【エニエス・ロビーの大穴】ルルシア王国跡地と地殻変動の関係性

ルルシア王国跡地に巨大な穴 -ワンピース最新考察研究室.1089


ルルシア王国跡地には陸地が消失しており巨大な穴に“海の滝”が形成。世界規模の大地震と海面上昇の関係性について。そしてエニエス・ロビーとの共通点について考えます!!

-画像はONE PIECE 第1089話より引用-



【海面が上昇したのではない】


ルルシア王国に謎の攻撃 -ワンピース最新考察研究室.1060
-ONE PIECE 第1060話より引用-

そもそもの原因は、先の「マザーフレイム」を使ったルルシア王国への攻撃によるものと考えられます。それが世界規模の大地震に繋がっているのであり、世界の海面が約1m上昇した理由になっているのでしょう。

ただし、海面が上昇したのではない!!

正しくは…

世界の地盤が約1m沈下したのだ!!!

これは地盤沈下であると考えます!!

地盤が沈下した事により海面が上昇している。沈んだんだって事。ウォーターセブンに起きている事が世界規模で起こったのだと考えています。ウォーターセブンが海に浸かっているのは「海の水位が上がったというより島の地盤が沈んでいってる」というのが正確なんですよね(第350話)。これです!!

シンクホール…

海面下の場合はブルーホール。

これがルルシア王国跡地には形成されており、それにより世界規模の大地震と地盤沈下を巻き起こしたのだと思うんですね。攻撃は地殻にまで到達しており、その穴から何かが流出した事で沈下したのかな。何にせよ「6日」かかって地殻変動が起きている事にも意味がありそう。

あれは世界を沈める事ができる兵器!!

だとしたら「古代兵器」ならどう!? -ワンピース最新考察研究室.1086
-ONE PIECE 第1086話より引用-

世界政府(イム)は古代兵器を持っている。それは古代兵器に匹敵する兵器ではなく、もう古代兵器そのものを持っているのだと考えています。「マザーフレイム」というのは、その古代兵器を動かすエネルギー源だと考えております。

「マザーフレイム」は古代兵器ウラヌスの動力源!?

「マザーフレイム」は古代兵器ウラヌスの動力源!?

「ルルシア王国消滅事件」について語るサボ。ここにDr.ベガパンクが作った「マザー...



この記事で書いたままで考えております。これまで使わなかったのはエネルギー源を持っていなかったから。その古代兵器はウラヌスであり、それは古代のエネルギーでなければ動かす事ができない。その古代のエネルギーを実現させたのが「マザーフレイム」と考えます。

ただし「マザーフレイム」は1回限りの使用しか不可能であって、まだ永久的に使えるエネルギー源としては完成されていない。これにより今回のヨークへの対応という事になりそうな。まだ世界政府は古代兵器ウラヌスを使いたい放題ではないのかもね。

世界政府(イム)は800年前にも古代兵器ウラヌスを使用しており、それによってエネルギー切れを起こしたという事になるでしょうか。使用した場所こそがエニエス・ロビーっぽい!!



【エニエス・ロビーの大穴】


海に穴が開いているエニエス・ロビー -ワンピース最新考察研究室.375
-ONE PIECE 第375話より引用-

もうエニエス・ロビーの大穴というのはルルシア王国跡地と同じものと考えて良いと思うんです。エニエス・ロビーは800年の歴史があるって事ですからね。800年前に大穴が形成される出来事があったのでしょう。

古代兵器ウラヌスの使用と考えます!!

ただ、ルルシア王国とは少し違ってます。

海の滝があるエニエス・ロビー -ワンピース最新考察研究室.375
-ONE PIECE 第375話より引用-

エニエス・ロビーには消失していない場所があるんです。消失を免(まぬが)れた場所があるのです。これをどう考えるかなんですよね。重要なポイントになりそうな。

①攻撃した側が意図的に残した
②攻撃された側が消失を防いだ

どちらかなんですよ。

もしも②となると、何かが盾となって攻撃を防いだ事になるんですね。ちょうど島の中心部の建物を守ったというカタチになりそう。今となってはバスターコールで破壊された裁判所なんですけど。元々は何だったのか?と。

ここはまた時間をかけて考えたいところ。

何にせよ世界政府(イム)にとってエニエス・ロビーというのは消し去りたい“何か”だったという事になりそうです。それを政府所有の島とした。完全に消し去りたかったのかどうかは不明。上の①か②かで変わります。真っ先に浮かぶのが「ある巨大な王国」であります。

文献の上に浮かび上がったのは ある巨大な王国の姿…!! -ワンピース最新考察研究室.395
-ONE PIECE 第395話より引用-

エニエス・ロビーこそが「ある巨大な王国跡地」という事になるのかどうか。可能性はありますよね。どうなんだろう。結果的に今やバスターコールで破壊しちゃいましたからね。その程度の場所なんですよ。

【真っ黒い何か】古代兵器ウラヌスの正体は「ある巨大な王国」そのもの

【真っ黒い何か】古代兵器ウラヌスの正体は「ある巨大な王国」そのもの

今はもう跡形もないと言われる「ある巨大な王国」。実は消滅してしまったのではなく、...



僕は古代兵器ウラヌスそのものが「ある巨大な王国」であると記事にしたんですよね。古代兵器ウラヌスとは空飛ぶ宇宙船と考えたのです。ここと絡むんですよね。再考する必要がありそうです。

あとは「不夜島(昼島)」の点です。

これはルルシア王国跡地にはありません。ルルシア王国跡地の上空は厚い雲に覆われていて雨が降っています。全くエニエス・ロビーとは大違いです。今のところはね。これから変化するかも知れません。しかし「不夜」の点は別で考えた方が良さそう。

それこそ上の①か②であります。

島の一部を守る行為が、その場所の天候に大きな影響を及ぼした可能性もあるのかも。赤犬と青キジの決闘でパンクハザードの天候が大きく変化したんですよね。これと同じ事がエニエス・ロビーに起こった事により“不夜”となったのだろうか。

黄猿と戦桃丸とDr.ベガパンク -ワンピース最新考察研究室.1089
-ONE PIECE 第1089話より引用-

やはり“ピカピカの実”が背景にありそうな気がしますよね。上のコマには示唆するものがありそうなんですよ。ジョイボーイとルフィの能力が“他”に影響を及ぼすとしても「ゴム」ですもんね。太陽の神ニカとは言うものの。

エニエス・ロビーとルルシア王国跡地には大きな共通点があり、少し謎が明かされた感じがありますけどね。また更に謎が出て来たとも言える状況です。全てが共通していないのです。なぜエニエス・ロビーは完全な丸い穴になっていないのか?です。

更に色々と考えたいと思います!!

ルルシア王国跡地に巨大な穴 -ワンピース最新考察研究室.1089
-ONE PIECE 第1089話より引用-

ひとまず海面が上昇したのではなく地盤が沈下したのだと思うんです。地下水の汲み上げにより地盤沈下が起こる様に、あのルルシア王国への攻撃が地殻に穴を開けた事で何かが失われて世界的に地盤が沈下したと思うんですよね。

どうなんでしょう。

推移を見守りたいと思います!!!



関連記事
SHARE

コメント 1

There are no comments yet.
まつやん
2023/08/08 (Tue) 14:50

エニエスロビーの穴の真ん中に残ってる島は、昔のニカの能力者の、ギガントピストルみたいなやつの跡だったり、その部分を守ろうとした跡だという説がありますよね。

ワンピース考察