「海運王」ウミットは産業スパイ!? “SWORD”ドレークの任務との関係性は!?

海運王“深層海流”ウミット -ワンピース最新考察研究室.860


第1100話でウミットの貨物船が描かれます。かなり重要な情報と言わざるを得ません。その直前にはX・ドレークの姿も見えますよね。色々と見えて来たんじゃないですか?

-画像はONE PIECE 第860話より引用-


【海運王“深層海流”ウミットとは】


まず「ウミットって何?」「登場人物なの?」「そんなのあった?」って方もいらっしゃると思いますのでね。ウミットというのが何者であるのかを説明しなければなりませんね。

結婚式に招かれた闇の世界の帝王達 -ワンピース最新考察研究室.860
-ONE PIECE 第860話より引用-

ウミットとはサンジとプリンの結婚式に招かれていたゲストの1人。ビッグ・マムにより各国から招かれた「闇の世界の帝王達」の1人である!!

招かれた闇の世界の帝王達は…

①闇金王“福の神”ル・フェルド
②世界経済新聞社社長“ビッグニュース”モルガンズ
③歓楽街の女王ステューシー
④大手葬儀屋ドラッグ・ピエクロ
⑤倉庫業老舗“隠匿師”ギバーソン
⑥海運王“深層海流”ウミット
⑦臓器売買業社ジグラ

この7人が確認されています。

ジグラは会場に入る前にカタクリにジュエリービーンズで撃たれて死亡。ステューシーは実はCP0であり、更にDr.ベガパンクが生み出したクローンであり、それは元ロックス海賊団ミス・バッキンという設定デカ盛りキャラです。

そしてル・フェルドというのが「平和研究所MASD」の出資者と思われ、そこにDr.ベガパンクが所属していた過去がある。もはやモルガンズの説明はいりませんよね。

そんな面々の中にウミットがいた。

「海運王」という事ですから海運業で財を成した人物。この世界における海運業トップの企業社長なのかな。そして“深層海流”の異名は、闇の世界で暗躍する海運業の顔を持つという事になるでしょうか。

そんなウミットの貨物船が…

ウミットの貨物船 -ワンピース最新考察研究室.1100
-ONE PIECE 第1100話より引用-

海軍科学班 第8研究所が“未来島”エッグヘッドへと変貌しようとするシーンで登場したのです。ここで出て来るんだ、と。僕はニヤリとするのを止める事ができなかったのです。



【ウミットは産業スパイ】


大きな資材を運ぶバーソロミュー・くま -ワンピース最新考察研究室.1100
-ONE PIECE 第1100話より引用-

増改築される第8研究所に資材を運ぶウミットの貨物船の船員と思われる人物が研究所の中に入ってドリンクを飲んでいます。バーソロミュー・くまが運ぶのを手伝うよと。ゆっくりしてくれ… みたいなシーンだと思うんです。

見たところ研究員ではなさそうですから。

おそらくウミットの貨物船は、エッグヘッドに未来の研究施設が完成するまで出入りしていたと考えます。それはボニーの病気の治療、及びバーソロミュー・くまに改造手術を施している期間と重なる。

そこで、

ウミットというのは“産業スパイ”の顔を持っていると考えます。世界各地に物を運びつつ、その場所から情報を盗んで帰っている。表の顔は海運業、しかしながら その裏の顔は…“産業スパイ”。



【パンクハザードの設計図】


話は少し飛びまして。パンクハザード編で麦わらの一味&トラファルガー・ローでシーザーの誘拐に成功するも、色々あってビッグ・マム海賊団に身柄を取られてしまいました。

ビッグ・マムがシーザーに対して要求したのが「巨人薬」。人を巨大化する薬を2週間以内に作りなさいと。その研究の為にパンクハザードと同じ研究所を再現していました。

なぜ再現できたのか。

パンクハザードの研究所の設計図 -ワンピース最新考察研究室.834
-ONE PIECE 第834話より引用-

ビッグ・マムが「設計図は昔 入手してね」と話していたのです。この設計図を渡した人物としてステューシーも怪しかったのですが、もしかするとウミットかも知れないぞと。

今回エッグヘッドに研究所を建てているシーンでウミットの貨物船が出て来たのです。上の設計図と繋がりそうな気がします。ウミットはパンクハザードの研究所建設にも関わっていたのかも。

ちゃんとビッグ・マムは「昔」と言ってます。あの時点でエッグヘッドver.の研究所を出せるワケがないのでね、パンクハザードの方の設計図って事になるのは仕方ありません。

パンクハザードと同じ研究所に案内されたシーザー -ワンピース最新考察研究室.834
-ONE PIECE 第834話より引用-

ビッグ・マムが持っていたパンクハザードの研究所の設計図はウミットから入手したと考えます。その設計図はウミットが盗み出したもの。こういう事をウミットはしてると考えます!!



【レーザービームを作る技術】


シーザー「レーザーを作る技術など」-ワンピース最新考察研究室.658
-ONE PIECE 第658話より引用-

どうして「あいつ(=Dr.ベガパンク)」の他に持っていないハズのレーザービームの技術を百獣海賊団“大看板”クイーンが持っていたのか。ここが謎だったのです。

【第1100話チョイ見せ考察】エッグヘッドにやって来た2人の海兵

【第1100話チョイ見せ考察】エッグヘッドにやって来た2人の海兵

尾田栄一郎公認ポータルサイト「ONE PIECE.com」にて、12月4日に...



それを話題にした記事を書いたばかりでした。

フランキー(ラディカルビーム)が持っているのは、未来国「バルジモア」でDr.ベガパンクが書いた設計図を見ているからです。これしか理由は考えられません。

しかし、これは大きな謎であります。Dr.ベガパンクは“黄猿”の能力を研究してレーザービームを作ったという話なんです。子供の頃に設計図が書けたとは思えない。まぁ謎のまま置いておきます。

クイーンがDr.ベガパンクのレーザー技術、及びジェルマ66の科学を持っていた裏にはウミットがいるんじゃないかな。この点と点を線で繋ぐのはウミットかも!!

バーソロミュー・くまの体の各部は長期に亘り少しずつ改造 -ワンピース最新考察研究室.560
-ONE PIECE 第560話より引用-

バーソロミュー・くまが改造を受け、レーザービームの技術を搭載される過程において、エッグヘッドにウミットの貨物船が出入りしている可能性が高まったからです。

資料を盗んだな、と。

ウミットの貨物船の作業員がレーザービームの技術を記した資料を盗み、それをクイーンに横流ししたのではないか。莫大な資金と引き換えにです。ウミットはジェルマ66にも出入りしていたのかも。

これは大きな意味を持ちます!!

百獣海賊団が絡んで来るのなら…

エッグヘッドに来ていたドレーク -ワンピース最新考察研究室.1100
-ONE PIECE 第1100話より引用-

エッグヘッド(第8研究所)にドレークが来ていた事にも繋がるかも知れない。パシフィスタと百獣海賊団(カイドウ)の両方に絡むドレークですが、どう繋がりがあるのか分からなかったのです。

ようやく“絵解き”ができるかも!!



【SWORD隊長ドレークの任務】


カイドウの「お気に入りの島」を訪れるドレーク -ワンピース最新考察研究室.595
-ONE PIECE 第595話より引用-

新世界に入ったドレークが向かったのは四皇カイドウの「お気に入りの島」でした。まず上の画像の“山”をご覧になって欲しいんです。建設中ですよね?

今回ウミットの貨物船が着港しようとする第8研究所(エッグヘッド)も建設中です。トンテンカンと工事の真っ最中であります。これ、どう読みます?

その当時(2年前)の「お気に入りの島」にもウミットの貨物船が出入りしている可能性があるんですよね。資材を運び込んでいたのかも。これがドレークの任務に大きく関わるのかも知れません。

そして「お気に入りの島」には…

カリブーが見たのは武器工場 -ワンピース最新考察研究室.701
-ONE PIECE 第701話より引用-

↑武器工場があったのです。

これはカリブーが能力で飲み込んでしまいます。その武器工場を飲み込んで丸々としたカリブーをドレークが連れて行くんですよね。武器工場を飲み込んだままのカリブーを、です。

カリブーは兎丼の採掘場へ。

では 武器工場はどこ行った?

おそらくカイドウの「お気に入りの島」で作られた武器・兵器はドフラミンゴのドレスローザへと運ばれていたと推測できます。そしてドフラミンゴ(仲買人ジョーカー)によって売り捌(さば)かれる。

そのドフラミンゴはドレークにとって…

バレルズの前に現れたドフラミンゴ -ワンピース最新考察研究室.767
-ONE PIECE 第767話より引用-

“北の海”ミニオン島における父ディエス・バレルズの死に関連する人物です。そしてドレークが海賊団を抜けて海兵になる経緯に大きく関わっているんですよね。

ここで考えるのですが…

ウミットというのは世界における“ありとあらゆる物の運搬”に関わっており、ドレークは闇社会の物流について調査していたのではないかな?と。

その担い手はウミットだが、目をつけたのは百獣海賊団。政府・海軍としても四皇カイドウと正面から戦争になるのは避けたい(損害が大)。だから海軍を辞めた事にして“SWORD”として内偵調査を始めた。

百獣海賊団には…

・レーザービーム技術の流入
・製造した武器&兵器の流出

これらの流れがあり、パシフィスタもドフラミンゴも絡んでいる。ここにドレークというキャラが関係している事には大きな意味があるのだが、思わぬ存在が網にかかる!!

政府が海賊の支配するワノ国と“取り引き”をしてる -ワンピース最新考察研究室.956
-ONE PIECE 第956話より引用-

なんとカイドウが支配するワノ国と世界政府(CP0)が“取り引き”している事実を掴む!! これはドレークの任務の網に世界政府がかかったって事だと思うんです。

つまりドレークの任務は闇社会の物流!!

もっと言えば…

コラソンと「“北の海”の闇(ノースの闇)」 -ワンピース最新考察研究室.765
-ONE PIECE 第765話より引用-

ウミットの背後に「“北の海”の闇」(ノースの闇)がいる!! これをドレークは追いかけているんじゃないかな。これを解明するのがドレークの任務と予想します!!

これまでのドレークのアレコレが「ノースの闇」へと集約されて行くと考えております。闇の世界において技術や武器・兵器、そして悪魔の実などの物流を潰したいのではないかな?と。

どうなるのでしょうね?

推移を見守りたいと思います!!!



関連記事
SHARE

コメント 2

There are no comments yet.
taka
2023/12/05 (Tue) 08:31

「謎がつながる新章」という触れ込みですが
まさにいろんな伏線がつながってきますね

バッカニア
2023/12/06 (Wed) 10:24

帝王の中でモルガンズの活躍だけ突出してましたが
ステューシーも一気に出てきて駆け抜けました
(過去形…でいいんすかアレ…ペガパンクの医術なら十分治療できそうにも思うけど…戦闘がすぐ終わればあるいは…)
いよいよ来るか他の帝王たちも

ワンピース最新話考察/感想/ネタバレ