黒ひげ海賊団10番船船長クザンと“Dの意志”

クザンに語りかける黒ひげティーチ -ワンピース最新考察研究室.1081

黒ひげ海賊団10番船船長クザンはモンキー・D・ガープの“一番弟子”である。今クザンは海賊島ハチノスでガープと敵対関係にあり、戦う事になっているんですよね。そこでクザンと“Dの意志”について考えてみようと思います!!

-画像はONE PIECE 第1081話より引用-

【クザンと3人の“D”】


元海軍本部大将であり今や黒ひげ海賊団10番船船長であるクザンというのは3人の“D”に囲まれているんです。この設定は重要な意味を持って来ると考えます。クザンという人物から何かが描き出される事になりそうな。

①モンキー・D・ガープ(師匠)
②ハグワール・D・サウロ(親友)
③マーシャル・D・ティーチ(提督)

まずクザンとガープの関係性ですが、作中で師弟関係が描かれる場合に意志を受け継いでいるケースが多いんですよね。サンジとゼフであったり、チョッパーとヒルルク&くれはであったり。またトムとフランキー。ゾロはコウシロウがいますがミホークもまた師匠であって、ここがどう描かれるかはまだ分かりません。

クザン「おれも今 やりてェ様に生きてんだ!!」-ワンピース最新考察研究室.1081
-ONE PIECE 第1081話より引用-

クザンはガープの事が大好きで「今 やりてェ様に生きている」と話しています。ガープに感化された部分があるんですよね。ガープの意志に触れているのは確かなんだと思うんです。

そしてクザンはW7編において…

クザン「やつの意志をくみ…」-ワンピース最新考察研究室.433
-ONE PIECE 第433話より引用-

親友であるサウロの意志をくんでロビンをオハラから逃したと話しています。こちらもクザンはサウロの意志に触れているのは確かであると言えそう。受け継いでいるとまでは言えなくてもです。

そんなクザンは海軍を辞める事となり、ティーチと出会い黒ひげ海賊団に加入します。クザンとティーチの関係性についてはまだよく分かっておりません。おそらく利害が一致したのだと思われます(第1081話)。

そんなクザンという人物…

どう捉えて考えれば良いのか。



【ガープの2人の弟子】


クザンを考えるに当たって主軸に据えるのはガープであって、ガープの弟子の1人という側面から考えるのが良いのかなぁと。ガープにはクザン(一番弟子)とコビー(愛弟子)という2人の弟子がいて…

切り裂かれたルフィとティーチの手配書としらほし姫の写真 -ワンピース最新考察研究室.908
-ONE PIECE 第908話より引用-

①クザンはマーシャル・D・ティーチへ
②コビーはモンキー・D・ルフィへ

それぞれがガープにとっての「次の世代の“D”」へと繋がりを持ったんだ、と。この様な捉え方をするのが良いのではないかと考えています。これが海賊島ハチノスにおける対立の根底にあるのではないか。

そして、ルフィとティーチのどちらもがイム(世界政府)が危険視している“D”であってですね。その2人へとガープの弟子が別れたって事なんじゃないのかな。しかし別れたといっても、クザンにしてもコビーにしても最終的に世界政府に敵対する立ち位置にいる。

“D”の在り方としては…

“D”とは… かつて我々が敵対した者達の名だ -ワンピース最新考察研究室.1085
-ONE PIECE 第1085話より引用-

クザンは世界政府と敵対する者達の側にいると言えるんでしょうけどね。何かが違ってしまったんですよ。マーシャル・D・ティーチについて行ってしまった事に何かあるんです。おそらくはね。

それによって何が描き出せるのか。

なぜガープやサウロは
“D”でありながら
海軍本部に所属するのか?


ここを踏まえつつ…

なぜ黒ひげティーチは
“D”でありながら
ロジャーの待っている男じゃないの?


↑ここになるのかな?と。

クザン「最初から… 世界政府が全てとは思っちゃいねェよ」-ワンピース最新考察研究室.699
-ONE PIECE 第699話より引用-

海軍を辞めたクザンというのはガープやサウロ、そしてコビーに対する“アンチテーゼ(対立命題)”になっているんじゃないかなぁと。世界政府と対立するなら海軍本部を出るべき。それをクザンを使って示しつつも、正当性で言えばガープやサウロやコビーの方にあるんですよ。おそらくはね。

海賊島を一つの国家にしたいと言う黒ひげティーチ -ワンピース最新考察研究室.1080
-ONE PIECE 第1080話より引用-

ティーチが海賊島を世界政府に所属する国にしたいと言うのも、何か思惑があっての事だと思うんです。世界会議へ参加する権利が欲しいなり何かあると思うんです。そういう関わり方が本来の“D”としての行動なんじゃないのか?と。

クザンの目的というのは…

【何をしたい!?】黒ひげ海賊団の10番船船長はクザン

【何をしたい!?】黒ひげ海賊団の10番船船長はクザン

おい!! 本気かよ…ずっと謎だった黒ひげ海賊団の10人目の巨漢船長が判明しました...



↑この記事に書きましたが、空白の100年の秘密を暴き出す事なんだと思うんです。黒ひげ海賊団に所属して4つのロードポーネグリフを集めてラフテルに行く。そして世界の秘密を知る。ここがティーチと利害が一致したんだと思うんですよ。

ロードポーネグリフの1つは“ヒノキズの男”が持ってる -ワンピース最新考察研究室.1081
-ONE PIECE 第1081話より引用-

クザンと黒ひげ海賊団の宴において“ロードポーネグリフ”や“ヒノキズの男”の話が出ていましたしね。クザンの方からはサウロ(親友)やロビン(悲しそうな少女)を思わせる話も出ていたのです。

しかし、それをクザンが成し遂げてもサウロは喜ばない。ガープとも対立する。ここにクザンという人物の作中における立ち位置がある様な気がするんですよね。クザンは道を間違えてしまっているんじゃないかな。

よって、

これからクザンという人物を使って“Dの意志”とは何であるかが浮き彫りになる。そういった部分もあるのかな?と。世界政府の直下組織である海軍本部に“D”が所属する意味、そして世界政府と対立する海賊でありながらティーチはルフィと何が違うのか。コビーとの構図も意味を持ちそう。

コビー「“大将”の座についてみせます!!」 -ワンピース最新考察研究室.433
-ONE PIECE 第433話より引用-

ガープの意志を継ぐコビーが“海軍大将”を目指し、その夢を実現させる事になるのならね。その真逆の位置にクザンはいるんだと思うんです。“海軍大将”になれなかったクザンの運命というのは… もう決まっていたのかな。“海軍大将”に推されてもならなかったガープの2人の弟子の運命として。

ひとまず海賊島ハチノスにおけるクザンの立ち回りに注目したいですね!! これにより1つの方向性が導き出されると思うんです。そっち側なんですね、となるのかどうか。

見守りたいと思います!!!

関連記事
SHARE

コメント 1

There are no comments yet.
-
2023/07/16 (Sun) 20:14

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ワンピース最新話考察/感想/ネタバレ