【日和の行方】名刀「閻魔」を取りに向かってるとして、どこへ誰と? - ONE PIECE最新考察研究室
FC2ブログ

    記事一覧

    【日和の行方】名刀「閻魔」を取りに向かってるとして、どこへ誰と?

    編笠村の作戦会議に参加するゾロの腰には
    ゾロの腰には刀が二振りしかない
    刀が二振りしか見られないんですよね。


    ゾロは三刀流です。となると 日和に言われた通りに秋水はワノ国に奉納し、その代わりに受け取る閻魔を待っている状況だろう事が推測できます。どうりで日和の姿も見られません。日和はどこへ閻魔を取りに向かっているのでしょう。加えて 護衛は付けてはいないのかな?色々と謎があります。






    日和は光月おでんの娘。その事はオロチ側にはバレてはいませんが、花の都では身柄を狙われていたんです(第945話)。狙っていたのはオロチお庭番衆です。ゾロと一緒にいるのを見られてしまったからですね。


    現在 花の都は厳戒態勢。そこら中に手配書が貼られ、
    見廻組
    見廻組の侍達と忍者が都中に配備されている。


    この事から考えて…


    閻魔の保管場所は花の都ではない!?



    花の都に単身で日和が向かうなど不可能なんです。護衛をつけるのも無理があります。ほっかむりをした人間など立ち所に疑われるんですもんね。


    ワノ国の地図
    ならば、花の都以外の郷に閻魔があり、そこへ日和が向かっている可能性が高まります。完全に除外する訳にはいきませんけれどね。それとは逆に、鈴後は完全に除外ですよね。鈴後に保管してあったのなら、そこにゾロと日和がいたのだから、もうすでにゾロの腰に閻魔があっても不思議ではないのです。



    そこで日和以外の所在不明の人物がクローズアップされます。何人かの姿が見られないんですよね。見逃しがあったらゴメンなさい。


    ・チョッパー
    ・お玉(+狛ちよ&ひひ丸)
    ・大マサ(兎丼のヤクザの親分)
    ・綱ゴロー(白舞のヤクザの親分)

    カリブーも不明ですが、彼に関しては外して良いと考えます。


    この4人の誰かと共に 日和は閻魔の保管場所へ向かっているのかも知れないのです。チョッパーとお玉は花の都で手配はされていません。これがあるから花の都を完全には除外できないんですね。



    ただ、もう一度 ワノ国の地図を見て欲しいんです。
    ワノ国の地図
    鈴後にゾロと日和、河松の3人がいて牛鬼丸の事があったですよね。その後、ゾロと河松は九里の編笠村で作戦会議に参加してるのに日和はいない。ゾロの刀はまだ二振りのみ。


    もしも九里の他の郷に閻魔が保管されていたのなら、3人で寄り道して取りに行けたのです。全ての郷が鈴後から九里に至るまでの通り道にあるのだから。





    花の都のはずれの森、白舞に位置する場所には
    閻魔堂
    「閻魔堂」という名のお堂がありました。ここにあるのなら立ち寄れば良かったのです。ここを通って鈴後に向かったんだから、九里への行き道でも立ち寄れるんですよ。他の郷も然りです。そうなるともう…



    閻魔の保管場所は九里!!?



    まず、ゾロ・日和・河松の3人で鈴後から九里までやって来て、そこから日和だけが九里のどこかである閻魔の保管場所へと向かった。





    こう考えるのがスマートな様な気がするんですよね。それでいて河松やゾロの護衛を必要としなかったとなると、
    おでん城跡地
    おでん城跡地、その周辺になるんじゃないでしょうか。敵地ではないって事になりそうだからです。お玉と共に狛ちよに乗って走ってるんじゃないのかな?


    僕が可能性として最も高いと考えるのは、
    光月おでん達の墓
    おでんやモモの助のお墓の下です。錆びない様にして埋めてるのではないだろうか。そもそも、このお墓を建てたのも日和だったんじゃないかな、と。


    おでん城跡地もお墓もカイドウの“熱息(ボロブレス)”で消し飛びました(第922話)。
    地下に逃れていたサンジ達
    しかし、地下が無事だったのは描写されていたのです。



    僕は、九里「おでん城跡地」にあった墓の下に「閻魔」と「天羽々斬」は埋められていたと予想します。そこへ日和は、お玉と共に狛ちよに乗って向かっていると考えます。その場所の近くには桃源農園がありますよね。
    お玉とスピード
    お玉とスピードの再会も描かれないかなぁ と。あれば嬉しいんですけどね。


    さてさて どこに閻魔はあるのでしょうか。皆さんはどこを予想されています?
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事