【消えない炎】「伝説の鉄の巨人」を動かす“古代のエネルギー”は… “意志”を燃やして作り出す!!?

「機械兵」を動かしたであろう“動力” “古代のエネルギー” -ワンピース最新考察研究室.1068

900年前に作られた伝説の鉄の巨人(古代の「機械兵)」を動かしたであろう“動力”… “古代のエネルギー”はどうすれば作り出せるのか。ようやく1つの方向性が導き出せた様な気がします!!

-画像はONE PIECE 第1068話より引用-



【何を燃やすかを研究し続けてきた】


火は全てのエネルギーに変換できる -ワンピース最新考察研究室.1065
-ONE PIECE 第1065話より引用-

Dr.ベガパンク(リリス)の案内で研究所(ラボ)にやって来たナミ達。エスカレーターに驚きを隠せません。フランキーが「どんな仕組みだ!?」「動力は!?」と質問します。

リリス「この島の動力は“火”だ」

“火”は全てのエネルギーに変換できるそうです。

そして、こう続けるのです。

もし“消えない炎”がこの世にあれば… -ワンピース最新考察研究室.1065
-ONE PIECE 第1065話より引用-

この世に“消えない炎”と言えるものがあるならば“太陽”を作れるのに… と。太陽の様に燃え続けるものが作り出せたなら、無限のエネルギーを手にできるワケです。

そこでリリス(=Dr.ベガパンク)は「何を燃やすか わしは研究し続けてきた」と言うんですよね。ここが重要なポイントになりそう。

Dr.ベガパンクは何を燃やせば“消えない炎”を生み出す事ができるのかを研究し続けて来ているんです。それが実現できたなら“太陽”を作れるのになぁと。

太陽は地上に「光」や「熱」といったエネルギーを降り注がせます。何ら分け隔てなく地上の全てにです。この研究が何に繋がるかは明白ですよね。

Dr.ベガパンクの夢 -ワンピース最新考察研究室.1068
-ONE PIECE 第1068話より引用-

それが実現できれば「世界中に無償で“エネルギー”が行き渡る世界」が作れる!! ここに繋がるんだと思うんです。太陽の恵みは対価を必要としません。

①火は全てのエネルギーに変換できる
②消えない炎
③何を燃やすかを研究し続けてきた


果たして“何”を燃やせば良いのか!?



【あいつらの炎が消える事はねェ】


頂上戦争で“白ひげ”エドワード・ニューゲートが死に際に遺した言葉。そこに“炎”というワードが出て来るんですよね。

あいつらの炎が消える事はねェ -ワンピース最新考察研究室.576
-ONE PIECE 第576話より引用-

あいつらの炎が消える事はねェ

これは何を示しているのか。

あいつら=“D”を名に持つ奴ら
炎=意志

あいつらの炎=“D”の意志


こういう事っぽいんです。

シャンクスもロジャーから何かを受け取った者達の1人 -ワンピース最新考察研究室.506
-ONE PIECE 第506話より引用-

ローグタウンの広場でロジャーから“何か”を受け取った者達が確かにいて、シャンクスもその1人だとレイリーが語っていました。その“何か”とは“意志”であって。

ロジャーの意志は血縁者ではないシャンクスに受け継がれている。そうやってエースの意志を継ぐ者も現れるだろう。「“血縁”を絶てど」も“D”の意志という「あいつらの炎」は消えない!!

こう“白ひげ”は言っているんですよね。

この“意志”をエネルギーに変換する!!



【“意志”を燃やして“太陽”を作る】


Dr.ベガパンクが追い求める“古代のエネルギー”というのは「燃える“意志”」から生み出される。“意志”という“消えない炎”から“太陽”を作る!! こういう事かも。

これが“太陽の神ニカ”に繋がるのであり…

ルフィのニカ化と鉄の巨人 -ワンピース最新考察研究室.1092
-ONE PIECE 第1092話より引用-

モンキー・D・ルフィが能力を覚醒させて“太陽の神ニカ”となり、その「燃える“意志”」が動力となって伝説の鉄の巨人の目に光が灯った!! こういう事なんじゃないかなと。

“太陽の神ニカ”となったルフィの“意志”が、「ドンドットット♪」の“解放のドラム”のリズムに乗って伝説の鉄の巨人に伝わった。これが伝説の鉄の巨人に内蔵されたシステムによってエネルギーに変換されたのではないかな。

エネルギーは至る所にあると言うDr.ベガパンク -ワンピース最新考察研究室.1068
-ONE PIECE 第1068話より引用-

Dr.ベガパンクが、エネルギーというのは至る所にあるから感じろと言っていましたよね。あらゆる物(万物)に“意志”は宿るという事を言っているんだと思うんです。

ゾロが感じた落ちてくる石の気配 -ワンピース最新考察研究室.195
-ONE PIECE 第195話より引用-

アラバスタ王国編でのMr.1との死闘におけるゾロが至った境地。これに通じるものがある様な気がしています。“気配”や“呼吸”、あるいは“声”というのは全て“意志”に繋がるのではないかな。

Dr.ベガパンクは突き止めてはいるんだと思うんです。しかし“意志”という非科学的なものをエネルギーに変換するなんて… どうすれば良いのか?と。

そこで「マザーフレイム」です!!



【「マザーフレイム」の製造】


Dr.ベガパンク(ヨーク)が「マザーフレイム」というものを作り出しました。それは世界政府に届けられ、イムによって使用されてルルシア王国が消滅。

もしも、この「マザーフレイム」というのが“古代のエネルギー”に近いものだとします。どうやってヨークは作り出したのか。何から「マザーフレイム」は作られたのか。

カプセルに入れられている世界政府諜報機関(CP) -ワンピース最新考察研究室.1076
-ONE PIECE 第1076話より引用-

世界政府の諜報部員から作った!!!

研究所の地下にある「旧“悪魔の実”研究室」のカプセルに閉じ込めたサイファーポールの諜報部員から「マザーフレイム」は作り出されたのだと考えます。

「CP5」の諜報部員に至っては、ろくな食事も与えられず2ヶ月に渡って閉じ込められているんですよね。「CP7」は1ヶ月間。そして「CP8」は2週間です。

どうして こんな事を?

それは彼らの「自由になりたいという強い“意志”」が欲しかったから!! それをヨークはエネルギーに変換したんだと思うんです。

つまり「融合炉(パワープラント)」というのは研究所の地下室なんだと思うんです。食事も与えずに閉じ込める事で「自由」への欲求を掻き立てたんだと思うんです。

研究所内には壊しちゃいけない場所がある -ワンピース最新考察研究室.1079
-ONE PIECE 第1079話より引用-

これこそがセラフィムに「研究所内には壊しちゃいけない場所がある」と教えていた場所であって、世界政府との取り引きにおいて最も重要な「マザーフレイム」の製造拠点だと考えます。

どうやってヨークが「融合炉」を完成させたのかは分からないんですけどね。“D”の意志とは「自由」を求める強い気持ちなんだと思うんです。それは諜報部員の現状と一致するんです。



【“古代のエネルギー”の危険性】


ルフィ「支配なんかしねェよ この海で一番自由な奴が海賊王だ!!!」-ワンピース最新考察研究室.507
-ONE PIECE 第507話より引用-

“古代のエネルギー”の源というのは「自由を求める“意志”」だと考えます。これこそが“白ひげ”のセリフから「消えない炎」に繋がるのであり、「ある巨大な王国」や「ジョイボーイ」や「“D”」に繋がる。

そして何より“太陽の神ニカ”から「太陽」へ!!

そんなエネルギーを探求する事は、世界政府にとって危険極まりないのです。もちろん“空白の100年”に関わる問題でもあるんですけどね。

世界中を“古代のエネルギー”が行き渡るという事は、世界中に「自由を求める“意志”」が行き渡るという事。支配体制を崩す意志で世界が満たされてしまう。

サターン聖「まだ何か隠しているのか?」-ワンピース最新考察研究室.1105
-ONE PIECE 第1105話より引用-

だからサターン聖は「進歩など必要ない」と言うのであって。Dr.ベガパンクが実現しようとする世界を訪れさせるワケにはいかない。しかし、ルルシア王国を消滅させた兵器も欲しい。

ここを天秤にかけた上でのバスターコール。

こういう事になるのでしょうか。

まぁでも、まだヨークの出番は残されているハズです。「マザーフレイム」の行方もまだ分からないんですよね。Dr.ベガパンクの夢の実現に関わっている可能性があるんです。

さぁ どうなるんでしょうね?



【月の科学力は“意志”を作り出せた】


僕は“意志”が重要なポイントを握ると考えます!! そんな… “意志”をエネルギーだなんて荒唐無稽なと。荒唐無稽で良いと考えてます。だからこそ天才科学者Dr.ベガパンクでも難しいのであって。

月の科学力は“意志”を作り出せたと考えています。人工的に、それも自在にです。それが分かるのが月のカラクリ兵だと僕は考えていまして。

エネルのスペース大作戦Vol.33「古代都市にほとばしるエネルギー」-ワンピース最新考察研究室.468
-ONE PIECE 第468話より引用-

“ゴロゴロの実”の能力者エネルの電流という代替エネルギーを与えられて動き出したカラクリ兵。これらは900年以上(空白の100年以前から)も眠り続けていたと考えていまして。とても生物とは思えない。

生物を改造したのではなく、作り出されたロボットなんだと思うんですね。全てが機械仕掛け。それなのに意志を持って動くんだと思うんです。

月の人達は作り出したロボットに、これまた人工的に作り出した“意志”を宿している。そういう事ができる科学力を持っていると思うんです。

カラクリ島で生まれたスペーシー中尉 -ワンピース最新考察研究室.448
-ONE PIECE 第448話より引用-

そんな科学力を引き継いでいるのがツキミ博士。この人物が謎なのですけどね。Dr.ベガパンクの“からくり島”(冬島)とは大違いの“カラクリ島”の科学者。

これらの科学力は“意志”を作り出す事ができていて、それを燃やしてエネルギーを生み出す方法を知っている様な気がしてます。ルフィ達の世界には存在しない科学力を持っていそう。

どんな秘密があるんでしょうね。

ルフィ(太陽の神ニカ) -ワンピース最新考察研究室.104
-ONE PIECE 104巻より引用-

これから再びルフィが“太陽の神ニカ”となり、自由を求める“意志”が強くなればなる程に強いエネルギーが伝説の鉄の巨人に供給される事になる。そして動き出す!! この様に考えております。

ここに期待したいですね!!

推移を見守りたいです!!!



関連記事
SHARE

コメント 1

There are no comments yet.
詩空
2024/02/02 (Fri) 02:48

こんばんは管理人さん!

研究をし続けていたけど、動力が解明できずにいた日々…。
普通なら動かないけれど、古代ロボの目に光が宿った描写が(1092話)。
ゴムゴムの実の覚醒時のドラム音が起動条件っぽいですよね。
内臓されてた動力源があり、今でも動くモノだということが…。
(ニカルフィの“意志”が動力となりロボに伝わる)

あと融合炉ってまだ描かれてませんが。
「壊しちゃいけない場所」なんでしょうかね。
研究所の地下も怪しく思いますが、ホログラムを応用して隠されるロボがいるスクラップ置き場のようなところも怪しくもと…?

ワンピース考察