【106巻SBS考察】緑牛アラマキの悲しい過去と掲げる正義

106巻表紙 -ワンピース最新考察研究室.106

ONE PIECE最新106巻が発売されました!! 一味が勢揃いの表紙って良いですよねホント。未来の島の冒険、そのワクワク感が凄いです。では恒例のSBS考察から始めて行きましょうか!!

-画像はONE PIECE 106巻より引用-

【106巻公式テーマソング】



なんと106巻には公式テーマソングが発表されているみたいです。

このテーマソングはVTuberグループ「ホロライブEN」に所属する森カリオペ(Mori Calliope)さんが手がけた「未来島 ~Future Island~」だそうです。楽曲の作詞・作曲は音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」よりケンモチヒデフミさんが手がけているそう。



こういうの良いですね!!

とてもポップな楽曲に合わせて未来島編のダイジェストがアニメーションで流れます。どこかレトロ(タツノコプロっぽい)で、それは未来島エッグヘッドが「過去」である事と合わせているのかも知れません。すごくオシャレです♪



【緑牛アラマキの過去と正義】


電伝虫で連絡を取る緑牛アラマキ -ワンピース最新考察研究室.1053
-ONE PIECE 第1053話より引用-

①光合成が可能で食事をしなくても良い
②「死川心中」は古典落語「品川心中」より
③掲げる正義は「死ぬ気の正義」

SBSにて海軍本部大将“緑牛”アラマキについて3つの質問と尾田先生からの回答が掲載されています。特に②と③ですね。これは繋がっていると思われます。

“緑牛”アラマキは原田芳雄さんがモデルになっているのですが、その人物像は古典落語「品川心中」からとられた「死川心中」のタトゥーから紐解くのが良さそうです。ここに“緑牛”アラマキの過去が関係し、掲げる正義にも絡んでいるっぽい。

「品川心中」のあらすじを簡単に書きますとですね。お金に困った女性から一緒に死のうと無理やり心中を承知させられる男が出て来まして。先に男が品川の海に突き落とされまして、いざ女性も飛び込もうという時に「お金ができた」となるんですね。女性は飛び込まずに帰って行く。落とされた男の方はというと海が浅瀬で助かり… って感じで話が進んで行きます。

尾田先生によると「緑牛アラマキは何やら女性がらみの悲しい過去があるみたいで」という事でして。上の「品川心中」のストーリーにそった過去があったと推測できます。

海軍本部大将“緑牛”が登場 -ワンピース最新考察研究室.905
-ONE PIECE 第905話より引用-

どうやら“緑牛”アラマキは「おねーちゃん」が好きなタイプと思われまして。女性に騙(だま)されたり、そそのかされたりといった過去があったんだろうと思われますよね。

そして掲げる正義というのが「死ぬ気の正義」である事。これも「品川心中」のストーリーにそっているのかも。ただし「品川心中」に登場する男はなかなか死ぬ覚悟ができないんですよ。ここら辺は色々と考えられそう。

問題はこの次なんですね!!



【緑牛と藤虎は世界政府にとっての“鬼門”】


76巻SBSによる海軍大将と“鬼門” -ワンピース最新考察研究室.76
-ONE PIECE 76巻より引用-

“赤犬”が元帥に昇格し、“青キジ”が海軍本部を辞める。この穴を埋める為に世界政府が取った策というのが「世界徴兵」です。特例で2人の男が外部から海軍大将に抜擢される。

・緑牛アラマキ(死ぬ気の正義)
・藤虎イッショウ(仁義ある正義)

それが上の2人であって、どちらも強い思想を持っているんですよね。すでに“藤虎”についてはドレスローザ編の行動や、世界会議において革命軍の奴隷解放の手助けをした事に出ております。

76巻SBSでは、この2人が世界政府にとっての“鬼門”になって行くかも知れない事が示唆されておりまして。強さだけで抜擢した事が世界政府に思わぬ事態を引き起こしそうな。そんな予感がするんですよね!!

ところが“緑牛”アラマキが登場したものの…

ルフィの手配書を見る緑牛 -ワンピース最新考察研究室.1053
-ONE PIECE 第1053話より引用-

彼はサカズキ元帥の「徹底的スタイル」が大好きだと話しており、“藤虎”の様に反発する方向は見出せません。非加盟国ワノ国の人々に対する対応を見ても、その思想には世界政府と敵対する要素もないのです。

あれれ? となったんです。

ここに飛び出して来たのが106巻のSBSだったワケです。あぁ ここか!! と。「品川心中」のあらすじをモチーフとするだろう過去、そして「死ぬ気の正義」というのが世界政府にとって良からぬ事を引き起こしちゃうんだろうなと。


“緑牛”は女性がらみで何か起こす!!


↑そんなストーリーが待っていそう。

僕には“緑牛”アラマキに“女難の相”が見えるんですよ。女性関係でトラブルを起こしちゃいそう。それこそ“緑牛”アラマキにとっての“過去の女性”が登場するのかも知れませんけどね。あるいは何が考えられるのか。

おそらくですが…

女性>世界政府・海軍

“緑牛”アラマキというのは“世界政府・海軍の命令”よりも“ほれた女性”を優先するって事なんじゃないのかな?とね。それこそ女性スパイ(海賊?)にそそのかされて機密情報を漏洩させたりですね… 何かありそうだなぁと。

よって、

“緑牛”アラマキについては女性キャラの登場に注目したいです!! それは既出の誰かかも知れません。その女性がポイントとなり、“緑牛”アラマキの行動が世界政府にとって思わぬ事態を招くと予想!!

ビビとワポルが登場 -ワンピース最新考察研究室.1074
-ONE PIECE 第1074話より引用-

まさかビビじゃないだろうな…。

とりあえず現時点で世界政府にとっての重要女性キャラとなると王女ビビなんですよ。あるいはロビンもなんですけどね。とにかく“緑牛”アラマキの女性のタイプが知りたい!! どんな「おねーちゃん」が好きなのよ!! 笑

面白くなって来たぞ!! と。

“緑牛”アラマキには“女難の相”が出ていると見ます!! その過去に女性がらみで何かあり、それが今後の行動にも多大な影響を及ぼすと考えています。それによって“緑牛”アラマキは世界政府・海軍に敵対する行動と取るのかもね。

見守りたいと思います!!!


関連記事
SHARE

コメント 2

There are no comments yet.
baron
2023/07/04 (Tue) 21:20

女性がらみのトラブルかぁ~

女難といえば サンジがブラックマリアの遊郭で まんまと”脱がされ芝居”にひっかかってましたっけ(笑)
あのときも 何人か男たちが 縛られてました。 まんまと鼻の下のばして しくじった可能性がありますよね?

アラマキも女性がらみで失敗した過去があるかもです。 それと古典落語「品川心中」、

<先に男が品川の海に突き落とされまして、いざ女性も飛び込もうという時に「お金ができた」となるんですね。女性は飛び込まずに帰って行く。落とされた男の方はというと海が浅瀬で助かり… って感じで話が進んで行きます。>
 👆何とも 手前勝手な女の話ですなあ💦  じゃあ それになぞらえて 緑牛のアラマキもそうゆう女性に失敗したっていうのも面白そうです。
 

このよのさん
2023/07/05 (Wed) 06:25

管理人さん、おはようございます。
【死ぬ気の正義】ジャンプマンガで【死ぬ気】となればリボーンを忘れてはなりませんにゃー

ワンピース コミックス考察/感想/ネタバレ