【ナンバーズ】謎の巨大生物の正体 - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    【ナンバーズ】謎の巨大生物の正体

    火祭り(金色神楽)を前にワノ国に帰って来たのは“ナンバーズ”と呼ばれる者達。
    鬼ヶ島のナンバーズ
    その恐ろしい風貌も含めて様々な謎があるんですね。描写から考え得る限り考えてみたい!!






    まず、そのナンバーズにスクラッチメン・アプーも含まれるのかどうかです。カイドウ達の物言いからすると含まれるっぽい。


    何だ お前らもわざわざ宴の前に帰って来たのか!?

    アッパッパ そりゃそうでしょ!!




    ここで出る「お前ら」こそがナンバーズであって、それにアプーが答えてるんですから、アプーも含めてナンバーズだと考えられるんです。となると、あの巨大生物を指してナンバーズと呼んでいる訳ではないって事になります。しかし、まだ確定ではありませんよ。


    しかし、アプーが含まれての“ナンバーズ”という名称となると頭に浮かぶものがあるんですよね。NUMBER(ナンバー)という言葉には「数」や「番号」という意味だけではなく、「曲」や「旋律」といった意味もあるんです。

    ・お気に入りのナンバーを聞かせて
    ・ホットなナンバーをお届けします

    上記の様な使い方を耳にした事があると思うんです。ラジオ等でDJが使ったりしますよね。そういう意味でのナンバーズだからアプーが含まれていて、あの巨大生物は音楽で操られているのかなぁ とか。浮かんだりしたんですが、どうも違うかな、と。


    とにかく あの巨大生物の正体こそが謎なんですよね。誰もがそれを知りたい。ひとまずアプーの事は置いて考えようと思います。



    これまで百獣海賊団には“PLEASURES(プレジャーズ)”や“GIFTERS(ギフターズ)”と呼ばれる者達がいましたよね。あの“ナンバーズ”というのは、これらと並ぶ集団という事でしょうか。
    SMILEによる強化の成功率は約10%
    人造悪魔の実SMILEを食べて力を得た者達がギフターズ。ハズレを食べて笑う事しか出来なくなった者達がプレジャーズです。これらと並んで あの巨大生物もSMILEに関係してるんだとすれば、“MONSTERS(モンスターズ)”が相応しいと思うんですよね。言葉のチョイスとしてです。


    SMILEに限らず、チョッパーの怪物強化(モンスターポイント)やインペルダウンの獄卒獣(覚醒したゾオン系能力者)といった本物の悪魔の実の覚醒が絡んでいるんだとしてもです。


    どうしてナンバーズなんだろう。まさか…


    名前を持たない者達!!?


    番号でしか呼ばれた事がない。例えばパシフィスタの様にです。PX-0みたいな。そういった者達の集団だから“ナンバーズ”って意味と考えればどうでしょう。あの巨大生物は実験動物なのかな?


    そう思ったから先の記事で…
    人の巨大化
    人の巨大化の研究の過程で生まれた生物なのかな?と書いたんですね。だからって、人間を巨大化させた結果がナンバーズの巨大生物だとすれば、人の巨大化は成功したって事になります。それはまだの筈。


    人間をベースとはせずに、巨大な生物をベースとして人間化してみたとか。そういった実験によって生み出されたとかかなぁと。何にせよ名前は付けられず ただ単に「1号」と呼ばれた人工生命体とかじゃないのかな。



    ただし、変形してると思われる描写があるんですね。あの巨大生物も船でどこからか帰って来たのです。アプーと一緒にです。ここも大きなポイントになりそうなんです!!
    潜港からゴンドラでワノ国白舞へ
    ↑ この潜港に到着した船に、アプーと巨大生物が乗っていたんですよね?


    到着を伝えるアプー
    ↑ ゴンドラを使って巨大生物も上がって来たんですよね?


    そんな馬鹿な…


    あの船には乗っていないのなら 滝をよじ登って来たって事なんです。SMILEを含めて能力者なら力が抜けます。泳げません。



    鬼ヶ島のナンバーズ
    突然 現れるんですよ。この数の巨大生物が。



    船に乗ってワノ国に入り、ゴンドラで上がって来るまでは普通の人間のサイズだったって風にも考えられるんですよね。人間が変身した姿なのかも知れない。となると、能力者が関係してますね。しかし、そうなるとまた振り出しに戻って「ナンバーズ」と呼ばれる意味が分からなくなるし…。



    もう少し考えてみます!!!

    にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
    にほんブログ村



    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事