fc2ブログ

【第1045話チョイ見せ考察】動物系「ヒトヒトの実」幻獣種モデル“ニカ”による変身

尾田栄一郎公認ポータルサイト「ONE PIECE.com」にて、4月4日に発売される週刊少年ジャンプに掲載の第1045話の冒頭1ページが公開されました!!

太陽の神ニカ -ワンピース最新考察研究室.1044

注目の第1045話の冒頭1ページでは、カイドウがルフィの変化について考察しております。

ー画像はONE PIECE第1044話より引用ー

【第1045話冒頭1ページ】


新たな境地 “ギア5”…!!!

完全に死んだかと思ったと話すカイドウ。

ゴムが“他”に影響を与え始めたら… -ワンピース最新考察研究室.1045
-ONE PIECE 第1045話より引用-

地面にゴムの特性を与え、それをトランポリンの様に跳ねるルフィを見てカイドウが言います。自分以外に影響を与え始めているんだから“超人系(パラミシア)”の「覚醒」と見て良さそうだなと。

しかし少し妙だぞと。

そういう「変身」は“動物系(ゾオン)”ならではのモノじゃないのか?と続けるトコロで冒頭1ページは終了であります!!


本当にソレなんですよね。



【ルフィの能力は“超人系”か“動物系”か】


カイドウの“熱息”を跳ね返すルフィ -ワンピース最新考察研究室.1044
-ONE PIECE 第1044話より引用-

前回 ルフィが「忍法 畳替えし」で“熱息(ボロブレス)”を跳ね返しておりました。普通に考えれば“熱息(ボロブレス)”は火の塊ですからね、ブツかった衝撃で爆発炎上するトコロですけど。見事に跳ね返しておりました。

しかし、地面をゴムにしたからって跳ね返せないハズ。それが可能なら“ゴムゴムの風船”でも跳ね返せる理屈になるんですよね。

“熱息”は物体じゃないんだもん。それは狐火流でないと斬れない。つまり地面をゴム化してるのは間違いないのだが、

ルフィ「おれのやりたかった事 全部できる」-ワンピース最新考察研究室.1044
-ONE PIECE 第1044話より引用-

ルフィの「やりたかった事 全部できる」という部分が大きいんですよね。おそらくはです。ルフィが「跳ね返せる」と思ったから跳ね返っている。そんな感じです。

これこそが、「覚醒はゴムの体に 更なる“腕力”と“自由”を与える(第1044話)」という五老星のセリフの“自由”の部分による影響と考えられる。「自分の思うままに振る舞う」というのが“自由”という言葉が持つ意味の1つなのです。

太陽の神ニカとなったルフィ -ワンピース最新考察研究室.1044
-ONE PIECE 第1044話より引用-

ルフィは、その悪魔の実から得た「ゴムそのものの性質」を自分の思うまま自由に使える様になった。何者にも縛られない。ゴムの性質の上にルフィの自由な発想を乗せれば、ありとあらゆる事が実現化する。そういったチカラを得た。

こう考えると、

確かにルフィが地面をゴム化させて「“他”に影響を与え始め」るという“超人系(パラミシア)”の覚醒の特徴を見せてはいるのだが、それは“太陽の神ニカ”になれたからこそのチカラであって。

伝説の戦士“太陽の神ニカ”の持つチカラが、まるで覚醒させた“超人系(パラミシア)”の能力の様に見えている。こう解釈すればどうでしょうか。

この問題については記事にしておりました。でも今回のカイドウのセリフからすると… こういった風に考えるのが正しいのかなぁと。“動物系(ゾオン)”の変身というのが全てのベースにあるっぽいんですね。



【そういう「変身」とは】


そういう「変身」は“動物系”の専売特許 -ワンピース最新考察研究室.1045
-ONE PIECE 第1045話より引用-

そういう「変身」は“動物系”の専売特許だろ!!!

↑そういう変身って どういう変身??

これは“ギア4”と“ギア5”の違いであって。

筋肉風船 -ワンピース最新考察研究室.784
-ONE PIECE 第784話より引用-

皮膚を武装硬化させ、その下の筋肉に空気を入れて膨らませる。それにより張力を何倍にも引き上げた体になるのが“ギア4”でしたよね。“ギア4”というのは「筋肉風船」による肉体改造です。

それと今回のは違うみたいです。

ゾオン系の三段変形 -ワンピース最新考察研究室.149
-ONE PIECE 第149話より引用-

動物系(ゾオン)の能力者がする三段変形に近い。ここにカイドウは気づいてるんですよね。肉体を改造(作りかえる)してるんじゃない、ガラリと変身している。

ここに能力の「覚醒」がキーとなるなら…

3つ目のランブルボールで怪物化したチョッパー
-ONE PIECE 第407話より引用-

チョッパーの怪物化に近いのかも知れませんね。これがチョッパーの“ヒトヒトの実”の覚醒なのかはハッキリしません。ただ、獄卒獣(覚醒した動物系能力者)と容姿がソックリではあります。

どうして“ヒトヒトの実”の能力者のチョッパーの怪物化が、能力の方(ヒト)ではない元の姿(トナカイ)で巨大化してるのか。ここが大きな謎になっております。一応は「人獣型」の形態であります。

ここではチョッパーの事は置いておいて。

ルフィの“GEAR5(ギア5) -ワンピース最新考察研究室.1044
-ONE PIECE 第1044話より引用-

↑この“ギア5”の姿というのは動物系(ゾオン)の変身と考えて良さそうです。動物系(ゾオン)の能力者であるカイドウが言うんだから間違いないのでしょう。

ただ、上の姿に対して「人型・人獣型・獣型」のどれを当てはめるかという議論はどうなんでしょうね。そこを飛び越えた「覚醒させた姿」とするのもできそう。

もう少し情報が欲しいですね!!

さぁどうなるのでしょう。続きは4月4日(月)になります。冒頭1ページの感じからすると、続けてルフィvsカイドウになりそうですよね。

すごく楽しみであります!!


関連記事
スポンサーサイト



SHARE

コメント 1

There are no comments yet.
エーデルワイス
2022/04/04 (Mon) 00:01

ルフィのギア5を見たカイドウはその能力に対し考察を述べていますが、この様子だとカイドウはゴムゴムの実が幻獣種ニカである事やその真の能力などについては知らないみたいですね。
そうなると以前に言った「お前もジョイボーイにはなれなかったか」これはどういう意味だったのか?
カイドウは何によってルフィにジョイボーイの可能性を見たんでしょう?

ルフィが口にした「死んだらみんな骨だけだ」
ビンクスの酒の一節を思わせますね。
あの歌がジョイボーイの時代から存在してるのだとしたら、ニカの実によって無意識にその影響を受けているのでしょうか?

またルフィは「ゴムゴムの巨人(ギガント)」という技で文字通り巨人になりました。
ギア3で部分的に巨大化し「ギガント」と付く技を使っていたその全身版という感じですが、これもジョイボーイ巨人説がある事を思うと意味深ではあります。

今までのギアと同様ギア5もやはり消耗は激しいみたいで一旦はチカラを使い果たしてしまいますが鼓動によってすぐに復活します。
カイドウの攻撃を受けても全然効いてる様子もありませんが、しかしカイドウへの有効打も出ませんね。
ラストに放ったパンチはある程度効いたようにも見えますが、今回だけだとギア5でも圧倒的に強くなったのかはよく分かりませんね。
次回以降決着に向かう流れは出来て来るのでしょうか?

ワンピース チョイ見せ! 情報/考察/ネタバレ