままにしたって事なのかな。ここはまだ詳しく分かりませんが、ロジャーの死に際の「そこに置いてきた」に繋がる可能性はありますね。ロジャー海賊団はワンピースを見つけないまま置いて来たって事かも。



      トキが死を選ぶ20年前では、空白の100年に端を発する問題に決着はついていないんですね。しかし彼女は「旅の終着点」には辿り着いていたと言います。トキの旅に関しては決着はついているんです。何らかの目的があったとして、その目的は果たされていた。



      トキの旅の終着点とは…


      光月おでん!!!




      ワノ国に辿り着き、光月おでんと出会えた事がトキの旅の終着点だったと言うんです。ならば何が考えられるのか。ここになって来るんです。


      天月トキは“トキトキの実”の能力を駆使して、800年くらいの時を少しずつ少しずつ飛びながら旅をしていたんです。危険が及べは少し先の未来へ飛び、また危険があれば…といった具合に。

      天月トキ「また未来へ飛ぼう」 ONE PIECE 964話より引用

      光月おでんと天月トキの出会いは奇跡です。あと少し光月おでんの到来が遅れていたら天月トキは未来へ飛んだ後だったのです。


      あの時 光月おでんと出会えていなくても、天月トキは別の時代を旅してワノ国を目指した筈なんです。それを考えると、結果的に光月おでんとの出会いが旅の終着点になったのだが、当初は光月おでんが目的ではなかったのではないかな?とすれば…


      トキの目的とは


      光月家? 




      ワノ国の光月家に会いに行く事こそが最初の目的だったのではないだろうか。つまりはですね…



      光月家と
      天月家とが
      再び共になるのが
      目的だった!?




      ここに空白の100年の謎が絡んで来るのではないだろうか。



      空白の100年に光月家と天月家が離れ離れになる出来事があった。引き離されたのか…敵対関係になってしまったのか… どちらもワノ国に居たんだけど、天月家だけはワノ国を離れる事になった。そういう過去があるのではないだろうか?


      それが光月おでんと天月トキによって両家が再び一緒になる事が出来た。

      光月トキの能力 ONE PIECE91巻 920話より引用 

      モモの助と日和という2人の子供をもうける事も出来た。それが天月トキにとっての念願成就だと考えればどうでしょう。


      あとの事は息子のモモの助と家臣達がやってくれる。任せれば良い。もう自分自身の願いは叶っているから。もうモモの助と日和という両家の血を繋いだ子が残ってる。光月おでんが死ぬ日に天月の自分も死のう。もう離れ離れにはなりません。そんな想いがあったのかなぁと。


      では、光月と天月が離れ離れになった経緯とは何なのか。引き離されたのか敵対関係になったのか。そこを考える上で着物の紋が気になるんですよね。
      おでんの胸に三日月の紋 ONE PIECE 961話より引用

      光月おでんの着物の「月」と

      天月トキ ONE PIECE 964話より引用
       
      天月トキの着物の「月」です。


      月の向きが逆さま



      光月おでんは三日月
      天月トキは逆さ三日月



      月の印こそ反乱の意志 ONE PIECE91巻 921話より引用 


      逆さ三日月は
      反乱の意志!!




      これが何を示しているのか。光月家と天月家の過去を考える上で重要なヒントになっているのかも知れません。天月家は裏切ってワノ国を出てたのかなぁ。ここはまだ結論とするのは難しいですけどね。


      何にせよ、過去に光月家と天月家が離れ離れになっていたのがトキの旅によって再び共になる事が出来た。それが ある意味で天月トキの念願だったと考えればどうでしょうか。また、その離れ離れになる原因が空白の100年の謎に迫るものだと考えています!!



      どうなんでしょうね?


      ONE PIECEランキング  
      関連記事
      スポンサーサイト



       

      コメント

      No title

      光月に会うのが目的であったならおでんとの会話でそういう話が出ているのではないでしょうか?
      もう自己紹介は済ましてるでしょうし。
      おでんが本名を名乗らなかったなら別ですが、仲間は本名知ってるからそれも意味はなさそうですし。

      ところで上下天光という四字熟語があるようです。
      そこから取っているなら上月という一族もいそうですね。
      (霜月=下月として)

      あと、トキトキの実の能力は今どうなっているのでしょうね?
      トキ自身はあそこを終着点と決めたにせよ、自分が死んだ後の能力の行先を考えていないとも思えません。
      空白の100年当時から来たトキは悪魔の実の仕組みを知ってるでしょうし。

      Re: No title

      コメントありがとうございます フォウさん


      長い旅の終着点が「光月おでん様」というのは先に明かされてましたから。ワノ国に行きたいと言って嫌そうにされても光月おでんには会えたんだね、となってます。あとは本編で何が目的だったかが本人の口から明かされるのを待つだけなんですけど… どうでしょうかね。記事内容で待ってみます。


      トキトキの実はお玉関連で謎が残ってます。エースとの出会いと年齢の件なんですが。ここで絡んでる可能性あると考えてます。あと空白の100年の頃から来たからといって悪魔の実の仕組みを知ってたとは限らないかも。Dr.ベガパンクが解明した部分が大きいかも知れませんので。

      No title

      ご返信ありがとうございます。

      「光月おでん」との間の子供を得られた事がトキにとっての終着点だったのか、「おでん」という愛する人に出逢えた事が終着点なのか、ですよね。
      800年前からの一族の念願みたいなものがあったとして、彼女にとってそれが全てだったのか、光月ではないおでんと出逢っていたとしたら彼女は旅を終えなかったのか、いろいろ頭に浮かびます。

      悪魔の実の事ですが、人間が造り出したものを反映した能力であるブキブキやホビホビ、人間の想像上の動物を反映した幻獣種などを考えると、自然界に存在してるものとは考えにくいように思います。
      人造悪魔の実と呼ばれるSMILEだけでなく純正の悪魔の実にしても人間の作ったものの可能性が高いのではないでしょうか?
      そして悪魔の実を生み出した技術がどこに由来するのかというと、やはり空白の100年の巨大な王国ではないかと思うんですね。
      ベガパンクによって近年解明されてるということは、かつての連合国側(現在の世界政府)が持っていた技術ではないのだろうと思えます。
      だとしてもトキが空白の100年にどういう立場の人間だったかは分からないですが。

      Re: No title

      お返事ありがとうございます フォウさん


      悪魔の実については難しいところなんですよね。


      そういうものが存在する世界なんだ、という考え方。あくまでも舞台設定の一つに過ぎないのかも知れないんですね。不思議な悪魔の実が存在する世界で物語が展開されている。

      逆にフォウさんがお考えの様に、ある時 誰かが作り出したモノなんだという考え方。元からあるモノではない。


      ここで悩むんですよね。悪魔の実の起源というのに考察の余地があるのかどうなのか。なかなか僕は踏み込めずにいるんです。例えば人造悪魔の実というものがあって。元から悪魔の実が人工的なモノならば、一から作り出せたり完全なコピーが可能だろうに出来ない。モモの助の龍にしろSMILEにしろ。それは自然のモノを真似て不自然に作り出しているからではないのか、と。そういう考え方も出来たりするのかなぁと。


      でも まだ人造悪魔の実の全容が解明されてはいませんしね。なかなか言い切れない部分はありますが、この問題については僕からは少し待たせて頂きたいです。すみません。

      こんばんは!

      ずっと続けていた旅をここで終わりにするという事は、何らかの目的があったにしてもその目的は果たされた…
      という事?になりますよね。

      おでんと共にある事を選び、家臣やモモの助に想いを託した。


      何かしらの理由で生まれ育ったのが国外で?いつか故郷へという強い想いを持ってたのでしょうかね。
      幼い頃から身近な人に話を聞いてたのだろうか。
      ワノ国には四季折々の美しい風景がある事や、両家の話、等々…。


      そして、あの島で運命の出会いが♡
      今後の過去編が気になるところですね!

      その息子のモモの助が象主とコミュニケーションを取れますが、特別なのでしょうかね。
      2人の特性を併せ持つハイブリッド的?な。
      または、しらほしのように数百年に1度生まれる…みたいな。汗

      Re: タイトルなし

      コメントありがとうございます 詩空さん

      こんばんは

      この天月トキという女性の謎を解き明かす事が空白の100年の謎を解き明かす大きなポイントになる様な気がします。この過去編はとても重要っぽいです!!


      どうやらワノ国の事は聞いた話のみで何も知らない様な。ここも大きな謎なんですよね。早く新たな情報が欲しいところ。


      象主との事で、モモの助が会話できたのは天月トキが関係してると思います。ある種 しらほし姫に似たところはありますけど…天月トキがそもそも数百年を超えて来てますからね。数百年に一度というのはどうでしょうか。


      色々と考えてみます!!

      コメントの投稿

      非公開コメント

      関連記事