【第961話考察】光月おでんはカイドウを倒せなかったのだろうか - ONE PIECE最新考察研究室
FC2ブログ

    記事一覧

    【第961話考察】光月おでんはカイドウを倒せなかったのだろうか

    おでんの胸に三日月の紋
    巨大な山の神を一刀両断して見せた光月おでんの恐るべき強さ。後にロジャー海賊団の船員としてグランドラインを制覇するのですから その強さもうなずけます。しかし、その強さをもってしてカイドウには勝てなかったというのでしょうか。


    何かありそうですよね。










    黒炭オロチが将軍の座につく経緯において、
    オロチはおでんに大恩がある
    ↑姑息な計略を図った事は判明しています。何らかの計略で光月おでんを陥れて処刑にまで持ち込んだっぽいのです。


    そんな黒炭オロチの力の拠り所はカイドウであって。カイドウ抜きでは将軍になどなれなかった筈なんですね。康イエ(トの康)にしても「カイドウという“怪物”を前に仇討ちならず」と話していました。黒炭オロチだけなら何って事はなかったんじゃないだろうか。


    20年間 どうしてもカイドウの首一つが取れなかったのです。もしも 光月おでんがカイドウを討ち取っていたなら、ワノ国の悲劇は起こらなかったと思われるのです。そして、光月おでんとカイドウの交戦の形跡はあるんですね!!
    名刀「閻魔」
    光月おでんは名刀「閻魔」を使ってカイドウに傷をつけたんです。
    百獣のカイドウ登場
    ↑確かにカイドウの右脇腹に傷痕がありますよね。


    この時の勝負の行方は どうなっていたのでしょう。


    カイドウの実力が完全に光月おでんを上回っていたとは思えません。カイドウが光月おでんを抑え込めていたのなら、姑息な計略など必要なかったと思うのです。おそらくは姑息な計略を使わねば光月おでんを処刑できなかった。カイドウの力に頼っても、黒炭オロチは光月おでんを討てなかったって事だと思うんですね。



    おそらくカイドウは光月おでんに勝てなかった。しかし、光月おでんもカイドウに勝てなかった。傷をつけただけで終わったか… 傷をつけた所で それ以上は手を出せない状況になってしまったのかも。
    カイドウ「お前の父は… バカ殿だ」
    そこに、カイドウが光月おでんに対してバカだと思う理由がありそうな。プラス黒炭オロチの姑息な計略がポイントになりそうな。そんな気がするんですね。


    そこで浮かぶのがコレです。
    おでん様の盾とならねばならぬ我らが…
    どうやら家臣である赤鞘九人男を守って 光月おでんは処刑に臨んだっぽいのです。部下の身代わりに命を捨てるなんて、カイドウからすればバカ以外の何物でもないって事なのかも知れません。


    もしかすると、この部分において
    イヌアラシとネコマムシの抗争
    イヌアラシとネコマムシの大ゲンカの原因があるのかも知れません。光月おでん後に2人はイガミ合いをしています。ここはまだ明かされていません。



    ただ、今回の山の神とカイドウとは通じるものがあるんですよね。
    カイドウは国を守る「明王」とされていて
    カイドウは国を守る「明王」とされています。ワノ国ではカイドウも神の部類なのかも。おそらくは23年前の海賊騒ぎの折に海賊モリアを撃退したからこそでしょうか。ワノ国を守ったのがカイドウって事になってるのかも。


    山の神を殺して更に「明王」を傷つけた事でワノ国の人心を失ったって可能性もあるんですよね。山の神事件ではまだ光月おでんは人心を失ってはいません。絶縁されて都を追放されたといっても完全には孤立していないんです。
    蔑まれる「光月」の名
    光月の名が蔑まれる何かがあるのも確かですんで。ここも無視はできません。



    今のところはコレが限界でしょうか。光月おでんは実力ではカイドウに勝てた。でも勝てなかった。ここに大きな理由がありそうなんです。何かを守る為にカイドウを倒さなかったと考えています。それが果たして赤鞘九人男だったのか、ワノの庶民だったのか。これからの過去編で出て来そうな予感がしてます。どうなるか待ってみたいです!!


    ONE PIECEランキング 
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ONE PIECEランキング