ルフィに食糧を与えたのは… ドレーク“少将”なのか!?

エッグヘッドに来ていたドレーク -ワンピース最新考察研究室.1100

ここで過去編に出ていたドレークの登場なのか!!?

-画像はONE PIECE 第1100話より引用-


【ルフィに食糧を与えたのは!?】


サターン聖の横で与えられた食糧を食べるルフィ -ワンピース最新考察研究室.1103
-ONE PIECE 第1103話より引用-

海軍本部大将“黄猿”との戦いで体力を消耗したルフィ。ボニーのピンチに今すぐにでも立ち上がる必要に迫られる中、誰かがルフィに“メシ”を運んだ者がいるんです。

現状「工場層」にいるルフィ側の人物は、五老星ジェイガルシア・サターン聖によって身動きが取れない様にされている。戦桃丸は海軍によって捕縛された描写が入っております。

一体 誰が食糧を与えられるのか。

無人調理機 -ワンピース最新考察研究室.1062
-ONE PIECE 第1062話より引用-

運ばれた食糧というのは“無人調理機”から出したものだと思われます。ルフィの「メシ〜 誰か頼む」の声を聞いて、“無人調理機”まで走ってくれた者がいたって事になるのかな?



【カリブー? あるいは“黄猿”?】


まず最も可能性があると思われるのが…

カリブー再登場 -ワンピース最新考察研究室.1020
-ONE PIECE 第1020話より引用-

カリブーなんだろうと思うんです。ワノ国でもルフィに食糧を与えてくれました。あの時と同様、ルフィに頑張ってもらわなければ脱出できない状況と言えるんです。今回もまた?

もしもカリブーなんだとすれば、あらかじめ“無人調理機”で出していたのを体の中に入れていたのかも知れません。もちろん無銭飲食でしょうけどね。

カリブーはロギアの能力者であり、どこかに隠れるの容易であると言えましょう。いよいよカリブーの登場か?と。これは僕も可能性アリと考えてはいるんですけどね。

カリブー「覚えてろ コイツらァ〜!!!」-ワンピース最新考察研究室.1065
-ONE PIECE 第1065話より引用-

政府の島であるエッグヘッドで船から降ろされた事を恨みに思っていたんですよね。ここまで完璧に隠れられていたのに、なぜ危険をおかしてまでルフィを助ける義理があるのか?と。

ここが引っかかると言えるんです。

もしもカリブーではないのなら…

黄猿「……」-ワンピース最新考察研究室.1103
-ONE PIECE 第1103話より引用-

“黄猿”ならば「光の速さ」で“無人調理機”まで行って帰って来れるのではないか?と。もたれかかる瓦礫のある場所は、その前のシーンで倒れていた場所なんですか?と。

そして何より、“どっちつかずの正義”というのがあるんですよね。“黄猿”の掲げる正義であります。これまで頑なに政府・海軍側で動いていた“黄猿”だが… とうとう味方してくれる時が来たと言うのだろうか。

しかし、“黄猿”は動けなかったハズなのです。

そして“黄猿”の「……」というのは、彼もまた誰がルフィに食糧を与えたのか分からないというのを示す描写とも受け取れます。確かにクエスチョンマークはないんですけども。

この2人以外に、僕の中で“もう1人”の人物が頭に浮かんでいるんです。それがドレークなんです!! あの状況でルフィを助けられるとすれば… やはり「海兵」の誰かではないのか?と。



【准将以下は中に入れない】


エッグヘッドは准将以下中に入れない為 状況は…」-ワンピース最新考察研究室.1103
-ONE PIECE 第1103話より引用-

エッグヘッドには、サターン聖がいる為「准将以下」は中に入れない状況にあります。これは第1094話で出て来ていたのですが、今回また改めて説明されているんです。

ここが僕の中で引っかかってまして。

9人の海軍本部「中将」-ワンピース最新考察研究室.1089
-ONE PIECE 第1089話より引用-

さらにエッグヘッドに来ている中将は9人。この中にルフィの味方をしてくれそうな人物は見当たりません。もしも海兵が裏切っているのなら中将より下で、准将以上って事になるんです。大将である“黄猿”を除けばね。

ドレークは該当するんですよ!!

黄猿「ドレーク少将… ああ 元“少将」-ワンピース最新考察研究室.509
-ONE PIECE 第509話より引用-

准将の1つ上の階級である“少将”であるドレークなら、エッグヘッドの中にいても構わないんです。大小100隻の船で乗り込んで来たのだから、“黄猿”に見られる事なく上陸する事も可能だったんじゃないのかな。

ここで借りを返すんじゃないのかな。



【食糧を与えたのはドレーク】


ルフィさんには人を引き寄せる力があるから -ワンピース最新考察研究室.991
-ONE PIECE 第991話より引用-

ドレークもまた、ルフィに可能性を見出し始めている者の1人と言えるかも知れないんですよね。コビーに感化された部分もありつつ… ワノ国での事もありました。

ドレークは、まだルフィに対してワノ国での恩を返せていないのではないかな。百獣海賊団に裏切りがバレた時、何ら疑いもせずに味方に引き入れてくれたのがルフィでした。

絶体絶命のピンチをルフィが救ってくれたのです。そして今、ルフィが絶体絶命のピンチにおちいっています。ここでドレーク登場はかなり熱い展開と言えると思うんです。

そしてエッグヘッドはワノ国の次の島の1つであって、ドレークがいるとしても位置的にも不自然なところはないんです。エッグヘッドに向かう海軍の船に拾ってもらえたのかも知れません。

そして、やはり過去編に登場してる!!!

エッグヘッドに来ていたドレーク -ワンピース最新考察研究室.1100
-ONE PIECE 第1100話より引用-

エッグヘッドやバーソロミュー・くまの件でドレークは全くの部外者とは言えないんですよね。“黄猿”と共にエッグヘッドに来ていたのです。ドレークは“黄猿”の部下だったのか?と。

もしかすると“黄猿”はルフィに食糧を与えたいと思ったかも。しかしダメージが大きく動けない。その“黄猿”の代わりにドレークが動いたとなると、展開としては綺麗に収まるのかも。

更にもう1つあるのが…

「SWORD」について説明するクザン -ワンピース最新考察研究室.1080
-ONE PIECE 第1080話より引用-

ドレークは“SWORD”であり、「あらゆる命令を無視して自由に動ける“遊撃隊”」に所属している。しかも隊長なのです。もう辞表は提出しており、いつでも辞めさせてくれて結構ですよと。この状態なのです。

何より意外性という点ですね!!!

カリブーが出て来るよりも、ここで“黄猿”が動くよりも… ドレークというのが僕は最も盛り上がる様な気がしてます。ひっくり返ると思います!! 笑

という事で、

①怪しまれず上陸できる海兵
②准将以上の階級
③音信不通
④ワノ国の恩義
⑤ワノ国とエッグヘッドの距離
⑥過去編に登場している
⑦SWORD
⑧意外性

これら8点の要素から、ここでドレークがルフィを助けるという展開もあるのではないのか?と。ドレークの登場の伏線は、ある意味で張られていたと言えないだろうか。

どうなんでしょうね?

おそらくカリブーと“黄猿”の2択というのが大多数の予想だと思うんです。それを当ブログがなぞっても面白くないっしょ。攻めなきゃ面白くないですもんね!! 笑

そうは言っても意味不明と言われる様な理由づけはしてないと思います。これで僕は待ってみようかと思います!! さぁ誰がルフィに食糧を与えたのでしょう。

推移を見守りたい!!!



関連記事
SHARE

コメント 5

There are no comments yet.
-
2024/01/06 (Sat) 07:29

PC0のカクが消息不明ですが、
大穴でどうでしょうか?

taka
2024/01/06 (Sat) 07:47

コビー救出の話の中でドレークと音信不通であるという情報が出てたのも
そのときはSWORDなんだからとしか思いませんでしたが
上のような背景があることを考えると
「じゃあどこにいるんでしょうね?フフフ」という
尾田先生の声が聞こえてきそうな気がしてきますね!w

詩空
2024/01/07 (Sun) 11:31

こんにちは管理人さん!

なるほど!ドレークですか!
攻めましたね(^^)
普通にカリブーか黄猿なのでしょうかね…。

私も変化球を投げてみました。笑
Sスネーク♡

バッカニア
2024/01/07 (Sun) 22:09

もしもドレークだったらほんと大穴大当たりで
このブログますます有名になっちゃうなあ

このよのさん
2024/01/08 (Mon) 13:41

管理人さん、こんにちは

では、ワシも変化球でウソップ

食料届けるだけならできるんですが、問題は気づかれずにできるかですな。

ワンピース最新話考察/感想/ネタバレ