fc2ブログ

海軍大将“緑牛”アラマキの能力と思想・信条

海軍大将“緑牛”アラマキ登場 -ワンピース最新考察研究室.1053

ついに海軍本部大将“緑牛”ことアラマキが登場しました。その能力も色々と明かされつつあります。また問題はアラマキの思想・信条の部分なんですよね。この第1053話で判明した点を踏まえて考えて行きましょう!!

-画像はONE PIECE 第1053話より引用-

【緑牛アラマキの能力】


「兎丼」元囚人採掘場 -ワンピース最新考察研究室.1053
-ONE PIECE 第1053話より引用-

“緑牛”の能力が植物に関係しているのは間違いないと思うんです。“兎丼”の元囚人採掘場とその周辺が緑豊かになっているのは“緑牛”の能力がした事だと思うんです。

第1053話のラストでも“緑牛”が通った場所が緑化しております。こちらは花の都です。“緑牛”の背後が緑の絨毯になっているんですね。草木を生やしながら花の都に迫り来る。

この事は大きな意味を持って来ます!!

囚人採掘場は武器工場を兼ねており、これがワノ国の公害の原因なんですよね。ここからの有毒物質を含んだ排煙と排水がワノ国の自然を失わせたのです。そこが緑豊かになっているワケです。この部分はご記憶くださいませ。

ただし、

これは“緑牛”が能力を覚醒させているから起こっている事だと思うんです。本来の能力は「体を植物に変化させる」というモノであり、“超人系(パラミシア)”に分類されるのだと考えています。

能力が覚醒する事で周囲に影響が及び…

緑牛の能力でやられた百獣海賊団の兵士達 -ワンピース最新考察研究室.1053
-ONE PIECE 第1053話より引用-

“緑牛”が自分の手や指を変化させている植物が地面からも生えている。そして、それで敵を攻撃しているのだと思うんですね。“イトイトの実”を覚醒させたドフラミンゴがしていた事と同じなんだと思うのです。

これの拡大版が周辺の緑化であって。

花の都へ向かう緑牛 -ワンピース最新考察研究室.1053
-ONE PIECE 第1053話より引用-

↑このシーンは、“緑牛”がゴリゴリの戦闘モードで迫って来ている事を示す為の演出だと考えています。常に“緑牛”が歩くトコロが緑化するワケじゃないと思うんですね。要は「能力=戦意」であって、それがムキ出しになっているとの表現なんだろうなと。

あとはキングやクイーンにしている行為。ドスっと刺して何かを吸い取っています。何を吸い取っているのかというと…

スムージーが用意するウェルカムドリンク -ワンピース最新考察研究室.860
-ONE PIECE 第860話より引用-

ビッグ・マム海賊団のスムージーが「男を100人刺した美女」を絞って作ろうとしていたウェルカムドリンク。これと同じと考えれば話が早いと思うんです。“緑牛”だって飲んでいるんですからね。

ならば何なんだって話なんですけど。どう表現すれば良いんでしょうね。おそらくキングもクイーンも何か食べたりすれば元に戻るんだと思うんです。エネルギー(養分)はエネルギーなんでしょうけど… 何と言えば良いのかな。



【緑牛の能力と聖地マリージョア】


ウォッカ王国にサボの絵!? -ワンピース最新考察研究室.1053
-ONE PIECE 第1053話より引用-

これはカイドウの故郷であるウォッカ王国でしょうか。新聞を読んで驚く人々の横にチラリとサボの絵か写真が描かれております。これについてはまた記事にしたいトコロですが、今回はサボです!!

このサボと“緑牛”が戦っています。

第925話の黒ひげティーチの話から、聖地マリージョアにてサボ達と海軍大将の2人がブツかったのが判明してます。何かあったのは間違いなさそう。しかし、今回の“緑牛”の能力の描写から1つ不思議な点が出ましたよね!!

今年の「世界会議」は呪われてる -ワンピース最新考察研究室.1037
-ONE PIECE 第1037話より引用-

↑これは何かあっただろう後の聖地マリージョアの様子です。“緑牛”が戦った後を示すモノが何ら見られないワケです。まずパンゲア城の周囲に変化はありません。

ズームアップしてみましょう。

聖地マリージョアの神々の地 -ワンピース最新考察研究室.1037
-ONE PIECE 第1037話より引用-

バーソロミュー・くまを奴隷にする天竜人の居住区である“神々の地”にも何ら変化がありません。“兎丼”の元囚人採掘場の様な事が起きていないんですよ。木が生えてたりしませんよね?

1つだけ変わった場所があります。

それは中央下のトラベレーターの大きな傷です。王族が通行に使う「歩くエスカレーター」にザックリと傷がついてます。世界会議で起こった事件に絡むモノと思われます。

これは今回の件には関係なさそう。

問題は、“緑牛”が戦ったと思われる聖地マリージョアには緑化の現象が起きていない事なんです。これは非常に不自然なワケです。ここをどう考えるかなのです。

ただし、簡単な話ではないんです。

聖地マリージョアの森は人工 -ワンピース最新考察研究室.906
-ONE PIECE 第906話より引用-

聖地マリージョアに森はあれど「人工」なんです。これが関わっている可能性があります。ポイントはレッドラインの上という聖地マリージョアの環境なんです。

もしかすると、聖地マリージョアは“緑牛”の能力の覚醒技を無効化したのかも。“緑牛”自身は植物に変化できても、周囲に草木を生やす事はできない。聖地マリージョアの環境がそれをさせない。

こういう事があったのか?と。

これはサボの現在に関わる重要なポイントになりかねません。おそらく“藤虎”の方も隕石をドカドカ落としたりは出来なかったハズです。天竜人に被害が及ぶからですよね。

どこまでの戦闘が行われたのでしょう。



【緑牛の思想・信条】


海軍本部大将にはそれぞれ掲げる正義というのがあるんですよね。それはその人物の思想・信条を表すモノとなっております。人物像を考える上で外せません。

・センゴク(君臨する正義)
・サカズキ(徹底的な正義)
・クザン(だらけきった正義)
・ボルサリーノ(どっちつかずの正義)
・イッショウ(仁義ある正義)

まだ“緑牛”アラマキの正義は判明しておりません。しかし今回チラリと見せたのがサカズキの正義に対するスタンス。

“緑牛”はサカズキ元帥の徹底的スタイルが大好き -ワンピース最新考察研究室.1053
-ONE PIECE 第1053話より引用-

サカズキ元帥の“徹底的”スタイルが大好きなんだそうです。似た様な思想・信条を“緑牛”アラマキも持っているのでしょう。もしかすると、その上をいく程かも知れません。

これから何が考えられるのか。

僕はこれまで、“藤虎”が七武海制度の撤廃を目指していたのだから“緑牛”は“緑牛”でCP(サイファーポール)を壊すのかな?と考えていました。今回もCP0とブツかるんじゃないかと思っていたのです。そうはならなかった。

そうは言ってもですね…

76巻SBSによる海軍大将と“鬼門” -ワンピース最新考察研究室.76
-ONE PIECE 76巻SBSより引用-

“緑牛”が世界政府にとっての「鬼門」の位置付けなのは変わらないハズだと思うんですね。“緑牛”の存在が世界政府を良くない方向へと導いてしまうのだと思うのです。

ならば1つかも。

サカズキの“徹底的スタイル”を信奉するアラマキの「行き過ぎた正義」が政府・海軍の首を絞めるんじゃないかな。そこまではすべきじゃない。それはただの狂気だ、と。そう周囲に思わせる行動を取るんじゃないか。

そこに立ち塞がる者の存在!!!

赤犬の前に立ち塞がるコビー -ワンピース最新考察研究室.579
-ONE PIECE 第579話より引用-

サカズキにはコビーが立ち塞がったのです。もう海軍は目的を果たしているのに戦いをやめない。そこに毅然と立ち向かったのがコビーだったんですよね。

“緑牛”にもコビーが立ち塞がるのかも…

いや…

コビーからルフィの話を聞くドレーク -ワンピース最新考察研究室.991
-ONE PIECE 第991話より引用-

海軍本部特殊機密部隊「SWORD」という部隊が“緑牛”の思想・信条の壁となりつつ展開して行くのかな。このワノ国には「SWORD」の隊長であるドレークがいるんです。まずは“緑牛”とドレークとで何があるのか。

ここに注目ですね!!!

サカズキが元帥となった後を継ぐのが“緑牛”アラマキという位置付けなのかも。そしてクザンの後を継いでいたのが“藤虎”イッショウ。サカズキと対立したコビー。この構図を“緑牛”アラマキが継承しつつ… という話なのかもですね!!

ロビンの過去編にて、「徹底的な正義は… 時に人を狂気に変える」と言ったのは“青雉”クザンであります。そう言ってロビンを逃したのです。これに対する“緑牛”アラマキとなるのなら、ちょっとロビンの身柄が心配ですけどね。


どうなって行くのでしょう。



関連記事
スポンサーサイト



SHARE

コメント 8

There are no comments yet.
taka
2022/06/25 (Sat) 22:01

>それは中央下のトラベレーターの大きな傷です。王族が通行に使う「歩くエスカレーター」にザックリと傷がついてます。

「ン」の左側に見える線のことでしょうか。
それって「!!」の右側から見える雲の左端が伸びてる部分では?

のりのん
2022/06/25 (Sat) 22:37

キングとクイーンを含めた百獣海賊団の残党達を一網打尽にしていたアラマキ。
ゾロとサンジがあれだけ苦戦した相手なのでインフレ感が凄いと思ったが本当にアラマキの強さは規格外なのだろうか。
大将に抜擢されるほどなので強いのは確かだろうが、ただキングとクイーンも復活して間もない時で全力を出せなかったことは考えられる。
ルフィとゾロも意識を取り戻すだけでも随分時間が掛かったのでこれは充分あり得るだろう。
しかしカイドウを倒したルフィを余裕な雰囲気で狙っているので腕には自信があるのは間違いない。
ちなみにアラマキもおそらくイッショウと同じく世界徴兵で海兵となっているはずだが、つまりどこかの王国にいる兵こそ実は恐ろしく強かったりするのかもしれない。
アラバスタの印象で考えると違和感が凄いが、あれはゲームでいう序盤の王国なので参考にはならないだろう。今は終盤に入っているので兵達も主人公たちの成長に合わせて大化けしているというわけである。
とはいえそれでも覇王色も完全に開花し、ニカにもなれるルフィと互角に戦ったら四皇のデフレ化が本当に加速すると思うのでアラマキは自信家というだけで落ち着く気もする。

新章に入りアラマキは一体何を見せるのか───

-
2022/06/26 (Sun) 12:49

やっぱり緑牛は反ルフィ派でしたね。
前々から海軍にルフィ好きが多すぎると思っていたので、最後の緑牛は完全に敵対してくるはずだと思ってました。
それにルフィがパワーアップしてしまったので、それに対抗するために格上の敵をちら見せするだろうとは思ってましたが、やっぱり緑牛がその役目でしたね。

でもモデルニカがあまりに圧倒的すぎて、疲労困憊であろう大看板二人を倒したくらいじゃ、全然格上感が感じられないどころか、緑牛があっさり返り討ちに合うイメージしかわきません。ルフィとの真の激突は、別の戦闘で緑牛の力をもっと見せつけてからになりそうですね。

-
2022/06/26 (Sun) 16:12

他大将と同様に地球規模の能力で言えば「藻」でしょう。
能力は流石にコントロール出来るでしょうし、水分がある所に生えるか生えないかの差もあるかと。

ひーちゃん@管理人
2022/06/26 (Sun) 16:39

コメントありがとうございます takaさん

ありゃりゃ、そうなのかな?

無関係かもですね!!

ひーちゃん@管理人
2022/06/26 (Sun) 16:46

コメントありがとうございます のりのんさん

チョッパーという優秀な医者がいますからね!! キングとクイーンにはそれが無いので、タフな恐竜の能力者とはいえ復活には程遠かったのかも。そうだとしても緑牛の強さは本物でしょうね!!

世界徴兵の2人というのは何かありそうですよね!! 強いんだけど… の部分。ここが世界政府にとって思わぬ事態を呼びそうな。緑牛もそこで期待してるんです。まずはワノ国で何が起こるのか。注目ですね!!

ひーちゃん@管理人
2022/06/26 (Sun) 16:56

どちら様かコメントありがとうございます

> でもモデルニカがあまりに圧倒的すぎて、疲労困憊であろう大看板二人を倒したくらいじゃ、全然格上感が感じられないどころか、緑牛があっさり返り討ちに合うイメージしかわきません。ルフィとの真の激突は、別の戦闘で緑牛の力をもっと見せつけてからになりそうですね。

↑これは正直なトコロありますね!! あのカイドウを倒したんですもんね!!

しかし緑牛も最高戦力と呼ばれる程の実力者でしょうからね。圧倒的にルフィの方が強いって話にはならないかも。どんな風な出会いにするのか楽しみです!!

ひーちゃん@管理人
2022/06/26 (Sun) 17:01

どちら様かコメントありがとうございます

> 他大将と同様に地球規模の能力で言えば「藻」でしょう。
> 能力は流石にコントロール出来るでしょうし、水分がある所に生えるか生えないかの差もあるかと。

藻類となると多岐に渡りますが面白いですね!! なるほどです!!

まだまだ能力の全てが判明したワケではありませんし、覇気の点がまだ不明なんですよね。持っている刀も気になります。どうなるのか楽しみですね!!

ワンピース最新話考察/感想/ネタバレ