【古代兵器ウラヌスは原子力船】「マザーフレイム」と月の人達のエネルギー

マザーフレイムの炎 -ワンピース最新考察研究室.1114

「マザーフレイム」について色々と分かって来ましたね!!

-画像はONE PIECE 第1114話より引用-


【融合炉の「マザーフレイム」】


Dr.ベガパンクの配信を止めるべく奔走する五老星。“科学防衛武神”であり科学者であるジェイガルシア・サターン聖が自ら融合炉に向かう事とします。

何を壊せばヤバいのか自分なら分かるだろうって事なんでしょうね。だからってサターン聖では融合炉も「マザーフレイム」も作れないんですけどね。

裏口のロビン達には構わず融合炉のあるB棟1階に突撃。「マザーフレイム」の光に照らされるサターン聖。たじろいでます。それでも融合炉の手前にある装置を破壊。

ここに電伝虫がいたのか、あるいは「生命反応」があったので潰したという事なのでしょうか。ちょっと気になりますよね。「マザーフレイム」の製造に“生命”が関わるのかどうか(後述します別記事を立てます)。

間抜けなサターン聖の背後には…

融合炉のマザーフレイム -ワンピース最新考察研究室.1114
-ONE PIECE 第1114話より引用-

巨大な融合炉と、液体の中で燃え上がる炎「マザーフレイム」が描かれます。その迫力と共に、何か恐ろしいものを感じずにいられませんよね。サターン聖がたじろいだのも分かる。

融合炉には「S-108」や「A&Mu」と見えます。

これには「ウラン235(²³⁵U)」だとか「プルトニウム240(²⁴⁰Pu)」などが頭を掠めます。液体が何かは不明ですが、その中で燃えているって事はもう核反応を示唆しているのでしょう。

融合炉の中で「マザーフレイム」は燃え続け、その中で制御されているって事なんでしょうかね。その液体が「マザーフレイム」を生み出す原料である可能性もあるでしょうか。



【消えない炎】


第1114話のサブタイトルは“イカロスの翼”。人間が生み出した技術(テクノロジー)への過信を戒める神話ですよね。蜜蝋で固めた翼で飛んだイカロスは、太陽に近づき過ぎた為に落下してしまう。

永遠のエネルギーを夢見て生み出した「マザーフレイム」について、Dr.ベガパンクは太陽に近づき過ぎてしまったと言っているんでしょうね。それが世界を襲った地震に関わっているのに気づいているっぽい。

もし“消えない炎”がこの世にあれば… -ワンピース最新考察研究室.1065
-ONE PIECE 第1065話より引用-

以前リリスが「もし“消えない炎”がこの世にあれば… 太陽を作れるのに」と話していました。しかし融合炉の「マザーフレイム」こそが“消えない炎”であり「太陽は作れている」とも解釈できます。

あの時点でリリスが麦わらの一味に真実を語る義理はありません。“空白の100年”に関わるエネルギーとも考えられますからね。ペラペラ話せるハズもない。

こういった理屈もありそうですが…

ほぼ完成しているんだと思うんです。

Dr.ベガパンクが人工的に作った“悪魔の実” -ワンピース最新考察研究室.1067
-ONE PIECE 第1067話より引用-

人工悪魔の実を食べて龍になれても色がピンクというだけで失敗作とする(青なら成功)。Dr.ベガパンクはそれ程の「完璧主義の天才」でしたよね。

ほんの僅か違う。完璧に再現できてない。しかし性質は同一。実は「ある巨大な王国」の動力(古代のエネルギー)を再現できている。こういう事なんだと思うんです。



【月の古代都市のエネルギー】


資源不足で青色の星に飛んだ月の人 -ワンピース最新考察研究室.472
-ONE PIECE 第472話より引用-

資源不足で青色の星へ飛んだという月の人。エネルが月の地下都市で見た壁画に描かれていたものです。この月の人が青色の星で建国したのが「ある巨大な王国」ではないだろうか。

上の壁画にある「太陽」に見えるものが、エッグヘッドの融合炉と「マザーフレイム」によく似ているんです。月の人が描いただろう壁画に描かれる「太陽」に似るのです。

元々は月から来た人が「ある巨大な王国」の住人であり、その王国の高度な文明によるエネルギーを再現したものが「マザーフレイム」だとすればね。月にも「マザーフレイム」があったと思われます。

エネルのスペース大作戦最終回「燃料満タン! 立ち上がるエネル軍団」-ワンピース最新考察研究室.474
-ONE PIECE 第474話より引用-

エネルが雷で攻撃してエネルギーを補給したから、丸いガラス体の中に電気がほとばしっているのであって。本来ガラス体の中には燃え上がる炎があったんでしょ?

方舟マクシムだって同じく。



【方舟マクシムは原子力船】


方舟マクシムの甲板にある電気管 -ワンピース最新考察研究室.284
-ONE PIECE 第284話より引用-

マクシムの甲板にある電気管も、それはエネルが自身の能力を動力にしているから。本来は電気じゃない。そこは“消えない炎”だったんですよ。おそらくは。

つまり… 原子力船に近い!!!

“ゴロゴロの実”の能力者であるエネルから供給される圧倒的な電力があったらこそ代わりになったのであって。船を浮かせるだけのエネルギーとなれば月のテクノロジーがなければ無理!!

マクシムのガラス体に入るべきは本来“消えない炎”であったと思うんです。そのエネルギーで空を飛ぶ船を持っていたからこそ…

資源不足で青色の星に飛んだ月の人 -ワンピース最新考察研究室.472
-ONE PIECE 第472話より引用-

月の人は青色の星までやって来れた!!

壁画にある様な風船で飛んで来たのではないと思います。空飛ぶ船でやって来てる。月の古代都市ビルカの人々はね。だからこそエネルの故郷ビルカにマクシムの設計図があった。

こういう事だと思うんです。

ならばね?

エネル程のエネルギー、あるいは「マザーフレイム」なるエネルギーが無ければ船を空に飛ばす事など不可能だとします。だったらルルシア王国を消滅させたアレは何なのよ!!!



【「ある巨大な王国」の宇宙船の行方】


サボ「真っ黒い何かが雲の上を飛んでた」-ワンピース最新考察研究室.1086
-ONE PIECE 第1086話より引用-

ルルシア王国を消滅させた、サボが見た「真っ黒い何か」とは何なのか。雲の上を飛んでいたんですって。「生物や自然の何かじゃ説明がつかない」んですって。

これを動かしたのが「マザーフレイム」です。

世界政府イムが隠し持っているのは、月の人が青色の星に来る際に乗って来た宇宙船ではないかな?と。「ある巨大な王国」が所持していた宇宙船をイム達は奪い取っている!!

奪い取られているから、エネルの故郷ビルカには方舟マクシム(原子力宇宙船)の設計図が伝えられていたのではないかな。古代兵器プルトンの設計図がウォーターセブンに受け継がれていたのと似た様にです。

ただしエネルギーについては伝えていない。

もしかすると“歴史の本文(ポーネグリフ)”には古代のエネルギーの作り方を記した物があるのかも。古代文字が読める特定の者達だけの為に。つまり光月家に認められた者のみ!!

これで話が繋がると思います!!

そしてルルシア王国を消滅させたものこそ…

世界政府と古代兵器について語るドラゴンとイワンコフ -ワンピース最新考察研究室.1086
-ONE PIECE 第1086話より引用-

古代兵器ウラヌスなんでしょ!!?

古代兵器ウラヌスというのは、古代のエネルギーを動力とする宇宙船である。核エネルギーとは違っているでしょうから厳密には違うとしても、原子力宇宙船というのがウラヌスなんだと考えます!!

どう思われます???

ちなみにですね…

ウェザリア -ワンピース最新考察研究室.523
-ONE PIECE 第523話より引用-

ウェザリアにも電気管が見えますが、これも電気(雷を利用)を流していると考えてます。天候を科学する国ですからね。空島だから浮くのは問題ありませんが、自在に移動するのに電気を使ってそう。

その元となる原理は、空島だけに何かありそうです。これも「ある巨大な王国」から伝わるものがあるのかもね。ここら辺もまた出て来そうな気がします。



関連記事
SHARE

コメント 3

There are no comments yet.
詩空
2024/05/13 (Mon) 11:05

こんにちは管理人さん!

水槽の文字…。
Sは水槽のナンバーで数字は実験回数とか?
もう1つの方はアトムでしょうか?
やっぱり「鉄腕アトム」が過りますね!
原子力エネルギーが動力源でもあります。重水素燃料による核融合エネルギーが燃料とされていますが、マザーフレイムもそれっぽいようなものだろうか?と。

水の中でも燃える、まさに消えない炎…。
太陽エネルギーを持つ特殊な炎の特性と水分子の相互作用と高温と水の蒸発と不可視性と熱伝導の相乗効果があるかも?ですよね…。
ゆえに水中でも燃え続けることが出来るとか。汗

ミスト
2024/05/13 (Mon) 11:48

A&Mu は、アトムだと思いました!A(あ)&(と)Mu(ム)なので(笑)
今住んでいる場所が、元太陽だったというオチを期待しています!

名無し
2024/05/13 (Mon) 11:50

考察好き界隈ではずっと前から言われていたマザーフレイム=動力説がほぼ間違いない状況になりましたね
個人的な予想としてはプルトンやウラヌスなどの古代兵器をはじめとした空白の100年に動いていた機械はすべてマザーフレイムと同様の「消えない炎」を動力にしており、ジョイボーイの大罪とは地上にあった消えない炎を使えなくした=機械を使えなくしたことだと思います

ワンピース最新話考察/感想/ネタバレ